FORTEのDE RUSSIEでティー・ブレイク♪
「天使と悪魔」の足跡巡りで、ポポロ広場のサンタ・マリア・デル・ポポロ教会を訪れた後、のどが乾いたので、暖かいお茶が飲みたくて、近くの5つ星ホテル「DE RUSSIE」に行きました♪
ここは場所的に便利なので、よく使うのです。



c0206352_4285839.jpg

DE RUSSIEの入り口

最近、海外スター、VIPの宿泊先として大人気のホテルです。
でも、豪華絢爛ではなく、所有するイギリスのFORTE(フォルテ)チェーンの方針通り、「The Art Of Simple Luxury」、シンプルな居心地の良いホテルです。
お値段は別として、全然、敷居は高くありません。

FORTE(フォルテ)は以前から有名なホテルチェーンでしたが、名前から分かるように、ファミリーはイタリア系イギリス人です。
現在のオーナー、ROCCO FORTE(ロッコ・フォルテ)の父上が、貧しい暮らしから抜け出すためにイギリスへ移民、無一文から財をなし、ついには、Sir(サー)の称号まで得たというサクセスストーリー♪

でも、血を大切にしたいのでしょうか!?
ロッコさんは、その昔、一回り以上年の離れた、当時20歳のローマの女の子と結婚して、こちらの新聞を騒がせたことがあります。




c0206352_4424790.jpg

ホテルのロビー
シンプルな作りでしょう!?




c0206352_4465959.jpg

ホテル内の「Stravinskj Bar」(ストラヴィンスキー・バー)
ソフトドリンク、カクテル、アルコール類、軽食も頂けます。
何だか自宅でゆっくりとくつろぐ雰囲気なんです。
屋外の中庭風テラスもありますが、夜だったし、小雨が降っていたので、私は中で・・




c0206352_4503652.jpg

もちろん、私は、FORTEグループのオリジナル、TEA FORTEを頂きました♪
フレーバーは、普通にオレンジ・ペコ・・
ここのティー・バッグは、まるでイルミナティのシンボルみたいに(笑)、ピラミッドの形をしているんです。
残念ながら、イタリア国内では販売されていません。
今のところ、ネット販売のみです。
だから、FORTEのお茶が飲みたければ、このホテルに来るしかないわけです♪

あ、アメリカとカナダには店舗が展開していますよ。
日本のサイトもありますので、興味のある方はどうぞ♪
www.teaforte.jp




c0206352_4581925.jpg

BARのカウンター
バリスタ(バーテンダー)に、「そこにいて!」とお願いしたのに、逃げちゃいました♪




c0206352_51107.jpg

お茶を入れた後も、ティー・バッグはピラミッド型を保ったまま・・
これ、可愛いですね♪
でも、お味は、なんてこともない普通のものでした。
とはいえ、このTEA FORTEは、独特の変わったフレーバーを特徴としているので、全種類を制覇してからではないと最終的判断は下せませんけどね(偉そうな私!笑)。
クッキーはどれぞれ味が違っていて、これまでに食べたことがないようなお味で、美味しかったです。
ちなみにお値段は、クッキー付きで8ユーロです。
割りと良心的なお値段ですね♪
ローマにお越しの際は、皆様もぜひどうぞ♪





c0206352_373083.jpg

こちらはオープンコーナーの中庭です。
別の機会に来た時の写真です。
お天気が良いと、外でお茶を飲むのが気持ちいいですよ~~




「Hotel de Russie」(ホテル・デ・ルッシエー)
Via del Babuino 9
ポポロ広場からすぐです♪



ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
# by mayumi-roma | 2009-12-01 05:19 | ローマのカフェ&ティールーム
「天使と悪魔」の足跡:その1ー1
「天使と悪魔」の現場検証をしようしよう・・と思いつつ、なかなか出来なかったのですが・・
実は、一番最初のパンテオンの次に出てくるサンタ・マリア・デル・ポポロ教会は、ウチからすぐの所にあるんです。
いつも通る場所なんですが、用事があって時間に追われていたり、教会が開いている時間帯じゃなかったりで、もう何年も中に入っていませんでした。




c0206352_633726.jpg

ローマの城壁とフラミニア門(ポポロ門)
門の左手、城壁の向こう側にチラリと見えるのが、サンタ・マリア・デル・ポポロ教会です。




c0206352_62535.jpg

フラミニア門(ポポロ門)だけを撮ってみました。
ウチはここから歩いて15分くらいです。
この門の向こうがポポロ広場♪




c0206352_68162.jpg

アーチをくぐって、門をポポロ広場側から見たところ。
「天使と悪魔」の「三角形に積み上げた石の上方で輝く星」は、門の上部にあります。




c0206352_620864.jpg

サンタ・マリア・デル・ポポロ教会の正面
ポポロ門というか、古いローマの城壁にくっついて立っています。
ローマ・ルネッサンス建築の典型的な例です。
もともとは11世紀にあった礼拝堂を15世紀半ばに新しく建て直したものです。




c0206352_6295499.jpg

ポポロ広場
完全な楕円形、中央にエジプトのオベリスク・・
イルミナティらしい雰囲気ですか~!?
でも・・この広場が楕円形にデザインし直されたのは、18世紀末なんですけど・・
ガリレオやラッファエッロは16世紀、ベルニーニは17世紀に生きた人間だから、どう考えても想像力の賜物でしょう・・。でも、素晴らしい想像力ですね♪

広場を挟んで、ちょうどポポロ門の反対側にある双子の教会が可愛いでしょう!?
写真が小さくてわかり辛いでしょうけど、向かって右側が、サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会(1678年)、左側がサンタ・マリア・ディ・モンテ・サント教会(1675年)。ライナルディという建築家が着手したものですが、その後、ベルニーニと弟子のフォンターナによって完成されました。

教会を出たら、日が沈んでいて、なのに、空が綺麗なブルーで、ビックリしました♪


サンタ・マリア・デル・ポポロ教会の内部については、長くなるので、また後日・・
確かにピラミッドがありますよ~
こんな風にこの教会を見たことがなかったので、楽しかったです。



ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
# by mayumi-roma | 2009-11-30 07:03 | ローマの美術散歩
パオラの書斎
なんとなく気分を変えたくて、スキンをクリスマスバージョンにしてみました♪
なかなか、これと言ったものがなくて、微妙・・・
ちょこちょこ変えていくと思います。

何かを変えるって、これは、私にしてはかなり珍しいことかもしれない・・

そもそも、1度決めたものは、絶対に変えないタイプなんです。
どういう心境の変化かしらね~
ま、人間はいくつになっても成長するってことで・・

今日は、先日ホームパーティに呼ばれたパオラの書斎を紹介したいと思います。
40人ほどの立食パーティだったんですけど、本当に大きなアパートで♪
父親から受け継いだものらしいんですけど、いったい幾つ部屋があるの!?
という代物でした・・
しかも、どの部屋も普通じゃない広さ。
一つの部屋の中に、日本だったら2LDKか3LDKのマンションがすっぽり納まる
くらいなんです・・
これで、アパート・・
しかも、ローマの都心中の都心・・
そして、一人暮らし・・



c0206352_3444213.jpg

完全に特注の本棚の数々・・




c0206352_3215637.jpg

天井が高い!
昔の建物であればあるほど、天井が高いんです。
普通のアパートのスタンダートな天井の高さの2倍はありますね~
だから、部屋の中に、ロフトどころか2階部分を作れちゃう。




c0206352_3452442.jpg

らせん階段がアクセントになっていますね♪
階段ごと本棚にしたのが可愛い♪




c0206352_34611.jpg

らせん階段の反対側




c0206352_3464281.jpg

リビング
ここにも本がぎっしり!!
天井部分のメンテナスにもお金がかかりそう~~


あ、もちろん、パオラは自分でお掃除なんてしませんよ。
ついでにお料理も全然ダメだそうです・・
この日のお料理もお姉さんがほとんど作ったそうです。
普段は、お手伝いさん任せ・・




ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
# by mayumi-roma | 2009-11-29 03:58 | インテリア・可愛い雑貨
FAO(国連食料農業機構)のバザー
c0206352_6331364.jpg

FAO(国連食料農業機構)
地下鉄B線、Circo Massimo(チルコ・マッシモ)駅のそばです。


11月27日金曜日、FAO(国連食料農業機構)のバザーに行ってきました~
これは、毎年、11月の最終金曜日(Thanks Giving Day)に行われます。
というのも、バザーはFAOの内部で開催されるわけでなく、隣接するセント・スティーブンス・スクール(高校だけのアメリカンスクール)を会場として使うからです。
この学校はアメリカの祝日に合わせて1週間のお休みになるのです。



c0206352_6522679.jpg

セント・スティーブンス・スクール
この学校は寮つきなので、この6月まで、息子の日本人のお友だちが在籍していました。
イタリアの学校システムは他国に比べて1年長いので、現地校に通う息子は1年卒業が遅くなるのです。



c0206352_6571220.jpg

FAOは国際機関なので、勤務する方々の国籍も様々・・
バザーは、その奥様方が国ごとにブースを作って、雑貨や食べ物を販売するのです。



c0206352_713476.jpg

インドネシアのバティック



c0206352_721054.jpg

ウクライナのアクセサリー



c0206352_725048.jpg

中庭
大抵は皆ここでお食事をします。



c0206352_741444.jpg

アフリカのカレー(?)コーナー



c0206352_751397.jpg

タイのブース



お昼時は、FAOの職員がどっと押し寄せて、大賑わいでした♪
私は、タイのスペシャルミールセットを食べました。
そして、チーズケーキと赤ワインを1杯♪



c0206352_7104548.jpg

タイのスペシャルミール、10ユーロ。
海老入りのタイ風焼きそばとカレー風味の鳥のサテ、それにココナッツミルクのチキンカレー、ライスはジャスミン味というものでした。
微妙・・



c0206352_7134558.jpg

もちろん、日本のブースにも貢献しましたよ~
巻き寿司(1個1ユーロ)10個とエプロンと和風小物。
まさか、このエプロン、日本の百均で仕入れたものじゃないでしょうね~



c0206352_7161583.jpg

デンマークのブースには、ロイヤルコペンハーゲンのお皿が出ているので、「1969年、アポロ月に行く」の記念プレートを買いました。
私は、ロイヤルコペンハーゲンの深いブルーが大好きで、毎年クリスマスプレートとコーヒーカップを買っているのですが、面白いお皿があると、ついつい買ってしまいます♪


まぁ、今は、なんてこともない普通のバザーです。
昔は、イタリアのブースに、プラダやフェンディ、フェラガモ等のブランド品(各社からの寄付によるもの)が格安で出ていたため、在住日本人が開店前から並んで押し寄せたものですが・・
今は昔・・
それでも、こういう催しに行くのは楽しいものですね♪



ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
# by mayumi-roma | 2009-11-28 07:27 | ローマの日常
老年天使・・!

天使フェチの私にとって、ローマは天国のような場所です。
だって、街の至るところに、天使の絵や彫刻があるんですもの♪
特に好きなのが彫刻♪

そんな中で、この間訪れたサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ教会の中に、
面白い天使像を発見しました。


c0206352_4165888.jpg

老年天使

天使も年を取るのでしょうか!?
そんなこと今まで考えてみたこともなかったけど・・
通常使われる天使のモチーフといえば、可愛らしい生まれたての赤ちゃん天使か、
美しい青年天使・・
確かに老年天使がいても不思議ではないけれど、見たのは初めてです。

誰かのお墓を守るように立っているこの老年天使は、きっと亡くなった方の守護の天使
だったんでしょうね。

教会の中には、たくさんのお墓がありますが、
それは例えば、有名な芸術家だとか、法王様とか、法王を出した貴族のファミリーとか・・

このお墓が誰のものであるか調べてみたんですが、分かりませんでした。

特に有名人でなくても、無名の方がこんな大きな教会に葬られることはあり得ないので、
おそらく、ゆかりのある貴族の家出身の枢機卿というところでしょうか・・


さて、11月も終わりに近づくと忙しさが増してきますね~
私は、来週いっぱいまで、ずっと予定が詰まっています。
学校関係の雑事を始め、プライベートの楽しいことまで♪

とりあえず、今日は、息子の高校の役員会に行ってきました~
そう、私、外国人なのに役員をしているんですよ。
それほど大変だとは思いません。
かえって、先生とも密な関係を築けるし、色々な情報は入ってくるしで、
得することの方が多いんです。

明日は、FAO(世界食料機構)のバザーに行ってきます♪
あ、あくまでも予定ですが・・



ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
# by mayumi-roma | 2009-11-27 04:34 | ローマの美術散歩
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。