c0206352_04361991.jpg
ナポリに来たからにはピッツァを食べなければ~~♪
前に来た時には立ち食いで済ませた「ディ・マッテオ」にやってきました♪
お店の間口は狭いのですが、2階にはたくさんの部屋が続いていて、かなり大きいです。
行列はお持ち帰りの人と中で食べる人に分かれていますので、かなり並んでいても、意外にスムーズに進みます。
でも、できれば、12時、遅くとも12時半までには中に入ることをお勧めします。






c0206352_04373123.jpg
お店の入り口すぐでは、ピッツァ職人さんたちが一生懸命ピッツァの生地を作ったり、焼いたりしています~







c0206352_04380327.jpg
「ディ・マッテオ」は、ナポリの三大ピッッツェリアの一つです。
かつて、クリントン大統領もこちらのピッツァを食べたということで、お店のメニューの表紙にはクリントン大統領の写真があります(笑)。







c0206352_04493984.jpg
アランチーノを2種、頼みました。
アランチーノは、オレンジ(アランチャ)の形をしているライスコロッケです。
ローマでは、トマトソース味のものはスプリと呼ぶのですが、ナポリでは全部アランチーノになります。

ナポリのピッツェリアは、いたって素朴です。
テーブルクロスも紙ですし、グラスもプラスチックの使い捨てです。
こういうところも、庶民の食べものらしくていいな♪

しかも、驚くほど安いのです!!
私はワインのミニボトルを頼みましたが、わずか2ユーロ。
お友だちのビールの小瓶も2ユーロ。
ミネラルウォーター(ミニボトルのみ。一人1本ずつの飲み物を注文する形式なのかも・・)は1.50ユーロです。
こんなに大きなアランチーノも、1つ1.50ユーロ♪
前に立ち食いした時の店頭のお値段と同じです。






c0206352_05000022.jpg
さすらいのギター弾きがやってきました。
1曲しか歌わなかったけど、1ユーロあげました。
みんな、一生懸命生きているのですね・・・






c0206352_05023522.jpg
ピッツァ~~♪
大きいです。
でも、ふちの部分以外はごくごく薄いので、ペロッと食べられちゃいます。
ふちの部分がまた、ふんわり柔らかくて、美味しいのです。
マルゲリータ・ベースに、シンプルなものから様々なトッピング、たくさんあります~
全部4等分にして、それぞれの味を試したのですが、私はハム入りが一番美味しいと思いました。
好みは人それぞれなので、お友だちの中にはマッシュルームという人もいました。

しかし、ピッツァは、シンプルなマルゲリータで、わずか4ユーロ。
その他は5ユーロです。
あり得ないお値段です~

イタリアでは、ピッツァは最も安い外食に当たるのですが、さすがにこのお値段でローマではピッツァを食べることはできません。
ナポリ、いいわ~♪





c0206352_05103282.jpg
ピッツァを食べてから、ナポリのデクマーノ、トリブナーレ通りを歩きます。
デクマーノは、紀元前6世紀の古代ギリシャ時代に築かれた主要道路の一つです。
猥雑な感じの道ですが、ナポリらしくて大好きな通り♪





c0206352_05192781.jpg
哀愁のアコーデオン弾きのおじさん。
1ユーロ、あげました・・
光と影のナポリを感じました。
ちょっと切ないナポリ・・・





c0206352_05210226.jpg
おまけの画像♪
ドゥオーモ通りのドゥオーモ(大聖堂)♪
結婚式が行なわれている模様・・・

ドゥオーモには、ナポリの守護聖人、聖ジェンナーロが祀られております~
毎年、この聖人の殉教の日、9月19日1年には、聖人の聖遺物、凝固した血液が液状化するという奇跡が起こります。
もし、これが起きなかったら、その年は、ナポリに災いが降ると言われていますが・・・

「Di Matteo」
Via dei Tribunali 94, Napoli

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪




c0206352_02162930.jpg
10月25日発売の「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)のご予約受付中です。
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

そして、2017年10月30日(月)、18:30~20:00(18:00開場)のイタリア文化会館アニェッリホールでの無料講演会(私が逐次通訳)、コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「カラヴァッジョの秘密」の申し込みはこちらから~←ここをクリックすると、イタリア文化会館東京のご予約受付ページに飛べます♪ 


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-10-16 05:51 | ナポリ、ナポリ♪

ナポリを見て死ね♪

c0206352_05552618.jpg
ナポリを見て死ね♪
この言葉は本当だな~と、つくづく思います。

今日〈土曜日)は、日帰りで、日本からのお友だちと楽しみにしていたナポリに行ってきました♪
久しぶりにポジリポの丘からの絶景を眺めました。

なんという美しさでしょう!!
デジタル一眼レフカメラを持って行かなかったことを後悔しました・・・

わたくしが最後にポジリポの丘からナポリを眺めたのは何十年も前のこと。
その頃は、ここまでの感動はなかったように思います。
若かったからでしょうか!?
午前中で逆光だったからでしょうか!?
それとも、今日のナポリの気象条件が抜群だったのでしょうか!?





c0206352_06111813.jpg
いずれにしても、この素晴らしいナポリの風景を見るだけでも、ナポリに来る価値はあります♪
ポジリポの丘には数多くの見晴らしポイントがありますが、私がお勧めするのは、サンタントニオ教会のそばにある見晴らしテラスです。
そして、絶対に午後来ることをお勧めします♪
心に響く美しさです♪
うっとり~






c0206352_06141927.jpg
ナポリの海沿いを散歩していたら・・・
水着を着て日光浴をしている熟年女性を見かけました。
今日のナポリが暑かったのは事実ですが、いくらなんでも~
土曜日で、大勢の人が散歩したり、お喋りする中、大注目を浴びていました(笑)。






c0206352_06173499.jpg
ナポリの可愛い女の子たち♪

ナポリの人、好きだわ~
みんな、優しくて感じよくて、作られた感じがまったくない!
素のまま、ありのまま。

イタリア人は、ナポリやナポリの人にすごい偏見を持っていると思います(すみません、わたくしも以前は偏見を持っていました)。
何かというとカッモーラ(ナポリの犯罪組織)やナポリの貧困地区の問題、治安の悪さがクローズアップされますが、それは限られた地域で起こること。
問題提議をするのは正しいことではありますが、負の部分ばかりではなく、素敵なナポリ、楽しいナポリ、気のいいナポリも大いに語らなければならないと思います。

ナポリとナポリっ子がますます好きになりました♪
だ~いすき♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪




c0206352_02162930.jpg
10月25日発売の「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)のご予約受付中です。
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

そして、2017年10月30日(月)、18:30~20:00(18:00開場)のイタリア文化会館アニェッリホールでの無料講演会(私が逐次通訳)、コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「カラヴァッジョの秘密」の申し込みはこちらから~←ここをクリックすると、イタリア文化会館東京のご予約受付ページに飛べます♪ 


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-10-15 06:36 | ナポリ、ナポリ♪
c0206352_01562806.jpg
スペイン広場~♪
朝晩は涼しいを通り越して寒い!
だけど、日中、太陽の下では暑い!
そんな、とっても困った秋のローマの気候。
本当に何を着ればいいのか分かりません。

翻訳本の出版が近づき膨大な事務仕事に追われる一方で、帰国準備もしなければならないのに、パニックになりそうなほど予定も詰まっているmayumiで~す。

そんな忙しい日々の中でも、お友だちと過ごすオアシスのような時間は大切にしています。





c0206352_02022820.jpg
水曜日は、仲良しのお友だちと久しぶりにバビントンティールームに行ってきました♪





c0206352_02034196.jpg
やっぱり落ち着くこのムード♪






c0206352_02045571.jpg
楽しいサラダランチの始まり、始まり~♪

数年前前までは、とっても美味しいローストビーフのランチがあったのですが、今は、各種サラダ、サンドウィッチ、クラブハウスサンドウィッチのような軽めのメニューしかありません。

私は、大好きなシーザーサラダ♪
シーザーという名前が付いていてもイタリアンではない、イタリア人に言わせると邪道中の邪道サラダ♪(笑)
でも、好きなんです~
カリカリベーコンかチキンのローストの選択でしたが、迷っていたら、「両方入れましょうか?」という嬉しいお申し出♪
さすが、バビントン♪
ワインは白の何ちゃら~
メモしようと思っていたのに、すっかり忘れてしまいました・・(大汗)

サラダとはいえ、かなりのボリュームがあるので、お腹いっぱいになります~
それなのに、食後の紅茶を頂く時に、ドルチェを頼もうかどうしようかと、ついつい迷ってしまう食いしん坊のわたくし(^^♪





c0206352_02155088.jpg
メニューには、チーズケーキしか載っていないので、ガラスケースの中を見に行きました。
バビントンのケーキ、美味しいのです。
特にアップルケーキがお気に入り~






c0206352_02141066.jpg
誘惑に弱いmayumiです~
「パンナ(生クリーム)も付けますか?」と聞かれて、もちろん付けてもらったのですが、あまりのボリュームに目が点に・・・(・_・)
紅茶は、ディジェスティブにしました。
お店の方は、「大丈夫。紅茶がディジェスティブだから」なぁんて、本気にも取れるような冗談を言ってくれましたけどね(笑)。

お友だちはドルチェはなしで、紅茶はデトックス♪
彼女も食いしん坊だけれど、わたくしと違って少食なため、スタイルを完全維持。
ものすご~く細いのです。
わたくしは、人生最大の体重になってしまったという悲惨な状況・・・
こういうことの積み重ねが大きな差となってしまうわけです。

それにしても、頂いた紅茶の美味しかったことと言ったら♪
二人とも別のものを頼んだのに、口にした途端、同時に「美味しい~♪」と言ってしまいました。
う~ん、やっぱりバビントンの紅茶は素晴らしいですね♪





c0206352_02282297.jpg
昔、バビントンのトレードマークはネコでしたが・・
今では、紅茶のパッケージも含めて、すべて一新されています。
これは、本当に残念です。
可愛かったのになぁ・・・






c0206352_02310393.jpg
紅茶派の夫へお土産を買いました。
わたくしは最近、朝はコーヒー(こちらも邪道、日本式のフィルターコーヒーです)を飲むことが多くなってしまったので、普段の夫の朝の紅茶は、カルフール(フランス系スーパー)の自社商品、アッサム(なかなか美味しいのです)を使っていますが、たまには、ちょっと高級な紅茶もいいですからね。
午後の紅茶とともに3種類買ってきました。

久しぶりに、バビントンの美味しい紅茶を頂きながら、仲良しのお友だちと楽しくお喋り♪
話の尽きない至福の時間を過ごしました。
明日はナポリだ~
起きれるかな?

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪




c0206352_02162930.jpg
10月25日発売の「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)のご予約受付中です。
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

そして、2017年10月30日(月)、18:30~20:00(18:00開場)のイタリア文化会館アニェッリホールでの無料講演会(私が逐次通訳)、コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「カラヴァッジョの秘密」の申し込みはこちらから~←ここをクリックすると、イタリア文化会館東京のご予約受付ページに飛べます♪ 


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-10-14 05:55 | ローマのカフェ&ティールーム
c0206352_00495393.jpg
木曜日はズンバ♪
お休みがちで、あまり出来の良い生徒ではないわたくしですが、日本へ帰国前の最後のレッスンに行ってきました~
来週の木曜日はまだローマにいるので、来週を帰国前の最後のレッスンに考えていたのですが、日本から巡回でローマに来る「アルチンボルド展」のオープンニングに招待されたので、行けなくなってしまったのです。
オープニングにご一緒するお友だちが着物を着るので、お手伝いをしなければならず~

ズンバのサークルは、メンバーが増えて、ますます楽しいムード上昇で~す♪
それにしても、発表会組のメンバーのダンスは、さすがに特訓を重ねただけあって、とっても上手♪
ずいぶん差がついてしまいました~
日本への一時帰国で長期欠席をしてしまうわたくし、取り残されてしまうかも~






c0206352_01000387.jpg
レッスン後のランチは、いつものローラへ♪
今日のランチ組は、9人という大所帯になったので、やっぱりここしかないのでした~
写真は、お兄さんたちが9人分のテーブルを作ってくれているところです。





c0206352_01014793.jpg
今日はお野菜とりんごのスムージーをわたくしも作ってみましたが~
ニンジンの好きでないわたくしは、ニンジンを1かけらしか入れなかったため、色が悪い!!
でも、お味は美味しかったのですよ~
最初のお皿は、前菜だけ~





c0206352_01111772.jpg
1回目のお皿~
さすがに全部食べるのはきつかったです・・・
先週の食欲不振を一気に取り戻すかのようなわたくし(苦笑)。
しかし、これでは終わらないのです。





c0206352_01135718.jpg
だって、デザートにミルフィーユがあったんですもの~♪
揚げドーナツは、さすがに無理でお皿に残していたら、外から入って来たジプシー女が、「そのお皿の甘いものをちょうだい」と、しつこくしつこく言ってきて・・・
あげました!
普通は「おめぐみを~」ってお金を要求するのに、「その甘いものをちょうだい」って!
よっぽど食べたかったのでしょう・・
ちょっと可哀相になってしまいました。
世の中には、食べ物を残す人も多くいるのに(わたくしも含めて反省!)、その残ったものがどうしても食べたいと思う人もいるのですね・・
切ない世の中です。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪




c0206352_02162930.jpg
10月25日発売の「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)のご予約受付中です。
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

そして、2017年10月30日(月)、18:30~20:00(18:00開場)のイタリア文化会館アニェッリホールでの無料講演会(私が逐次通訳)、コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「カラヴァッジョの秘密」の申し込みはこちらから~←ここをクリックすると、イタリア文化会館東京のご予約受付ページに飛べます♪ 


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-10-13 05:51 | ローマの日常
c0206352_04223035.jpg
ローマ、サンタゴスティーノ教会♪

今日は、お友だちと楽しい約束があって一緒にランチを食べたのですが、そのあと、買い物があったのでカラヴァッジョの縄張り(笑)をウロウロしてきました。
そのついでに私が見たかったのは、こちらのサンタゴスティーノ教会です。

昨日の記事で、ミラノのカラヴァッジョ展にこの教会のカヴァレッティ礼拝堂の祭壇を飾る「ロレートの聖母」が貸し出されていると書きましたが、本当にこのような素晴らしい絵を貸し出したのかと半信半疑で、だとしたら、礼拝堂はどうなっているのだろう・・と素朴な疑問がわいたからです。







c0206352_04230379.jpg
ええ~~~っ!!
カラヴァッジョの「ロレートの聖母」、あるじゃないの~~~~!!!
わたくし、倒れそうになりました。
見に来ている人たちも、「カラヴァッジョだよ」と話しています。
どういうこと!?






c0206352_04322813.jpg
カラヴァッジョのオリジナル絵画は、ただ今ミラノのパラッツォ・レアーレ(王宮)で展示されています。
という張り紙が、礼拝堂に照明を入れるためのコイン投入装置の上に貼ってありました。







c0206352_05064165.jpg
なるほど~
コピーを礼拝堂に置いているのですね。
何もないより絶対にいいですね♪
それに、はっきり言って、コピーとは思えませ~ん。
何も知らなければ、カラヴァッジョの「ロレートの聖母」だと思ってしまいます。
なんとなく安心してしまったわたくしでした・・(笑)






c0206352_04324958.jpg
ラファエッロの「預言者イザヤ」は、相変わらず優しく、そこにいました・・
このフレスコ画、大好きなんです♪





c0206352_04545715.jpg
ちょうどミケランジェロがシスティーナ礼拝堂の天井画を描き終えたあとの作品です。
当然ながらミケランジェロからの影響で、力強さを取り入れているのが分かります。
足の筋肉とか~
でも、ラファエッロの絵はあくまでも柔らかい。
優しく美しく、洗練されている・・・
癒される雰囲気を醸し出すのです~
優しい気持ちになれるのです♪
システィーナに描かれたミケランジェロの預言者とはまったく違う!

ミケランジェロはしょせん彫刻家なのです。
システィーナ礼拝堂の装飾はまさに偉業だと思いますし、天才だとも思います。
でも、わたくしは、ミケランジェロの絵は好きではありません。
絵としては欠けているものが多いと思うのです。
ミケランジェロ・ファンの方、ごめんなさい。
好みは人それぞれってことで許してくださいね。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪




c0206352_02162930.jpg
10月25日発売の「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)のご予約受付中です。
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

そして、2017年10月30日(月)、18:30~20:00(18:00開場)のイタリア文化会館アニェッリホールでの無料講演会(私が逐次通訳)、コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「カラヴァッジョの秘密」の申し込みはこちらから~←ここをクリックすると、イタリア文化会館東京のご予約受付ページに飛べます♪ 


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-10-12 05:11 | ローマの美術散歩

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma