ミラノのお気に入りレストラン「ペック」♪

c0206352_22493605.jpg
Peck Italian Bar & Restaurant♪
ミラノで肩ひじ張らずにカジュアルに、しかし確実に美味しいものが食べたい時は、ここへ来ます。
なんといっても、すぐそばにある超高級食材店PECK(ペック)の直営店ですから、素材には絶対的な信頼がおけますし、ワインのラインナップも見事なものです。

この日は10月とは思えない陽気だったので、屋外でアペリティブを楽しむ人でいっぱいでした。






c0206352_23082066.jpg
ミラノらしいスタイリッシュなお店です~♪
ミラネーゼになりたい~~






c0206352_22552486.jpg
中に入るとこんな感じです。
って、以前にも同じような記事を書きましたが、お気に入りの場所には何度でも行く習性のあるわたくしなので~




c0206352_22571341.jpg
朝早くから夜遅くまで、クロワッサンとカプチーノから軽食やランチまで、夕方のアペリティブからディナーまで、すべてを楽しむことのできるお店です。




c0206352_22592747.jpg
私たちは、奥のレストランへ♪




c0206352_22595814.jpg
19時半だったので、とりあえずアペリティブを楽しみました♪
ペック、さすがのラインナップ(^^♪
フランチャ・コルタのカー・デル・ボスコのヴィンテージを飲みました~
美味しい~♪
小洒落たおつまみもついてくるので、アペリティブを前菜代わりにしましたよ~




c0206352_23012480.jpg
ディナータイムに入って、私は、ワンパターンのミラノ風リゾット♪(笑)
ミラノに来たら伝統料理が食べたいですから~
お昼にミラノ風子牛のカツレツを食べていたので、こちらではリゾット。
もう、これだけで十分です。
夫もミラノの伝統料理、オッソブッコのミラノ風リゾット添えです♪
オッソブッコとは、子牛のすね肉を骨つきのまま輪切りにしたもので、骨の中のとろりとした骨髄も味わいます。
私はこういうのは絶対に食べませんけどね・・

ペックのお料理は素材が確かな一級品を使っているので、安心して味わえます♪
美味しかった~





c0206352_23204311.jpg
ワインラヴァーのわたくしは、ここで赤を♪
ヴァリポリチェッラにしました~
ああ、美味しい~~





c0206352_23213920.jpg
デザート♪
私はクリームキャラメル(焼きプリンのこと)、夫はフルーツのタルト♪
美味しいのはいうまでもないこと。

ペックは、お食事の質が保証されているだけではなく、給仕さんも本当に素晴らしいのです。
サービスの何たるかを心得ていますから。

ミラノは物価が高いので、ごく普通のお店でも、単品を1つずつ頼んでワインをグラスで飲んでドルチェを食べたら、だいたい一人50ユーロくらいになります。
ナヴィリオ地区もそうでしたが、このお店もそのくらいです。
昔のイタリアは、フルコースで食べなきゃ怒られそうな雰囲気がありましたが、時代は変わりました。
今では、フルコースではなく、プリモかセコンドを選んで、そしてドルチェという人が目につきます。

今回のミラノでは、特に有名なお店に行ったわけではありませんが、ナヴィリオ地区では可愛くて美味しいレストランを発見しましたし、ここ、お気に入りのペックにも来れましたし、翌日は行きたかったカフェでランチを食べることもできて、ミラノ中央駅でもアペリティブをしてから列車に乗ったので、食の面からも満足の行く旅行となりました♪

ああ、ミラノは肌に合う街だわ~
大好き♪

PECK ITALIAN BAR & RESTAURAT
Via Cantu' 3,
20123 MILANO
ドゥオーモからもコルドゥシオ広場からも近いです。

2つのブログランキングに参加しています。クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
楽しみにしていてくださいね♪
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-10-20 06:01 | ミラノ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma