日本料理の極み、ミシュラン2つ星「御料理はた野」♪

c0206352_16092872.jpg
別府の住宅街にたたずむ「御料理はた野」♪

先日の私のお誕生日は、別府が誇るミシュラン2つ星の「御料理はた野」でお祝いしました。
ここは、昨年夏にお友だちと訪れて以来、素材にこだわった素晴らしい創作料理とおもてなしの心に感動して、すっかり大ファンになったのでした。
別府に帰省したら、必ず1度は行きたい場所となっています。

今回、母が酷い風邪のために来ることができなくなったのが残念でしたが、三姉妹でそろってお食事するのは久しぶりのことだったので、大好きな「御料理はた野」で極上のお料理を味わいながら楽しい時間を過ごすことができて、またしても思い出に残る夜となりました♪




c0206352_16180256.jpg
門の前は、きちんと水打ちしてあります。






c0206352_20292441.jpg
門を抜けるとお手入れの行き届いた日本庭園があります。
お庭の写真も写しましたが、照明はあるものの暗すぎて今一つその美しさが浮かび上がらなかったので、ここにはアップしません。





c0206352_20352167.jpg
玄関に入ると、熊本産の晩白柚(ばんぺいゆ)が飾られていました♪
晩白柚は柑橘類ザボンの一種です。
細部にわたって季節を感じさせる丁寧な室礼♪
シェフと女将のセンスの良さを感じさせます。





c0206352_16200307.jpg
とても贅沢な作りの日本家屋で、1日2組限定の日本料理店です~
本日のお部屋~
ピッカピカに磨き上げられ、完璧に整えられています~




c0206352_20432623.jpg
もう一つのお部屋~
門をくぐった時に写したものです。
前回、お友だちと来た時には、縁側のあるこちらのお部屋でした~





c0206352_16273204.jpg
乾杯は、シャンパーニュのように美味しい地元のスパークリングワイン「安心院」♪
これも前回と同じ。
だって、とっても美味しくて気に入ったんですもの~




c0206352_17082720.jpg
ボトルはアンティークのミシン台の上に置いて、女将が絶妙なタイミングで頃合いを見計らってお部屋にいらしてグラスに注いでくれます。




c0206352_17101754.jpg
前菜~♪
お正月のイメージで彩どられた一品です。
ため息が出るほど美しい♪
これぞ、日本の美♪
松ぼっくりの器の中には・・




c0206352_17110254.jpg
ふっくらとたきあげた美味しい黒豆が~
そして、茨城産のしゃきっとしたれんこん、甘みのある赤足海老、大王松の葉を輪にしてすべてが丸く収まるようにとの願いが込められています。
松の葉には、銀杏とチョロギが~
そして、完熟きんかんの中にはクリームチーズが入っていて、上にお豆さんを乗せています。
梅の花の形をしているのは、クワイを薄く切って素揚げにしたものです。
このチップスの何とも美味なこと~
写真では見えませんが、うしろには鴨が隠れています。

何もかもが感動です♪
プレゼンテーションもお味も♪





c0206352_17114644.jpg
椀物~♪
お魚はあいなめ、大黒しめじ、サクランボ大根(サクランボの形をした小さな大根)、さらに柚子の皮を結んでいます。
素晴らしい~♪





c0206352_17121119.jpg
さらに、お椀の蓋には、富士山と鶴~♪
お料理は、器と一体になって表現されているのです。
もう、素晴らし過ぎます~~♪





c0206352_17145646.jpg
お造り~♪
器は鶴です。
今にも羽ばたきそう・・
これだけで感動♪




c0206352_17153851.jpg
鶴の器、本当に素敵~♪
焙ったさわら(砂ずりの部分)に、熟成の鯛、右端は熟成のフグを巻いたもので、中に何が入っていたのかは忘れましたが、とんでもなく美味しかったです。
ワサビが乗っているのは、マイクロ葉ワサビです。
もう芸術品としか言えないようなレベルのお料理です。






c0206352_17162229.jpg
炊き合わせ~♪
大阪の富田林の海老芋と京の伝統野菜の堀川ごぼうに、お揚げやセリやヒラタケ、金時人参のねじり梅、うぐいす菜♪
ねじり梅の形に切った金時人参が可愛い♪





c0206352_17164949.jpg
やきもの~♪
器も実に見事で、本当に素敵でしょう!?

ぶり大根です。
ぶりは大分も美味しいのですが、こちらは石川県の能登ぶりを使っています。
そして、紅白のかぶの甘酢♪





c0206352_17173203.jpg
しのぎは、さば寿司~
このお寿司が実に素晴らしかったのでした♪

ここで、日本酒に行きます~
冷酒が美味しい「写楽」です。
こちらも前回気に入ったもの。





c0206352_17192329.jpg
さば寿司と自家製のからすみ♪
角度を変えたこちらの写真を見るとよく分かると思いますが、海苔は添えてあるだけです。
海苔は最初からつけるとベタ~ッと張りついてしまうので、海苔のパリッとした感触を味わうためにも、食べる時につけて頂くのです。

このさば寿司は絶品中の絶品でした♪
妹も私も、さば寿司はあえて自分では食べない種類のものですが、この美味しさは、もはやさば寿司ではありません。
シャリの美味しさは最高レベル、さばもとっても優しいお味でさばとは思えません!






c0206352_17194322.jpg
お魚料理は、フグの白子です♪
ふんわり~、なんと美味しいのでしょう♪
奇跡の逸品です。
史上最強のグルメですね♪
白子の上には前菜で使った赤足海老の足を素揚げにした海老煎餅が乗っています♪
美味し過ぎます~~~





c0206352_21091522.jpg
お肉料理~♪
宮崎牛をすき焼き風にして、白ネギとウズラの卵を温泉卵状にして添えています。
つけあわせには、芽キャベツの天ぷら、京の伝統野菜、聖護院(しょうごいん)かぶら、エリンギ、ロマネスク♪
どれも美味しい~~




c0206352_17203596.jpg
締めは、土鍋のおこげご飯と香の物と赤だしで♪
このご飯の美味しさは普通ではありません。
シェフの故郷、緒方町でご実家が作っているお米だそうです。
おこげが美味しい~♪




c0206352_17235388.jpg
こちらがその土鍋になります~





c0206352_17244694.jpg
オーナーシェフの波多野茂氏がご挨拶にいらして下さいました♪
37歳の若さです。
この若さで、ここまで素材にこだわりお料理の腕を極め、器にも凝るというのは、ちょっと信じられないような素晴らしさです。
まさに天性の人なのでしょう。
先が本当に楽しみですね。
少年のような笑顔が素敵~♪





c0206352_17292937.jpg
デザートのフルーツ♪
りんご食べ比べと称して、長野産の「グルメ」という糖度17度のりんごと青森産の「名月」という青りんご。
そして、鳥取産の赤花御所柿と長崎産の「出島の花」というみかん。
イチゴは大分産の章姫(あきひめ)。

もうね~、最初から最後まで感動の嵐のお料理でした♪
そしてまた、おもてなしの心が素晴らしいのです。
自分の家でくつろぐようにとの気持ちと完璧なおもてなし。
ご夫婦二人で完璧なおもてなしをするために、1日2組限定という形式をとっているのです。

「御料理はた野」は、私にとって最高峰の日本料理店です。
心を感じる稀有なお店とでも申しましょうか!
おかげさまで素晴らしい還暦のお誕生日のお祝いとなりました♪
妹たちも美味しいお料理に舌鼓を打ち、楽しい時間を過ごせたようです。
別府に帰省するたびに訪れたいお店の一つです。

このお店の過去記事はこちら~
温故知新、極上の空間とお料理
煌めくお料理@ミシュラン2つ星「御料理はた野」

御料理はた野
別府市南立石二区1組
Tel:0977-85-8859
不定休
営業時間:12時から15時、18時から22時。
お昼も夜も1日2組限定です。

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
楽しみにしていてくださいね♪
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

by mayumi-roma | 2019-01-10 23:45 | 別府の温泉とグルメ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma