ミモザの日(国際女性デイ)とゼネスト。

c0206352_01444184.jpg
3月8日は国際女性デイ♪
イタリアでは女性の日として、男性から女性へミモザの花を贈る習慣があります。
だから、ミモザの日♪

私のパソコンは日本時間を表示しているので、もう8日になっていますが、この記事を書いている今は、まだ7日の夕方。
ですので、この写真は、ずいぶん前に夫が贈ってくれたミモザの花です。
私はミモザの花が好きではないので(香りが嫌い、花が散らばる・・)、いらないって言うのに、彼はこういうのにとてもマメな人なのです。
明日(イタリア時間の8日)は、何を買ってくるんだろう・・・

国際女性デイの始まりは・・
1904年3月8日にニューヨークで女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしたそうで、これを受けてドイツの社会主義者、クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まったそうです。

国連は、1975年(国際婦人年)の3月8日以来この日を「国際女性デイ」と定めて、女性の平等な社会参加の環境を整備するように加盟国に呼びかけているそうです。

イタリアでは、この日、なんだかんだと新聞やTVもそれなりにスペースを使って、男女同権や女性の社会進出、女性へのDV問題、女性の地位向上について報道しますが、だからといって何か変化が起こるわけではありません・・
基本、男尊女卑の国ですから。
それよりも3月8日は、お花屋さんだけではなく、道端の移民の行商人やスーパーでさえも、大小さまざまなミモザの花束が売られていて、飛ぶように売れるのです~
結局はそこです、商業主義!

日本では、どうも今ひとつ、盛り上がらないようですね~
商業至上主義で、クリスマスやヴァレンタインなどはすさまじいことになっている日本なのに不思議・・。
ミモザの日で、女性にプレゼントする日で売り出せばいいのに~
あ、もうホワイトデイなんていうものを作っちゃったから、必要ないのかな。

さてさて、そんなミモザの日なのに、3月8日はイタリア全土でゼネストなのです~
イタリア鉄道のフレッチャ・ロッサなどの超特急列車は動きますが、その他は・・・
ローマ市内の公共交通機関も当然ながら動きません。
それゆえ、この情報をキャッチした月曜日の時点で、木曜日のズンバは中止になりました。
地下鉄やトラムを使ってくる人が多いので、仕方ないですね・・・

一応、通勤する人たちのために、バスとメトロは朝8時半までと17時から20時までの運行を保証していますが、3月8日の午前零時(7日夜の真夜中)から交通はストップします。
だから7日の夜中のナイトバスは動きません。
運行が保証されている時間帯でも、間引き運行となるのは確実なので、まぁ、8日は出かけないのが一番ですね。
車で出かけても、物凄い渋滞で気が狂いそうになってしまうのがオチですから。
明日もおウチで執筆と読書の一日だ~♪

しかし、ウチのお手伝いさんは、ストがあっても、なんとかして必ず来てくれます。
何度もバスを乗り換えなきゃならないのに、途中から歩いてでも来てくれます。
ありがたいですね・・
世界は、誰かの仕事で出来ているのです!

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

にほんブログ村


ヨーロッパランキング

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-03-08 02:25 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma