お呼ばれディナーは辛い・・


c0206352_05515893.jpg
土曜日の夜は、去年の今頃亡くなった夫の親友の未亡人ガブリエッラ宅(以前、彼が亡くなる前の最後のディナーの記事はこちら)にお呼ばれでした。
彼女はローマ大学医学部の生物学の教授でキャリアウーマンですが、完璧主義者なため、家事やお料理にも徹底的にこだわります・・

せっかくこの1か月、コレステロール値を下げるため、実に健全な食生活をしているという私なのに、めちゃくちゃになるのは目に見えていました。
そもそも、「20時半に来てね」と言われた時点でね~
イタリアでは、これが普通のディナーの時間帯ですが、健全な食生活をしていた私は、この1か月18時、遅くとも19時にはお夕飯を食べていたのでした(もちろん夫より先に一人で済ませるわけです。夫は普通に20時か20時半に食べますから)
そして、20時半に行っても、まずはソファーに座ってお喋りをするので、大抵、お食事開始時間は21時始まりになるわけです。
みんなに会うのはとっても楽しみだったのですけど・・
みんなというのは、私たちと一緒に必ず呼んでくれる大好きなミケーレとピーナ(熟年バツ1同士で一緒には暮らしていません。ちなみにミケーレはローマでの私の幼なじみみたいな人で同年齢です)もいたからです。





c0206352_06040921.jpg
「テラスを工事中で植物を全部室内に入れたので見苦しくてごめんね~」とガブリエッラ。
全然、気になりません。
さぁ、いよいよお食事です。
夫が「mayumiは食事制限しているから、そんなに食べられないから」と言ってくれたので、そのいきさつを説明していたら、な、な、なんと、ピーナも私と一緒でした!
彼女は私より少し年下ですが、イタリア人には珍しく超細身の体型(コレステロールと体型は関係ないでしょうが)、まさか私と同じコレステロール値で悩んでいるとは夢にも思いませんでした。
数値もまったく同じ!
嬉しい~(変な言い方ですね、笑)
盛り上がりましたよ~

彼女は内務省の婦人科医なので、食べ物の話も色々と聞きました。
イタリアの情報も仕入れておかなきゃ~
やはり、女性は、年齢的な問題で、ホルモンのバランスが崩れてコレステロール値が高くなるのは普通なのだそうです(これは私も既に知っていましたが)。
でも、食生活に気をつけることで数値は下がるそうで、彼女も、動物性油脂と一部の肉類、揚げもの、チーズ、ドルチェ(ケーキや甘いもの)、エビなどの甲殻類は食べておらず、少食を務めているそうです。
糖質もかなり控えめにしたほうがいいらしいです。
この辺は、わりと常識的なことですけど、私は少しとはいえ白米を食べているからな~
彼女も夜はパスタを食べているそうですが。
なんといっても、揚げ物、チーズ、ドルチェは三大NG!!

というわけで、同志がいたので、ますます楽しいディナーになりましたが、お呼ばれという性質上、どうしてもほとんどのものを食べる羽目になってしまいました・・(大汗)





c0206352_06192099.jpg
前菜は、ナスを使ったものすご~く凝ったものでした。
この他に各種チーズの盛り合わせがありました。
ガブリエッラは、チーズ好きなのです。





c0206352_06215960.jpg
チーズやハム類には、私もピーナも手をつけず。




c0206352_06235400.jpg
きゃあ~~~
美味しいんだけど、美味しいんだけど、コッテリ系のパスタ~~
ポルチーニ茸とブドウとブルーベリーを何ちゃらいうクリームチーズであえたもの。
しかも、これが、「少しの量でお願いね」で、お皿に盛られた量・・
ピーナのも同じくらい・・
多過ぎる~~
でも、これがお呼ばれの辛いところ、二人とも平らげる羽目に・・





c0206352_06272668.jpg
ぎゃあ~~、セコンドはもっとハードだった~~
いえ、本当にどれも美味しいものなのですよ。
でもね、最初のパスタでお腹いっぱいだし、食べてはいけないものがたくさ~ん!

サルシッチャとラディッキオ、紫人参のパスタ風、何ちゃらセロリとフェンネル(ういきょう)のプレー。
サルシッチャは腸詰めです。
重~い!
ソーセージとはちょっと違います。
そして、お野菜がたくさんなのは嬉しいけど、プレーにはバターが!

ピーナも私と同じように食べていました。
同志がいると嬉しい♪
以前、ピーナは我が家に来たことがありますが、その頃からコレステロールを気にして食事制限していたのかな・・
今度呼ぶ時は気をつけなきゃ~





c0206352_06323952.jpg
デザートその1。
これは、ガブリエッラの要望で、私たちが持ってきた木いちごのタルト♪
自分たちが持ってきたものなので私は食べないつもりでしたが、どうもそういう雰囲気でなく、食べる羽目に。
ピーナも私も他の人たちの半分の量。





c0206352_06343926.jpg
デザートその2.
ピーナたちが持ってきたジェラート。
すごい量!
ピーナたちが持ってきたものなので食べない訳にはいきません・・・

正直、デザートは2つとも食べたくなかった・・
これさえ食べなければ、だいぶマシだったと思います。
もともと甘い物はそれほど好きではない私(おせんべい派なので)。
特に、ジェラートはどうでもいい。
アイスで好きなのは、日本の雪見大福と抹茶アイスだけ~(笑)
これまで、ドルチェやジェラートは、食いしん坊さゆえに、そしてノリの良い性格ゆえに、さらに批評するのが好きなため、食べていただけで~す。
ゆえに、ドルチェがこの世からなくなったとしても、全然平気で~す。
たまに抹茶アイスは食べると思いますけど。

ああ、1か月の私の健全な食生活が一夜でガラガラと崩れ落ちてしまいました~~~
多少の覚悟はしていましたが、イタリア人宅に行くということは、こういうことなのです。
外食なら好きなものを頼めばいいだけですからまだなんとかなりますが、出てきたものを食べざるを得ないおウチにお呼ばれは本当に辛いですね。
食べざるを得ませんから。
翌日は、本当に食べ過ぎの余韻があって、このディナーから3日たった今日、ようやく元に戻った感じです。

お正月に日本で美味しいものを食べるためにも、コレステロール値を下げなければなりません。
申し訳ありませんが、今年いっぱい、お呼ばれは遠慮いたします。
義姉宅でのクリスマスでも絶対に食べません(義姉にははっきりと食べないと宣言できるので問題なし)。

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
楽しみにしていてくださいね♪
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

by mayumi-roma | 2018-11-28 06:20 | お呼ばれ&自宅でお食事

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma