お見舞い。

c0206352_02233205.jpg
近所のお花屋さん♪
本当に「どうしたのかしら」というような、寒~いローマ!
信じられないほどの寒さです。
今日の温度は12度。
しかも朝からずっと雨です。
毎日、震える日々・・

今日は、私がイタリアで2番目にできたイタリア人のお友だちのお見舞いに行ってきました。
子どもが生まれて数か月、まだベビーカーの中で寝ていた時の、いわゆる公園デビュー(といっても自宅マンションの中庭ですが)で仲良くなったママ友です。
子どもたちは同い年で、通う学校は違ったけど、いわゆる幼なじみ。
子どもも親も、今でもずっとおつきあいがあります。
あの頃は、若かったよね~



c0206352_02283121.jpg
ママ友は、もう1年半、闘病生活をしています。
お見舞いに美味しいクッキーでも持って行こうかと思いましたが、今も化学療法の治療中ですし、病気の関係で食べてはいけないものも多いので、食べ物は避けました。
やっぱりお花ですよね~
どれにしようかと迷いました。




c0206352_02305909.jpg
こういう時にケチってはいけません(ケチりたくなるけど、笑)。
やっぱりバラだな~
バラの花を20本贈ることにしました。
20本あると、さすがに映えますね♪

お友だちは、私の訪問をとても喜んでくれました。
自宅にいますが、治療中なので色々な事情もあるでしょうから、もちろん、事前に電話をかけた上での約束です。
表情も明るく、元気な姿を見せてくれたのでとても安心しました。
髪の毛も抜けていませんでした。

2020年の1月までは、病気による欠勤が認められたので、お給料はまるごともらえます。
こういう制度、イタリアはすごいですよね。

彼女は現在58歳ですが、病気欠勤の期限が来る2020年の1月になったら、20歳の頃からずっと仕事をしてきたので、年金生活に入りたいと言ってました。
これまでにできなかったことを全部して、行きたかった所に全部行きたいと!

イタリアも年金制度が変わって、かつてのような年金天国ではありません。
しかも、何度も改訂されているので、何歳で年金をもらえるか、いくらもらえるかというのは、ケース・バイ・ケースです。

彼女の場合は、もし健康であったなら63歳にならないと年金生活に入れなかったそうです。
ただ、ガンになって、あっという間に転移して2度の手術をした上に、再発。
さらに、化学療法で骨が弱っていたらしく、車を降りる時に転んで大腿骨を骨折して大手術。
100%の障害者認定を受けたそうです。
ゆえに、2020年1月の段階で希望すれば年金生活に入れるとのこと・・
とはいえ、彼女、全然普通に歩けるのですよ~
これで、どうして100%の障害者認定を受けることができたのか、不思議ではありますが、足の中に骨を支える異物が入っているからなのでしょう。

いやはや、病院の話や治療の話、年金の話、大変勉強になりました。
食べ物は、やはりかなり制限があって、お魚とジャガイモとズッキーニとニンジンだけ食べられるそうです。
パスタもお米もパンもお肉も乳製品もお野菜もフルーツも甘い物も一切ダメ。
絶対に良くなりたいからと、忠実に守って頑張っています。

元気そうでよかった!
彼女には生きたいという強い気持ちがあるから、大丈夫!
彼女がやりたいことのすべてをやって、
行きたかった場所のすべてを訪れることができますように。
彼女と会って、私のほうが元気をもらいました。

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村


ヨーロッパランキング

c0206352_22104183.jpg
私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」が、1月25日に発売されました♪
全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちらから~←ここをクリック♪
紀伊国屋書店Web Storeはこちらから~←ここをクリック♪
よろしくお願いします~

私の二作目、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg



この機会に、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も是非どうぞ~♪

by mayumi-roma | 2019-05-16 03:12 | ローマの日常

ローマ在住34年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma