衝撃のダヴィデ像(ミケランジェロ)@アカデミア美術館♪


c0206352_00535224.jpg
フィレンツェ、アカデミア美術館♪
やっぱり事前予約しておいて大正解でした~
当日入場の人たちの行列はすさまじかったです。
サン・マルコ修道院(美術館)のすぐそばでよかった~♪
予約時間のぎりぎりまで(12時15分から12時30分の間だったので、30分にチケット交換に行きました)、この日のメインだったサン・マルコ修道院の美術品を堪能することができましたから。

サン・マルコ修道院では、ギルランダイオの「最後の晩餐」とベアト・アンジェリコの「受胎告知」に魅せられて、しばらくぶりで後ろ髪を引かれる思いを抱くような芸術品に出会ったと思いましたが、ここで私を待ち受けていたのは、それとは異種の圧倒的な感動でした。
それは衝撃的とも言えます。

アカデミア美術館には、ボッティチェッリの絵などもありますが、ミケランジェロのダヴィデ像は、もうそんなものはどうでもいいと思わせるくらいの存在感を放つのでした。




c0206352_01073583.jpg
この部屋だけにずいぶん長い時間いたような気がします。
一番奥に小さく見えるダヴィデ像・・・
こんなに小さくても、引き寄せる力は無限大です。

ミケランジェロがローマ法王ユリウス2世の霊廟を飾るために制作していた未完の「奴隷像」が4点、同じくミケランジェロ作のパレストリーナのピエタ像、聖マタイ像もあります。
凄まじいほどの魔力を放つダヴィデにゆっくりと近づくために、これらの彫刻を見て行く感じでした。




c0206352_01215317.jpg
彼は、すぐそこにいます・・・





c0206352_01223168.jpg
なんという美しさでしょうか!
ミケランジェロに「ごめんなさい」を言わなきゃ~
シニョリーア広場のコピーだけ見て、大したことないと思っていたことを謝ります。
まったくの別物ですね。
圧巻です!

これは!
レオナルドが嫉妬心を抱いたのも理解できます。
私の翻訳本第一作「レオナルドの秘密 天才の挫折と輝き」にも書いてありますが、レオナルドはこの彫刻を目立つ場所に置くことを阻止しようとしたのでした。

素晴らしき芸術品は、おのずと何かを語ってくれます。
感じることは、人それぞれ違うと思います。
このダヴィデを見て、私が感じたのは、「力強さ」ではなく、「若さ」と「決意」でした。
この彫刻は、サヴォナローラ処刑後の新体制フィレンツェ共和国から依頼を受けたものです。
生まれたばかりの新しい国を若き力で素晴らしいものにするという新たな決意・・・
それはそのまま、29歳という若さでこれを彫ったミケランジェロ自身を反映していると思いました。
彼の若さとやる気満々の意気込みが伝わってきます。
素晴らしい彫刻です。
完璧な理想の肉体。
まるで血の通う本物の人間を見ているかのようです。

アカデミアに来てよかった~
ダヴィデに出会えてよかった~




c0206352_01452892.jpg
おまけの画像その1♪
ミケランジェロ作、未完の「若い奴隷」♪




c0206352_01454660.jpg
おまけの画像その2♪
ミケランジェロ作、未完の「目覚める奴隷」♪




c0206352_01455824.jpg
おまけの画像その3♪
ミケランジェロ作、未完の「髭の奴隷」♪





c0206352_01463728.jpg
おまけの画像その4♪
ミケランジェロ作、未完の「アトランテ」♪

これらの未完成の作品群も、なるほど、こうやって彫っていくのか・・と、その過程を見たような気がして、実に興味深かったのでした。




c0206352_01543937.jpg
おまけの画像その5♪
ミケランジェロ作「聖マタイ」♪
フィレンツェのドゥオーモ、クーポラの下の壁龕(へきがん)に置くために注文されたものでしたが、未完に終わっています。




c0206352_01525200.jpg
おまけの画像その5♪
ミケランジェロ作、「パレストリーナのピエタ像」♪
力が完全に抜けたキリストの亡骸(なきがら)が重そう・・
と、感じさせる表現力がすごいですね。

最後にもう一度、目の保養を♪




c0206352_01592898.jpg
美しきダヴィデ♪
角度を変えてみました。
あまりの美しさに惚れ惚れしながら、私は、横からも後ろからも撮影しましたよ~

フィレンツェのアカデミア美術館、ダヴィデを見るためだけでも行く価値のある場所です。

Galleria dell'Accademia
Via Ricasoli 58/60
50122 Firenze
休館日:月曜日、1月1日、12月25日
開館時間:火曜日から日曜日、8時15分から18時50分まで

2つのブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックが反映されるようになっているので、クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-09-20 04:02 | フィレンツェ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma