寒~い!セラミックヒーターが大活躍!

c0206352_07112963.jpg
寒い、寒い、寒い~~~
今日の最低気温は8度だったらしいのですが、明日から4度に下がり、週末は1度の予想・・
あくまでも、最低気温の話です。
でも、私は家の中でじっと座って仕事をしているので、とにかく寒くて死にそうなんです・・
特に足元が!

大活躍しているのが、(写真の)デ・ロンギのセラミックヒーター♪
足元から暖めてくれるし、くるくる回転するし、どこにでも持ち運びができるので重宝しています。
エアコンはすべての部屋にあるわけではないし、上から暖めるので、足元が寒い・・

というのも、ウチのアパート、まだ暖房が入っていないのです。
イタリアの暖房はセントラル・ヒーティングですが、個々の家庭で取り付けているパターンと、建物全体での共同システムがあります。
ウチは建物全体での共同方式なのですが・・




c0206352_07210794.jpg
写真中央のアパートにかけられた足場に注目!
なんと、この時期になって、ボイラーの煙突パイプの取り換え工事が始まったのです。
ちなみに、巨大なガスのボイラーはこの中庭の下、地下ボイラー室にあります。
バカじゃないの~!?って思います。
暖房が必要な時期になってから、どうしてこんなことをするのでしょうか!
もっと前にできなかったのでしょうか!?
今頃始めて、いったいいつになったら暖房が使えるようになるというの!?

昔は、会計管理人が実際にここに住んでいる人だったので、ものすごく上手くいっていましたが(それでもケンカが絶えないというところが、ザ・イタリア!)、今は外部に任せているため、やりたい放題!
常に何かしらの工事が始まるのですが、それは、彼女が業者からリベートをもらって私腹をこやしているから。
いつもかなり高めの値段設定で、それを払うのは私たち住人たち・・
リベートなどの裏金は、世間に氾濫しているイタリアの悪しき習慣!
絶対になくなりませんね・・

イタリアのアパートの管理費って半端ないのです。
管理費に含まれるのは、エレベーターやその他のメンテナスと雑費、常駐の管理人(当たり前ですが、電話代から光熱費、すべてこちら側持ちです)、毎日来る庭師、アパートの会計管理人の給与・・・
新しい会計管理人が来て以来、すべてが値上がって、しかも、毎年上がっていきます・・
それに、いつも何かしらの工事費の分割払いがやって来て(巨費なので分割となっている)、なんだか毎月支払いに追われているような感じ・・・

まぁ、そんなわけで、デ・ロンギのセラミックヒーターが予想外に良くて、大活躍♪
セントラル・ヒーティングが入るまでは、なんとかこれでしのぎます・・・

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
楽しみにしていてくださいね♪
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

by mayumi-roma | 2018-11-16 07:50 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma