温泉とマッサージ♪

c0206352_14583344.jpg
堀田温泉郷♪

別府には8つの異なる泉質の温泉が湧き出ていますが、私が一番好きなのは、堀田温泉と明礬(みょうばん)温泉です。
私は、硫黄泉が好きなのです。
明礬温泉は、硫黄成分が多いので、温泉に入った後は、硫黄のにおいが身体にしみつきますが(笑)、堀田温泉はほどよい硫黄成分なので、硫黄臭が苦手な方でも気にならないと思います。
だから、一日何も用事がない時は、堀田温泉までやってきます。




c0206352_15042725.jpg
私のブログでの登場率の高い(笑)市営堀田温泉♪

堀田には、民間の温泉施設、ホテルの大浴場などいろいろありますが、別府市民や観光客に最も人気があるのが、こちらの市営温泉なのです。

何よりも、源泉かけ流しで泉質が非常に良いということ。
さらに、完全にバリアフリーになっているので、車いすの方でも入浴できるようになっているのです。
しかも、市営なので、入湯料がわずか210円という安さです。
広い休憩室もあって、予約制でマッサージを受けることもできます。





c0206352_15080205.jpg
1週間ごとに「やまのゆ」と「さとのゆ」が交代して、男湯、女湯になります。





c0206352_15094174.jpg
市営温泉で露天風呂が完備しているのは本当に珍しいのです。





c0206352_15103952.jpg
ただ、露天風呂は内湯に比べて温度が低いので、私は内湯のほうが好きです。
熱風呂好きの私ですからね~
夏場は露天でも気持ちいいですけどね。
というわけで、露天に入る時は、なるだけ、このように源泉が流れている近くまで行きます。
ぬるま湯は嫌いなのです(笑)





c0206352_15160101.jpg
別府ではしておかなければならない雑用もたくさんあります。
先日は、耳鼻科に行ってきました。
今年の初めに帰省した時に中耳炎になってしまって以来、かかっているお医者様♪
しげみ先生、名医です。





c0206352_15162746.jpg
ついでに、別府市役所にも行ってきました。
肩こりが半端ないので、マッサージを受けようと思って、どこに行こうかと調べていたら、国民健康保険に加入している人は、指定の診療所で使えるマッサージの補助券(1回につき1100円分)をもらえることが分かったので、市保健課に行ってもらってきました。
今年は莫大な額の国民健康保険料を支払っている私です。
少しでも活用しなきゃもったいないですからね・・
全然元は取れませんが(苦笑)、まぁ健康であるという証ですから、よしとしなければなりませんね。
しかし、頭に来るほどの額です~(ぷんぷん)





c0206352_15235876.jpg
こちらがマッサージ券です~
週に2回マッサージに通う勘定で、8枚もらってきました。
エステ系のマッサージはけっこうなお値段しますけど、別府には、針灸マッサージの診療所が多くて、マッサージは60分3300円です。
そこから補助券分の1100円を差し引くと、60分のマッサージを2200円で受けられるというわけです。

ただし、マッサージは筋肉を破壊するので、マッサージを受けたあとは、必ず同じ時間のストレッチングをするようにお医者様に言われました。
マッサージ、予約しなきゃ~
歯医者さんで歯のクリーニングもしなきゃだわ~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-12-02 22:30 | 日本2017年秋・冬
c0206352_22130502.jpg
湯布院の湯の壺街道♪
一番人気のある観光スポットです。
この道をずっと歩くと金鱗湖まで行くことができます。
可愛い雑貨屋さんやカフェ、レストラン、様々なお店でいっぱいです。





c0206352_22153081.jpg
湯の壺街道の入り口にあるのが、行列のできるロールケーキのお店「B-speak」♪
湯布院の老舗旅館御三家の一つ「無量塔」(むらた)がプロデュースするケーキ工房です。
お昼過ぎにここを覗いたのですが、有名なPロールは完売していました。
美味しいのですよ~
無量塔(むらた)で食べたPロールケーキの過去記事はこちら←ここをクリック♪





c0206352_22221509.jpg
お醤油屋さん♪




c0206352_22231609.jpg
お団子屋さん♪
「花より」というネーミングが絶妙ですね♪
屋外のテーブルでお団子とほうじ茶を頂けるようになっています。






c0206352_22245051.jpg
湯の壺街道の中ほどにあるのが、私のお友だちの妹さんがオープンさせたカフェ・エスペランサです。
1階は雑貨屋さんで、2階がカフェになっています。





c0206352_22265936.jpg
カフェ・エスペランサの素晴らしいところは、カウンター席です♪
全面ガラス張りになっていて、由布岳を目の前にすることができるのです。
まさに絶景カフェです。
店内はかなり広くて屋外席もあります。
私は由布岳を眺めながらお食事したかったので、迷わずカウンター席へ♪





c0206352_22293371.jpg
注文したローストビーフ丼セットのお洒落なことと言ったら~
ローストビーフのケーキのようでした。
トップに乗った山芋とウズラの卵とカボス胡椒が味のアクセントになっています。
サラダを周りに置いたところもいいです~
センスのある盛り付け♪
この盛り付けは参考になりますよね。
お味も、もちろんGoodでしたよ~
湯布院に行かれる方、カフェ・エスペランサをよろしくお願いします~♪

湯布院散策の記事はこれでおしまいです。

2016年に湯布院の玉の湯に泊まった時の記事はこちらです~
湯布院に興味のある方はクリックしてお読みください~
湯布院「玉の湯」
「玉の湯のお夕食」
湯布院散策その1
1日目のランチ@湯布院
「玉の湯」の朝
2日目のランチ@湯布院
金鱗湖@湯布院
ニコルズバー@湯布院「玉の湯」

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-12-01 22:46 | 日本2017年秋・冬
c0206352_21031593.jpg
湯布院盆地の高台にある「山のホテル夢想園」♪
このホテルの大露天風呂は、日帰り入浴も受け付けています。
ブログで記事にするのはたぶん3度目くらいでしょうか!?
本当に素晴らしい大露天風呂なんです~




c0206352_21071707.jpg
左手に見える建物は、男性用の大露天風呂「御夢想の湯」♪





c0206352_21082384.jpg
こちらが、女性用の大露天風呂「空海の湯」の入り口です♪




c0206352_21091515.jpg
西日本一と言われる大露天風呂です♪
美しい景色に癒されながら、のんびりゆっくりお湯につかることができます~
お湯は、お肌がつやつやになる美人湯で、しかも私好みの熱いお湯♪





c0206352_21111426.jpg
雄大な由布岳の姿を楽しみながら、ゆっくりと流れる時間・・
お湯の中に入ったり出たり、時には場所を変えながら、疲れた身体を癒しました。

私の場合、温泉に一度入っただけでは、疲れは取れません。
一度目で体内にたまっていた疲れを外に出すので、逆説的ですが、かえってどっと疲れが出るのです。
二度目でようやく表面に現われた疲れを退治するという感じ♪
そうして、三度目でほぼ疲れが取れるというパターンになります。
この大露天風呂は、別府に帰省してから二度目の温泉だったので、かなり疲れを退治してくれました。
そして、その翌日は、別の温泉に行ったので、現在(別府4日目)、私の疲れはかなりとれています♪
要するに、毎日、温泉に通うことが重要なのです~
考えてみれば贅沢なことですね♪







c0206352_21132013.jpg
もちろん、源泉かけ流し~
この辺のお湯が一番熱いので、私のお気に入りです♪





c0206352_21144427.jpg
日焼けが気になる人は、屋根の下で大丈夫♪

ボディソープ、シャンプー、ドライヤー、アメニティはすべて揃っています。
持って行くのはタオルだけ(タイルは現地で買うこともできます)。
別府と湯布院は温泉天国~♪
子どもの頃は、温泉の良さなんてちっともわからなかったけど、今は、実家が温泉地にあって本当に良かったと思っています♪




c0206352_21254057.jpg
夢想園から湯布院の中心部に向かう途中に見えたのどかな風景♪
雄大な由布岳を背景に、魚が泳ぐ清流の流れています。
こういう風景をいいな~と思えるお年頃になりました♪

「山のホテル 夢想園」
大分県湯布院温泉
日帰り入浴の受付:10時から15時まで
入湯料:700円

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-11-30 21:32 | 日本2017年秋・冬

路線バスで湯布院へ♪

c0206352_20321471.jpg
路線バスの車窓から見える由布岳♪
ゴロゴロ転がっている黒い石は、その昔、由布岳が活火山だった時に噴火して吐き出されたものです。

別府2日目は、お天気が良く日中の気温が20度前後になるという予報が出たため、「これは湯布院日和だ」と、急遽、湯布院の温泉に入って散策を楽しむことにしました。
冬の湯布院はとても寒いので、こういう日に行っておきたかったのです~

実家のある別府から湯布院までは路線バスで行けます。
別府駅西口から湯布院行きに乗って終点で降りればOK(片道900円です)。
日帰りで十分楽しめるのです。





c0206352_20335532.jpg
山は見る角度によってその姿を変えます。
このあたりは春から夏にかけては緑の草原になって、まるでスイスのような風景になります。





c0206352_20351915.jpg
山あいの盆地にある湯布院の町が見えてきました~





c0206352_20415519.jpg
JR湯布院駅です~
大分出身の建築家、磯崎新氏の設計です。
でも、別府からは、JRだと遠回りになるため、路線バスが一番便利♪
45分で到着しますから~
平日なので人は少ないだろうと思っていたら、とんでもなかったです~
韓国からの観光客がたくさん!
団体客もさることながら、若者のグループや家族連れ・・
多かったです~

私は、大露天風呂に入るのが第一目的だったので、ここからタクシーに乗りましたが(上り坂で20分から30分歩けば徒歩も可能です)、古き良き田舎の風景を楽しみながら、お土産品屋さんのある湯の壺街道を散策するなら、路線バスで終点まで行かずに、途中の岳本(たけもと)で降りるのもいいかもしれません。
岳本で降りると、金鱗湖(きんりんこ)まですぐですから。

私は逆パターンで、大露天風呂に入った後、徒歩で(下り坂なら歩けます)駅まで戻って、湯布院の町を散策しながら、途中でランチをして、金鱗湖まで歩いて、帰りは岳本からバスに乗って帰りました。




c0206352_21292204.jpg
金鱗湖~その1♪




c0206352_21295209.jpg
金鱗湖その2~♪





c0206352_21304714.jpg
金鱗湖その3~♪
本当に綺麗~
来てよかった~





c0206352_21312900.jpg
金鱗湖の湖畔にある美味しいお蕎麦屋さんとシャガール美術館と付属のカフェ♪





c0206352_21323887.jpg
古式手打ちそば、泉♪
ずいぶん前に息子と来た時の記事はこちら←ここをクリック♪





c0206352_21351814.jpg
シャガール美術館とカフェ・ラ・ルーシュ♪
スコーンの美味しいお店です。
息子と来た時の記事はこちら←ここをクリック♪
息子と一緒に湯布院に来たのは、大学受験が終わってイタリアへ戻る前に別府に来た2010年だったかな・・

湯布院はいつ来ても癒される場所です。
紅葉の時期に来れて本当に良かった♪
大露天風呂については後日~
一日一湯をこころがけているmayumiです。
だいぶ、疲れが取れたような感じがします。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-11-29 21:54 | 日本2017年秋・冬
c0206352_21063081.jpg
立ち寄り湯「夢幻の里 春夏秋冬」の入り口♪

実家のある別府市は世界一の湧出量を誇る温泉地。
子どものころは、温泉なんて何とも思わなかったものですが、大人になってからは、実家が温泉地にあってよかった~と心から思います。
以前は自宅にも温泉を引いていましたが、道路の拡張工事で泉源がなくなってしまいました。
ですので、今は、帰省の度に、別府市内に山ほどある市営温泉や民間の温泉施設に通っています。

午前中は宅急便で届いていたスーツケース2つとダンボール箱を片付けて、午後から温泉に行ってきました。
何しろ疲れ方が尋常でないのです。
ホッとしたのでしょうね、ドドドっと来てます。
とりあえず毎日温泉通いをして、疲れた身体を癒さなければ~






c0206352_21131324.jpg
やっと駐車場までたどり着きました~
紅葉が綺麗~♪

「夢幻の里 春夏秋冬」は民間施設で、立ち寄り湯専門で、貸し切りの家族湯が3つの他、女性用の露天風呂と男性用の露天風呂があります。






c0206352_21140227.jpg
静けさの漂う山あいの温泉♪
もう、これだけでテンションが上がります~
中に入って、受付で入湯料700円を支払います。





c0206352_21172260.jpg
中はかなり広くて、湯上りに飲み物を飲んだり寛ぐことができるようになっています。
奥の衝立の後ろでは、濡れてしまった髪の毛を乾かすこともできます。
でも、夏ならともかく、髪の毛は洗わないほうが無難です。





c0206352_21151711.jpg
そうして、橋を渡って向こう側に行きます~





c0206352_21161474.jpg
こちらが女性用の露天風呂、夢幻の湯です。
私がここに来たのは初めてではなく、もう何度も来ていますが、最後に来た時に源泉に近づきすぎて火傷をしてしまいました。
その後の皮膚科での治療が大変なことになってしまいました。
熱風呂が好きな私なので、熱い源泉の近くに行った自己責任です。

自然環境を大切にするというポリシーから市販のソープやシャンプーの使用は禁止されています。
露天風呂には、自然派のボディソープやシャンプーが揃っています。





c0206352_21250785.jpg
女性用の露天風呂「夢幻の湯」♪
乳白色の素晴らしい温泉です♪
夏には蛍が舞います。
ただ、私にはぬるめかな~
熱いお湯が好きなんです~
でも、自然の中で浸かる温泉に癒されました~♪

「夢幻の里 春夏秋冬」
別府市堀田6組 
Tel: 0977.25.1126
大分自動車道別府インター近く、
路線バスの場合は、湯布院線堀田バス停下車徒歩15分

営業時間
12月~3月:10:00~18:00
4月~11月:10:00~20:00(ただし18時以降の入浴は事前予約が必要)

夢幻の湯(女性)と虹の湯(男性)入湯料:大人700円、子ども300円
貸切風呂:平日60分、土日祝日50分(4名まで利用可)
蛍の湯:2500円
月の湯:2800円
滝の湯:3000円
 
2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-11-28 21:42 | 日本2017年秋・冬

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma