レオナルドが暮らした場所@フィレンツェ♪


c0206352_19090943.jpg
フィレンツェで私が訪れたかった場所の一つは、レオナルドがヴィンチ村を出てフィレンツェで父親と一緒に暮らしていた場所でした。
さすが、当時、フィレンツェで成功を収めていた公証人の父親、セル・ピエロです。
シニョリーア広場すぐそばの一等地でした。



c0206352_19122970.jpg
かつてのプレスタンツェ通り、現在のゴンディ通りは、シニョリーア広場のヴェッキオ宮殿に沿う道でした。




c0206352_19141422.jpg
残念ながら、レオナルドたちが暮らしたあとで、この場所にはゴンディ家の宮殿が建てられたため、実際に暮らしていた建物を見ることはできません。




c0206352_19154730.jpg
ガラス越しの写真しか撮れません。
レオナルド・ダ・ヴィンチが暮らしていたという碑文も建物の中にあるので、ガラスが反射して上手く撮れません。
だいたい、こういうものは、建物の外に掲げておくべきではないの?
フィレンツェはミケランジェロの街だから仕方ないのかな~(←この街を歩いていて、フィレンツェ人が最も誇りにしているのはミケランジェロだということをひしひしと感じたわたくしです。レオナルド、ミラノやフランスに行って正解だったね!)



c0206352_19233374.jpg
私にとって、レオナルドは特別な思いを持つ芸術家です。
子どもの頃、私は、レオナルドの傑作の大半がフランスにあることを不思議に思っていました。
でも、当時のフランス王だけが、彼の偉大さを真に理解していたのですから、彼の地で生涯を終え、そこに傑作の数々が残ったことは当たり前なのです。
彼の芸術は、当時の常識の100歩前を歩く革新的なものでしたから、時代が追いつかなかったのでしょうが、若い頃のフィレンツェでの失意の日々を思うと、私まで辛くなります・・



c0206352_20020468.jpg

私の翻訳本の第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)を読んで、レオナルド通になりましょう♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックで、応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


by mayumi-roma | 2018-09-22 04:22 | フィレンツェ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma