やっと、夏の日本へのエアーチケットを購入しました♪

c0206352_02484447.jpg
写真は、ANA国際線が着陸の時に機内をレインボーカラーで飾る照明です♪
すごく綺麗なんですよ~

さて、本日、ようやく、夏の日本への帰省のためのチケットを予約購入しました。
かなり出遅れました。
もうとっくに日程も決めていたのに、忙しさにかまけて、ずっと後回しにしていましたから~

6月末に、ただ今執筆中の翻訳原稿を完成させて送ったら、すぐに日本へ出発します。
7,8月の2か月の滞在ですが、7月は実家でのんびりして、8月は夫も日本へ来るので東京にマンションを借ります。

去年の夏は、2作目「カラヴァッジョの秘密」のゲラの校正作業をローマで行なうため、日本へは帰国しなかったのですが、結局のところ、どこにいてもできるという結論に達したので、この夏はいつものように日本へ帰国して、8月の東京で仕事の続き(初校ゲラの校正)をすることにしました。
ですので、東京の息子も一緒に家族とのんびり過ごしながら、かなり締め切りがハードになる赤字入れの校正作業に集中しなければなりませんので、誰にも会えないと思います。
当たり前だけど、お仕事優先ですから~

さてさて、日本へ帰国の際は、長年JALを使っていましたが、ローマ便撤退後は、直行便のあるアリタリアに変えました。
しかし、2012年に、とんでもない目に遭って以来(それまでにも色々あった)、もう2度と使っていません。
こういう点は実にはっきりとしている私です。
この事件については、以下の過去記事からどうぞ~
散々だった成田出発とお粗末アリタリア・・←ここをクリック♪

その後は再びJALに戻りましたが、こちらも2014年に、便利なヘルシンキ便で酷い目に遭って以来(それまでにも我慢してきたことがあった)、2度と使っていません。
はっきりとした性格の私なのでね。
自分でいうのも何ですが、私は優し過ぎるというか寛大過ぎるのが弱点で、でも、寛大であるがゆえに、我慢した末に再び心の底から許せない思いをした場合は、飛行機でも人間でも何でも完全に切ります。
まぁ、そこまで私を怒らせた人間の場合は、これまでの人生で1人しかいませんけどね。
あ、2人だった~(苦笑)
というわけで、同じように、フィンランドを訪れることは、私の人生において決してないことを、ここに変わらず断言しておきます!!
ちなみに、JALはまったく悪くありません。
悪いのは、ヘルシンキの出入国管理官。
今は、もう大丈夫だという話ですが、それでも、万が一のことがあるかもしれないし、ヘルシンキ経由は乗り換え時間が少なくてバタバタするので、現在、私が使っているエアラインは、ANAです。

ちなみに、ヘルシンキ事件は、以下の過去記事からどうぞ~
誰も助けてくれない怖さ@ヘルシンキ←ここをクリック♪

しかし、チケットを買うのに、なんだかんだで半日費やしました。
いつもはANAのHPから直接購入していたのですが、いろいろやってみて、とりあえず私の分から買おうとした時に、ちょっとした疑問点が出たので、ANAローマ支店へ電話してみました。
そうしたら・・
いやあ、手数料はかかるけど、やっぱり直接探してもらって買うほうが、希望に沿うチケットが買えますね♪
若干日程にずれは出ましたが、満足です。
しかし、夏はハイシーズンなので、早めの予約にもかかわらず、チケット1枚1000ユーロ超えてしまいました。
いつか、値段なんか気にせずにビジネスクラスをバーンと買えるようになりたいものです。
とりあえず、夏のエアーチケットは買ったので、一安心です。

2つのブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックが反映されるようになっています。
クリックして応援してね♪

にほんブログ村


ヨーロッパランキング

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-03-20 03:48 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma