散々だった一日・・・

c0206352_03310909.jpg
金曜日のローマは、公共の交通機関がショペロ(スト)だったせいで(幸いにも午前中だけ)、街中が車の渦になってしまい、普段のローマのカオス状態がさらにカオス!
久々に、ここではとてもまっとうな暮らしはできないな・・と思わせてくれる一日でした(笑)。

今日の午前中は、夫とコルソ通りのvodafoneに行く用事があったのでした。
コルソ通りへは歩いても行ける距離なので、スト自体は問題なかったのですが・・
着いてみると、コルソ通りのvodafoneが閉まっています。
「店舗の引っ越し中、用事のある方は、トリトーネ通り店へ」と書いてありました。
とっても面倒くさかったけど、トリトーネ通りまで行きましたとも!

夫が新しいスマフォを買ったため、それには小さいサイズのSIMカードが必要なので、新しいものに交換・購入に行ったのですが・・
カウンターの女の子が、「ストでSIMカード担当の子が仕事に来なかったので、SIMカードは販売できません」と・・
まったく、これだからイタリアは!

そこにいた客は全員、SIMカードを買いに来ていたのです。
夫も、ものすごい嫌味を言いました。
すると・・・
出ました!
絶対に謝らないイタリア人!
「ちょっと待って。今の言葉、聞きづてならないわ。私のせいじゃないのよ。タクシー代を払うから仕事に来てと言ったのに、来なかった子のせいよ」

そういう問題じゃないんですけど~
ますは、お客様に、「申し訳ありません」というべきでは?
それに、そもそも、どうしてSIMカード係でないと、その仕事ができないのでしょうか?
意味わかんない。

この国がダメなのは、やっぱり国民一人一人の意識、メンタリティーが問題なのでしょうね。
仕事がないと愚痴っているけど、仕事をする能力のない人間が多いのも事実。
もちろん、ちゃんとした人もいるにはいますが(でないと本当に国が終わってしまいます)、圧倒的にダメダメ人間が多過ぎます。





c0206352_03554059.jpg
そのあと、近くにあったチャイニーズレストランでランチを食べることにしました。
ところが・・・
ここでも、サービスが遅くて遅くて・・・
こういうことは、チャイニーズでは稀なことです。
少なくともローマでは、チャイニーズは仕事が早いことで有名ですから。
イタリアナイズ、されちゃった!?

注文してから40分経っても何も持ってこない。
さすがに夫が文句を言いに行きました。





c0206352_04002206.jpg
やっと持って来てくれたお料理は、幸いなことにとっても美味しかったです♪
この時点ではまだ、夫のパスタ(ビーフン)が来ていませんけど(笑)。
なんでも、別の大部屋に中国人の団体客が入っていたそうで、そのためサービスが遅れたのだと、謝ってくれました・・

チャイニーズ・レストランでは、私はいつも同じものを頼みます。
エビのチリソースと広東風チャーハン♪
恐怖のワンパターン人間、mayumiです~
エビチリが死ぬほど好きなのです~
ちなみに、こちらのエビチリは日本のエビチリとは全然違いますが、イタリアで食べるエビチリのほうが絶対に美味しいと思います。

ランチのあとは・・・
私は予約していた日本人美容室ヤンクスへ向かい、
夫は仕事へ。

美容院のあとは、買わなければならないものがあって、2,3軒、お店に寄ったのですが、そこでも、在庫切れということで、10日から2週間後に入荷すると思うから、また来てねという返事。
はっきり言って、2週間たっても入っていないと思いますけどね・・

午前中に出かけて、帰宅は夜の7時過ぎになりました~
疲れた~!!

Ristrante Cinese ZHONG YI (中意飯店)
Piazza dell'Oratorio 50-50a, 00187 Roma
(トレヴィの泉の近くです)

2つのブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックが反映されるようになっています。
クリックして応援してね♪

にほんブログ村


ヨーロッパランキング

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-09-30 04:35 | ローマのグルメ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma