PAESTUM(パエストゥム)  世界遺産




c0206352_6373172.jpg

パエストゥムのネプチューンの神殿、奥に見えるのはバジリカ。やっぱり松の木が~。

ユネスコの世界(文化・自然)遺産は、イタリア国内に46箇所。
ローマは、市中心部全部の歴史地区が丸ごと世界文化遺産として1980年に登録されています!
もちろん、市内にあるヴァチカン市国も別枠で1984年に登録済み。

ローマに住む私なので、まずはローマの街から紹介したいところなんですが、
意外にデジカメで撮った画像がないんですよね。
世の中の進歩がすさまじくて、ローマに限らず、他の世界遺産も、昔のアナログ時代の写真ならたくさんあるんだけど・・
デジタルの時代になったからって、今さらカメラ片手に街を歩くなんてしたことなかったから。

そんなわけで、数年前までヴァカンスでよく訪れていた南イタリアのチレント半島から。

c0206352_18272631.jpg

ナポリの下のサレルノをまだまだ南に下がったチレント半島(ここも世界自然遺産)。
海の透明度は抜群で、岩場にはウニとかゴロゴロしています。
イタリア人もウニを食べるので、その場で拾って割って食べたりしています。
プライベートビーチなので、そこに泊まっている人専用(ビーチが見えないのが残念)。
だから、人も少なくてのんびりくつろげるところなんです。


c0206352_6375919.jpg

パエストゥム、ネプチューンの神殿(紀元前5世紀頃)、シンプルで美しいドーリア式の柱が綺麗♪

そんなチレント半島には、パエストゥムという古代ギリシャの殖民都市が残っています。
近くとはいえ、行くのはかなり不便で大変~!
しかし、だからこそ、この機会に行っておかなければ、わざわざ行くこともないだろうと、本数の少ないローカルな電車に乗って、行きましたとも~(もう何年も前の話ですが)


c0206352_6382779.jpg

ネプチューンの神殿、正面から。手前の石畳の道は、ローマ時代に作られた「聖なる道」


c0206352_638595.jpg

ネプチューンの神殿、左の側面から。

しっかし、ものすごい炎天下の中、涼むところもなくて、見学するのは体力勝負。
いかにも乾燥してるって感じでしょう!?
気をつけないと脱水症状を起こして熱中症になっちゃう!
遺跡そのものはかなりの広範囲なので、歩くだけで消耗してしまうのよ~。
無理は禁物。


c0206352_6393028.jpg

隣のバジリカとネプチューンの神殿を重ねて見た感じ。

パエストゥムの目玉は3つの神殿。
その中でも一番有名なのが、写真のネプチューンの神殿♪
お隣のバジリカは、紀元前6世紀のものだけど、屋根が残ってないしね。
もう一つ、離れたところにもケレスの神殿があるんだけど、デジカメで撮ってないってことは、バジリカ風だったんだと思います。
by mayumi-roma | 2009-09-27 19:10 | イタリア世界遺産の町

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする、翻訳家・上野真弓の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma