ミラノで行きたかったカフェ♪


c0206352_06281844.jpg
ミラノ、サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会を後ろから見たところ♪

ミラノ弾丸週末旅行から、もう2週間が過ぎてしまいました。
でも、まだレポートは終わっていません。
今回のミラノでは、どうしても行きたいカフェがありました♪





c0206352_06305032.jpg
「レオナルドの葡萄園」♪
今年1月にレオナルドの「最後の晩餐」を見た時に、ちょうどサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会の斜め前にあった葡萄園を見学するかどうか迷ったのですが、見なくてもまったく損はないと判断しました。
レオナルドの葡萄園がそのまま残っているわけではなく、所有者も変わっていますから、観光客向けに作った感じが否めませんでしたので。
レオナルドの葡萄園とは、1498年に、ミラノ公ルドヴィーコ・イル・モーロが「最後の晩餐」の報酬として、レオナルドに与えた葡萄園のことです。

この辺りにあの葡萄園があったんだな~と思いを馳せるだけで十分だと思いました。
でも、ここに併設されたカフェには是非行ってみたいと思いました。
その時は、朝食を食べたばかりだったので、何かを飲んだり食べたりという気分にはなれなかったのです。




c0206352_06374752.jpg
そして、今回は、絶対に行きたかったので、「最後の晩餐」を見学後、学会が終わった夫とここで待ち合わせをしました。
ミラノらしいイタリア・モダンのスタイリッシュなカフェ♪
レオナルドの葡萄園のカフェというだけでウキウキです~
14時半を過ぎていたので、ちょうどお客さんが引いたところでした。





c0206352_06410985.jpg
やっぱり可愛い~♪
たぶん、レオナルドに関連するというだけで、ものすご~くひいき目に見ている自分があるとは思うのですが、素敵です~
大好き♪
二階席もあります。






c0206352_06421813.jpg
お腹ペコペコだったので、私はパスタ、夫はカプレーゼ♪
パスタは、アンチョビとライムのスパゲッティという、初めて聞く代物。
私はアンチョビが大好きですが、どんなお味だったかというと・・
ちょっとくどいアンチョビのお味が爽やかなライムが入ることによって和らぐ♪
そんな感じです。
ライムの香りっていいですよね~
レモンの代わりにライムを使うことは、お料理の鍵になりますね♪
美味しかったです~
自宅でも簡単にできそうですね♪

そうそう、この「レオナルドの葡萄園」でとれるワインが販売されているのですが、味見をして美味しければ買っていこうと思いました。
白のスパークリングをグラスで頼みましたが・・・
甘過ぎる・・・
これはダメだな・・・
というわけで、ワインは買わず・・
容易にレオナルドの名前を使わないでほしいな。
マルタ島で買ったカラヴァッジョのワインも飲めるような代物ではなかったですし、まったくもう~~!




c0206352_06500480.jpg
このあとスフォルツェスコ城にどうしても行きたかったので、ゆっくりする時間がなかったのですが、食後のコーヒーだけは飲みました♪





c0206352_06511785.jpg
レオナルドの葡萄園カフェ、とっても気に入りました♪
これからはミラノに来るたびに寄ろうと思います。
こうして、どんどんお気に入りが増えていくわたくしです。
ミラノ、大好き♪

レオナルドの葡萄園とカフェ
La Vigna di Leonardo
Corso Magenta 65,
20123 Milano
(「最後の晩餐」のあるサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会の道を挟んだ斜め前)

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
楽しみにしていてくださいね♪
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-10-27 06:04 | ミラノ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma