サン・ジュゼッペのシュークリーム@パネッラ♪
c0206352_07232570.jpg
「PANELLA」(パネッラ)♪

あまり、この地区に来ることはないのですが、サンタ・マリア・マッジョーレ教会やサンタ・プラッセデ教会の近くにあって、道を挟んで国立東洋博物館やブランカッチョ劇場もあるので、いずれかを見学したあとに、ホッと一息お茶を飲んだり、お食事をする時にはとても便利です。
このあたりでは、一番お薦めのお店なのです♪
パン屋さん兼ケーキ屋さん兼カフェ・レストラン♪






c0206352_07301099.jpg
お店の真ん前には、古代ローマ時代のメチェナーテの音楽堂が見えます(丸い建物)。
紀元前30年頃のものです。
このあたりは、帝政期の古代ローマの政治家、ガイウス・マエケナス(イタリア語ではガイオ・メチェナーテ)の広大な邸宅があった場所だったのです。
遺跡が表に出てきたのは、20世紀初頭です。
ご多分に漏れず、ローマではよくありがちな、工事をしている際に、何かの遺跡が・・・というパターンです(笑)。






c0206352_07352560.jpg
というわけで、イタリア式にカフェで休憩♪
もうすぐサン・ジュゼッペ(日本語では聖ヨゼフ)の日(3月19日)なので、サン・ジュゼッペのシュークリームを食べました♪
イタリアでは、この時期に食べる習慣のある「サン・ジュゼッペのシュークリーム」です。
通常のシュークリームと違うところは、シューが揚げてあるのです。
普通のお店で食べると、たとえ美味しくても、かなり重いです。
私は避けるかな~
でも、ここパネッラのものは、ふんわり軽くて、さすがの美味しさでした♪

「PANELLA」
Via Merulana54,
月~木:8:00~23:00
金・土:8:00~24:00
日曜日:8:30~16:00

2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪


# by mayumi-roma | 2017-03-15 07:53 | ローマのカフェ&ティールーム
お気に入りの通り道@石の広場♪
c0206352_03152571.jpg
Piazza della Pietra(石の広場)♪

私がトレヴィの泉からパンテオンへ向かう時のお気に入りの通り道です。
ローマの街を歩いていると、時々ハッとさせられることがあります。
ここもそんな場所の一つでした。
今では、ハッとはしません。
「好きだな~、この雰囲気!」と思うだけです。

これらの円柱は、古代ローマの神殿の一部だったのです。
古代ローマ帝国のハドリアヌス帝は死後、神格化されました。
そして、後継者だったアントニウス・ピウスによって、ハドリアヌス帝の神殿が紀元145年に建立されたのでした。

この神殿の遺跡を上手に取り入れて、17世紀、バロック時代の建築家カルロ・フォンターナが新たな建物を建設します。
当時のローマは教皇庁がおさめる国でしたから、ヴァティカンの税関事務所として使われていたそうです。
そして、1831年以降、現在に至るまで、この建物はローマの証券取引所となっています。
でも、ローマの金融街の中心?
って、感じはしないなぁ・・(笑)
経済の中心はミラノですからね~

今では、高さ15メートルのコリント式の円柱が11本残っているだけですが、ここを通るのが大好きなわたくしです。
あ、でも、ここの広場のカフェ(写真奥)ではお茶したくありません。
一度、お友だちとここのカフェの屋外でお茶をした時、ハトのフンが空から直撃!
ほとんど飲んでいなかったカップの中に入りました。

ローマにはハトやカモメの数が異常に多くて、たいていは建物の屋上や窓枠にとまっています。
そして、そこから飛び立つ時に必ず余計なものを落とすのです。
本当に要注意です。
皆さまも気をつけて下さいね♪

2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪



# by mayumi-roma | 2017-03-14 07:49 | ローマの美術散歩
東日本大震災復興支援イベント♪
c0206352_07173847.jpg
日曜日の本日3月12日は、東日本大震災復興支援イベントに行ってきました。
日本人よりイタリア人のほうが多い感じです。
私はまず、ロッテリア(宝くじというかくじ引きというか・・)のチケットを買いました。
何よりもバザーの収益に協力するためです。






c0206352_07240433.jpg
たくさんのお店が出ていました。
お寿司やおにぎり、牛丼、カレー、カップヌードル使用によるラーメン、からあげ、手作りの日本のお菓子もたくさんありました。
もちろん、日本の小物や雑貨などもたくさん!





c0206352_07302266.jpg
このお寿司が5ユーロなんて安いと思う・・・
某レストランのものだし。
もちろん、私は食べました。
夫は、日本人学校補習校のお母さんが出していたお店で、焼き鳥丼を食べていましたが、焼き鳥丼は8ユーロ!






c0206352_07315821.jpg
大谷豆腐店(大昔、ローマでお豆腐を始めた大谷さんという方がいたのですが、15年くらい前に高齢のため日本へ帰国されて、その後はお弟子さんだったイタリア人がやっています)のお豆腐やがんもや厚揚げ、お豆腐パテのブルスケッタの盛り合わせ♪
これ、5ユーロでしたが、とっても美味しかったです♪





c0206352_07375834.jpg
日本食も売っていました。
日本人学校の補習校のお母さんのお店なのですが、本当にたくさんバラエティあふれるものがたくさん、良心的なお値段で出ていました。
この写真を撮った時には、もうかなり商品が売れたあとです。
私も日本に一時帰国したばかりなので、日本食には困っていないのですが、ついつい白玉粉とラーメンを買ってしまいました(笑)。
協力、協力~(笑)
このお店を出していた方は去年も出店されていたのですが、実は、私はこの方のお店を探していました。
とっても楽しみにしていたのでした。
なぜなら・・





c0206352_07365326.jpg
こちら~
写真は今回買ったものです。
去年食べて、あまりの美味しさに感動した手作りのパンとどら焼きです。
どら焼きはあんことクリームがありましたが、どちらも美味しい!
しかも、パンが~~~、美味しすぎます♪
1個1ユーロなんて信じられないお値段だわ。





c0206352_07481313.jpg
剣道のデモンストレーションも大人気でした。





c0206352_07491254.jpg
私が友人知人に挨拶したり、話し込んでいるうちに夫がいなくなり、どこにいるか分からない状態になってしまったのですが、椅子に座ってデモンストレーションを見ていたそうです。

それにしても、このような規模の大きいバザーを少ない人数でオーガナイズした関係者の皆様には、本当に頭が下がります。
ロッテリア、何か当たったかな~

2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

# by mayumi-roma | 2017-03-13 08:04 | ローマの日常
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会♪

c0206352_06015654.jpg
ローマ、共和国広場にあるサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会♪
昨日のブログにアップしたミトライの彫刻がある教会です。
過去にも2度ほど紹介したことがありますが、たぶんブログを始めて間もない7,8年前だったので、もう1度、簡単にご紹介します。

正式名称は、サンタ・マリア・デリ・アンジェリ・エ・デイ・マルティリ教会で、サンタ・マリアは聖母マリア、アンジェリは天使、マルティリは殉教者という意味です。

古代ローマ時代のディオクレティアヌス帝の浴場跡(3,4世紀)の大浴場部分に、1562年、ミケランジェロの設計で建てられた教会です。
外観は、古代遺跡をそのまま活かした作りとなっています。
また、この教会は、イタリア政府の教会ですので、国葬を行なう場合は必ず、この教会で行なわれます。





c0206352_06105345.jpg
教会の扉が、またしびれるほどに素晴らしいのです♪
ポーランドの彫刻家、イゴール・ミトライ(昨日の大理石の彫刻の作者!)の2006年の作品で、ブロンズ製です。
扉の重さは、2つあわせて3トンもあります。



c0206352_06132329.jpg
右側の扉は、受胎告知を表わしたものです。
大天使ミカエルが聖母マリアに神の子を宿したことを伝える場面♪
扉から浮き上がって来たような感覚・・
現代風のテイストでありながら荘厳な雰囲気と言葉にならない言葉が伝わってきます。
素晴らしいと思います♪






c0206352_06155117.jpg
入り口になっている方の扉には、人間の罪のあがないに十字架で苦しみを受けたキリストの姿が♪
しかし、このキリストは美しく、力強くて、十字架上の死を超えたことを示しています。
そうです。
主題はキリストの復活なのです。






c0206352_06165385.jpg
キリストの下には、ミトライお得意の包帯にまかれた頭部と手のひらの彫刻が・・・
これは他の殉教者を表わしています。

ミトライの彫刻にはしびれてしまうわたくしなのです。






c0206352_06205995.jpg
教会の中に入ってすぐ左にある聖ペテロ礼拝堂♪
ここに、洗礼者聖ヨハネの頭部の彫刻があります。
格子越しにしか見ることはできません。
祭壇画は、ジローラモ・ムツィアーノの「鍵の受託」♪






c0206352_06262312.jpg
こちらが、昨日の記事にも登場した「洗礼者聖ヨハネの頭部」の彫刻 By イゴール・ミトライ(2006年)♪
カッラーラの大理石を使っています。






c0206352_06290393.jpg
「LA MERIDIANA」(日時計、子午線)

この教会で最も重要なものです。
1702年に当時のローマ教皇クレメンス1世によって作られ、1846年まで使用されていました。
天文学上の1年が365日と4分の1日なので、暦とのずれをこの日時計によって修正していたそうです。





c0206352_06360848.jpg
日時計の続き♪
教会に入って右端から中央の主祭壇まで続いています。

ミケランジェロは、この教会の設計をギリシャ正十字形にしました。
そのため、教会の全体像を写真に撮るのは、パノラマ機能を使わない限り無理です。




c0206352_06415537.jpg
「ガリレオの振り子」(Giuseppe Gallo 2008年作)

地動説を唱えたガリレオ・ガリレイの生誕445周年を記念して、2009年に飾られた作品です。
その際、前ローマ教皇のベネディクト16世がガリレオの地動説を正式に認め、この教会で、ガリレオを讃えるミサを行ったのです。

ガリレオは、天動説の時代の異端審問を巧みに逃れることができましたが、そのいっぽうで、ジョルダーノ・ブルーノは、1600年にカンポ・デ・フィオリで火あぶりの刑になっています。

そうそう、おそらく、カラヴァッジョとガリレオは、以前、私が訪問したルドヴィシ・ボンコンパーニ邸で会ったことがあるようです。
ちなみに、翻訳しているカラヴァッジョの本の内容とは無関係ですので、あしからず(笑)。

この教会は、ミケランジェロが設計したというくらいで、それほど見るべきものは多くない教会ですが、共和国広場の近くにいらしたら、是非寄って下さいね♪

2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

# by mayumi-roma | 2017-03-12 06:54 | ローマの美術散歩
3月11日、ミトライの彫刻とともに祈る・・・

c0206352_06262312.jpg
ローマ、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会にある「洗礼者聖ヨハネ」By イゴール・ミトライ。

3月11日、今日は東日本大震災の追悼記念日です。
あれから6年・・・
東日本は、まだまだ完全に復興したとは言えない現状です。
ましてや、最近では話題にも出ませんが、福島原発の廃炉への道も困難を極めていますし。
言いたいことはたくさんありますが、我慢します。

ふと、この日には、ミトライの彫刻がピッタリだということに気が付きました。
イゴール・ミトライはポーランドの現代彫刻家で、私の大好きな芸術家です。
彼の彫刻の特徴は、いつも包帯が巻かれていることです。
彼にとって、包帯は生き延びることのシンボルであるそうです。
苦しみ、傷つき、閉じ込められた良心を表わしているのだそうです。

あの震災(津波)で生き延びることができなかった人々を追悼すると同時に、生き延びることのできた方々を応援する気持ちを、ミトライの彫刻とともに祈る私です。

追記です。
3月11日に、Yahoo! JAPANで「3.11」というキーワードで検索すると、検索された方一人につき10円が、東北復興にたずさわる団体に寄付されます。
皆さまも是非♪

2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

# by mayumi-roma | 2017-03-11 06:53 | ひとりごと、考えること
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。