母校・経済学部の男子たちとの同窓会@銀座♪

c0206352_11204582.jpg
夜の銀座は素敵ですね♪
歩くだけで、華やいだ気持ちになって、心が躍ります。

昨日、8月18日の夜は、ずっとずっと楽しみにしていた成城大学経済学部元1年H組(昭和52年入学)の同窓会でした♪
私は文芸学部芸術学科出身ですが、仲良しの女の子がこのクラスにいたため、経済H組の男子とも親しくしていました。
去年の冬の同窓会は、とっても楽しみにしていたのに、あまりの忙しさにダウンしてしまいドタキャンしてしまった私・・
迷惑をかけた同級生たち・・・
この夏は、リベンジです~





c0206352_11292527.jpg
場所は、幹事役の熊岡くんが接待でよく使うという串揚げのお店♪
串揚げ、大好き♪
今回の日本では、まだ食べていません。




c0206352_11311277.jpg
「最初は生ビール」がお約束~♪




c0206352_11321954.jpg
串揚げは、お任せコースにしてくれたので、何が出て来るかはサプライズです。
次から次へと揚げたての美味しそうな串揚げが出てきます~~
美味しい~♪
牛肉、魚介類、お野菜、工夫された串揚げ♪
明太子の串揚げなんてのもありました~
長いのはアスパラ丸ごと♪





c0206352_11350572.jpg
右から日本酒、左から赤ワインがやってきて、ハチャメチャな飲み方、大丈夫かなぁ・・





c0206352_11372154.jpg
集合写真~♪
女子3名、男子7名の、合計10人です。
青木くんから「ブログに出しちゃえ~。大丈夫、大丈夫!」というお墨付きをもらったので、モザイクもかけずに出しちゃいました~♪

男子たちとは、卒業以来38年ぶりの再会です。
皆さん優秀で、それぞれの道を大活躍の様子、なんと遠く広島からわざわざ参加してくれた男子もいました(←懐かしの永井くん)。
田上くん、逗子のサーファーみたいだった。

それにしても、この年になると何も怖いものはなくなるので(笑)、怖いもの知らずのぶっちゃけトークがさく裂~
私たちの学生時代は、みんな遊びまくっていましたが、それにしても、ここまでとは・・と驚くような当時の暴露話♪
特に成城は派手でしたからね~

懐かしい顔、懐かしい名前、懐かしい場所、懐かしい話・・・
超楽しかったです~




c0206352_12053467.jpg
串揚げのお任せコースの最後の締めは、お茶づけか赤だし&ご飯♪
私はもちろん、赤だしで~す。





c0206352_12073341.jpg
デザートのシャーベットも美味しかった~♪




c0206352_12081487.jpg
二次会の場所を求めて有楽町に向かっていくと、こ~んな光景が!





c0206352_12093791.jpg
怪しげな煙の漂うガード下♪

「どうしよう、どこに行く?」とみんなで決めかねていて、ふと思いついたのが、日比谷にある成城学園同窓生専用の会員制クラブ「成城クラブ」♪
電話をしたら、「いいですよ~」というお返事でしたが、10時半に閉まると言うので、没!
この辺の適当なお店に入りました。





c0206352_12103202.jpg
二次会は、残念ながら2名減りましたが、スプマンテ(スパークリングワイン)を2本開けました♪
三次会という話もありましたが、お開きに~♪

この年齢になったからこそ楽しめることもあるのだな~と実感♪
年をとるのも、そう悪くないです。
また集まりたいな~
毎年の恒例にしちゃえ~~

「ぎんざ磯むら」本店
東京都中央区銀座4-10-3 セントラルビル
Tel:03-3546-6964
ザ・プレミアムモルツ樽生超達人店に認定されています。

2つのブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックが反映されるようになっているので、クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-08-19 13:48 | 東京のグルメ&カフェ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma