アマゾン・プライム、勝手に引き落としは酷すぎる!
c0206352_04202852.jpg
ローマ、オレンジの庭♪

今日は一日中、事務仕事に追われていました~
事務仕事なんて大げさかもしれないけれど、私には一大事だったのです~
色々大変だった~

イタリアのカード会社の請求書を見ていたら、身に覚えのないアマゾン・ジャパンからの3900円というのがあって、いったい何だろうと考えていたのですが・・・
どうやら、勝手にアマゾンがプライムサービスの年会費を引き落としていたもよう。

普通、アマゾン・ジャパンで何か買う時は、日本のクレジットカードを使って実家に届けるようにしています。
でも、4月に1000円程度の新書を買った時に、イタリアのカードを使っていたのです。
だから気がついたとも言えますが・・・
その時に、たぶん、間違えて、プライムサービスの一か月無料お試しというのをクリックしていたようで、それから1か月たって、勝手にプライムサービス継続年会費3900円が引き落とされたようです。
もちろん、お試し期間にも一度も使用していません。

最近、日本の宅配便でお仕事をする方たちが大変疲れているという話を聞きますから、何もすぐに手元に届く必要のない私には、プライムサービスなんてまったく必要なし!

しかし、お試し期間に1度も使っていない人からも、その後、勝手に年会費を引き落とすなんて、あまりに汚いやり方ではないでしょうか!
これで、すっかりアマゾンが大嫌いになりました。
もう2度と使いません。
私は、こういうところがあるのです。
一度気分を害すると、もう二度と・・・
本なら、紀伊国屋書店のオンライン・ショップの会員にもなっていますし、これから先は、そちらを使おうと思います。

もともとアマゾンは黒船ですから、日本の市場をかき乱しているのは事実!
宅配便も無理をさせられて、限界を超えてしまったようですし・・・
これまではついつい便利だと思ってかなりの頻度で使っていましたが、もう絶対に使わないことにしました!

とりあえず、このプライムを何とかしたいと思って、ネットで「アマゾン・プライム、勝手に」と検索したら、すぐに対処法が出てきました。
返金してもらえるようです。
一度も使わなかった場合は全額返金してくれるらしいです。
本当に冗談じゃないです。
勝手に引き落としだなんて!

そんなこんなでバタバタしていたら、妹からメールが来て、実家の母のところに、私の県市民税と国民健康保険の税額の通知が来たらしいから、電話かけて~と。
私はローマに暮らしてはいるけれど、日本に住民登録もあり、健康保険も支払っておりますので。
もう、こちらもびっくり!
昨年、わずかな印税が入ったせいで、県市民税は仕方ないにしても、国民健康保険が考えられない額に値上がっていました。
これまでの4倍です。
あり得ない!
これも、何かの間違いではないかと思うので、また市役所の保険年金課をネット調べて、メールアドレスを探して、申告書類をスキャンして添付した上で、「何かの間違いではないか」というメールを書きました。
間違いだといいな~
でないと、まじで破産だわ~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

# by mayumi-roma | 2017-06-15 06:19 | ローマの日常
さすがに飽きた・・・


c0206352_22511306.jpg
週末は、仲良しのお友だちとお気に入りのレストラン「ビストロ64」へ♪

お友だちは、同世代の仲良しちゃんだけど、会うのは本当に久しぶりでした。
半年以上ぶり!
それぞれの生活がありますからね・・
なんだかんだ、みんな忙しいのです。
メッセでやりとりはしていても、なかなか会えないこともあります。
だから、この日をとっても楽しみにしていました♪






c0206352_22530497.jpg
どのお料理も、見ても食べてもおいしいのですが、ここのところ、ビストロ64に来ることが続いていたので、もう、しばらくはいいかな・・という感じです。
正直、やっぱり飽きちゃう。
いつも同じとこばかりに行きたくない~~

こういうお店は、1シーズンに1回くらい行くのが一番いいのだと思います。
今回、同じシーズン中に3回目となってしまって、さすがに飽きてしまいました。

ブログを読んでいるお友だちの皆さまは、ここに連れてって~なんて言わないで下さいね。
私は、もう、いいです(笑)。

写真はセコンドのヒラメとズッキーニ・・・
もちろん美しいプレゼンテーションとお味は抜群!
素晴らしかったです~







c0206352_22541522.jpg
この土星の形をしたアッフォガート、可愛いでしょう!?
これは、シェフのセンスが光っていますね♪

ニンニクのジェラートをチョコでコーティングして土星に見立てています。
その上からカフェをかけてくれるのですが、そうするとチョコが溶けるのです。
ニンニクのジェラートといっても、ほんのり香りを感じるくらいです。
これは、ちょっと感動もののデザートでした♪

Bistrot 64
Via Calderini 64, 00196 Roma

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

# by mayumi-roma | 2017-06-14 05:54 | ローマのグルメ
月曜日は好き♪
c0206352_04001156.jpg
ローマ、ヴェネツィア広場~♪
ヴィットリオ・エマヌエレ2世記念堂から臨んだ図♪

先週末は忙しかったので(ブログアップしていませんが)、疲れがどっと出ちゃいました~
でも、月曜日は1週間の始まり♪
家の中をきちんとしようと、なんとなくはりきってしまう曜日でもあります。
だから、月曜日は好き♪

これまでの経験から、月曜日に予定を入れると、1週間の始まりから疲れてしまって、続く1週間を地獄のように長く感じてしまうので、月曜日は極力予定を入れないようにしているわたくしです。
とはいえ、たまに予定が入ってしまうことがありますが・・
実際、来週の月曜日は予定が入っています。
ま、午後からだからいいかな。

ローマはかなり暑くなっているので、午前中が勝負です!
何が勝負かって、様々な家事や雑用をこなすことです。
朝のうちにやるべきことをやっておくと、あとがラク~
朝は苦手なわたくしですが、夏は早起きしたほうが時間が有効に使えますね。
まぁ、私の言う早起きですから、せいぜい8時くらいですけど。
世の中の皆さま、すみません。
もう学校に通っている息子がいるわけではないですし、朝はゆっくりなんです~
ま、人それぞれの生活スタイルがあるということで♪

今日は、ダウンコートやらレインコートや冬物ワンピースをクリーニングに出して、家で洗える普段用のダウンコートやワンピを洗濯しました。
これで、冬物の整理は終わり~(だと思う)
出だしが遅れていたけど、わりあい早く終わりました。

私の書斎(元息子の部屋)がかなりぐちゃぐちゃと本やらプリントやらで散らかっているので、今週は、いらない本を整理して、きちんと整えようかな。

今週は、イタリアの出版社から頼まれた案件にお返事もしなければなりません。
イタリアで超有名なジャーナリストが書いた本で、こちらではベストセラーになった本なのですが、日本市場には向かない感じ。
素晴らしい本ではあるのですが、内容があまりにもインテリ然とし過ぎているのです(つまり絶対に売れない!)。
日本ではちょっと難しいと思うのですよね・・
先方はとても期待していると思うので、申し訳ないのですけど。

1週間の始まりの月曜日。
きちんと環境を整えて、今週の予定を考える。
そんな月曜日がわたくしは好きなのです~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

# by mayumi-roma | 2017-06-13 06:06 | ローマの日常
ピッツァを食べると後悔する・・・


c0206352_01130995.jpg
平日の夜も混みあいますが、特に週末の夜のピッツェリアの混み具合と言ったら、大変なものです。
家族や友人たちと一緒に週末の夜はピッツァ!というのは、かなりのイタリア人が実践していると思います。

やはり本場イタリアのピッツァはおいしいです♪
日頃からいつも言っていますが、ピッツァだけは、日本ではおいしいものに出会うのは難しいです。

おいしいけど、重い!
ですので、ピッツァはなるべく避けたいわたくしですが、時々無性に食べたくなることがあります。
そんなわけで、近所のピッツェリアへ♪





c0206352_01194074.jpg
皆さん、屋外の席がいいようで~
でも、私たちは室内のほうが好き♪





c0206352_01205769.jpg
前菜にお野菜とモッツァレッラチーズを頼んだら、こんなに持ってきました。
夫と半分ずつにして、もうすでにお腹いっぱい~
日本人は、これだけでお夕飯になります・・
しかし、わたくしはピッツァを頼んでしまっていたのでした(汗)。




c0206352_01222978.jpg
夫はセコンドのお肉料理、わたしはピッツァ♪
いつものことですが、こ~んなに大きなピッツァが~~~
この写真、店内の照明のせいか、今一つおいしそうに見えません(笑)。

今日はクアットロ・フォルマッジ(4種類のチーズ)の気分でした~
チーズはカロリーが高いので、日頃はあまり食べないのですが、ゴルゴンゾーラが大好きなわたくしです~

おいしかった~!
だけど、お腹はパンパンで、消化不良になること間違いなし!
ピッツァを食べたことを後悔・・・
ピッツァ、時々、無性に食べたくなるのですが、食べたあとには、いつも後悔するわたくしです~~~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

# by mayumi-roma | 2017-06-12 06:04 | ローマのグルメ
念願だったバルベリーニ宮殿のミトラ神殿見学♪
c0206352_04333766.jpg
国立古典絵画館となっているバルベリーニ宮殿♪
今日は、この美術館ではなく、この裏の庭園の奥にあるもう一つ別の建物の地下にあるミトラ教の寺院を見学してきました。

このミトラ教の寺院の遺跡を見るのが、長年の目標だったのです。
一般公開されていないので、ずっとずっと会員となっている「地下遺跡の会」が、ここの見学をオーガナイズしてくれる日を待っていました♪
ついに♪
この日が訪れました♪






c0206352_04380835.jpg
バルベリーニ宮殿の真ん中をくぐって裏の庭園に向かう通路♪
この通り道ももちろんバルベリーニ家と縁が深いバロックの巨匠ベルニーニの設計です。





c0206352_04401470.jpg
こちらの建物は、20世紀初頭にバルベリーニ家から庭園を買い取ったフリウリ・ヴェネツィア地方の貴族、サヴォルニャン・デ・ブラッツァ家が建てたものです。
その後、ムッソリーニの時代に政府が買い取り、1936年に改修工事をしている際に、地下から古代ローマ時代の遺跡が出てきたのでした。
この遺跡は、紀元2世紀のものですが、それが公的なものだったのか私的なものだったのかは分かっていません。
そして、その一角には、3世紀初頭のミトラ教の寺院があったのでした。
わ~い、いよいよこの門の中に入ります~






c0206352_05020211.jpg
ミトラ寺院の入り口です~
以前から、訪れたミトラ教の寺院についてブログ記事にしていますが、ここで少しおさらいをしてみましょう。

ミトラ教は、古代ペルシャのゾロアスター教が起源の古い宗教で、古代ローマ時代に彼の地を遠征で訪れた軍人たちを中心に信仰されていました。
信者は男性に限られ、女性は除外されていました。

ミトラ神は、この世に救いをもたらすため岩から生まれた神で、古代ローマでは熱烈な信仰を集めていました。
しかし、5世紀以降は表舞台から姿を消します。
そうです。
コンスタンティヌス帝がキリスト教を公認して以降、キリスト教徒によって徹底的に弾圧され、寺院は破壊されたのでした。

このあたりに、人間の悲しさを感じます。
自分たちが受けた受難を同じように他者に与えるという点では、人間はちっとも成長していない・・・
第二次世界大戦時に迫害されたユダヤ人が自分たちの国を持った途端、それまでそこに住んでいたパレスチナ人を弾圧するのと同じ構造!






c0206352_05153262.jpg
ミトレオ(ミトラ教の寺院)♪
約12メートルの奥行に横幅は約6メートル。
写真左手に見える大きな柱は、古代ローマのものではなく、この上の建物を支えるために1930年代に行われた改修工事の際のものです。

奥が祭壇で、両端はベンチのようになっていますが、儀式の一環で、聖餐をするために使われていました。
このミトラ教の寺院の特色は、なんといってもフレスコ画です。
祭壇にはミトラ神の彫像やレリーフが飾られることが多いのですが、ここではフレスコ画でミトラ神が表現されているのです。

ミトラ教の儀式については、文献が残っていないため、謎に包まれています。
伝えられることは、キリスト教徒が、ミトラ教を貶めるために書いたものがメインとなるので、それを信じるわけにはいかないのです。

ミトラ教が誕生したのは、オリエント、キリスト教が生まれるはるか昔ですから、どうやら、キリスト教がミトラ教をパクった部分が多いようなのです。
たとえば、ミトラ神の誕生日は12月25日で、史実としてキリストが12月25日に生まれたという記録はどこにもないのですから。

キリスト教が拡大したのは、女性も信仰可能だったことが大きな要因だったのでしょう。







c0206352_05280886.jpg
正式な文献の残っていないミトラ教の秘密を知るために、このフレスコ画が大いに役立っています。
中央のミトラ神の両サイドに5つずつ、ミトラ神にかかわる物語が描かれているからです。

中央のミトラ神は牡牛の喉を剣でさしています。
ミトラ教では、聖なる儀式として、牡牛を生贄にする習慣があり、信者は、聖なる儀式としてその血を浴びなければなりませんでした。
それは、牡牛の血がこの世に生命を生み出すと考えられていたからです。

絵の中、雄牛の近くに犬が見えますが、犬は人間の良き友だちで一緒に生命の誕生を祝っています。
雄牛の下には蛇がいますが、蛇は邪悪な存在の象徴で、牡牛の血が大地にしみこんで生命を生み出さないように、血を飲もうとしています。
蛇の上にはサソリも見えます。
サソリも邪悪の象徴です。
サソリは、生命を生み出す種、つまり、牡牛の睾丸を刺そうとしているのです。

ここでの写真は、サイズが小さいですし、画素数も収縮ファイルに変換しているので、よく見えないと思いますが、ミトラ神が身に着けているマント(内側には星が輝いています)のそばに、牡牛の長い尻尾が直立しているのですが、これは小麦を意味して豊穣を表わしています。

中央の絵の上部には星座が描かれており、宇宙た占星術とも関係した宗教です。
7という数字がキーワードで、イニシエーション(宗教入門)にも7段階がありました。

さて、両サイドの絵ですが、ここでの写真が小さいため、はっきりしないでしょうが、左上から
①ゼウスが巨人たちを退治する(世界の始まり)
②サトゥルヌス(農耕の神)
③ミトラが岩から生まれる
④ミトラが岩に矢を射るり水をわき出させる
⑤ミトラが雄牛を背負って運ぶ

右上から
⑥は聖餐
⑦はミトラが太陽神の戦車に乗り込む
⑧ミトラ神と太陽神の同盟
⑨2つの木の間で膝まづくミトラ神
⑩イニシエーション

ああ・・
ここまで書いてとても疲れました。
すっごく時間がかかった~~~
明日からは手抜きブログにしますね(笑)。

ともかく、念願だったバルベリーニのミトレイを見ることができて良かったです。
フレスコ画は貴重ですし。
私としては、これまでで一番印象に残ったのは、カラカラ浴場跡の地下にあるミトラ神殿かな・・
彫刻もレリーフもフレスコ画もないけど、あれはすごかった!

ミトラ教に関する過去記事は、以下の通りです。
説明文は似たようなことが書いてありますが、写真にご興味があれば、どうぞ~

特別公開、ミトラ神殿@カラカラ浴場跡
チルコ・マッシモのミトラ神殿
ミトラ教の寺院@オスティア・アンティーカ
ミトラ教のご本尊
ローマで必見の教会(サンクレメンテ)

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

# by mayumi-roma | 2017-06-11 06:18 | ローマの美術散歩
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。