ブラマンテのキオストロ・カフェ♪

c0206352_06571502.jpg
まだ雪が降る前の日曜日、サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会とブラマンテのキオストロです♪
な、なんなの!?
この行列は~!!
ブラマンテのキオストロに併設されている展覧会専門の美術館に並んでいる人たちの長い行列には心底驚かされました。
こんな行列になるほどの展覧会っていったいどんなものなのでしょうか!?
夫と私は、ルネッサンスの息吹を感じることのできる教会とキオストロを見て、キオストロ・カフェでランチを食べようと思っていたので、予期せぬ出来事にビックリ♪




c0206352_07033482.jpg
展覧会を見るつもりはなかったので、混乱を避けるために裏口から入ることにしました。
裏口にガールフレンドと一緒にたたずむこの男の子、ウチの息子に雰囲気が似ているなぁ・・と思いました♪(笑)




c0206352_07054736.jpg
あらら、びっくり♪
ブラマンテのキオストロがお花畑に変身していました~
行列はキオストロを取り囲むようにぐるりと続いていましたが、家族連れ、小学生から高校生までの子どもたちでいっぱいでした♪
展覧会のタイトルが、「楽しめるアート」というようなものだったので、体験参加型のコンテンポラリー・アート展ではないかと思います。




c0206352_07091834.jpg
2階のキオストロ・カフェに行っても、展覧会の展示施設のため、空が透明のビニールで覆われていて、いつもの青い空が見えません。




c0206352_07111537.jpg
この角度から見るカフェはいつもの雰囲気でしたが、違うのは音。
ルネッサンスを感じながら静けさに浸れる場所なのに、1階の中庭で大勢の人がお喋りしているので、そのうるさいことと言ったら!
写真奥の入り口は、お隣のサンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会のラファエッロのフレスコ画を見ることができる「シビッラの間」へ続きます。





c0206352_07160103.jpg
シビッラの間♪
右端の窓からフレスコ画を見ることができます。
私はこの部屋がお気に入りなのでここに座りたかったのだけど、夫が、お茶ならいいけど食事には低いテーブルは食べにくいと言って・・・





c0206352_07183666.jpg
こちらへ・・・
ルネッサンスを感じる場所だから、ここでもいいのですが、何しろ下から聞こえる騒音がすさまじくて、うるさ~い!
それに、日曜日もすでに寒かったのでした・・
ちなみにどこで食べようと、お値段は同じです。





c0206352_07262863.jpg
バーカウンターもあります。
日曜日なのに混んでいないと思われるかもしれませんが、このあと、どっと人が押し寄せ、大変なことになったのでした・・




c0206352_07203933.jpg
私はチキンのシーザーサラダを白ワイン(シャルドネ)で♪
夫はリゾット。
シーザーサラダ、大好きで~す♪
ローマでも食べられるようになって嬉しいな。




c0206352_07231242.jpg
キオストロ・カフェではゆっくり過ごしました♪
3時半くらいまでいたかな・・
というわけで、食後のお茶とケーキも頂きました♪
ここのケーキ、本当に美味しいのです。
チーズケーキもお気に入りですが、この日は梨入りチョコレートケーキをアールグレイで♪
しかし、さすがの食いしん坊の私も全部食べられなかったという・・

さて、ローマは相変わらず異常に寒い日が続いています。
現在の気温、マイナス3度。
暖房が入っていても寒い気がします・・
明日の水曜日は、なんと最低気温マイナス8度、最高気温3度の予報が出ていますが、たぶん本当にそのくらいになりそうな勢いの寒さです。
明日も自宅におこもりだなぁ・・

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

にほんブログ村


ヨーロッパランキング

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-02-28 07:44 | ローマのカフェ&ティールーム

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma