ミシュランの星2018年度大分版の考察と本日のランチ♪

c0206352_20220529.jpg
ホテル白菊の別邸「菊の間」♪
逆光ということもあるけど、あまりの猛暑に空気にもやがかかっているような感じです。
白菊は、お気に入りのホテル。
特に、こちらの別邸「菊の間」は、ランチによく利用します。

先日、ミシュランガイド2018年度版が発売されましたが、大分地区からは三つ星レストランは出ませんでした。
大分地区での最高は2つ星で、2軒だけ♪
しかも、その2軒ともが別府でした♪
きゃっ、嬉しい~
ホテル白菊の日本料理「菊彩香」(きくさいこう)が2つ星に輝いたのです。
ちなみに、別邸「菊の間」は、別府割鮮料理「浜菊」と同じお料理なので、「菊彩香」とは別物です。
でも、美味しいし、和のムードが好きなので、別府滞在中は、必ず一度は訪れます。
本日のお友だちとのランチは、こちら~

ホテルのロビーに出ていた支配人に「ミシュランの2つ星に輝いたので、『菊彩香』の予約が大変なことになっているのではないですか?」と尋ねたら、「今のところは余裕があります。ぜひお越しください」と言われました。
とってもとっても行きたいのですが、実は、ミシュランの星レストランが発表された時に、もう1軒、私がまったくノーマークだった別府の日本料理店が2つ星に輝いたため、そちらのディナーを予約したのでした。
来週が楽しみで~す♪
2軒ともに行くのは、お金もかかるし、今回は無理かも・・
白菊の「菊彩香」は次回のお楽しみにしようかな・・

それにしても、日出町の「的山荘」に星がつかなかったのが意外でした。
「的山荘」の過去記事はこちら~
極上の時間@的山荘♪←ここをクリック♪

フグで有名な臼杵の料亭「山田屋」本店(globeのKeikoさんの実家)にも星がつかなかったし・・
これ、東京の麻布店には星がついていたような記憶があるのですが・・

そして、去年の12月に行った別府市鉄輪(かんなわ)のイタリアン「オット・エ・セッテ」、近いうちに星をとるかも・・と思ったのですが、今回は、星はつかないけれどコスパが良くお薦めというカテゴリー、ビブグルマンに選ばれました。
過去記事はこちら~
極楽イタリアン「オット・エ・セッテ大分」←ここをクリック♪

旅館・ホテル部門の5つ星は3軒。
その中でも一段格上の5つ星レッドパビリオンに輝いたのは、湯布院の「亀の井別荘」でした♪
その他の5つ星は、別府の「ガハマテラス」と湯布院の「山荘・無量塔」。
う~ん、これも、湯布院の「玉の湯」が入っていないのが不思議だ~
「玉の湯」の過去記事はこちら~←ここをクリック♪
お正月の帰省の際には、「亀の井別荘」に泊まってみようと思っています。
とりあえず、予約が取れたので、明日は、母と「亀の井別荘」のレストランにお食事に行ってきます。




c0206352_21295523.jpg
本日のランチ@菊の間♪
たぶん6年ぶりくらいで会う地元のお友だちと♪
別府滞在中は、自分の雑用や母や実家のことで忙しく、すべての友人に会うことはできません。
久しぶりだったので、私もそうだけど彼女も、彼女を取り巻く環境が変わっていました。
50代は、いろいろと変化の多い時期ですね。
その50代も、もうすぐ終わろうとしていますが・・(悲)
彼女も、「昨日、高校生だったような感じだ」と言いましたが、その通り・・





c0206352_21344930.jpg
長い長いお喋りをしましたが、とにかく健康第一で楽しく過ごしたいね・・と締めくくって別れました♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックが反映されるようになっています。
クリックして応援してね♪

にほんブログ村

ヨーロッパランキング

私の翻訳三作目「ラファエッロの秘密」は、現在、刊行準備中です。
昨秋刊行された私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-07-18 21:36 | 別府の温泉とグルメ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma