グランドホテル・エクセルシオールのディナー@マルタ♪


c0206352_00422369.jpg
マルタ島ヴァレッタで泊まったグランドホテル・エクセルシオールのディナーは、プールサイドのレストランTIKI(←クリックしたらTIKIの記事に飛べます)よりも、ずっとずっと美味しかったです♪
でも、断然、TIKIのほうが人気ありました。
TIKIは連日満席になっていましたが、こちらが満席になることはありませんでした。
ちなみにディナーのお値段は、TIKIのほうが高いのです。
何しろプールサイド&海辺にありますから、皆さん、その景観と空間の心地よさに惹かれるのかもしれませんね。
確かに素敵な時間でした~♪

このホテルのレストランの窓からも海が見えます。
海を眺めると、どうしてこんなに癒されるのでしょうね・・
ちなみに、英国式朝食を食べるレストラン(←クリックしたら記事に飛べます)からも、当然ながら海が見えますが、ここではなく、別の階の朝食専用のレストランです。
この写真は、薄明るいけど、夜8時くらいです♪







c0206352_00503417.jpg
前菜です~
シーフードを選んだのですが、何だったか忘れちゃった!
タコとかエビとか~!?だったような・・・
とにかく美味しかったことだけは覚えています(笑)。







c0206352_00515985.jpg
カボチャのスープ(というかポタージュ)です。
イタリアだったら、ここでパスタかミネストローネ(野菜スープ)になるわけですが、スープというのが嬉しいです♪
わたくし、ポタージュが大好きなんです~







c0206352_00535927.jpg
お魚料理各種♪
すみません、すっかり忘れてしまいました~
イカと白身魚・・・
白身魚が何だったかどうしても思い出せません。
とっても美味しかったことだけ覚えています(笑)。







c0206352_00553966.jpg
お肉料理は、牛肉のローストを選びました。
でも、全部食べ切れず・・・
必ずポテトの付け合わせがあるのがイギリス風ですね。

夫はラムを!(わたくしはラムなんて無理)
ちなみに、マルタ島の伝統料理は、ウサギの肉なのです。
どこのレストランに行っても、必ずラビットというメニューがあります。
わたくしは、ダメ、絶対にダメ!
ウサギはイタリアでも普通に食べますが、絶対にダメなんです~








c0206352_00583876.jpg
お楽しみのデザートは~
最高でした♪
デザートバイキングだったので、欲張りmayumiになりました~
だって、どれも美味しそうだったんですもの。
さすがに全種類は無理でしたが、3種類のケーキとマチェドニア(フルーツ)を頂きました♪
ケーキは、どれも日本人好みの味で、甘過ぎず、ほどよい甘さ♪
ものすご~く美味しかった~~
崩れてしまった手前のケーキ、なんという名称だったかも覚えていませんが、一番美味しかったのです。






c0206352_01170724.jpg
ついでに、鶏肉のグリル焼きが入ったシーザーサラダの写真もアップ~
これはホテルのバーでいただいたものですが、巨大!巨大!巨大!
食べても食べても減らないのです。
物凄いボリュームで、この食いしん坊のわたくしが、半分残したくらいでした。
でも、美味しかったな~
カロリー高いですけどね。
イタリア人には邪道だと言われるシーザーサラダですが、わたくし、大好きなんです~







c0206352_01193628.jpg
こちらは、別の日のイカの揚げ物です~
やっぱり量が多いです~
マルタでは、コースで食べるとほどよい普通の量なのですが、アラカルトでお食事すると、なぜか異常な量になります。

ホテルでは、週に1回、屋外でバーベキュー(夜メニュー)もありましたし、また、週に1回、お寿司も食べ放題の東洋料理バイキング(昼メニュー)なんてのもありました。
さすがに、マルタでお寿司を食べようとは思わなかったわたくしでした♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪



by mayumi-roma | 2017-08-31 07:07 | 麗しのマルタ島

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする翻訳家、上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma