ドムス・アウレア(ネロ帝の黄金宮殿跡)見学レポート♪


c0206352_06252592.jpg
コロッセオのそばのオッピオの丘にネロ帝の黄金宮殿だった遺跡の一部が残っています。
かつての宮殿は80へクタールもの広さで、現在コロッセオがある場所には人工池、そのそばには金色に輝くコロッソ(巨大という意味)と呼ばれる巨大なネロ帝の彫像が立ち、宮殿の中庭は歴代の皇帝たちの宮殿があるパラティーノの丘まで続いていたそうです。
ネロ帝が夜眠る場所は、あくまでも皇帝たちの居城たるパラティーノの宮殿だったそうですが、昼間は広大な庭を散歩しながら、こちらの宮殿で過ごしていたらしいです。

ドムス・アウレア(黄金宮殿)は、紀元64年7月19日に起こったローマの大火でローマの街の大部分が焼けてしまったことを幸いに、ネロ帝が理想の街づくりをしながら自らの豪華絢爛な宮殿を築いたと言われています。
ネロ帝の失脚後は、彼の作り上げたものはすべて否定されることとなったため、この宮殿もいつしか土の中に埋もれ、のちのトラヤヌス帝が、この丘に大浴場を作る際に、その土台として使われることになりました。

長い長い時を経てルネッサンス期に入ると、古典への回帰が叫ばれ始め、古代ローマの遺跡に興味を持つ芸術家が現われ始めました。
そうして、偶然、この洞窟のような遺跡を発見して中に入ると、そこには、古代ローマ独特のスタイルで描かれた壁画があったというわけです。
この壁画が、いわゆるグロテスク模様です。
洞窟をイタリア語でグロッタと言いますので、洞窟の中に描かれていた不思議な文様をグロテスクと呼ぶことになったのです。
当時の画家たちは、こぞって洞窟の中へ入って行き、その文様に魅せられて、自らの作品に取り入れるようになったのでした。
もちろん、ラファエッロもその一人です。
一般公開はされていませんが、ヴァティカン宮殿の「ラファエッロの回廊」は、ネロ帝の黄金宮殿の装飾に誘発されて、グロテスク文様で装飾されたものです。





c0206352_06254762.jpg
さぁ、中に入りましょう♪
ヘルメット着用というのは、ちょっと大げさのような気もしますけど、今でも工事中なので不測の事態を避けるためでしょう。
ヘルメットの下には、白いネットをつけます。
色々な人が使うため、衛生面で必要なのです。




c0206352_06424554.jpg
入ってすぐの巨大な廊下。
実は、この部分は、ネロ帝の宮殿ではありません。
トラヤヌス帝の浴場を作る際に補強部分として作られたものです。
このような廊下が何十本も隣り合わせにあります。
ちなみに、私たちの入ったこの廊下は18番目の廊下です。
大まかな地図を見てみましょう。





c0206352_06450576.jpg
これが、オッピオの丘のドムス・アウレア(黄金宮殿)の地図です。
黒い線で描かれた宮殿の下に半円形と三角形の茶色の部分があって、斜めに廊下が隣接しているのが分かるでしょうか?
この廊下の部分が、のちの時代のトラヤヌス帝の浴場建設の際に付け加えられた部分で、先ほどの写真はローマ数字で描かれた18(ⅩⅧ)です。
中を歩くとよく分かるのですが、まったく装飾をされた形跡がないので、ネロ帝の時代のものでないことは、すぐに見分けはつきます。

ドムス・アウレアでは、写真を100枚くらいは撮ったでしょうか!?
さすがに、ここではほんのわずかしかご紹介することができませんけど。




c0206352_06524658.jpg
はっきり言って、迷路のようです。
ここで仕事をしている考古学者の案内とともに見学できて、本当に良かったと思いました。
20年近く前に訪れた時は、進路を矢印で表示していましたが、ごくごく一部でした。
そして、各部屋には名称がかかれた案内板があっただけ・・
今回は、学術的にも進歩しているせいもあるとは思いますが、歴史的な話や黄金宮殿の説明をかなり詳しく聴くことが出来たので、知識も増えましたし、何よりも、彼の案内があったおかげで、廃墟が生きたものとなりました♪




c0206352_06585439.jpg
残念ながら、ルネッサンス期に当時の画家たちを熱狂させたフレスコ画は、その時以来、空気に触れたことで、もうほとんど、その姿を残してはいません。
でも、時おり、こんな風に彩色された壁画の残り香が現われることがあります。




c0206352_07013449.jpg
そして、ほんの少しだけグロテスク文様が残っているところもあります。





c0206352_07024112.jpg
こちらの天井の穴をご覧ください。
何だと思いますか?
そうです。
ルネッサンス期に、多くの芸術家たちが、地上からこの穴を通って地下に眠る洞窟のような黄金宮殿の中に降りて来ていたのです。
もちろん絵を見るためです。
かなり危険なことだったようですが、別の部屋には、ピントゥリッキオが降りてきた際のサイン(刻みつけたもの)も残っていました。




c0206352_07073068.jpg
本当に迷路のようなので、遅れないように気をつけなければなりません。
はは!
写真を撮るわたくしは、いつも少々遅れがちでした・・




c0206352_07100942.jpg
また天井にグロテスク文様がありました。
ほのかな残り香で、ほとんど消えかかっています。





c0206352_07084570.jpg
モザイクの床も残っていましたが、これはネロ帝の時代のものではないそうです。




c0206352_07122384.jpg
恐ろしく天井は高くて、10メートルくらいあるそうです。




c0206352_07132607.jpg
この部屋は、「スキューロス島のアキレウスの間」と呼ばれます。
天井にギリシャ神話の英雄アキレウスにまつわる物語が描かれているからです。




c0206352_07194846.jpg
そして、こちらが、ドムス・アウレア(黄金宮殿)で最も有名な「八角形の間」です。
この部屋は、形として実に美しいのです。
この完璧さ、この美しさは、写真ではどうしても伝えることができませんね。




c0206352_18291697.jpg
パンテオンのように天井の真ん中に丸い穴が開いています(現在は地下にあるので空は見えませんが、明かり取りだったそうです)。
この部屋が何に使われていたのかはまったく不明で、壁や天井にも壁画や彫刻で飾った形跡は見られません。
おそらく、歌手になりたかった(というか実際に歌を歌っていた)ネロ帝は、内輪のゲストを呼んで、自分のリサイタルを開いたり、演劇などを上演していたのではないかと考えられています。
壁や天井に装飾がないのは、季節ごと、あるいは目的ごとに装飾を変えるためで、布などを使って飾っていたのではないかと考えられているそうです。



c0206352_07270295.jpg
復元予想図。
ドムス・アウレア(黄金宮殿)は、このような感じで広大な中庭を臨みながら、その向こうのパラティーノの丘に続いていました。

実に素晴らしい1時間半の古代への旅でした。
当時の古代ローマは、百万都市。
他国から来た人たちは、きらびやかに装飾された大都会の姿とその豊かさに心底驚いたことでしょう。
皇帝が変わる度に、宮殿が建てられ、市民のための娯楽場が作られ、また、相変わらず侵略戦争は続くわけですから、古代ローマの皇帝たちは想像を絶する絶大なる権力と莫大な富を持っていたことが分かります。
それゆえ、血塗られた歴史にもなるわけですが。
ネロも最終的には自決に追いやられます。
ローマ市民の前で殺されるような惨めな姿を見せたくないため、自ら選んだ最期でした。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

東西に関わらず、歴史とはそういうものなのでしょう。

2つのブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックで、応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-09-18 00:00 | ローマ&その他の美術散歩

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma