クィリナーレ宮殿の見学♪

c0206352_05415545.jpg
クィリナーレ宮殿の鐘楼の時計は、いわゆるアッラ・ロマーナ(ローマの方式)です。
文字盤が6時間で一周するシステムですので、この文字盤を4回廻って24時間、一日が終わります。
この方式の時計は、18世紀にカトリック教会が考案したもので、夕暮れのアヴェ・マリア(マリア様への祈り)を6時間ごとに唱えるという意味合いがあったようです。
この6時間ごとの文字盤は、ナポレオンのローマ占領時代に12時間ごとの文字盤が登場するまで続きました。



c0206352_05594774.jpg
さて、私がクィリナーレ宮殿の大広間で見たかったものは、壁のフレスコ画でした。
ここには各国大使の姿が描かれているのですが、その中に、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、伊達政宗の家臣として活躍した支倉常長が率いた、慶長遣欧使節団が描かれているのです。




c0206352_06131479.jpg
かなり高い位置にあるので、下からのアングルになります。
遣欧使節団は常長が生使、スペイン人のフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロが副使を務めました。
一行は、スペインを経てローマに到着、1615年11月3日にはローマ教皇パウルス5世に謁見したのでした。

常長は前列左、ソテロは前列右。
後列4名の日本人は、常長とともにローマ公民権を与えられた、山城の滝野加兵衛、摂津の商人・伊丹宗味、尾張の野間半兵衛、奥州の小寺外記だと考えられています。
しかし、はるばるヨーロッパまで行きながら、1620年に帰国した時には日本ではキリスト教が禁教となっていて、帰国の2年後に失意の中死去したといいます。
その後のキリスト教徒へのすさまじい迫害は皆さまもご存じだと思います。
天正少年使節がローマへ行ったのは1582年から90年で、常長たちの少し前でしたが、同じように迫害を受けています。
あの時代に海を渡って、こんな風にローマの歴史に刻まれた日本人がいたことは、縁あって現在ローマに暮らす日本人の私にとっては実に感慨深いことです。




c0206352_06435354.jpg
教皇パウロの礼拝堂♪

クィリナーレ宮殿は、何世代もかけて完成されたものです。
16世紀後半のボンコンパーニ家出身のグレゴリウス13世、シクストゥス5世、ボルゲーゼ家出身のパウルス5世、バルベリーニ家出身のウルバヌス8世、キージ家出身のアレクサンデル7世・・
そして1808年にナポレオン軍に占領されると、11年には皇帝ナポレオンの居城となりました。
それも数年で終わると、1814年には再び教皇の元に戻り、1870年のイタリア統一でイタリア王国が誕生したあとはサヴォイア家の宮殿となり、第二次世界大戦後の国民投票で「王制廃止」が勝ち、イタリア共和国となった1948年以降は、イタリア共和国の大統領官邸となって、今に至ります。
ああ、なんという変遷の多い歴史でしょう・・
一筋縄ではいきませんよね。




c0206352_07203172.jpg
こちらは、アレクサンデル7世のギャラリー。
ティボリのハドリアヌス帝の別荘跡から運んできた古代ローマのモザイクが床を飾っています。
この他にもたくさんのお部屋や廊下を通ったのですが、何かなんだか分からなくなってきたので、覚えているお部屋だけご紹介しま~す・





c0206352_07251908.jpg
大統領選出後の初日に案内される大統領の執務室だそうです。
日頃、執務をする部屋はもう1つありますが、例の中国の主席が来伊するため、そちらの部屋は見学することができませんでした。




c0206352_07351372.jpg
タペストリーの間♪




c0206352_07355798.jpg
ナポレオンの図書室♪
これは本当に素敵な空間でした~




c0206352_07293116.jpg
そして、こちらのマスカリーノの螺旋階段をおりて~




c0206352_07380070.jpg
イタリアが王政だった頃の王の謁見の間があります♪





c0206352_07391071.jpg
歴代(といっても、たった3人。4人目の王ウンベルト2世は在位が1か月にも満たなかったのでカウントしていません)の王と妃の肖像画が飾られているお部屋~





c0206352_07401337.jpg
マイセンの陶磁器♪
お友だちと、「なんでジノリじゃないの?」と笑い合いました。
う~む、やっぱりヨーロッパを代表する陶磁器はマイセンなのでしょうね・・
確かに品格があって美しいですもの♪

このあと、イタリアが共和国になってからの歴史を伝える歴代の大統領の写真が飾ってあるお部屋などを見学しました。
サヴォイア家より共和国になってからのほうが親しみがあるので、お友だちと「この大統領に会ったことある」だの、「この大統領のプライベートのアパートを知ってる」だの、そんな話で盛り上がりました。





c0206352_07415738.jpg
最後はテラスからの眺望を堪能♪
わ~、ちょうど雲の合間から光が~~~
縁起がいい♪
「これは私たちを祝福する神の光に違いない」と勝手に考えて、「いいことがあるに違いない」と思うことにしました♪

クィリナーレ宮殿見学予約のHPはこちらから~
ツーリングクラブ・イタリアのボランティアによるガイドツアーです。
1時間20分のコースは無料、予約料の1.50ユーロのみチャージされます。
ただし、イタリア語のみ

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

c0206352_22104183.jpg
私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」が、1月25日に発売されました♪
全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちらから~←ここをクリック♪
紀伊国屋書店Web Storeはこちらから~←ここをクリック♪
よろしくお願いします~

私の二作目、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

by mayumi-roma | 2019-03-22 07:48 | ローマ&その他の美術散歩

ローマ在住34年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma