充実のオルヴィエート♪


c0206352_016575.jpg

オルヴィエートでは、食に走っただけではありません(笑)。
ドゥオーモ(大聖堂)内のサン・ブリッツィオ礼拝堂に描かれたルネッサンスの巨匠の一人、ルーカ・シニョレッリのフレスコ画をゆっくりと鑑賞するのが第一の目的でした。

ただ、日曜日の午前中はミサがあって、公開時間は午後1時からだったので、午前中は地下都市を見学して、ゆっくりランチを楽しんだあとでの鑑賞となりました。
写真撮影できないのが残念です。
大傑作としか言いようのない素晴らしいフレスコ画です。











c0206352_0234278.jpg

c0206352_0252063.jpg

オルヴィエートの地下都市です~
以前にもブログでご紹介したことがありますが、上の写真がオリーブオイルを作る場所、下の写真がハトの養育場だった場所です。

ここは、決まった時間にしか見学できないので、オルヴィエートに行っても、なかなか見学出来ない方も多いと思います。
内部は網の目のような迷路になっていて、3層にも連なるものですから、専属のガイドさんとしか中に入ることが出来ません。
一見の価値のある場所です。
ガイドツアーは1時間程度、料金も6ユーロなので、良心的です。

オルヴィエートは、やはり1日かけてゆっくりと訪れたい場所ですね♪
大好きな街です♪










c0206352_2341020.jpg

オルヴィエートのドゥオーモ(大聖堂)の脇のスローフードマーケット♪
日曜日が最終日でした~
これも楽しみの一つだったのですが・・
2年前にこのマーケットに来た時には、これより規模が大きくて、もっとテントが並んでいましたが、今年は小規模だったのかしら~!?
そんなに多くのお店が出ていません。
乾燥ポルチーニ屋さんもなかったし。
売り切れたのかなぁ・・
最終日だったからかなぁ・・










c0206352_23441055.jpg

でもでも、お目当ての商品はばっちり♪
私は、オルヴィエートのトリュフのソースが欲しかったのです~
全種類を試食してみて、あまりの美味しさに倒れそうになりました。










c0206352_23461698.jpg

左2つが、ポルチーニとトリュフのクリームソース♪
これが、ちょっと普通でない美味しさだったんです~
ポルチーニ茸とトリュフ♪
なんと贅沢な組み合わせでしょう・・
パンやクラッカーに塗ってもいいし、パスタにあえてもいい・・
今回の一番の大ヒットでした♪

右側は黒トリュフのクリームソースと黒トリュフのスライスの小瓶。

生産者の直売なので、安いです。
トリュフのクリームソースは10ユーロ、スライスの小瓶は12ユーロ。
オルヴィエート市内の食材屋さんでチェックしたら、10ユーロの瓶は14ユーロで売っていました。
全く同じものでした。
これがローマに行くと、もっと高いんだろうな~
日本だといくらするのかなぁ・・
想像しただけで怖しいです(笑)










c0206352_2355680.jpg

次のお目当ては、こちらのビスケットでした~
これも美味しいのですよ。
アーモンドや松の実、レーズンの入ったもの、香りのよいアニス(日本では何と言うのか分かりません)入り等、添加物なしの安心できるビスケットです~
1袋4ユーロ、3袋買ったら10ユーロ。
安い!!










c0206352_23575986.jpg

こちらは、マーケットではないのですが、オルヴィエートに来る度に欲しいと思っていたものなのです。
オリーブの木から作ったチーズ用のトレイ(まな板とも言う、笑)とチーズナイフです。
嬉しい♪
やっと手に入れました~
やっぱり一味違います~

帰りの荷物が大変なものとなってしまいましたが、大満足のオルヴィエート日帰り女子会でした♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-10-08 05:59 | オルヴィエート

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma