マリトッツォに、紅茶に、バッビのウエハース・・・

c0206352_05323479.jpg
ローマ、共和国広場♪
ヨーロッパでテロが多発するようになって以来、地下鉄を始め、ローマの至る所で軍の兵士が警備していますが、これは本当に大きな安心感があります~
さてさて、昨日は、この界隈に来たからには・・と、久しぶりに大好きなマリトッツォを食べに行きました♪




c0206352_05210373.jpg
赤い看板が目印の本屋さんの左隣、ガッレリア・エセドラの中にあるお気に入りのバールで♪




c0206352_05412570.jpg
DAGNINO(ダニーノ)です♪
ここは、マリアージュの紅茶や南部鉄器も販売しているので、重宝しています。





c0206352_05450809.jpg
まずは、大好きなマリアージュの紅茶を買いました♪
ご覧の通り、マリアージュの紅茶は2階にずらりと並んでいます~
今回は、私の一番好きなフレーバーがありました♪
ホッ♪
支払いは、お隣のバールのキャッシャーですることになっているので、支払いに行ったついでに、マリトッツォが残っているかな~とチェックしました。
そうしたら、最後の一つが残っていたのでした♪
きゃっ、嬉しい♪





c0206352_05470818.jpg
マリトッツォ、すごいボリュームです♪
なんといっても、この生クリームの量が嬉しすぎます~~
生クリームが大好きなmayumiなので~す♪
それにしても、大きい。
こんな爆弾みたいな高カロリーもの、もちろん昼食がわりですよ~
さすがにね・・
このお店のマリトッツォは特大なので、ちょっと高めで3.50ユーロもします~
でも、久しぶりに大満足でした~




c0206352_06052402.jpg
マリアージュの紅茶も様々なフレーバーを飲んできましたが、結論としては、アールグレイ・フレンチブルーが一番美味しいです♪
私の好みでは。





c0206352_06064008.jpg
先週末も、百貨店リナシェンテのフードコーナーでクスミ・ティーを買ったばかりなのですけどね・・
クスミ・ティーなら、なんといってもお薦めはアナスターシアです。
あくまでも、私の好みです。

ついでに、BABBIのバッビーノの14個セットを買ってみたのですが・・
BABBIのウエハース、いまだに日本で流行っているのでしょうか?
私はこれまで、日本で流行っていた時期も含めて、BABBIのウエハースを買って食べたことはなかったのです・・
だって、イタリアでも、とんでもないお値段なんですもの~
たかがウエハースに!
バッビーノは、ウエハースのミニミニサイズ、いわゆるひと口サイズなのですが、1個1ユーロ(130円)もするのですよ。
私が今回買ってみようと思ったのは、半額になっていたからなんです。
はっきり言って、半額でも誰も買わないから、山のように積まれていました。

日本でいったい、どんなお値段がついてるのかと調べてみたら、なんと、バッビーノ4個セットが1000円プラス消費税で1080円でした~
実に、1個250円強♪

あり得な~い。
食べてみて、けっこうガッカリしちゃったし。
レモン味は珍しいタイプで美味しいとは思いましたが、その他は普通。
ひと口サイズの1個1ユーロも馬鹿げているけど、日本の1個250円はもっと・・
とても、お値段の価値があるとは思えません。
プレゼントでもらっても、ミニミニウエハース4個入りが1000円なんて、誰も思わないのでは?
まぁ、ブルガリのチョコレートも馬鹿げていますが・・・
ヨックモックのシガールをもらった方が絶対に嬉しいです♪

たとえば、ラデュレのマカロンも高いですけど、あれは本当に他店とは比較にならないほど美味しいので、納得できるのです。
高い値段をつけるのなら、納得できる商品にしなきゃ~

ちなみに、丸い箱に入ったシチリアのオレンジ入りバター・ビスケットとやらも、あり得ないお値段が半額になっていたので買ってみたのですが、こちらもまずくて食べられた代物ではありませんでした。

いい経験ができました~
何事も食べてみないと分かりませんからね~

DAGNINO
Galleria Esedra
Via Emanuele Orlando 75, 00185 Roma

2つのブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックが反映されるようになっています。
クリックして応援してね♪

にほんブログ村


ヨーロッパランキング

私の翻訳本第二弾、「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中で~す♪  アマゾンはこちら~   紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_02162930.jpg

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-05-10 06:37 | ローマのカフェ&ティールーム

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma