やっぱりストレスだったのかな?

c0206352_04180359.jpg
ローマの街かど♪

もうすっかり初夏です。
東京も暑いようですが、ローマも暑くなってきました。

ここ1、2か月ほど、身体の色々な部分に湿疹が出て、かゆくてかゆくて本当に困っていたのです。
それぞれが違うタイプの湿疹のようでした。
冬に日本の皮膚科でもらってきた塗り薬や市販の塗り薬(日本のもの)を塗っても全然良くならず、かゆいと我慢できずに掻いてしまうわたくしなので、皮膚がますます痛んで悪化する一方だったのです。

私にはアトピーもないし、花粉症もないし、アレルギーもないので、漠然とストレスなんだろうな・・と思っていました。

皆さまは、私が仕事でいっぱいいっぱいだったからでしょうと思うかも知れませんが、ちょっと違います。
仕事そのものは、好きなことを仕事にできていることから充実感がありますし、ゆったりと計画を立てて前どりで進めていましたから、そこにはストレスはなかったと思います。

やっぱり不安感と人間関係の大変さが原因かな!?

不安感は、なんといっても老後の不安です(笑ってる場合じゃないけど、笑)。
普段は考えていなくても、時々、「老後どうしよう!」と不安でいっぱいになります~

そして、人間関係!
これはもう、生きている限り人間につきまとうものですね。
大きな喜びや楽しみの源泉でもあるいっぽう、怒りや不満の原因にもなる・・
こんな厄介なものはありません。

昨日まで友だちだと思っていた人と縁を切ることだってあります。
最近、「もう会うことはない」と、私の中で決心した方が約3名。
これは悲しいことですよ。
お友だちが少なくなってしまうわけですから。
でも、もう無理。

人間は一人では生きていけないけど、私くらいの年齢(50代後半)になったら、お友だちを選ぶという贅沢は許されると思います。
子育て時代は、子どものためにもどんな人とでも付き合わなければならなかったけど、今は、「おつきあい」の名のもとに、会いたくもない人に無理して会う必要なんてないと考えるようになりました。
でも、まだまだ新たな出会いだってあると思っています。

仕事も、それ自体にはストレスを感じなくても、確かに、とりまく人間関係にストレスの原因となる不満や怒りはありました。
古語の問題は、本来ならイタリア側の問題で、私がそこまでやらなくてもいいと日本の編集者さんには言われていました。
でも、イタリア側が問題解決してくれないんだもの~
で、結局、いつも、何でもかんでも私が一人で頑張らなきゃいけないような状態になってしまうわけで、かなりむかついていたのは事実です。

かゆみはだいぶ収まってきました。
数日前から左の親指の内側と右の中指の外側に少し湿疹が出て、それがかゆいくらいかな~
ストレスも一件落着ということでしょうか!?
だといいけど・・

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-05-29 06:04 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma