ミラノのカラヴァッジョ展、4時間待ち~

c0206352_06213739.jpg
ミラノのドゥオモ♪
快晴~
ローマとそう変わらない気候です。





c0206352_06221936.jpg
ドゥオモを横から~
このお隣に、カラヴァッジョ展を開催しているパラッツォ・レアーレ(王宮)があります~




c0206352_06244050.jpg
パラッツォ・レアーレの入り口♪
でも、これは、入るための行列ではありません。
ただ単にたむろしている人たち・・




c0206352_06313272.jpg
こちらが、カラヴァッジョ展の当日券で入る人たちの行列です。
これで見ると、さして混んでないように見えますが・・
いや、もう、本当に大変でした。
3時間待ちという噂を聞いていましたが、4時間待ちとなりました~
当然ですが、事前予約の人たちを優先するので、全然進まないのです。
さして寒い日でもなかったのに、さすがに待ち時間の後半は足元が冷えてきました。
何しろ、じっと立ったままなのですから・・




c0206352_06260629.jpg
しかし、ミラノのカラヴァッジョ展は本当に素晴らしかったです♪
展示方法が素晴らしいの一言です。
最新の研究成果の展示方法もとても上手でした。

ローマからかなりの作品が貸し出されていましたが、いつも見慣れているこれらの作品も、この展覧会で見ることができて本当に良かったと思います。
なぜなら、たとえばサンタゴスティーノ聖堂にある「ロレートの聖母」は、普段は薄暗がりの中で照明を当てた状態、しかも、祭壇画であるため、近づいて観ることができませんが、ここでは手を触れるような至近距離で観ることができたからです。
ドーリア・パンフィーリ美術館の「悔悛するマグダラのマリア」と「エジプト逃避途上の休息」も同様です。
これは、かなり大きいです~

ローマからわざわざ行って、4時間待っても、本当に行く価値のある展覧会でした♪
心からの満足を得ましたが、死ぬほど疲れましたのも事実です。
もう一歩も歩けないほどに。




c0206352_06271352.jpg
パラッツォ・レアーレの中♪





c0206352_06413706.jpg
パラッツオ・レアーレでは、スカラ座で使われた衣装展も開催されていましたが、もう、どうでもいい気分・・・





c0206352_06422130.jpg
外に出たら、もう真っ暗・・・
今日は、カラヴァッジョ展に丸一日を費やしました♪
クッタクタです・・
死にそう~
けれども、ここまで来て本当に良かったと思える大変満足のいくカラヴァッジョ展でした♪
ですので、明日からは欲張らないことにしました。
もともと、ミラノ行きはカラヴァッジョ展がメインの目的でしたし、あまりにも疲れてしまったので、無理のない範囲で「これだけは!」と思うものだけ観ようと思います♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

にほんブログ村

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。




第2回プラチナブロガーコンテスト



by mayumi-roma | 2018-01-25 06:48 | ミラノ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma