<   2017年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

c0206352_15574460.jpg
渋谷のセルリアンタワー♪
在東京組の高校の同級生たちとランチの約束です~





c0206352_15592524.jpg
ロビーで待ち合わせたあと、お友だちが予約していた2階の「金田中 草」に行きました♪
ここは初めてのお店ですが、シンプル・モダンの内装、かなり好きかも~
お料理、期待できそう~




c0206352_16054973.jpg
どのコースにするか、かなり迷いましたが、「霜月膳 盆盛」にしました♪
和牛膳も魅力的だったけど、ミニ会席料理が楽しめるので。




c0206352_16085933.jpg
赤く染まった柿の葉を添えるのが晩秋らしくていいですね♪
季節感を大切にする日本の心♪




c0206352_16134128.jpg
湯葉汁~♪
蓋をとったところです~




c0206352_16151526.jpg
盆盛が運ばれてきました~
器もお料理も、かなり好みです~





c0206352_16171943.jpg
こちらのお店では、ご飯を一人一つずつ小さなお釜で炊き上げてくれます~
ご飯が炊きあがるまで、注文から30分かかります。




c0206352_16194986.jpg
ご飯をよそってもらって、お味噌汁と香の物も運ばれてきました~




c0206352_16271215.jpg
盆盛、ミニ会席を味わえて、良いな~♪

手前左から時計回りに、シマアジのお造り、海老真丈双身揚げと青唐、さわらの柚庵焼きと酢取り生姜、いくら。





c0206352_16253999.jpg
海老真丈の下の箱には、白菜煮浸しと豚薄切り、薄揚げ、柚子。
さわらのお皿の下には、出し巻き卵~♪

どれも繊細で上品、けれどもしっかりしたお味で、美味しい♪





c0206352_16382137.jpg
デザートは、白玉 栗餡添え♪
素晴らしく美味しい~

シンプルな器に季節感あふれるお料理のオンパレード♪
洗練されてます~
お店の雰囲気も、お料理も器も、実に私好みでした♪

美味しいお料理を頂きながら、旧友たちとお喋り♪
最近は、誰と会っても、皆同じことを言います。
「あっという間だったね~」
人生は夢の如し。




c0206352_16413747.jpg
かなりゆっくりとお食事をしましたが、まだまだ話し足りない~
というわけで、ロビー階のティールームへ♪




c0206352_16492545.jpg
モンブランが美味し過ぎる~~♪





c0206352_16500477.jpeg
集合写真。
在別府の高校の同級生で、私のブログを読んで下さっている方はほとんどいないと思います。
たぶん2,3人くらい!?
その方たちのために懐かしい顔を公開します。
みんな、変わってないでしょう!?
左から、ユキちゃん、私、うきちゃん、佳代ちゃん♪
それにしても、み~んな、黒い装いなのが笑えます~~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-11-24 23:00 | 日本2017年秋・冬
c0206352_22222692.jpg
夜の自由が丘~♪

体調も回復したので、今週後半に入れていたお友だちとの予定を楽しんでいます。
幸いにも東横線沿線での約束♪
自由が丘は、滞在中の武蔵小杉から電車で5分の距離。
まだ遠出は避けたかったので、ちょうどよかったです~





c0206352_22283946.jpg
自由が丘に暮らす友人が、こ~んな小洒落たイタリアン・バーを予約しておいてくれました。
さすが~!!

この日の約束は・・・
実は、若かりし日のボーイフレンドたちとの30数年ぶりの再会でした。
ボーイフレンドって、もちろん純粋な意味でのお友だちのことです。
ともかく気が合う男子たちで、いつもグループでご飯を食べたり、飲みに行ったりしていて、しかも、彼らのセレクトしてくれるお店が、いつもお洒落でトレンディな場所ばかりだったのです。
私たちはクリスタル世代~
私の、東京でのキラキラの青春の思い出の最後の1ページなのでした。





c0206352_22370453.jpg
このイルミネーションのように、キラキラのクリスタルな青春を送った私たち~





c0206352_22281327.jpg
お店はとっても素敵~♪




c0206352_22375804.jpg
再会を祝して、まずは乾杯♪
4人での再会でしたが、約1名遅れて来るということだったので、先に3人で始めてしまいました(笑)♪
最初はビールがお約束~の日本ですが、私はビールが苦手なので、白ワインで♪





c0206352_22394047.jpg
最初のお料理だけ写真に撮りましたが(お料理、めっちゃ美味しいです!)、昔話に花が咲き過ぎて、その後は写真を撮ることなんてすっかり忘れてしまいました~

