心の友とランチ♪

ただ今、日本に帰国中~
ローマの情報は、過去記事からどうぞ♪
c0206352_16531266.jpg
毎日寒い日が続いていますね~
日本の冬は本当に寒いと思います。
特に一軒家の寒さ!
イタリアのようにセントラルヒーティングではありませんから。

さて、なんだかんだと忙しかったので、なかなか書けずにいましたが、1週間ほど前に高校時代のお友だちと会いました♪
高校卒業後も、ずっとずっと絶えることなく、帰省の度に会っている心の友です。

どこでご飯食べようか~と、いつものお気に入り、創作フレンチ「タタミゼ」に向かっていたのですが、お友だちが「そむりに行く!?」と言い出したので、わたくしも大賛成♪
別府に美味しいお店はたくさんあるのですが、それらは市中心部でなく、車でしか行けないような住宅街やちょっと離れた場所に散らばっているのです。
それゆえ、市中心部で会うことの多い彼女とは、大抵の場合は、決まった場所に出かけるのです。
まんねりを打ち破る提案♪

そむりは、大分の高級ブランド牛、豊後牛のステーキのお店です。
豊後牛は高いので、もちろん普通の国産黒毛和牛も置いていますが、ランチのハンバーグに豊後牛のステーキ肉の切れ端を使っているため、とても美味しいと評判なので、一度食べてみたかったのです~
ハンバーグなら、ステーキと違って安上がりですしね。
それに、ハンバーグの美味しいお店って、意外と少ないと思うのです。





c0206352_17041613.jpg
お店の前に置いてある「そむり」のトレードマーク♪
昔懐かしい洋食屋さんの雰囲気~





c0206352_17050870.jpg
12時半、すでに満席だったので、カウンター席に座りました。
カウンター席に座るのは、けっこう好きです。
お店の真髄がよく分かりますからね~
わたくしたちは、もちろん、ハンバーグとエビフライのそむりランチにしました~♪





c0206352_17065346.jpg
最初に出て来るポタージュスープも美味しい~





c0206352_17080029.jpg
驚くほど柔らかいハンバーグでした♪
ジューシーでお肉の旨みが違います~
盛り付けとライスの感じが、なんだか昔懐かしい雰囲気を漂わせています~
王道ハンバーグという感じかな。





c0206352_17150825.jpg
食後のコーヒーもついて、1200円♪
良心的なお値段ですね~
周りを見ると、ステーキランチを食べている方も多かったです。





c0206352_17172030.jpg
ランチのあとは、海の見えるお気に入りのカフェへ。
地元の百貨店トキハの3階にあるカフェです~
海を眺めるのが好きなので、ここに来る時、わたくしたちはいつもカウンター席に座ります。

お友だちはとても残念なことに、11月にお母様を亡くしました。
そこに至るまでも大変な日々を送っていたため、精神的肉体的にかなりダメージを受けてしまいました。
思ったより元気そうだったので、少し安心しましたが、諸手続きや四十九日の準備でまだまだ忙しい日々が続きそうです。

世の男性方には申し訳ないのですが、やはり、子にとって母親という存在は偉大なようです。
父親を失う時より、より大きなダメージを受けるようです。

50代は、親の問題が出て来るお年頃。
自分が親になってから、あらためて親の苦労を知りました。
実家で親の相手をするのは時々鬱陶しくもありますが、我慢我慢・・
せめてもの恩返しです。
わたくしも大人になったものだな~と思います。

ステーキハウス「そむり」
別府市北浜1-4-28 笠岡商店ビル2F
Tel: 0977-24-6830
ランチタイム 11:30~14:00
ディナータイム 17:30~22:00(日曜日は21時まで)
定休日:月曜日
ただし、2018年1月1日~2月末まで店内リニューアルのためお休みになります。
グランドオープンは2018年3月1日の予定。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。








# by mayumi-roma | 2017-12-18 22:11 | 別府、湯布院2017年秋冬

シャネルのコットン♪

c0206352_16054398.jpg
シャネルのコットン~♪

たかがコットン、されどコットン。
お顔のお手入れの際の必需品、コットンには、こだわるわたくしです~
肌触りの良さを重視します。

シャネルのコットンは、ふんわり柔らかくていいですよ~
といっても、日本滞在中に使っているだけです。
イタリアでは見たことがないので、イタリアに売っているかどうかは疑問です。
なんとなく、日本のシャネル限定のような気がしないでもありません。
日本市場って独特ですから、ホワイトニング化粧品のように、日本向けの商品も多いのではないかと思います。

シャネルって、マジカル・ワードですね。
なんとなく気分が上がってしまいます~
シャネルのコットンは、1000円♪(プラス消費税)
100枚入りだからけっこう持ちます。
可愛いお値段でプチプチ贅沢できるのが嬉しいですね♪




c0206352_16165263.jpg
大分の百貨店、トキハ別府店のシャネルの化粧品コーナー♪
週末だというのにガラーン。
東京の百貨店の化粧品売り場(特に伊勢丹)に比べると・・・(大汗)
これだけ人が少ないと、コットンだけでも堂々と買えちゃうんです~
私、化粧品はディオール派ですから(笑)。
でも、綺麗なシャネルの紙袋が嬉しい♪
ちょっとしたプレゼントにしてもいいですよね♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-12-17 22:02 | 美容&コスメ

嬉しい再会♪

c0206352_21321714.jpg
行動パターンが決まっているわたくしが、別府に帰省すると必ず行くお店の一つ「タタミゼ」です♪
タタミゼ(tatamiser)とはフランス語で"日本風に暮らす人々"を意味します。
「和」のテイストを入れた創作フレンチのお店です。
お気に入りなんです~

今日は、ここで嬉しい再会をしました♪




c0206352_21361016.jpg
予約をしていたのに、カウンター席でした~
土曜日なので仕方ないですね・・
テーブル席はわたくしより早く予約した方たちで満席になっていたのでした。




c0206352_21382903.jpg
前菜の盛り合わせ~
可愛い♪

今日の約束は、中学&高校の同級生♪
久しぶりの再会でした~
彼女は専業主婦だったのに、15 年前に起業して旅行代理店を経営しています。
さらに、添乗員として世界中を飛び回っています。
起業するに至った経緯を詳しく伺いましたが、ひとえに彼女の勉強熱心さと偶然が重なったようです。




c0206352_21414056.jpg
二人ともお肉が食べたい気分だったので、サーロインステーキランチにしました♪
柔らかくて美味しい♪

彼女は、とっても素敵な女性になっていました。
外見的にも内面的にも♪
知的でエレガントで、優しく賢い♪
視野が広くて、時代を見極める感性を持っています。

彼女が素敵なのは、たぶん、自分の人生に満足しているからでしょう。
決して人と比べることなく、等身大の人生を送り、幸せを感じている・・
そこから香る雰囲気が温かくて優しいのです、

ご主人は彼女の会社にはノータッチで、子どもたちはそれぞれ好きな道を歩んでいます。
それゆえ、会社は彼女の代で終わらせるそうです。
でも、九州の女性経営者には素敵な大先輩が多いそうで、大きな刺激になっているそうなので、80歳になっても続けているかもしれませんね。
欲はないけど、攻めはするという感じです。





c0206352_22045455.jpg
デザート♪
ガト―ショコラとキャラメルのジェラート♪

彼女からは、大いに刺激を受けました♪
元気をいっぱいもらった感じです。
年齢を重ねるのも悪くないよね〜と思わせてくれました。

とっても素敵な時間でした~♪

「タタミゼ」
大分県別府市元町5-26 エクシーズマンション1F
tel.0977-21-2882
lunch 11:30-14:30 / dinner 18:00-22:30
不定休

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
先日の読売新聞の書評のおかげで、売り切れのお店も出ていますが、蔦屋と一部の紀伊国屋書店、三省堂書店、またアマゾンにはまだ在庫があるようです。
いずれにしても、そのうち補充されると思います。
アマゾンはこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく~♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

# by mayumi-roma | 2017-12-16 22:16 | 別府、湯布院2017年秋冬
c0206352_16201317.jpg
50年前のわたくしのバービーちゃん♪

別府では、温泉に行ったり、医者通いをしたり、雑用を片付けたり、また、お友だちとのランチを楽しんだりしていて、とてもブログに書ききれないくらいです。
さらに実家でも、1週間かけて少しずつ裏庭に置いてある物置の整理をしていました。
ほとんどのものを処分して物置の中はほぼすっからかん。
今日、ようやく完了しました!

実家はちょうど20年前に建てなおしているので、その際、引っ越しをしています。
もちろん、その頃、わたくしはローマに暮らしていましたので、わたくしのものはすべて処分されたはずで、何も残っていないと思っていました。
わたくしが母に言ったのは、「レコードだけは捨てないで!」ということだけ。
そして、それは、家の中に今もあるのですのけど・・

今回、物置の整理をしていたら、わたくしの子ども時代と高校から大学にかけての品々がダンボール箱から出てきました。
いやぁ、本当に驚きました!
まだ福岡市内に暮らしていた小学1年生の頃にデパートで買ったバービーちゃんが出てきたのです。

日本ではバービー人形よりリカちゃん人形だと思います。
ただ、リカちゃんが発売開始されたのが1967年なので、わたくしが幼稚園の頃はまだリカちゃんが登場する前で、スカーレットちゃんやタミーちゃんが流行っていて、わたくしはタミーちゃんを持っていました。
バービー人形はそれほど人気がなかったように思いますが、わたくしはバービー人形に強い憧れがあってどうしても欲しくて、お小遣いをためて買ったのでした。

このバービーちゃんを見ると、あまりにも大人っぽくて、とても7歳の女の子が選ぶような人形には見えませんね~(苦笑)
このバービーちゃんを見ながら、「大人になったら、こんな風に綺麗になりたいな~、でも絶対無理だな~」なんて思っていました。

あまりの懐かしさに、着替えをさせてみました。




c0206352_16411540.jpg
c0206352_16423874.jpg
う~ん、やっぱり、はじめからバービーちゃんが来ていたお洋服が一番似合うかも・・






c0206352_16595806.jpg
やっぱり、惚れ惚れするほど美しい♪

写真に撮ってから捨てようと思っていましたが、こんなに綺麗に残っていることですし、50年以上もこの家に残っていたわけですから、何も今捨てなくていいと思い直しました。
というわけで、バービーちゃんだけは、断捨離ならず~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
先日の読売新聞の書評のおかげで、売り切れのお店も出ていますが、蔦屋と一部の紀伊国屋書店、三省堂書店、またアマゾンにはまだ在庫があるようです。
いずれにしても、そのうち補充されると思います。
アマゾンはこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく~♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られてい

# by mayumi-roma | 2017-12-15 22:04 | 別府、湯布院2017年秋冬
c0206352_17363885.jpg
真木大堂♪

国東(くにさき)史跡めぐりの続きがまだ残っていました。
いつもならウヤムヤになって結局書かないことが多いのですが、これだけは全てご紹介したいと思っていたので、一気に書いてしまいます。

国東半島は、宇佐の八幡信仰と古代仏教とが融合した「神仏習合」が今も残る地です。
平安時代から中世にかけて、来縄(くなわ)、田染(たしぶ)、安岐(あき)、武蔵(むさし)、国東(くにさき)、伊美(いみ)の6つの郷が開け、山あいには天台宗と結び付いた65ヶ寺もの寺院が作られ、これらを総称して六郷満山と呼ばれています。

真木大堂は、六郷満山の本山本寺として36に及ぶ霊場を有した幻の大寺、馬城山伝承寺のことです。




c0206352_18442052.jpg
もちろん、山の上に登ることができ、権現様の社などを訪れることができます。
さらに上には金毘羅宮もあります。
神仏習合ですからね。






c0206352_17571654.jpg
旧本堂♪
ここには素晴らしい9体の仏像が安置されていましたが、現在は昭和の時代に建てられた収蔵庫の中に収められています。
それはそれが素晴らしい仏像たちで、本尊阿弥陀如来坐像、不動明王立像、大威徳明王立像、二童子立像、四天王立像の平安仏です。
重要文化財になっていますが、私的には国宝級だと思います。
写真撮影が禁止だったので、ご紹介できないのがとても残念です。
実家にいるので絵はがきをスキャンすることもできず・・・

でも、木造の仁王さまなら旧本堂に残っています。





c0206352_18231603.jpg
あ~、正面から写真を撮ればよかった~
仁王さま、1体だけです~
石彫りが圧倒的に多い国東半島では実に珍しい木造の仁王さまです。

仁王像の肩越しに皇室の菊の御紋章があるのがお分かりになりますか?
これは、今から約700年前、蒙古襲来の際に、鎌倉幕府から六郷満山寺院に異国降伏の祈祷を行うよう指示があり、国難を救うため馬城山伝乗寺では長期にわたり異国降伏の大祈祷が行われたのでした。
そのおかげで元を退けたとして、弘安8年10月16日に将軍家を経て朝廷より菊花の紋章が恩寵として下賜されたと伝えられます

写真では見えませんが、右側に仁王像「阿形」(あぎょう)があります。
そして、写真で見えるのが、左側の仁王像「吽形」(うんぎょう)です。


阿(あ)は、口を開けて最初に発する音で宇宙の始まりを表し、口を閉じて出す最後の音、吽(うん)と合わせて万物の根源を象徴するものです。

また、阿(あ)は息を吐くこと、吽(うん)は息を吸うこととの考え方もあり、二人が行動や気持ちを合わせる「あうんの呼吸」の語源になったとも言われています





c0206352_17581195.jpg
千年もの時を越えて今も優しく見守り続ける仏像を守る真木大堂です。





c0206352_18075773.jpg
両子(ふらご)寺♪
富貴寺でも住職さんのお話を聞きましたが、こちらでも聞きました。
そして、ここを訪れるといつも買ってしまうお札を、また買ってしまいました。




c0206352_18503854.jpg
わたくしの守護仏は阿弥陀如来さまですので、お財布に入れておくのにちょうど良い大きさのお札~♪
わたくしの行動パターンはいつも決まっているのです。




c0206352_18472636.jpg
c0206352_18473667.jpg
両子(ふたご)寺も六郷満山の他の寺院同様に山があり広大な敷地を有しています。
この寺院には、わたくしの一番好きなものがあります。





c0206352_18572377.jpg
仁王さまです~
わたくし、仁王さまが大好きなんです~
特に、両子(ふたご)寺の仁王さまが一番かっこいい~♪




c0206352_18582405.jpg
両子(ふたご)寺の仁王さまとは、どうしてもツーショットの写真が欲しかったわたくしです~
スマホで写してもらいました♪
あうんの呼吸の仁王さま、大好きです~

仏の里という名称がふさわしい国東半島です。

国東史跡巡りの他の記事はこちらです。
興味のある方は、下記のリンクをクリックしてくださいね。
国東(くにさき)史跡めぐりの一日
パワースポット、宇佐神宮
比類なき美、国宝・富貴寺
熊野磨崖仏への難儀な道のり

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
先日の読売新聞の書評のおかげで、売り切れのお店も出ていますが、蔦屋と一部の紀伊国屋書店、三省堂書店、またアマゾンにはまだ在庫があるようです。
いずれにしても、そのうち補充されると思います。
アマゾンはこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく~♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。







# by mayumi-roma | 2017-12-14 21:36 | 別府、湯布院2017年秋冬

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma