サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会とレオナルドの葡萄園@ミラノ♪


c0206352_05455416.jpg
サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会♪
「最後の晩餐」を見に行った時に教会内も見学してきました。
当たり前ですけど~

この教会はトラムの走るコルソ・マジェンタ(マジェンタ通り)に面しているのですが、この道を挟んだ向かい側に、レオナルド・ダ・ヴィンチの葡萄園があります。
このあたりに、レオナルドがミラノ公ルドヴィーコ・イル・モーロから葡萄園を贈られたのは、事実です。
でも、この名前で整備されて公開されたのは、2015年のミラノ・エキスポの際なのです。
歴史的資料に基づいてレオナルドの葡萄園だったと思われる地に隣接する場所に、この地区で過去に栽培されていた葡萄種を科学的に割りだして、新たに葡萄園を整備したのです。
なんだか、レオナルドという名前を使えばお金になると思って作り出したとしか思えない感じです。
それでも、行ってみようと思ったのです。





c0206352_06005814.jpg
レオナルドの葡萄園の隣に日本レストラン「築地」があるのには、笑えました・・




c0206352_06015369.jpg
ただ単に葡萄園を見るというつもりならいいのかもしれませんが、やっぱり作られた観光施設感はぬぐえません。
それでも、お洒落なミラネーゼが次々に入っていくので、やっぱりわたくしも入ってみようと思ったら~




c0206352_06034794.jpg
レオナルドの葡萄園の入り口すぐには、お洒落なカフェが併設されていて、ミラネーゼは皆、ここにカプチーノとクロワッサンを食べに来ていたのでした♪(笑)
わたくしもせっかくだから食べてみたかったのですが、ホテルでたっぷり朝食をとってきたばかりだったので無理~

で、葡萄園は?というと、閑古鳥が鳴いていました。
いやぁ、やっぱり、10ユーロも払って、本物ではないレオナルドの葡萄園を見学する気にはなれませんよね・・
ここにレオナルドの葡萄園があったんだという、その事実を知るだけで十分な気がします。





c0206352_06390907.jpg
さて、それでは、サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会の中に入ってみましょう♪
ちなみに、左はドメニコ会修道院の食堂があった部分です。
ここにレオナルドが「最後の晩餐」を描いたわけです。
今でも、ここにはドメニコ会の修道院がありますし、教会も彼らの会派のものです。





c0206352_06085495.jpg
サンタ・マリア・デッレ・グラッツィ教会の内部です。
この教会は、1492年から93年にかけて、ミラノ公ルドヴィーコ・イル・モーロが自分とその家族のための霊廟として建立させたものです。




c0206352_06114642.jpg
北イタリアのルネッサンス建築の代表とされています。




c0206352_06173536.jpg




c0206352_06181177.jpg
後陣(アプス)は、ブラマンテの設計です。
アプスとは、教会建築で外部に突出した半円形の部分のことです。




c0206352_06233548.jpg
後陣(アプス)の一番奥、内陣には、かつて、ミラノ公ルドヴィーコ・イル・モーロが作らせた霊廟があり、夭逝した妃のベアトリーチェ・デステはそこに眠っていましたが(ルドヴィーコはフランス軍に捕らえられたのちに彼の地で亡くなりました)、フランスの支配に入ってから霊廟は破壊されたのでしょう、ベアトリーチェの遺骨の行方さえ分からなくなりました。
ただし、飾られていたミラノ公夫妻の彫像だけは、パヴィアのチェルトーサに移動されたそうです。





c0206352_06201186.jpg
クーポラから細い光が~~♪
神の恩寵~
なぁんて感じてしまうから不思議♪
カトリックの信者さんでもないのにね。





c0206352_06451382.jpg
サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会を後ろから眺めてみましょう♪
クーポラの円形と、綺麗な後陣の半円形が見えるでしょう?





c0206352_05423485.jpg
最後に、レオナルドの「最後の晩餐」の写真を♪
この絵の前に立つと、ただただ立ちすくんで見つめるだけです。
今、ここに、この絵がこうして残っていること自体が奇跡のように思えます。
レオナルド、また、見に来るからね~

わたくしのミラノ日記はこれでおしまいです。
とても疲れましたが、大変有意義で充実していたミラノでした。
でも、時間はやっぱり足りないなぁ・・

レオナルドのお好きな方は、是非、わたくしの翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)をお読みくださいね♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

にほんブログ村

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。







第2回プラチナブロガーコンテスト



by mayumi-roma | 2018-01-31 05:57 | ミラノ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma