ローマの「MUJI」

c0206352_2593564.jpg

ローマの無印良品「MUJI」
Via del Toritone 200 (トリトーネ通り200番地)


無印良品、別の名を「MUJI」
ノーブランドのはずが、いまや世界中で人気のブランドになってしまいました~
日本ではお手軽なお値段なのでしょうが、こちらでは結構します・・

イタリアではミラノにいち早くオープンして、評判が評判を呼び・・
インテリアに凝っていた私は、インテリア雑誌でその評判を見るたびに、ミラノまで行きたい衝動に駆られていました・・

とにかく、ものすごく評判になって、売り切れ状態が続いたものが、こちら・・

c0206352_331631.jpg

この、透明な洗濯バサミだったんです♪こんなにシンプルで美しいデザインはないと各誌絶賛で、私、真面目な話、この洗濯バサミを買うためにミラノに行こうかと思ったくらいでした~
で、日本の「MUJI」で早速買ってみて、なんてことはない普通さに驚いたんですが・・
イタリアの洗濯バサミって、形が違うし、色もカラフルだからイタリア人には新鮮だったんでしょうね♪




c0206352_38262.jpg

そんな、「MUJI」がローマにオープンして、はや1年半・・
なんとなく嬉しいです。
イタリア人にも大人気です♪




c0206352_392049.jpg

日本の文房具は優れているし、イタリアのものは意外に高いので、日本よりずっと高い値段がついていますが、それほど高いという気はしません。




c0206352_3105913.jpg

ファイル類もこの通り。
残念ながら、私の利用しているA4ワイドはありませんが・・




c0206352_312126.jpg

こういう小物入れやバッグ類もあります。
もちろん、種類は少ないですけど・・





c0206352_3131032.jpg

冬物のお洋服は70%offになっていました~




c0206352_3143221.jpg

ほんの少しですけど、家具のコーナーもあります♪
ローマの店舗は200㎡ほどなので、品数は豊富とは言えませんが、一応、各種揃えているのですね♪




c0206352_3161442.jpg

私は、シーツと枕カバー、文房具用品、目覚まし時計を買いました。
ここに来ると、必要なくても、色々買っちゃうのが問題だな~~




ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
# by mayumi-roma | 2010-02-06 03:22 | インテリア・可愛い雑貨

検診に行ってきました♪

婦人科の検診に行ってきました~
例年、12月に、プレゼントを持ってクリスマスのご挨拶をするついでに検診もしてもらうのですが、去年はあまりにも慌しかったので、とりあえず電話でのご挨拶だけにして1月に伺うということだったのですが・・
1月に入ってからもガタガタしていたので、結局2月になってからの、こんなに遅い訪問になってしまいました。



c0206352_5354276.jpg

季節外れのクリスマスプレゼント♪
12月に入ってすぐに、用意だけはしていたんですけど・・
先生にはフェラガモの新作の香水、奥様にはエルメスの香水「24 FAUBOURG」を♪




c0206352_539462.jpg

アポイントは夕方の18時半だったので真っ暗です♪




c0206352_5404375.jpg

入ってすぐの受付。
秘書がお休みだったので、アパートの管理人が案内してくれました。
だから、写真を撮っちゃった♪



この写真を見ると、日本の方は不思議に思うかもしれませんね。
普通のアパートの中に婦人科の医者がいるの!?って・・

イタリアの医療システムは、日本とは全く違います。
健康保険は当然加入することが義務付けられていますし、それを使えば公立の病院はわずかな差額金を払うだけで、無料に近いサービスが受けられます。
いわゆるホームドクターは完全に無料です。

一瞬、天国のように思うかもしれません・・
でも、大きな都市であればあるほど、公立の病院は上手く機能していないのです。
コネがあれば別ですが、そうでなければ、検査一つをとっても数ヶ月待ちという状態になるし、設備の面でもプライベートにはかないません(あくまでもローマの場合)。
だから、プライベート診療にかかる人が多いのです。
いわゆる自由診療に当たるので、特に手術、入院となると莫大なお金がかかります。ただし、技術、サービスともに最高のものが受けられますが・・

そして、プライベート診療をしているお医者様は、普通のアパートにStudio(ストゥーディオ:診療所)を構えながら、プライベートの病院(自分のものではない)とタイアップするわけなのです。
もちろん、そういうお医者様もプライベート診療はあくまで空き時間に行い、大抵は公立の病院にも勤務しています。

私の先生もローマ大学医学部の大学病院(立派そうに聞えるでしょうが設備と環境はひどいものです)の教授なのですが、私はプライベート診療を使っています。


実は、私は、最初の子どもを生むことが出来ませんでした。
特殊な子宮外妊娠で、生命を落としかけたのです。
救急車で運ばれ、緊急輸血をしながらの緊急手術・・
誰もが助からないと思ったそうで、生きているのが不思議だと言われました。

しかしながら、これはプライベートでかかっていたからこそ助かったのです。
もし、普通の救急病院や公立の病院に運ばれていたら、確実に死んでいたでしょうね・・

救急車は、自宅に一番近い公立の救急病院に運ばなければいけないという規定があったのですが、夫が自分が責任を取るからと説き伏せ、プライベートの病院に運んでもらったのです。
既に先生に連絡を入れていたので、朝の6時にも関わらず、プライベートクリニックは万全の体制で輸血用の血液と最高の手術スタッフを揃えていたのです。

まぁ、そういう経緯もあって、先生と奥様にはクリスマスプレゼントを毎年贈っているわけです。

生まれてこなかった子の年を数えても仕方ないでしょうけど、やっぱり数えてしまいます・・
なんだか重い話になりましたね。




ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
# by mayumi-roma | 2010-02-05 06:33 | ローマの日常
c0206352_7355196.jpg

ローマ、バルベリーニ広場

「羅馬(ロオマ)に往きしことある人はピアツツア・バルベリイニを知りたるべし。こは貝殻持てるトリイトンの神の像に造り做したる、美しき噴井ある、大なる廣こうぢの名なり。貝殻よりは水湧き出でてその高さ數尺に及べり。」

森鴎外の典雅な名訳として知られるアンデルセンの最初の長編小説「即興詩人」の冒頭の部分です。

ローマに来たばかりの頃、童話作家だったアンデルセンが若い頃に憧れのローマに来て、その感動からローマを舞台にした恋愛小説を書いた、ということを遅ればせながら知りました。
それが「即興詩人」です。
早速お友だちに送ってもらって以来、何度も何度も読み返しました。
これを読んで以来、ローマの街を歩くのがとっても楽しくなったのです。
ローマの街って、何世紀も変わってなくて、本当にそのままなんだな~という思い♪

恋愛の物語自体は、少女漫画風というか韓流ドラマ仕立てというかベタなんですけど、イタリアの風土を知っていると、「ああ、あそこでね~」とか舞台設定が目に浮かぶので面白いんです♪
ほぼ、今と変わらないローマの街でも、当時は城壁の外に出ると田園風景だったとか、そういう違いも楽しめるんです♪

そう、アンデルセンの「即興詩人」は、いわば、私のローマの街歩きのバイブルのようなものなんです♪





c0206352_6461224.jpg

昨日は、生け花の小原流に支払うものがあって、こちらでは全てドル建てで支払わなければならないので、バルベリーニ広場そばの行きつけの両替屋さんに言ってきました。
ここ、銀行よりもはるかにレートがよくて外貨を予約する必要もないし、便利なんです。
そういうわけで、ついでに、大好きなバルベリーニ広場とヴェネト通りをお散歩してきたというわけです♪





c0206352_6514735.jpg

バルベリーニ広場のトリトンの噴水
1637年に完成したベルニーニの作品です♪
魚の上の貝殻の台座、その上でほら貝を口にした海神トリトン。
かなり、独特な構図ですが、それゆえに、この噴水、私はローマで一番好きな噴水です♪






c0206352_658251.jpg

バルベリーニ広場から出ているヴェネト通り入り口にある「蜂の噴水」
こちらもベルニーニの作品です。
蜂は、多くのローマ法王を出したバルベリーニ家のシンボルなのです。
この近くにバルベリーニ宮殿もありますが、現在は国立美術館になっており、カラヴァッジョやラッファエッロの作品もあります。
また、この宮殿が、映画「ローマの休日」では、アン王女の公式の滞在先として撮影に使われました。ご紹介はまたいつか・・





c0206352_7365754.jpg

Santa Maria della Concezione(骸骨寺)、Via Veneto 27
蜂の噴水のちょっと上にある、1624年に建てられたカプチン派の教会です。
「即興詩人」にも出てきますが、地下室がこの派の僧の墓室となっているのです。
約4000人の僧の骸骨が飾られています・・
グロテスクと言えばグロテスクですが、あくまでも神聖な場所です・・





c0206352_7414550.jpg

Hard Rock Cafe!
はい、ローマにもあります!
Via Veneto 62

私は、ロンドンと六本木でしか行ったことありません。
なんだか、ローマのHard RockCafeなんて邪道な気がするんです~~
もちろん、いいお値段します。
ハンバーガーが15ユーロくらいかな!?





c0206352_7134317.jpg

さすがアメリカ~~♪
ローマの一等地にこんな大きな大使館を構えているなんて・・
旧マルゲリータ宮殿です。






c0206352_7165093.jpg

昔はよく通っていた「カフェ・ド・パリ」
Via Veneto 90

ここでゆっくりコーヒーや食前酒を飲むのが好きだったんです・・
ヴェネト通りを象徴するようなカフェ&レストランです♪






c0206352_7204826.jpg

道を挟んだ向かいにある「Cafe Doney」(カフェ・ドネイ)
Via Veneto 137

こちらも有名店です。
エクセルシールホテルの1階になります。
外のメニューを見たら、ランチビュッフェが38ユーロって出てました~
しかも飲み物とコーヒーは別だって・・



ヴェネト通りにあるお店はどこも高くて、コーヒーやお茶だけならいいと思いますが、お食事はお勧めできません。美味しくなくはないけど、高いだけという気がします。

私は、ヴェネト通りがローマで一番好きな通りなのですが、それはローマには珍しく歩道が広くて並木道であること。そして、その場所に釣り合わない「子ども」がいないからです。

スペイン広場やコンドッティ通りがローマの田舎から出てきた中高生の溜まり場と化しているのに反して、このヴェネト通りだけは洗練されたムードを今でも保っています。






c0206352_7264036.jpg

さて、私はまたヴェネト通りを引き返して、バルベリーニ広場からトリトーネ通りへ。
「MUJI」でお買い物~
セールだったし♪

「MUJI」の話題はまた明日~♪





ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
# by mayumi-roma | 2010-02-04 07:47 | ローマの見所
6年前にアパートの全面改築をした時に、半年の間、完全引越しをしました。
その際、洋服から靴、バッグ(ブランド物も含めて)、本からビデオ、安物の家具類、絵(今考えると惜しい作家だった、英ロックミュージシャン、スティングのお友だちFONDAの作品)に至るまで、かなり思い切って処分してしまいました。

必要最小限なもの、自分の好きなものだけに囲まれて生活すること、ミニマルな暮らしに憧れていたので、物は増やさない!と決めたつもりでした。

なのに・・
どうして、こんなにも物があふれてしまうのでしょう・・
気がついたら、昔みたいになってしまってる~~~


大好きな読書・・




c0206352_5271520.jpg

リビングの本棚。





c0206352_5283296.jpg

向かって左側の私のコーナー。

こんなもので到底納まりきれるはずもなく・・
ちなみに各段、大きな書物以外のところは全て前後2つに重なって本が入っています。
でも、この本棚には、どちらかというと、過去からの遺物、どうしても捨てたくない自分にとっては大切な本が入っています。

次々に増えていく本は、出来るだけ、日本人学校のバザーに出して、処分します。
あとは・・





c0206352_5334967.jpg

廊下に扉つきの本棚を置きました。
ここには、本だけでなく、DVDファイルや雑誌の切り抜きも入っています。






c0206352_5365739.jpg

雑誌の切り抜きは、無印良品のクリアフォルダーA4ワイドを使っています。
これだと大きめの雑誌の切り抜きでも大丈夫なんです。
ローマにも「MUJI」はありますが、A4ワイドのフォルダーは売ってないので、日本から大量に持ち帰っています。




c0206352_540437.jpg

これまた増え続ける録画DVDも、フォルダーの中に!
これはヨドバシカメラで買ったものなんですが、全部統一したいので、やはり日本からいつも大量に買ってきます。




c0206352_5421493.jpg

そして、よく見るDVDやCD、新しい雑誌類はとりあえずここに入れて、転がしておきます。
「KARTELL」のプラスチック家具、このシリーズ好きなんです♪



少ない物で豊かに生きる・・
そんな暮らしに憧れているんですけどね・・




ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
# by mayumi-roma | 2010-02-02 05:53 | インテリア・可愛い雑貨

もう2月・・

c0206352_3574921.jpg

プラタナスの並木が続くテヴェレ河



c0206352_3584673.jpg

聖天使橋の天使像の一つ




さて、もう2月に入ってしまいましたね~
1月は行く
2月は逃げる
3月は去る

油断して気が付いたら4月だった・・なんてことにならないように、
気を引き締めて毎日を過ごさなければ♪


目下の悩みは、息子の中だるみ。
全然勉強してない・・
勉強を見てあげようとすると、すぐケンカになるし、言うこと聞かないし・・
本人いわく、「イタリアの学校はやたら難しいことを押し付けるから、皆、やる気をなくして勉強しないから、そういう雰囲気にいると勉強しようという気持ちがなくなる・・」

要は、このイタリアの学校の環境が悪いと!
確かに、東京の予備校の夏期講習会に通っている頃はきちんと勉強してたもんね~

イタリアの高校生って、週末になると遊びまくるから、これも困ったもの・・
日本では考えられないでしょうけど、こちらの子の夜遊びは半端ない!!
一緒に学校の役員をやってるお母さんが嘆いていた・・
娘ちゃん、毎週金曜日と土曜日は(翌日)朝4時に帰ってくるって・・
ディスコ(イタリアではクラブとは言いません)に通っているらしいんだけど、何しろこちらはディスコのオープンが夜23時くらいで、夜中過ぎないと人が集まらないそうで(もちろん高校生が行くことは認められています)・・

イタリアのお母さん方、皆さん嘆くものの、仕方ないとそのまんま・・
そういう時代だからって、皆がそうしてるからって・・

あ~、日本人の私には納得出来ないんですけど~
でも、夫にも「ここは日本じゃない、イタリアだ!」って言われるし・・

お友だち付き合いもあるし出かけたいのは分かるけど、
高校の最終学年になってもこんな生活をするイタリアの高校生って・・

そんなわけで、息子も土曜の夜だけはお出かけで、深夜帰宅・・
ディスコには行きませんが・・
これで、受験生!?って感じなんですけど。

私の方がストレスたまります♪




ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
# by mayumi-roma | 2010-02-01 04:01 | 息子・私・家族のこと

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma