七草がゆ♪

c0206352_20130229.jpg
七草がゆ♪
日本滞在中は、基本的にコーヒーとトースト系の朝食を頂くわたくしですが、本日、1月7日は、今年一年の無病息災を願って七草がゆを食べました♪
優しいお味が嬉しいですね♪

日本の伝統行事って素敵ですね。
大晦日の晩の年越しそば、年賀状、おせち、お年玉(わたくしは今でも母から持っています、笑)、初詣、七草がゆ、鏡開きまで、年末からお正月にかけては行事が目白押しで、なんだか楽しい気分になります。

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ♪
七草セットは、スーパーでも400円もするんですね。
高~い!
今では、七草を摘む場所も摘む人もいないのでしょう・・

今年一年、皆さまも健康で過ごせますように♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。




第2回プラチナブロガーコンテスト



# by mayumi-roma | 2018-01-07 22:28 | 別府、湯布院2017年秋冬

極上の時間@的山荘♪

c0206352_22400083.jpg
日出(ひじ)町の的山荘(てきざんそう)♪
旧成清家日出別邸、国の重要文化財です。
成清家は、馬上金山(現在の杵築市山香町)での金鉱石の採取成功で富豪となり、1915年(大正4年)、日出にこちらの別邸を建築しました。
木造近代和風の建築は、細部まで資材や技法にこだわったものです。
「的山荘」という名称は、「山を的(あ)てたい」という願いをこめた雅号「的山」から来ています。
昭和39年からは、成清家が料亭として営業を始めましたが、平成22年以降、日出町の所有となり、指定管理者によって割烹として営業しています。
天皇皇后両陛下(皇太子時代)を始めとして、天皇家やその他の皇族方もお食事をされています。





c0206352_21165299.jpg
重要文化財なので、当時のままで残っています。
歩くと、床がミシミシいいます~





c0206352_21282939.jpg
大広間には、松の間、竹の間、梅の間と3間続きますが、わたくしたちは松の間~♪
松の間は、縁側にそって床の間のある間です。
日本の初代総理大臣、伊藤博文の書が飾ってあります~
お客様は、わたくしたちも含めて3組だけ~
各間に1組という感じ。
プライベート感覚を楽しめます。





c0206352_21322366.jpg
わたくしたちのテーブルの前の床の間♪
この雰囲気が大好きです~





c0206352_21340648.jpg
的山荘のお料理は、美味しいのは言うまでもなく、見るのが楽しいほどに美しいのです~♪
様々なものを少しずつ頂く・・
これこそが和食の良さですね♪




c0206352_21371126.jpg
飲み物は、日本酒にしました♪
和食には白ワインもあいますが、やっぱり日本酒が一番♪





c0206352_21380113.jpg
お吸い物は、ホタテのしんじょう♪
小さなカブが可愛い♪
そして柚子の香りが香ばしい~



c0206352_21401642.jpg
お造りは、クエです~




c0206352_21404833.jpg
茶碗蒸しが~~~
素晴らしかったああああ~~~
あんかけ風茶碗蒸しだったのです♪




c0206352_21415989.jpg
豊後牛のステーキ♪
こちらも柔らかくて、本当に美味しかった~
豊後牛は大分県の誇る食材ですが、昨年は牛肉日本一になりました♪




c0206352_21452697.jpg
赤だし、大好き~
もろみがとっても美味しい♪




c0206352_21561381.jpg
デザートの杏仁豆腐♪
パッと見て、パンナコッタか杏仁豆腐か見分けがつかなかったので、杏仁豆腐だったらいいな~と思っていましたが、思い通りの杏仁豆腐でした♪
杏仁豆腐が大好きなmayumiです~
パンナコッタを日本で食べたいとは思いませんから(笑)。




c0206352_21433831.jpg
デザートを食べたあと、縁側から外へ出てお庭を歩くことにしました♪

この邸宅の位置する場所は素晴らしく、別府湾を見渡せ、さらに、日本猿の生息で有名な高崎山を対岸に臨むのです。
この庭園は、高崎山を築山に、別府湾を池に見立てた、借景技法が用いられています。




c0206352_21493864.jpg
お天気が悪かったのが残念!




c0206352_21495585.jpg
次第に晴れてはきましたが、曇り空で海もはっきり見えません。
でも、なんとなく、素晴らしい庭園であることは分かって頂けるでしょう!?




c0206352_21592137.jpg
コーヒーを注文して、のんびりゆっくり、母と妹と極上の時間を過ごしました♪
「的山荘」、大好きだわ~
帰省の度の恒例にしたいなあ♪

日出町的山荘
大分県速見郡日出町2663番地
Tel:0977-72-2321
年中無休
ランチもディナーも予約必須
庭園は無料開放されています。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。




第2回プラチナブロガーコンテスト



# by mayumi-roma | 2018-01-06 22:07 | 別府、湯布院2017年秋冬
c0206352_22005856.jpg
別府から電車で15分♪
お隣の城下町、日出(ひじ)の「的山荘」に母と妹と三人でお食事に行ってきました♪
写真は、現在では日出町観光案内所となっている日出城二ノ丸。
城址跡を散策しながら、「的山荘」に向かいます~





c0206352_22011974.jpg
海に面した城址公園♪

お城の下の海でとれるカレイが、日出町の特産、かの有名な城下カレイです。
海の水とそこに流れ込む川の真水が混ざった場所に生息するカレイは、まったく臭みのないマコガレイで、薄造りに適していますが、これがフグよりも美味しいのです。
こんなカレイがとれるのは世界中でここだけ♪
ただ、今はシーズンオフなので、お食事の予約の際にダメ元で「城下カレイがあれば、特別注文したい」と尋ねましたが、残念ながら、「シーズンオフですのでご希望に沿うことはできません。4月以降になります」というお返事・・・





c0206352_22014328.jpg
城址公園には、大分が誇る音楽家、滝廉太郎の銅像(朝倉文夫作)もあります。
滝廉太郎は日出藩の家老職を代々つとめた上級武士の家柄で、お墓も一族同様に日出にあります。

ちなみに、滝廉太郎といえば、「荒城の月」を思い出しますが、実は、「花」(春のうららの隅田川~~)や「箱根八里」、「お正月」(もういくつ寝るとお正月~)、「鳩ぽっぽ」、「雪やこんこん」など、誰もが知っている唱歌も彼の作曲なのですよ~




c0206352_22291213.jpg
お食事の場所「的山荘」のそばまでやってきました~
日出城三ノ丸跡に建てられています。





c0206352_22334593.jpg
「的山荘」の門~♪




c0206352_22343592.jpg
門をくぐるとこんな感じ~
皇室の皆様の記念植樹が4本もあります~
現在の天皇・皇后両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻などなど・・・
雅子さまや紀子さまもいらしたのね~♪





c0206352_22373940.jpg
「的山荘」の入り口にようやく到着しました~
本当に素晴らしい日本家屋です♪
まだ2度目ですが、大のお気に入り♪
何度でもリピートしたいのです~

続きます~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。





第2回プラチナブロガーコンテスト



# by mayumi-roma | 2018-01-05 22:56 | 別府、湯布院2017年秋冬
c0206352_21221914.jpg
別府、明礬地区にある岡本屋の地獄蒸しプリン~♪
この地獄蒸しプリンの美味しいことと言ったら!
硫黄泉で名高い明礬地獄の噴気を利用して蒸したプリンですからね~
とはいえ、地獄釜を使って蒸しプリンを作っているところは多々ありますから、こちらのプリンが美味しいのは、明礬地獄で蒸したから、という理由だけではなく、岡本屋のレシピそのものに秘密があるのでしょう。
もちろん、すべて手作りです。

以前は、明礬地区(遠い!)の岡本屋まで行かなければ食べることができませんでしたが、最近は、大分空港の売店でも売っていますし、別府駅のお土産屋さんにも置いてあります~
こちらの6個入りは、別府駅の売店で買いました♪
人気商品ではありますが、手作りゆえに販売数に限度があるため、売り切れの場合も多いようです。
一度食べたら忘れられない味です♪




c0206352_21343544.jpg
いつもは、カップのまま食べるのですが、写真用にお皿に乗せようとしたら、あらら、壊れちゃった~
この写真だと、美味しさが伝わらない~~!!

素材を感じさせるしっかりしたお味♪
濃厚でほどよい甘さ、カラメルソースの苦みがマッチして最高~♪
大げさではなく、世界で一番美味しいプリンだと思います。

岡本屋のHPはこちら~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。





第2回プラチナブロガーコンテスト



# by mayumi-roma | 2018-01-04 21:44 | 別府、湯布院2017年秋冬

初詣♪


c0206352_21154892.jpg
八幡朝見神社~♪

1月3日は恒例の初詣♪
八幡朝見神社にお参りに行きました。




c0206352_21173350.jpg
参道の敷石の「さかずき」♪





c0206352_21175524.jpg
同じく、「ひょうたん」♪
これを踏むと、いいことがあるのかないのか・・・
子どもの頃から、この2つを踏むといいという言い伝えがあります。

25年くらい前までは、参道わきにはびっしりとお店が並んでいて、それはそれは賑やかなものでしたが、今では、境内近くにほんの少し出店があるだけです。
世の移り変わりとはいえ、何とも寂しいですね・・
異常な少子化で子どもの数が少ないことが原因なのでしょう。
別府は、温泉があって暮らしやすい街であることから、高齢者になってから越してくる方々も多く、ほんとうにお年寄りばかりの街になってしまいました。
必然的に活気はなくなりますね・・




c0206352_21254545.jpg
でも、お正月3日目ということもあって、けっこう賑わっていました。
見かけた子どもたちは元気いっぱいで賑やかでしたが、子どもの数が圧倒的に少ないのですね・・




c0206352_21281553.jpg
家族(イタリアの家族も含めて)みんなの健康と幸せをお祈りしてきました♪
今年は戌年♪
同級生は還暦を迎えますが、わたくしは早生まれなので亥年♪
まだ余裕があります~(笑)
いずれにせよ、還暦なんて、想像を絶するような考えられないことではありますが、年齢はあくまでも記号ですから~
でも、どんな人生であっても、自分が生きて来た証しって素晴らしいことです~





c0206352_21385475.jpg
御神木その1♪
御利益があるように、しっかり触ってきました。




c0206352_21294025.jpg
御神木その2♪
こちらは見るだけ~




c0206352_21404667.jpg
朝見神社の裏の出入り口♪
駐車場に近いので、こちらからお参りする方も多いようです。




c0206352_21490767.jpg
今年の干支のワンちゃんの根付けが可愛かったので一つ買いました。
ローマで教会に行けば、聖人のお札やロザリオをついつい買ってしまい、日本で神社に行けば、またまた色々と買ってしまうわたくし。
根がミーハーなんでしょうね♪

戌年の今年・・・
皆さまにとっても穏やかなものでありますように♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。




第2回プラチナブロガーコンテスト



# by mayumi-roma | 2018-01-03 21:54 | 別府、湯布院2017年秋冬

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma