フランス新大統領の年上妻♪

c0206352_07032299.jpg
PHOTO : GETTY IMAGES

フランス大統領選が無事に終わりました♪
EU諸国は、この選挙にはEUの未来がかかっていると見なして、その行方を大変心配していましたが、この結果にホッとしているようです。

フランスの新しい大統領は史上最年少、39歳のマクロン氏です。
今回話題になったのが、そのご夫人のブリジットさん。
御年64歳♪
なんと25歳も年上で、マクロン氏の高校の教師だったとか・・
彼女は、当然、既婚で3人の子持ちでした。
写真は、ブリジットさんと前夫との間の娘さん?
娘さんにしては若すぎるような気がしますが・・

たぶん、この年の差婚、イタリアではあり得ないと思うけど、フランスなら・・と思えるから不思議!
フランス人は、男女の色恋沙汰に寛容な気がしますから。
でも、そうはいっても、当人たちは色々な意味で大変だったとは思いますけどね。
教師と生徒という立場もあったわけだし。

イタリアであり得ないと思うのは、イタリア人はかなり保守的な考え方を持っているし、基本的にイタリア男は若い女が好きだということと、物凄く世間体を気にするから、影でこういう恋愛があったとしても、表沙汰にはしないと思うからです。
あ、でも、近所の知り合いで、一回り年下の男性と結婚した女性が2人もいます(ただし独身同士)。
一回り程度の差なら、けっこうあるパターンかもしれませんね。
日本でも時々聞きますし。

ご夫妻が二人並んだ姿を見ると、さすがに年齢差は隠せないけど、でも、ブリジットさん、素敵な方だと思います。
年齢差とか、人からどう見られるかなんて、そんなことはどうでもいいんでしょうね。
その人なしでは生きていけないくらいの強い結びつきなのでしょう。

たぶん、女性がここまで年上だと、数々の障害を乗り越えて結婚まで辿りつくのは、若い男性のほうに強い意志というのがなければ無理だと思います。
そういう意味では、若い男性(マクロン氏)のほうが、彼女なしでは生きていけなかったのでしょう。
もちろん、それについていく彼女の方にも同じ思いはあったでしょうけど、この場合、イニシアチブは取らないように思えますから。

自分の息子と同じ年齢の男の子を好きになるって、私には考えられないけど、世の中にはそういうことだってあるでしょうね。
と、他人のことには寛容でいられる私ですが、もし息子が・・と考えると、やはり穏やかではいられませんね。
心の狭い人間です(苦笑)。

さぁ、フランス新大統領の手腕はどのようなものでしょう。
年の差婚のことが話題にならないほどの、素晴らしい政治を期待しましょう。
ヨーロッパ落ち目ですから、このへんで頑張らないと~♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-05-09 07:51 | ひとりごと、考えること

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma