切ないメロディー♪泣かないでマリア~

c0206352_05194494.jpg
毎週木曜日はズンバ♪
翻訳のお仕事のことがいつも頭を離れませんが(ちなみに今週も進み具合は遅いです)、身体を動かすのはとても気持ちがいいので、ランチに行くのは控えるにしても、ズンバのレッスンには通っています~

レッスンの最後には筋肉をほぐすストレッチング。
このストレッチングで、最近ゆうこ先生が使っているのが、サザンオールスターズの「いい女にはforever、夏がまた来る~」「泣かないでマリア~、いつかまた逢える~」というフレーズのある曲。

わたくしの人生には、日本の情報が完全に遮断されていた空白の数年間があります。
それはロンドン時代とローマ時代初期なのですが、その頃は新しい環境に無我夢中だったので、日本のことにあまり興味がなかったし、ネットもない時代でしたから自然に情報が入ることもなかったのです。

そういうわけで、わたくしはこのサザンの曲を知らなかったのです。
サザンだということは、あの特徴のある桑田さんの声ですぐに分かりましたけどね。
あまりにも切ないメロディなので、実は、「夏がまた来る~」のところで「夏はもう来ないよね~」、「また逢える~」のところで「もう逢えないよね~」と突っ込みながら、ストレッチングをしていたわたくしでした。
しかし、この曲があまりにも美しくて切ないので、頭から離れず、いったい何というタイトルなのかおウチに帰って検索してみました。
いやはや、本当に便利な時代です。
ネット検索で、「サザン、泣かないでマリア~」と入れただけで出てきました。
1985年8月にリリースされた「メロディ」♪
やっぱり空白の時期のものだった~~
まったく知りませんでした。

なんと美しくて悲しい歌なのだろうと思います。
サザンワールドにはいくつかのパターンがありますが、これは、初期の「夏、海、恋、別れ」がキイワードのパターン。
もちろん、桑田さんがこの曲を作った時は、彼自身も若いので、純粋に夏の恋の思い出をテーマに美しく詠ったものなのでしょう。

しかし、年齢を重ねた今のわたくしには、別の意味で心に染み入りました。
夏=青春の輝き、が終わって、人生の秋にさしかかる今、この曲の中の「恋と別れ」を人生に置き換えて、やけに感傷的になってしまったのです。
それは、あの頃に戻りたいとか、もう若くない自分がイヤだとか、そういうことではないのです。
気がつかないうちに時は流れて行くこと・・
(人生の)夏はもう来ないこと・・
(逢いたい人に)また逢えるとは限らないこと・・

「いつかまた逢える人」には、その「いつか」を自分が今作らない限り、決して逢えないという思いがあったからこそ、この冬、日本で、かなり無理しながらも逢いたかった人に逢ってきたわたくしですが、この曲を聞きながら、あらためて、人生の切なさを思いました。

というわけで、あまりにも感傷的になってしまったため、今日もまったく仕事にならなかったわたくし・・・
ガラスの心を持つmayumiです~





c0206352_05244070.jpg
さて、今日は、ゆうこ先生が、Tシャツのフリンジの作り方を教えてくれました♪
彼女、手先が器用でいつもアイデアいっぱいなんです~
へ~、こんなに簡単にできるものなんだ~とビックリでした。
その全過程を写真に撮ったのですが、携帯で撮影したためボケてしまいました~
残念~





c0206352_05373141.jpg
大きめのTシャツにフリンジを入れると、まったく別のTシャツに生まれ変わりますね。
Tシャツの裾だけでなく袖に入れてもいいし、脇に入れると超セクシー♪
さぁ、やってみようっと。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪



ヨーロッパランキング

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2018-02-23 06:57 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma