2019年度の手帳♪

c0206352_06354761.jpg
毎年、同じような時期に同じような記事をあげています~
写真は、昨日、ヴェルテッキ(文房具屋さん)で買った来年2019年度の手帳です♪
時々、浮気をしたことはあるけど、もう何十年も、私は、こちら、クオ・ヴァディスのItalBの赤を使っています。
黒がスタンダードなので、赤の販売数は少ないのですが・・
何とか最後の1つをゲットできました(^^♪
コンパクトなのでバッグの中でも場所を取らないし、何よりも使い勝手がいいのです~
それに赤い色がアクセントになっていいでしょう!?





c0206352_06442046.jpg
中はこんな感じです~
見開きのウィークリー♪
左側に1週間の予定が書きこめて(日曜日だけは右側だけど安息日なのでOK!)、右側にメモできます。

来年もまた素晴らしい年になること間違いなしです。
1月には私の翻訳本第三作目の「ラファエッロの秘密」も刊行予定ですしね(そのおかげで日本へ帰省しても1月はお仕事が続くことが予想され忙しくなりますが)♪
まだ日程は決めていませんが、帰省中は二度ほど東京へ行かなければなりません。
下手に予定を入れられない状況ですが、それでも、楽しみな予定が2つ決定しています♪
早速、手帳に書きこみましたよ~

1つは、中学時代に仲の良かった同級生とのプチ同窓会です。
去年の今頃(正確にはもうちょっとあと)、私は実家に帰省していて物置の整理をしていたのですが、懐かしいものがたくさん出てきたのです。
一部は去年、ブログ記事にしましたが、その時、まるで玉手箱のような箱が出てきたのです。
中には、中学校卒業時のサイン帳も入っていました。

皆さま、サイン帳ってお分かりになりますか?
私の時代は当たり前だったのですが、今でも、こういう習慣、あるのかしら!?
サイン帳とは、日記帳のような形をしていて、卒業前にクラスメートや他クラスの仲良しさんたちに一人1ページずつ何かを書いてもらう寄せ書き帳のようなものです。
去年それが出てきた時に読んでみたら、たとえようもなく懐かしくなって、当時の思い出がよみがえってきました。

現在の私からは想像つかないかもしれませんが、中学生の頃の私はとても大人しく(おしとやか!)、男の子が苦手でした。
もちろん巻き髪でしたけどね~(笑)
なのに、当時とっても仲の良かった男子2名がいたのでした。
その男子2名も一緒に、中学時代の親友Gさんの家でクリスマスパーティをしたこともあります。
Gさんとは、今でも時々会っていますが、この男子たち、今どこでどうしているんだろう~と思ったのがきっかけです。
なんと、そのうちの一人と連絡が取れて、東京在住なのにわざわざ別府に来てくれることになりました。
私が今回の東京ではまったくプラベの時間が取れないからです。
嬉しい~♪
というわけで、男子数名と女子数名でプチ同窓会をすることになったのです。
中学の同窓会なんて、卒業以来初めてのことです。
本当に楽しみです~
私は、いつも「ミシェル~」と言っていたんですって♪
そう、私は、ミシェル・ポルナレフの大大大ファンだったのです~

もう一つの予定は、当然ながら私のお誕生日のお祝いです。
還暦バースデーなので、パーッといかなきゃ!
記念すべきお誕生日なので、日本の家族と一緒です(夫よ、ごめん。でも、イタリアには還暦祝いなんてないから~)。
東京や福岡から妹たちも来てくれることになりました。
そして、今朝、お気に入りのミシュラン2つ星の日本料理店を予約しました♪
「お料理はた野」です。
今回はワンランク上のディナーを予約しました。
過去記事は下記から~
温故知新、極上の空間とお料理@ミシュラン2つ星「御料理はた野」♪ ←ここをクリック♪
煌めくお料理@ミシュラン2つ星「御料理はた野」♪←ここをクリック♪
イタリアの習慣では、お誕生日のお祝いは、祝われる当人がすべて負担するので、私もそれに倣います。
すごい出費になるけど、たまには太っ腹なmayumiでいなきゃね♪
破産するかも~

2019年度の手帳も、こうして楽しい予定でいっぱいになっていくことでしょう♪

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
楽しみにしていてくださいね♪
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-11-09 07:44 | インテリア・可愛い雑貨・文房具

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma