完璧なディナー@お友だちのおウチにお呼ばれ♪

c0206352_04131931.jpg
日曜日の夜は、大好きなお友だちのおウチにお呼ばれでした♪
私のローマの妹分のお宅です~
日頃から、それぞれの伴侶とともに親しくしているゴールデントリオ×2=6の集合です~
それにしても、いつ来てもシンプルにきちんと綺麗に整えられているおウチ♪
ごちゃごちゃしている我が家とは大違いだわ。





c0206352_04273534.jpg
華道を嗜むお友だちが生けた、秋を感じさせるお花たち・・
そのうしろには、彼女の分身とも言える愛用のスタインウェイのグランドピアノ・・

この夜、本当はピアノを弾いてくれることになっていたのですが、家を出る時間にローマは異常な大雨が降り出して、とてもじゃないけど家から外に出られる状況じゃなくなってしまったのです。
雨が止むのを待って出てからも、当然ながら、道路は冠水して湖のような状態・・
そんなわけで、ディナーの時間がずれ込んでしまって、ピアノの演奏は残念ながら中止となってしまいました。
彼女の弾く綺麗なピアノの音色が聴きたかったなぁ・・

余談ですが、この大雨のあと、ローマは急激に寒くなって、突然冬のようになってしまいました・・






c0206352_04383609.jpg
しかしながら、お友だち、ピアノが上手なだけではなく、お料理の腕前もプロ級♪
というより、星付きレストランも顔負けというレベルのお料理を作る人なのです。
しかも、すべて彼女の創作料理♪
今日はどんなお料理が出て来るのかしら!?
まずは、アミューズです。





c0206352_04422186.jpg
ショートパスタを小さな器に見立てた、一口サイズのアミューズです。
右側のパスタにはカレー風味の何ちゃらいうチーズ(ちょっと忘れちゃったかも・・)が、そして左側のパスタはこんがり焼いてあって、その中にナスとミートソースの詰め物が入っています♪
上に乗っているのは、極細にカットしたナスの皮をカリカリにしたものです。
この小さなアミューズを作るのに、一体どれだけの手間がかかったことでしょう♪
ひと口で食べるのがもったいないくらいに美味しかったです~♪




c0206352_04503134.jpg
前菜は、かぼちゃのフランにタレッジョというチーズのスプーマ添え♪
スプーマは、その場でお友だちがよそおってくれます。
至れり尽くせり~
これは、もうレストラン以上ですね♪
繊細な見かけによらず、お味の方はパンチが効いています。
しかも、お口の中で固形のフランが半液体状のスプーマと合わさって絶妙なハーモニーを奏でるのです。

それにしても、おもてなしする側のお友だちは大変!
キッチンにこもったり、お皿にサーブしたりで、息つく暇もありません・・





c0206352_05044935.jpg
きゃあ~~
これまた芸術品のようなリゾットの登場です~
彼女のお料理は、味が良いだけでなく、見て美しいのです。




c0206352_05072103.jpg
素晴らしいプレゼンテーション♪
キオディーニといいうキノコ(ナラタケの一種?)と栗のリゾットです。
上にはカリカリのスペックが乗っています~
リゾットを作る際に使うブロード(スープ)は、ポルチーニのスープ(自家製)を使っているため、香りも素晴らしいのです。
お皿を彩どるバルサミコは、なんと50年物♪
普通では感じることのできない深い味わいでした。
秋を感じさせてくれる絶品料理♪
美味しかった~~




c0206352_05130192.jpg
メインは、こちら~
お肉です。
ワインは、もう一人のお友だちが持ってきたアマローネ♪
アマローネ、美味しい~
大好き♪




c0206352_05150881.jpg
お肉料理は、またまた、ため息の出るような一品でした♪
有機栽培の肥料で育てられたキアニーナ牛(イタリアの最高品種)のフィレ・ステーキに、黒人参、インゲンマメ、キオディーニ茸、フィノッキオを特殊な調理方法で蒸したもの。
ステーキの上には、最近イタリアで流行っている生姜のような形をしたポテトのようなお野菜をスライスして揚げたものが乗っています。
焼き加減もバッチリ♪
こんなに美味しいお肉を食べたのは本当に久しぶりです。
いやはや、本当に素晴らしい完璧なディナーですね♪

ここから先は、彼女もテーブルに落ち着いて座れますから、男どもは放っておいて、女性陣だけでレディーストーク♪
これが一番楽しいの~♪





c0206352_05294940.jpg
あらららら、お友だち秘蔵のブルガリのワインが出てきました~♪
きゃあ、いいのかしら・・





c0206352_05354658.jpg
デザートは、私が持ってきたモンディのフルーツタルト♪

あっという間に楽しい時間は過ぎて行き、気がついたらシンデレラ・タイムを過ぎてしまっていました・・

とにかく、お友だちのお料理は、すべてに手が込んでいて、見た目もお味もレストラン以上で最高のものです。
この日は特に頑張ってくれたようです。
完璧なディナー♪
でも、私は、何よりも、私たちのためにここまでのおもてなしをしてくれる彼女の気持ち、心が嬉しいのです。
それを考えただけで、決して大げさではなく、胸が熱くなるのです。

お友だちはお料理を習ったこともなければ、作るお料理にレシピがあるわけでもありません。
すべて自分の中でひらめいた創作なのだそうですが、おそらく天性のものでしょうね。
彼女曰く、「喜んでくれる人にもっともっと喜んでもらいたい」、それが彼女のお料理の軸なのだとか・・

大好きな人たちと美味しいものを食べて楽しい時間を過ごすのって、なんと幸せなことなんでしょう♪
ああ、最高の夜だったわ~♪

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
楽しみにしていてくださいね♪
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-10-23 06:02 | お呼ばれ&自宅でお食事

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma