レオナルドの「最後の晩餐」の予約が全然できない件。


c0206352_18055471.jpg
ミラノ、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」♪
今年1月に行った時に撮った写真です。

10月中旬に夫の学会のお供でミラノへ行くので(お伴といっても私は好き放題するだけ~笑)、ミラノへ行くなら必ず見たい、何度でも見たい、レオナルドの「最後の晩餐」を見るために、ずうっと(まったく取れない)予約にかかりきりでした。
1月に行った時は、1週間前だったにもかかわらずネットの予約サイトからすんなり予約できましたが、今回は、1か月以上前でも取れないような異常な状態になっています。

予約サイトは、来年1月にはまだ空きがありますが、今年の分はまったく空きがありません。
でも、サイトで受け付ける予約はわずかな数なので、電話予約のほうで予約が取れるという話!
私の場合は、これまでいつも予約サイトですんなり取れていましたが、今回は全然ダメなので電話をかけてみることにしました。
でも・・
毎回毎回、「回線が非常に混みあっておりますのでお繋ぎできません」という録音の声が虚しく響くだけ・・

そこで、これはおかしい、いったいどうなっているんだろうと、
「cenacolo vinciano prenotazione impossibile」(レオナルドの最後の晩餐、予約不可能」と入力してネット検索してみました。
そうしたら、出て来る、出て来る・・
皆さま(イタリア人)の怒りの声が!
予約できずに見学できなかった方たちが怒りまくっていました。
まともに予約できる数はごくわずかで、結局、旅行エージェントに高いお金を出して買うようなシステムになっているんじゃないかと疑っている方も多々いらっしゃいました。
さらに、ミラノの新聞の記事にもなっていました。
新聞記事では、実際に電話予約をしてみた経験が、そのまま記事になっていました。
曰く、何度もしつこく15分おきくらいに電話をすると繋がることがあると!
しかし、ミラノ最大の呼び物である「最後の晩餐」の予約ができない状況は、ミラノ市のためにならないと厳しい批判をしていました。
どうやら、運営を巡ってのゴタゴタがあるようです。

そんなわけで、私も、2週間くらい毎日電話をかけ続けていたのですが、ある朝、ようやく繋がりました。
けれども、その対応に嘘っぽいものを感じたのです。
10月13日か14日、何時でもいいから予約したいと言うと、3分くらい不思議な沈黙がありました。
たぶんパソコンの予約画面をながめていたのでしょうが、「受け付けようかな、どうしようかな~」と悩んでいる様子を感じたのです。
結果、「満員です」という答え。

とてもとても不信感を抱いたので、ミラノの旅行エージェントのサイト(イタリア人用)に行って、13日と14日の「最後の晩餐」の見学のみの予約状況を見たら、空きはあるものの、3時間の市内観光付きのコースのみ有効と表示されました。
冗談じゃありません!
でも、そのサイトの下に、「英語ガイドのコースで検索したら取れるかもしれません」と出ていたので、英語ガイドのコースで検索したら、最後の晩餐のみの見学コース44ユーロがまだ残っていました。
見学コースといっても、現地集合、絵のある室内では喋ることができないので、見学の前に15分説明を受けて、15分見学するというものです。

通常の入場料は12ユーロ(プラス2ユーロの予約料)ですから、44ユーロだなんて、なんとも酷い話です。
ガイドの説明がついていたとしてもわずか15分、しかも、室内ではオーディオガイドが無料でつきますから。
海外からのパック旅行の場合は、旅行会社が一定数の予約をおさえておくのは理解できますが、個人客にこういう対応はないかな・・
エージェントと組んでいるとまでは言いませんが、ほぼそれに近いものがあるような感じです。
以前は、今年の1月も、その前の2014年も、こんな感じじゃなかったのに・・。

しかし、せっかくミラノへ行くのにレオナルドの「最後の晩餐」に会えないのは悲し過ぎる~
何しろ、私にはレオナルドに対する思い入れが大きいので♪
というわけで、44ユーロ支払いましたとも~
ちなみに夫は時間的に無理なので、私一人の分だけ予約~
だけど、修復前と修復途中の「最後の晩餐」を何度か見たので(昔、私と一緒に)、別に今回はいいんですって。

日本から個人的にミラノ旅行を考えている方は、お早めに公式予約サイトからの予約をお勧めします。
公式予約サイト←こちら。
イタリア語ですけど、ごめんなさい。
たぶん閑散期の1月から3月までは予約がとりやすいのではないかと思います。

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
楽しみにしていてくださいね♪
2つのブログランキングに参加しています。クリックして、応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-10-03 05:33 | ミラノ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma