Happy Hour@コロッセオ、オッピオ・カフェ♪

c0206352_22195796.jpg
コロッセオ~♪
もう夜の7時を過ぎているというのに、サマータイムのせいか、まだ真昼間のようです。
日中は暑いローマですが、この時間になると涼しい風が吹いて心地よくなるので、室内より外のほうが気持ちがいい~~



c0206352_22213938.jpg
ブログによく登場する場所、お気に入りのオッピオ・カフェです。
ここは普通のバールでもあるので朝7時から営業していますが、18時から22時までハッピーアワーを行なっているので、軽いお夕飯にちょうどいいのです。
と言いつつ、いつも食べ過ぎてしまいますけどね(笑)。
ワンドリンクとビュッフェ(お代わり自由)で12ユーロなんて、この場所であり得ないでしょう!?
食べ物はまぁ普通なのですが、なんといってもコロッセオを眺められるという絶好のポジションですから。
というわけで、夫とよく来るのです。




c0206352_22270478.jpg
カフェの内部はこんな感じ~
写真右手奥にはもっと大きなお部屋があります。
2人用のテーブルが少なくて、2人だと大きなテーブルには座らせてもらえません。
私たちはとりあえず奥の席に座って屋外のテーブルが空くのを待っていました。




c0206352_22300163.jpg
やっぱり、ここに来たら、外に座らないと~
コロッセオやフォロロマーノを眺めながらのひと時は最高です。
でも、テーブルの数が少ないので、なかなか座れないこともあります。

本当はモヒートを飲みたいところでしたが、あるはずなのに(以前はよく頼んでいました)、見落としたのかメニューに見当たらりませんでした。
ま、いっか~
私は白ワイン、大好きなゲベルツ・トラミネールにしました。
夫は定番のロンドン・プライドの生♪
ビュッフェのお料理は、ポテトのフラン、ナスとサルシッチャが美味しかったです~
しっかりお代わり♪




c0206352_22312834.jpg
リムジンが止まったので、アラブの富豪の観光かと思ったら・・
中から出てきたのは、10代の若者たち。
まるでハワイにでも来たかのようにお花のレイを首にかけて・・
「???」と思っていたら、ドライバーが写真を撮影して、おもむろにシャンパーニュのボトルとグラスを車から出して、若者たちが乾杯していました。

こんなに若い10代の子がこんな派手なことをするなんて、最初は、「なんて悪趣味な田舎者・・」「カモーラ(ローマのマフィア)の息子か・・」と思っていましたが、たぶん18歳のお誕生日のお祝いだったのでしょう。
イタリアでは18歳が成人で、大々的なお祝いをします。
大抵は、ディスコや貸し邸宅を借り切っての大パーティ。
我が家の場合は、受験にお金がかかることが見込まれていたので、そんなお金はなかったし、またバカバカしいとも思ったので、息子に希望を聞いて、仲良しの友だちだけを招待してディスコでお祝いしました(貸し切りではありません。親なしです、当然)。

このリムジンの若者も、見るとまだ無邪気さの残る男の子で、お友だちも含めてみんな嬉しそうな様子だったので、最初は悪趣味で品がないとは思ったものの、一生に一度の成人のお祝いなら、それもありかなと思いました。
人それぞれですからね~
最近、人間が丸くなってきたわたくしです(笑)。

Oppio Caffè
Via delle Terme di Tito, 72, 00184 Roma RM
朝7時から夜中の2時まで

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村


ヨーロッパランキング

c0206352_22104183.jpg
私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」が、1月25日に発売されました♪
全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちらから~←ここをクリック♪
紀伊国屋書店Web Storeはこちらから~←ここをクリック♪
よろしくお願いします~

私の二作目、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg



レオナルド没後500年記念の今年2019年♪
この機会に、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も是非どうぞ~♪

by mayumi-roma | 2019-06-18 06:42 | ローマのグルメ

ローマ在住34年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma