久しぶりのお外ランチ@AntonelloColonnaOpen♪

c0206352_03151381.jpg
久しぶりのお外ランチです~
そして、これまた久しぶりの「Antonello Colonna Open」のシティランチです~
お天気が良ければ、テラスでのランチも素敵ですが、あいにくの雨・・

AntonelloColonnaは、今季、ミシュラン1つ星を落としてしまったので、お店の方々はかなりショックを受けていると思いますが、私はシティランチとしてしか使っていないため、お手頃価格で美味しいお料理が楽しめる場所として、これからもマークしておきます。
何よりも広々としたスペース、開放感があって落ち着ける雰囲気が好きなのです~
お料理も美味しいですし♪
ビュッフェスタイルのシティランチとはいえ、スタッフのサービスも素晴らしいですよ。
食べ終わったお皿はすぐにさげてくれますし、常にお声掛けしてくれます。
また星を取り戻して下さいね♪




c0206352_03265975.jpg
昨日は、バルベリーニ広場で用事を済ませたあと、ローマで個展を開催中の友人、麻里さんとのランチでした。
その前に寄り道しましたけど・・(笑)

お外ランチは久しぶりなのでワインも♪
私は赤でサン・ジョヴェーゼ、麻里さんは白シャルドネ―を選びました。




c0206352_03340004.jpg
ビュッフェのいいところは、バリエーション豊かなお野菜をたくさん頂けるところです。
最近、私は忙し過ぎてロクなものを食べていなかったので、お野菜に飢えていたのです~
私の場合、忙し過ぎると、ついつい簡単にお腹を膨らませてくれる炭水化物ばかりを食べてしまうので、お野菜不足でした・・




c0206352_03372079.jpg
スープ2種とパスタ2種、メインのお肉料理2種のコーナーです。
私も麻里さんも、身体に優しいスープを選択♪




c0206352_03384405.jpg
私はひよこ豆のスープとサーモンと温野菜♪
お皿が小さいので、何度取りに行っても構いません。
麻里さんとゆっくりお喋りしながらお食事して、もう1皿取りに行きました。




c0206352_03414766.jpg
お楽しみのドルチェは、カプレーゼとパンナコッタとティラミスーとブラウニーを少しずつ。
ハズレは一つもありませんでした。
ここは、やっぱりお値打ちランチだわ~

麻里さんは、個展のかたわら、精力的に美術館巡りをしたり、スケッチをしたり、ローマ滞在を満喫されているようです。
コルシーニ美術館で開催中の企画展が面白かったと言っていたので、私も会期中に訪れたいなと思いました。
感性が優れた方なのでお話するのが楽しかったです~

私が今ハマっている三島由紀夫の話にもお付き合い下さり、三島がイタリアの芸術作品に深い思い入れがあることなどもご存じだったので、とても嬉しかったです。
なかなか三島の話をできる方なんていませんから。
あの時代の文学者というのは、西洋文化の教養が非常に高くて、真の教養人であったことを思い知らされます。
三島文学はまさに西洋の教養を下地に形成された耽美的な文章で、美に対する感性も素晴らしく、実にヨーロッパ的。
こんな年齢になって気がつくなんて♪
だから一生、学びは続くのですね。




c0206352_04044293.jpg
名残惜しいけど、締めのコーヒー♪
嬉しい時間でした。
私たちの明日を守護の天使が守ってくれますように♪

ANTONELLO COLONNA OPEN
Via Milano 9a, Roma
ランチは火曜日から金曜日まで12時半から15時半まで。
ドリンクは別料金で16ユーロ。
土日はブランチになるのでお値段が上がります。

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

c0206352_22104183.jpg
私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」が、1月25日に発売されました♪
全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちらから~←ここをクリック♪
紀伊国屋書店Web Storeはこちらから~←ここをクリック♪
よろしくお願いします~

私の二作目、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

by mayumi-roma | 2019-03-28 06:53 | ローマのグルメ

ローマ在住34年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma