お見送り@トリニタ・ディ・モンティ♪
c0206352_03473281.jpg
トリニタ・ディ・モンティ広場♪
ちょうどスペイン階段の上になります。
右手に、真っ白のトリニタ・ディ・モンティ教会があって、奥にはメディチ家の館が見えます。
いずれも、フランス人コミュニティのものです。

今日は、ローマに来ていた私の担当編集者さま御一行が、日本へ帰国の日でした。
というわけで、この近くのホテルまでお見送りに来たわたくしでした。
そんなことはしなくていいと言われていたのですが、何事もけじめが大切。
ローマにお迎えしたからには、お見送りもきちんとしたかったのです。
お天気にも恵まれて、本当に良かった♪

彼女たち、ローマが大好きになって日本へ帰っていきました(学生時代に来たきりだったそうで)。
この街に暮らしていると、まぁ、それは本当に色々ありますが、ローマが好きになったと言われると、やはり嬉しいものです。

イースターの休暇前ですが、すでに、ローマの観光客の数はすさまじいものがあります。
どこも人でいっぱい♪
テロを警戒して、ますます警備の兵士の姿が目に付くようになりました。





c0206352_04095165.jpg
せっかくなので、トリニタ・ディ・モンティ教会の内部の写真をアップ♪




c0206352_04225431.jpg
ピエタ像♪
誰の作品だったかは、忘れてしまいました・・


2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。





# by mayumi-roma | 2017-04-12 04:25 | ローマの日常
私がローマで最も愛する建築物とバール♪
c0206352_05573759.jpg
このところ、ローマは快晴が続いています。
何でも、私の担当編集者さまは晴れ女だそうなのです。
この日は、彼女たちがローマに到着した土曜日で、滞在先のスペイン広場からぶらぶらとパンテオン周辺までお散歩しました。

パンテオンは、ローマの初代皇帝アウグストゥス(シーザーの養子だったオクタビアヌス)の右腕で、のちに義理の息子となるアグリッパが紀元前25年頃に建立しました。
しかし、その後、火事のため消失!
紀元120年前後にハドリアヌス帝が再建し、それが現在もそのまま残っています。








c0206352_06013140.jpg
パンテオンの前では、大道芸人と言っては失礼ですね、テノール歌手が歌っていましたが、この方の声が素晴らしかったのです。
とても上手な方でした。
歌にしろ絵にしろ、芸術の世界で食べていくことは難しいですね。
上手なだけではダメという厳しい世界です。





c0206352_06050230.jpg
パンテオンを外から眺めるだけではダメですよ~
中に入ってこそ、この素晴らしい古代の建築物の良さを実感できます。
私がローマで最も愛する建築物です。
このブログにはコロッセオがよく登場しますし、ローマのシンボルは何かと聞かれれば、迷わず「コロッセオ」と答えるわたくしですが、ローマで私が最も美しいと思う建築物、ローマで私が最も愛する建築物は、パンテオンなのです。
古代ローマ人の知恵と技術を結集させて、完璧と言えるほどの美を作り上げた、まさに黄金比の建築物だと思います。
この建物が、古代ローマ時代から現代にまで原型を保ったまま残っているというのは奇跡だと思います。





c0206352_06134985.jpg
ラッファエッロのお墓にもお参りしました~
彼もパンテオンに魅せられた一人で、自分の死の際にはパンテオンに葬られることを遺言しておいたのでした。
ミケランジェロも、ローマに来て初めてパンテオンを見た時に感動して、「これは天使の設計した建物だ」と言ったそうです。
(ここだけの話、私はミケランジェロがまったく好きではありません)





c0206352_06161900.jpg
パンテオンの近くに来たからには、世界一美味しいと言われているタッツァ・ドーロの「ローマ風かき氷」を食べなきゃ~





c0206352_06200821.jpg
編集者さま御一行2名様とわたくしのローマ風かき氷「グラニータ・ディ・カフェ」が3つ並んだところ~
こうやって並ぶと、何だか可愛いですね♪
生クリームがてんこ盛りですが、ローマの生クリームにはお砂糖が入っていないので、グラニータの甘さと混ざって絶妙な美味しさになるのです~
立ち食いだから、1つ3ユーロ♪
昔に比べれば値上がりましたが、気軽に食べれる価格です♪






c0206352_06233924.jpg
パンテオンの周辺と言えば、もう一つの有名カフェ「サンテウスタキオ」♪
どう見ても、カフェと言うよりはバールなのですが、このお店自体がカフェと自称しているのです(笑)。
ここのエスプレッソはローマ1と言われています。
やっぱり、ここでも2人にエスプレッソを飲んでもらわなきゃ~
このお店は店内がとても狭くて、異常な混み具合だったので、残念ながらエスプレッソが3つ並んだ写真を撮るのは断念しました。
企業秘密らしいふんわり柔らかい独特のエスプレッソ、確かに他では絶対に飲めない代物です~
立ち飲みだと、1杯1ユーロ30セント♪
まだ試していない方は是非どうぞ~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。

# by mayumi-roma | 2017-04-11 06:34 | ローマの美術散歩
ボンコンパーニ・ルドヴィシ家の邸宅へ再び♪
c0206352_04102246.jpg
きゃあ~、12月に見学したボンコンパーニ・ルドヴィシ家のお屋敷に、
また行くことができました♪
ピンポンと呼び鈴を押して・・(驚)








c0206352_03335990.jpg
お屋敷の玄関♪

私が翻訳を手掛けている本のイタリア人原作者、コスタンティーノがボンコンパーニ・ルドヴィシ家の当主夫妻と親しくしているため(全然、知りませんでした!)、予定にはなかったのですが、急きょ、お屋敷までグエルチーノとカラヴァッジョの天井画を見に行くことになったのです。
しかも、本来なら写真撮影禁止のところ、写真撮り放題♪
ここぞとばかりに写真を撮りまくりました~(笑)







c0206352_03403434.jpg
ミケランジェロ作と言われるサテュロスの像♪
これは、やはり本当にミケランジェロ作のようで、
証明する歴史的資料が見つかったそうです。
コスタンティーノが指さしているのは、サテュロスの大事な部分。
ここに穴が開いていて、噴水の役割を果たしていたそうで・・・
小便小僧みたいですね(笑)。






c0206352_03451865.jpg
グエルチーノの「アウロラ」(曙の女神)は本当に素晴らしい♪
12月に行った時には、大きなクリスマスツリーが飾られていたので、一瞥で全容を把握するのがちょっと難しかったのですが、今日はバッチリ!
いや、これは、本当に大傑作です♪







c0206352_03541355.jpg
左側の肖像画は、こちらのボンコンパーニ家から出た
ローマ教皇グレゴリウス13世の肖像画♪
在位は、1572年から85年まで。
グレゴリウス暦を採用したことで有名な教皇です。
また、日本でキリスト教が禁止される前の安土桃山時代に、
伊東マンショを中心とするキリシタンの少年団、
天正遣欧少年使節団がローマを訪れて謁見した教皇でもありました♪






c0206352_04065699.jpg
2階にあるもう一つのグエルチーノの天井画、「ラ・ファーマ」(名声)♪







c0206352_04080309.jpg
そして、そして、なんといっても、カラヴァッジョの天井画「ユピテル、ネプトゥルス、プルート」に、また会えたことが何よりも嬉しかったのでした♪
この天井画は油彩で、この世を構成する4つの元素(空気、火、水、大地)をカラヴァッジョ独自の発想で寓意的に表現したものです。

写真は撮れましたが、天井が低いので、全体像を撮影するのはとても難しい。
でも、自分の目に焼き付けておくのが一番大切なので、写真は二の次です~

この天井画はもう一度見たいと思っていたので、本当に嬉しかったのです。
編集者さま御一行も感激しておりました。
とってもラッキーでした♪
絵の説明は、以前、記事にしていますので、本日は省略~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。

# by mayumi-roma | 2017-04-10 04:26 | ローマの美術散歩
楽しい夜のひと時♪
c0206352_08264922.jpg
私が翻訳を手掛けている本の原作者、コスタンティーノ・ドラッツィオ氏♪
ローマに到着した河出書房新社の担当編集者さま御一行も一緒に楽しい夜のひと時を過ごしました。
ローマで全員揃うなんて、夢みたいだね~と、本当に素敵な時間を過ごしました。
やはりレストランより自宅でのおもてなしのほうが落ち着けていいものですね♪

カラヴァッジョの本の発売は、10月予定。
昨年夏のレオナルド・ダ・ヴィンチの時と同じように、イタリア文化会館で講演会もいたします。

明日も朝から皆でローマ市内を散策します。
コスタンティーノの解説でカラヴァッジョ巡りです。
なんて贅沢なんでしょう♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。

# by mayumi-roma | 2017-04-09 08:36 | お呼ばれ&自宅でお食事
大変だけど、楽しみ♪
c0206352_05221331.jpg
バルベリーニ広場のトリトンの噴水、修復を終えたばかりなのに、またですか?
きっと、どこか少しだけ手を入れる必要ができたのでしょう・・





c0206352_05253525.jpg
奥のヴェネト通りの入り口、ちょうどプラタナスの木があるところも木枠で覆われています~
このトリトンの泉と同じく、ベルニーニが造った蜂の噴水がある所なのですが、修復中なのでしょうね・・
ローマは街中に国宝級の芸術品が散らばっているので、メンテナスが大変ですね。





c0206352_05284983.jpg
ちょ、ちょ、ちょっとおじさんたち、穴の中で何しているの~!?
と思ったのですが、そうか、噴水の水を止めるために水道局の人たちがお仕事しているのですね。
でも、この光景、おかしかったです。

さて、今日は朝から晩まで、土曜日のおもてなしの準備にかかりきりでした。
私がお仕事をしている出版社の編集者さまご一行が、明日、ボローニャから到着します。
ボローニャ・ブックフェア―に行った帰りに、わざわざローマまで来てくれるのです。
第一日目の夜は、とりあえず我が家でディナー(ディナーというほどのものではありませんが)にお招きしています。
でも、テルミニ駅までお迎えに行って、その後ローマの街を一緒に散策してから我が家に来るので、ディナーの準備をする暇がないのです。
というわけで、下準備だけでも・・と、今日、できることは済ませておきました。
それに、ちょっとおウチの中も片付けないといけませんでしたしね。
私が翻訳している本のイタリア人著者のコスタンティーノも一緒です。
大変だけど、楽しみ♪
さぁ、いつもに増して忙しい、けれどきっと楽しい、怒涛の3日間の始まりです。


2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。

# by mayumi-roma | 2017-04-08 05:43 | ローマの日常
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
簡単ピザランチ@おウチ♪
at 2017-04-28 05:00
耐震工事開始!
at 2017-04-27 06:15
今日のおやつ♪
at 2017-04-26 05:58
サンタ・マリア・ソプラ・ミネ..
at 2017-04-25 03:39
お買いもの♪
at 2017-04-24 00:11
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31
イライラの日々。
at 2017-04-21 19:47