感無量♪
ずっと夢見ていた再会を果たせて、幸せでした~

2011年の震災以来、いつ何が起こるか分からないのが人生だと思っています。
そして、今、私は50代後半です。
会いたい人に会える時に会っておきたいと思っています。

彼らに会って、これからの人生も頑張るぞ!という気持ちを新たにしました♪
ふふふ、私には野望がありますから。
まだまだ何だってできますからね~
夢を忘れることなく、世の中の風に耳を傾けて、時代を感度高く読みながら、きちんと戦略を立てますよ~

GONZO 自由が丘
世田谷区奥沢5丁目42
東横線自由が丘駅徒歩1分

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。





by mayumi-roma | 2017-11-23 23:07 | 日本2017年秋・冬
c0206352_19105446.jpg
「光の教会」 By 安藤忠雄氏♪

六本木の国立新美術館開館10周年で開催されている「安藤忠雄展―挑戦ー」、行きたかったのです~
もちろん、すき間時間を見つけて絶対に行くつもりでした。

でも、先週末に体調を崩したため、お友だちとの約束をキャンセルするだけでなく、休養をとる必要にも迫られてしまいました。
のんびりゆっくり新聞を読みながらグタグタ過ごして体調は回復しましたが、今週後半に入っている予定を考えると、展覧会に出かける余裕はないし、いえ、たとえあったとしても、もう無理はしたくないというのが正直なところです。

でも、この展覧会は本当に素晴らしいので(行ってないけど分かります!)、東京にお住まいの方たちには是非とも行って頂きたくて、既に行ってきたお友だちから写真を頂き、ブログでご紹介することにしました。

いつだったかの新聞の記事に、安藤忠雄さんへのインタビュー記事があって、高校しか出ていない安藤さんに東大から建築学科の教授にというオファーが来た時のお話をされていました。
その時、回りの方は、安藤さんとは対極の世界に見えるアカデミックな世界に行くことを反対したのだそうですが、彼は面白がって引き受けたのです。
日本の最高学府の学生はとても優秀で、何でも即座に理解して吸収することに感心したことを述べられていました。
何事も、ありのままに素直にとられる方ですね。

安藤忠雄さんは、工業高校を出ていますが、建築の専門教育は受けておらず、独学で建築を学びました。
異色の経歴の持ち主ですが、1969年から「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタートして以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出しています。

この展覧会では、彼が、いかに生きて、いかに創り、どこに向かおうとしているのかを、これまでとこれからの挑戦という形で紹介するものです。
「原点/住まい」「光」「余白の空間」「場所を読む」「あるものを生かしてないものをつくる」「育てる」という6つのセクションに分けて紹介しています。




c0206352_20015120.jpg
「光の教会」の内部♪
大阪府茨木市にある1989年の作品です。

展覧会では、この教会を野外展示場に原寸大で再現しているのです!
新聞のインタビュー記事にも、実物を作るよりも多くの費用がかかったと書いてありました。

本質だけを表現したシンプルの極限にある建築ですが、なんと美しいのでしょう!
惚れ惚れとしてしまいます。
見たかったな~
なぁんて、もしかしたら、週末20時までオープンなら、やっぱり行っちゃうかもしれません。

最後に、安藤忠雄氏の言葉を皆さまに送ります♪
「目標があるうちは青春だ」
素敵な言葉でしょう!?

国立新美術館 企画展示室1E+野外展示場
メトロ千代田線、乃木坂駅直結
2017年9月27日(水)~12月18日(月)
毎週火曜日休館
開館時間:10時~18時 金曜日と土曜日は20時まで

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪

c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。










by mayumi-roma | 2017-11-22 20:18 | 日本2017年秋・冬
c0206352_18535058.png
後藤寿庵顕彰会提供の岩手県カトリック水沢教会にある後藤寿案の彫像♪

今日は、私がほんの少しだけお手伝いさせて頂いたテレビ番組のお知らせをしたいと思います。
とても興味深い番組なので、皆さまに是非見て頂きたいのです。

日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル。
その後、キリスト教が禁止されてからも、日本には多くの隠れキリシタンが存在したことがよく知られています。

私の実家のある大分県も、そもそもザビエル到来の地でありましたし、キリシタン大名、大友宗麟の治めていた国でしたから、禁教となったあとも、隠れキリシタンは多く存在していました。
長崎だけではないのです。

そして、実は、東北地方にも多くの隠れキリシタンが存在していたのです。
後藤寿庵は、奥州(現在の岩手県)に、400年ほど前、戦国時代末期から江戸時代初期に実在したキリシタンの武士です。
伊達政宗の家臣として奥州胆沢見分村(現在の水沢区福原)の領主となり、胆沢平野(岩手県奥州市)に灌漑水路を築き、荒れ地を肥沃な土地に変え、現在の奥州市発展の礎(いしずえ)となる水田地帯の開拓の祖として語り継がれている、岩手県民にはある種の英雄です。
しかし、キリシタン弾圧後の寿庵の足取りはほとんど残っていません。
その多くは謎に包まれたままなのです。

最近になって、当時のイエズス会の宣教師の書簡が翻訳され、寿庵が、伊達政宗が欧州へ派遣した「慶長遣欧使節」の実質的な責任者であったことが分かってきました。
また、大坂冬の陣・夏の陣では、伊達政宗の配下で鉄砲隊長を務めており、その際には、豊臣側で闘っていた多くのキリシタン武将の子どもたちを仙台へ逃してもいます。
その時の一人、明石掃部の末裔は国連事務次長を務めた明石康さんだそうです。




c0206352_21414696.png
元和7年にパウルス5世に送った寿庵の「奉答文」(ヴァティカン図書館所蔵)

寿庵は熱心なキリシタン領主であったため、教会を建て、領民たちと信仰を深めていきました。
元和7年(1621年)、奥羽信徒17名の筆頭としてローマ教皇パウルス5世へ奉答書を送っています。
奉答書というのは、ヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂の完成を祝して教皇が全世界の信者へ発した贖罪の勅書に対する信者からの感謝の手紙のことです。
この奉答書は、今でもヴァチカン図書館に保存されています。

後藤寿庵顕彰会は、後藤寿庵の功績や偉業を讃え広く顕彰し、その精神の継承発展を図ることを目的として設立されたものです。
上記の写真も、2016年のヴァティカン訪問の際に撮ってきたものです。
そして、今回、多くの方に後藤寿庵を知って頂くために、テレビ番組を制作しました。

隠れていた歴史を公にすることは大変意義のあることだと思います。
また、実に興味深い内容でもあります。
全国放送もありますので、岩手県民さまだけでなく、日本全国の皆さまも、是非ご覧くださいね♪

「慈しみの大地ー生きている寿庵の魂ー」

11月22日(水) IBC岩手放送 21:00~21:54 
11月26日(日) BS-TBS   10:00~10:54 

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪



c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-11-21 19:19 | 日本2017年秋・冬
c0206352_18102073.jpg

おかゆは、まったく好きではないわたくしですが~
マンションのそばのコンビニで買った梅がゆをようやく食べれるようになりました~

実は、先週末から激しい嘔吐に襲われて寝込んでいます。
あまりにも忙し過ぎるスケジュールと暴飲暴食による疲れが出たのか、それともロタウィルスなのか分かりませんが、お茶を飲んでも吐くという日々で、ひたすら眠る、眠る・・
幸いにも熱はまったく出なかったので、やっぱりウィルスではなくて、疲れがたまっていただけなのかなぁ?
今日ようやくコンビニで買ったおかゆを半膳食べることができました。

というわけで、予定はすべてキャンセルすることになってしまいました。
残念だったのは今回の東京で一番楽しみにしていた大学の経済学部の男子たち(女子ももちろんいます)との同窓会!
私は経済学部ではないけど、とっても仲の良かった1年H組の男子たちと卒業以来の再会を果たすはずだったのです。
楽しみにしていたのは、あちらも同じで、それが分かっていただけに、最初は顔だけでも出そうとしたわたくしでしたが、立っていられる状態ではなく、断念しました~
お友だちが気を利かせて電話をかけてくれて、全員と電話では話せたけど、でも、やっぱり会いたかったな~
次回のお楽しみとはいえ、本当に残念で仕方がない・・・
他にもドタキャンして迷惑かけたお友だちがいるし、実に申し訳ない。
人生初のドタキャン!
こんなこと、私の信条ではあり得ない~~~!!

要するに、無理をしよう、無理ができると思っていたわたくしが間違いだったということでした。
だって、自分のことや息子のこともあるわけで・・



c0206352_18351425.jpg
11月16日の息子とのお夕飯♪
近所の飲み屋さんでしたが、ボジョレー・ヌーボー解禁日ですからね、飲まない訳にはいきません。
ちょっとお店とメニューがワインにミスマッチではありますが。
一日中出かけたあとで、息子とこんなお夕飯を食べたりするわけだから、お魚系とはいえ、胃は疲れてしまいますよね・・
胃だけではなくわたくしもね。

九州の実家に戻るまでは頑張ろうと思っていましたが、週半ばまでは養生します。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪



c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-11-20 18:52 | 日本2017年秋・冬
c0206352_07165174.jpg
先週の表参道♪
今回は、原宿から表参道界隈に出かけることが多いです。

時々、いったい自分は何をしているんだろう・・と思うことがあります。
人に会うことに追われて、ゆっくりと街を散策することを楽しんでいるとは言えませんから。




c0206352_07174429.jpg
この日もバタバタとここにやって来ただけ。




c0206352_07214553.jpg
表参道でお気に入りのアニヴェルセル・カフェ♪
久しぶり!




c0206352_07322881.jpg
まだ冬将軍が上陸する前だったので、屋外でも大丈夫。





c0206352_07334176.jpg
アニヴェルセル・カフェのフルーツロールケーキは一番美味しいと思います。
少なくとも私の好みでは!
ケーキの上に乗っているタグも砂糖菓子で出来ているので食べられます。
久しぶりにこれを味わっただけでも意味あるなぁ・・

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-11-20 07:40 | 日本2017年秋・冬
c0206352_23112413.jpg
金曜日は、お友だちとユーミンを聞きながら箱根にドライブ~♪
ユーミン世代の私たち。
過去に戻りたいとは思わないけど、あの頃を思い出しながらドライブしました。




c0206352_23123090.jpg
芦ノ湖~♪
久しぶりです~




c0206352_23135119.jpg
紅葉が美しい湖畔をのんびりお散歩です。



c0206352_23142589.jpg
もみじの赤~♪




c0206352_23145962.jpg
立ち寄り湯、一軒目♪
湯本地区の温泉です。



c0206352_23153487.jpg
すすきが秋らしい♪
この風景は日本の秋~
なんだか幸せ~



c0206352_23161771.jpg
気持ちいいお湯~♪
肌がすべすべになる美人湯です~
疲れをどっと開放してました。



c0206352_23171992.jpg
立ち寄り湯2軒目は、レトロムード満載の懐かしい雰囲気の温泉です♪
硫黄の成分が強い芦之湯地区です。
硫黄泉は一番好き~
湯本の温泉で疲れを開放して、ここで疲れを完全に取りました。
お風呂の文化は日本人にしか分からないですよね♪
古代ローマでもお風呂の文化が花開きましたが、似ているようで、ちょっと違う気がします。



c0206352_23214345.jpg
お食事は、芦ノ湖湖畔の「絹引の里」で♪
ここが大ヒットだったんです~



c0206352_23225999.jpg
手打ちのお蕎麦が食べたくて、せいろを1つ頼んでお友だちとシェアー。
コシがあってアルデンテで完璧でした。
美味しかった~

そして、絹引うどんと天重のセットをそれぞれ♪
絹引うどんは箱根名物♪
箱根山の名水と三島市でとれる黒ごぼうの汁を焼炭であくを抜いてゴマ風味に仕上げた細麺のおうどんです。
このおうどんの美味しかったこと!
天重も大好きなエビが2尾もついて美味しかった~

ちなみに、ビールはノンアルコールです。
車の運転がありますから、当然~




c0206352_23263440.jpg
金曜日だけあって、夕暮れの芦ノ湖畔のバス停は混んでいました。
中国からの観光客は団体バスで日帰り組が多かったのですが、日本人や白人の観光客は個人客が多く、どうやらお目当ての温泉地のホテルや旅館に泊まるようです。

癒しの一日をお友だちのおかげで過ごすことができました♪
ありがとう~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています

by mayumi-roma | 2017-11-19 08:52 | 日本2017年秋・冬
c0206352_16384056.jpg
水曜日は、イタリアがご縁のお友だちと久しぶりにおデート♪
京都発のおつゆで頂くしゃぶしゃぶです。

お友だちはパラリーガル♪
秋篠宮眞子さまのご婚約者が法律事務所勤務のパラリーガルということで一躍注目を集めたお仕事ですが、パラリーガルのレベルも人によります。
彼女の法律に関する知識は半端ないです。
もともと半端なく頭の良い方なのですが、あまりにも仕事ができるため、弁護士さんも他のパラリーガルの皆さんも彼女に頼り切っているような印象を受けます。

彼女は、美術は言うまでもなく、クラシック音楽(しかもロックにも詳しい)、オペラ、舞台演劇(特に宝塚劇場にはほぼ毎週足を運んでいます)、文学、とにかく芸術に関しての造詣が深く、私と興味の対象が多くの点で一致する数少ないお友だちです。
エジプト学についても、同じ興味を持っていたのには驚かされました!

そんな彼女なのに、もう5,6年くらい二人でゆっくり会ったことがなかったのです。
もちろん、「レオナルドの秘密」の出版記念パーティにもお招きしましたし、講演会にも毎年来て頂いているので、顔は合わせているのですが、なにぶん、私は交友範囲が広くお友だちが多いため、限られた期間の東京滞在中にすべての方に会うのは無理なのです!

というわけで、今回は無理をしてでも、ご無沙汰している大切な方々に会おうと決めていました。
それでも、一日に二件ダブルで予定を入れても、すべての方にお会いするのは無理なので、今回もお目にかかれない方がたくさんいます。





c0206352_16594228.jpg
c0206352_17030459.jpg
それにしても、虎ノ門という場所柄、ビジネス客の多いこと!
このお店は、ほとんどが個室で、個室でなくともほぼ個室と言える形態をとっているお店ですが、予約の時点で満室(満席)というのは凄いことですよね。
ビックリしました。




c0206352_17035324.jpg
久しぶりのしゃぶしゃぶ♪
美味しかった~~♪
つゆしゃぶというのが、また良いのです♪

美味しいしゃぶしゃぶを頂きながら、数年の空白を埋めるかのように、マシンガントークをしました。
限られた時間だったので、話し足りませんでしたけど~

久しぶりに語り合って思ったこと!
やっぱり頭の良い人だな~
上手く言えないのですが、物凄い読書家でもあることから、使う言葉が群を抜いて素晴らしく、あらゆる方面での知識が半端ないのです。
世の中には付け焼刃的に知ったかぶりをする人も多いと思いますが、彼女は本物だと思います。





c0206352_17045106.jpg
締めは、おそば♪
お店の方が、見事なほどにパ~っと入れてくれます。
思わず、「わ~っ」と歓声を上げてしまった私♪




c0206352_17121447.jpg
デザートのきなこプリンも美味しかったです~
きなこ、こういう使い方をするのも良いですね♪

素敵なお店で、美味しく楽しく実りある時間を持てたことに感謝です~♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-11-17 22:26 | 日本2017年秋・冬
c0206352_15221809.jpg
東京都美術館で開催されている「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」に行ってきました♪
実は、先日「運慶展」に行った時に頑張ってダブル鑑賞をしていたのです~
本当は、国立西洋美術館で開催中の「北斎とジャポニスム」にも行きたかったのですが、さすがに3つの展覧会は無理でした。
なんとか時間を見つけて、また上野の森まで行かなければなりません。

日本人はゴッホが好きですね♪
東京都美術館は、平日にもかかわらず、かなりの人出でした。

浮世絵が好きでコレクションもしていたゴッホ。
行ったこともない国、日本に強烈な憧れを抱いていたゴッホ。
その一方で、ゴッホの死後、日本の芸術家や知識人が、この画家に憧れ、お墓のあるオーヴェール・シュル・オワーズを巡礼していたことが分かっています。

絵画表現を模索していたゴッホにとって、浮世絵が果たした役わりは多大なものでした。
浮世絵版画を模写した油彩画も描いています。
ゴッホにとって、日本はミューズのような存在だったのです。
ゴッホの夢見た理想郷は日本!
しかし、それはもちろん、ゴッホの心の内にだけ存在するものだったのです。

実に興味深い展覧会でした♪
思っていた以上にゴッホの作品が多く、世界中から集められていました。
ローマの国立近代美術館からも1点来ていました。

ゴッホの油彩画とデッサンは、なんと40点もありました。
浮世絵や同時代の画家の作品は50点です。
浮世絵と油彩画を並べて展示することによって、作品のどの部分に浮世絵が生かされているのかも分かり、面白いです。

かなり見ごたえのある展覧会です。
もともとゴッホは好きな画家ですが、いっそう興味がわいてきました♪
そういえば、絵を描くのが上手だった私の息子はゴッホが大好きで、小さい頃は、「ゴッホのような画家になりたい」と言っていたことがあります。
この展覧会に行くことを勧めなきゃ~♪
東京にお住まいの方、絵のお好きな方には、必見の展覧会だと思います。




c0206352_15544389.jpg
非常に良い展覧会だったので、図録を買うのはマスト~
メモ帳や気に入った絵はがきも♪




c0206352_15561032.jpg
クリアファイルもこんなに買ってしまいました~
夫へのお土産と自分用に2枚ずつです。
散財しましたよ~~~

でも、日本の美術館で売っているグッズはとても美しく良くできているので、ついつい買ってしまいます。
特にクリアファイルは、実用を兼ねて美しいので、一番好きなグッズです。




c0206352_15585837.jpg
上野公園、噴水の池~
TOKYOの数寄フェス2017年が開催されていました~
フェスは11月19日までですが、日が沈むとライトアップされるので美しいですよ~

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
東京都美術館
2018年1月8日まで。
休館日:毎週月曜日、12月31日、1月1日
開館時間:9時半~17時半(金曜日は20時まで)
皆さまも、是非どうぞ~♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-11-16 22:20 | 日本2017年秋・冬
c0206352_21524008.jpg
月曜日は、またまた南青山でした~♪
ローマがご縁で親しくしているお友だちとランチ。
元駐妻の皆さまです。





c0206352_21530057.jpg
場所は、お気に入りのインターセクト・バイ・レクサスです。
昨年の夏は3度ほど通いましたが、今年は初めて♪





c0206352_21543688.jpg
スタイリッシュでお洒落な空間♪
素敵な場所なんですよ~
しかもランチはお手頃価格で美味しいときたら、リピートしたくもなりますよね♪





c0206352_22105260.jpg
私はお気に入りのチキンカレーです。
このカレーが本当に美味しくて♪
これを食べるのが楽しみでした~




c0206352_22133730.jpg
食後のドリンクは別料金ですが、プラス200円というお得なプライス♪

約1名、特別なコーヒー(プレスコーヒー)と淡雪のような美味しそうなスイーツをオーダーしたお友だちもいましたけど~(笑)

昨年の「レオナルドの秘密」出版記念パーティにお招きして来てくれたお友だち。
講演会にも必ず来てくれます。
私が翻訳家としてデビューしてからずっと応援してもらっています。
本当にありがたいことです。

ローマで一緒にモザイクを習っていたお友だち。
ランチをしながら、様々なことを語り合ったものです。

好奇心旺盛で行動力抜群のお友だち。
他の人には頼めないようなことも、彼女になら頼めます。

同世代で同い年の息子くんがいるお友だち。
いや、ほんと、共通の話題に花が咲いたものでした。

たくさんの思い出を共有しているのです♪





c0206352_22515646.jpg
お友だちが翻訳本にサインして~というので、即席サイン会(笑)♪
ありがとう~~
心からの感謝です♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-11-15 22:59 | 日本2017年秋・冬

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma