<   2016年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
恐怖の移民局@ローマ
c0206352_23084049.jpg
噂には聞いていた悪名高き恐怖のローマ移民局・・

これができたのがいつのことは知りませんが、私はこれまで、ここに来たことがありませんでした。
滞在許可証にまつわる諸々について、その昔は、ローマの中心部、共和国広場の近くにある警察本部で手続きを行なっていたし、一時期、イタリアにしては珍しく物事が機能していた時代があって、その時代には、自分の暮らす地区にある警察分署で手続きができていたからです。
外国人の指紋登録が義務化されてからは、再び警察本部となりましたが、当時、私にはコネがあったので特別ルートで簡単に終わらせることができていました。
そしてえ、記載事項変更(住所やパスポートナンバーなど)程度のことは、近所の警察分署で即時に行なうことができていました。
手書きでしたけど~(笑)

私はイタリア人と結婚して無期限ヴィザを持っています。
この場合の滞在許可証は、留学や仕事で来る方が持つカード型ではなく、A4サイズの紙製です(最近はそれがB4サイズになったらしいですけどね)。
これがヘルシンキの出国審査で問題になるわけです(今は大丈夫だという話ですが、それでも、1度ひどい目に遭った私は2度とヘルシンキ経由を使いません)。

前のパスポート更新時(10年前)に近所の警察で滞在許可証の記載変更して以来、この種の場所には来たことがありませんでした。
それがいつのまにか、無期限ヴィザ所有の人も5年おきに写真を変更しなければならないという法律になったらしく、それを知ったのが3年前!
でも、その頃には、こちらの移民局で手続きをしなければならなくなっていたので、こんなところに行きたくないあまり、「そんなことは知らなかった」というふりをして次のパスポートの更新時に行くことに決めていました(私も自己防衛のためにイタリア人化しています、笑)。

ここに行くにあたって、一応、内務省のサイトも調べたし、友人にも聞いたし、また、カンポさんという方が今年7月に私と同じようにパスポートの更新で許可証記載事項の変更手続きに行かれていて、その様子を詳しくブログ「けちけちイタリア徒然日記・甘辛い生活」にアップされていたので、参考にしました。
カンポさんは、手続きのアポ取り、手続き当日、受け取りと3回もこの移民局に出向かれていましたが、私には3回も行く勇気はとてもなかったので、アポ取りは郵便局のキット(よく覚えていませんが、印紙代とあわせて80ユーロくらいの出費だったと思います)を使いました。
これが、10月18日のこと。
アポイントは2か月後の12月19日となりました。

郵便局のキットを使うなんて、これも初めての経験でしたが、数年前に同じような手続きをした私の友人も郵便局のキットを使ったということですし、1回、移民局に行かずに済むならば、お金がかかってもラクだと思いました。
キットの中には、滞在許可証とパスポートのコピー、印紙、キット付属の申請書類を入れて送りました。
つまり、郵便局がお金をとって、書類の郵送とアポ取りを代行してくれるわけです。
ところが~
このせいで私は移民局でとんでもない目に遭ってしまうのです。
いつの間にか、法律が変わっていたのです。





c0206352_00173839.jpg
ローマの移民局は、なんという場所にあるのでしょう!
この写真は、移民局の隣にあるジプシーの居住地区です。
移民局は警察所でもあるわけで、その警察署の隣がこういう状況だなんて、法治国家の首都としてあり得るのでしょうか!
信じられない!

ついこの間、中国人留学生(女の子)がこの移民局を訪れたあと、門を出てからひったくりに遭いました。
まだ移民局の中にいた友だちに、携帯でひったくりの事実と犯人を追跡する旨の電話をかけていました。
しかし、その電話を最後に、果敢にも犯人を追いかけた彼女は行方知らずとなってしまったのです。
数日後、遺体として発見されました。

こんな事件が起こったばかりなので、夫はもちろん心配して車で送ってくれ、帰りはどれだけお金がかかってもタクシーで帰るように言われていましたが、こんなとこ、タクシーなんて通っていないし、呼んだら来てくれるわけ~!?




c0206352_00290832.jpg
移民局の門から入る際に陸軍の兵士がチェックしますが、私が入った時は、門は開けっぱなしで、誰もいませんでした。
さすがアバウトなイタリア~





c0206352_00380150.jpg
右手に行列ができていたので、係の人にアポントの用紙を見せてどうしたらよいか尋ねました。
すると、時間になったら呼ぶので写真右端のテントで待機するように言われました。
これがそもそも間違いだったのですが、後の祭り・・

私のアポイントは10時半だったのに、夫に送ってもらったために9時20分には着いていました。
時間にルーズなイタリアなので当然と言えば当然ですが、10時半になってようやく10時にアポイントがある人たちをオフィスへ。
私が中に入れたのは11時半くらいかな。

この日は異常に寒い日でした。
それなのに2時間余りも外で待つはめに!
テントの中には当然ながら暖房器具もなく、私はブーツにダウンのロングコートで防寒していましたが、つま先がガチガチに凍るような感覚になってしまいました。
寒かった・・・
すると、当然、トイレにも行きたくなります。




c0206352_00455888.jpg
移民局の簡易トイレ・・・
真っ青です。
当然ながら男女兼用・・・
かろうじてトイレットペーパーはあったものの、吐き気を催すほど汚いです。
一度入ってみて、絶対にここでは無理だと思いましたが、我慢できない状態になっていたので、仕方なく腰を浮かして・・・
でも、かなり勇気が必要でした。
ああ、21世紀の先進国とは思えない・・・





c0206352_01072600.jpg
11時半に中に入ってからは、早かったです。
こちらのオフィスは新しくてきれい!
トイレもありました。
掲示板に名前が出て呼ばれるので、イタリアも進歩したな~と思っていたら・・
まずA室に呼ばれて、再び掲示板に名前が出るのを待ちます。
次に、B室で両手の指紋の採集です。
たぶん、このオフィスは、留学やお仕事でイタリアに来ている方は見慣れた場所ではないでしょうか?

ところが、ここで、予期せぬことが~~~!
指紋採集の係官が、「あなたはイタリア人配偶者を持つ無期限ヴィザの保持者ね。ここでは手続きできないわ。貴女の場合、郵便局のキットでアポを取っちゃいけないのよ。もうしてしまったから仕方ないけど、お金の無駄だったわね。イタリア人が家族という理由でイタリアにいる人は、0階(日本式にいうと1階)の4番窓口で手続きしなきゃいけないの。すぐに4番窓口に行って!」
すると横にいた他の係官が、「あ、でも4番窓口は12時に閉まってしまう。間に合わないかも、早く行って~~」

この時、12時2分前!
何が何だか分からないまま、階段で下に降りて、この新しくてきれいなオフィスを出て、門の正面にあった古ぼけた汚い建物の中に入って4番窓口へ。
イタリアにはよくいるタイプの仕事したくない病のヒステリックな窓口担当のバカ女が叫びまくっていました。
私の前にいた人に、「ここはもう閉めるの!もう聞かないでよ~」と。
クレーマーの多い日本だったら、絶対に問題になっていると思います。

しかし、私は、お金を払って書類を郵送してアポイントを取ったのに、このまま何もしないで帰るわけにはいかないのです!
ただでさえ、超忙しい師走なのに!
事情を説明すると、彼女にアポイントが記された用紙をひったくられただけでした。

その後、急に不安になりました。
手元に何も残っていないのです。
番号をくれたわけでもないし、アポイントを取った証拠も私の手元にはないのです。
窓口が5つくらいあるけど、番号で呼んでいるようなので、もう1度、彼女のとこに行って聞きました(窓口は閉まっていましたが)。

「いい加減にしてよ。窓口は閉まったの。少しは辛抱したらどうなの?」
「いや、でも、さっきあなたに書類をひったくられたから」
「え、何の書類?」
「無期限ヴィザの記載事項変更のアポイントの紙」
「だから、そのうち呼ばれるから、辛抱してよ」
「呼ばれるって名前で?」
これ以降、回答なし・・

いや、もう不安は募ります。
13時になりました・・
もう、ほとんど誰も残っていない・・・
でも、私と同じ状況の人が数人いました。
そして、ついに呼ばれました。

これがまた、窓口の男が最悪!
典型的な横暴イタリア人!
イタリアで窓口担当というのは、一番低いランクの仕事になるので、自己実現していないが故に、自分が強く出れる相手(彼が滞在許可証の変更手続きをするわけですから)に対して異常なまでに偉そうな態度を取るタイプ。
イタリアにはよくいるんです、こういうやつ!!

「郵便局キットで全部書類を送ったことは知っているが、別の所にいってしまって、自分の手元にはない。パスポートと滞在許可証のコピー、持ってないか?」
よかった~
私は、万が一のことを考えて、念のため、コピーを持って来ていたのでした。

しかし・・
「イタリア人の夫に養ってもらっているという証明は?一緒に連れてきた?」と。
「私は30年以上、ここに住んでいますが、夫の存在が必要だったのは、結婚後初めて家族用のヴィザを取得した時だけで、その後一度もそんなことを要求されたこともないし、最近同じような手続きをした友人たちの誰もイタリア人夫を連れて行った人はいませんけど」と答えると・・
「外で話されることを聞く必要はない(つまり、本当ではないと言いたい)。私が法律だ(自分の言うことが法律であり正しいと言いたい)。」

なにが「私が法律だ」よ!
法律のほの字も知らないくせに、偉ぶりたいだけのバカ男!
この時点で、こんな面倒くさい奴には何も言わないほうがいいことを悟ったわたくし・・・

しかし、このバカ男は、「今日のところは申請を受理してあげるが、受け取りの日に、身分証明とそのコピーを持ったイタリア人夫を同伴して来なさい」とあくまでも言い張り、受け取り用の半券にその旨記載したのでした!
むかつく~~

しかも、夫が来なければならないなら、仕事の都合もあるから、できるだけ水曜日にしてほしいと私が頼むと、それを却下して、「別にその日に来なくてもいいから」と言う。
受け取りの日付は、私がちょうど日本に出発した後・・
「これより少しだけ早くか、もしくは思いっきり遅く、2月中旬にしてくれないか」と頼むと、「できない」
仕方ないので、「その日に来るのは難しいので、受け取りに来るのは、どのくらい遅れてもいいのか」と訊くと、「2,3日」。
2,3日だなんて、よく言えたものだわね、このイタリアで!
これは嘘だと思う~
こんなことのために、私、日本行きをキャンセルなんてしません!
でも、やっぱり暗くなる・・・


ちなみに、自分の経験を踏まえて、今回確かめましたが、イタリア人配偶者を持ち無期限ヴィザを持っている人は、様々な手続きを行なう際に、郵便局でのキットを使ってはいけないそうです。
キットを使うと1年あるいは2年単位で滞在許可証を更新している移民(留学生も含めて)のオフィスに行ってしまうので、手続きができなくなるそうです。
手続きのアポ取りも、手続きも、受け取りも、必ず4番窓口に行かなければならないそうです。
つまり、3度、このとんでもない場所に来なければならないわけです。

移民たちは、郵便局のキットでアポを取って、手続き(指紋採集)のためだけにここに来ればいいだけで、カード型の滞在許可証は自分の住む地区の警察署に郵送されるというのに!

どうして、イタリア人と結婚して無期限ヴィザを持っている人だけが、このように冷遇されなければならないのでしょうか!
あり得な~~~~い!!

このあとで指紋採集に行きましたが、デジタルになっていました~~
昔はタール状の黒いものを塗られていました(大汗)
でも、いやな気分ですね・・
ここの係官がとても感じの良い人で、終わった後に、「じゃあ、〇月〇日に受け取りに来てね」と言ったので、「その日に来るのが難しいのですが、どのくらい遅れてもいいのですか?」と訊いたら、「2か月は困るけど、1か月半後くらいまでなら大丈夫よ」って!

人によって言うことが違うのもイタリアの特徴です。
何を信じたら良いのやら・・
たぶん、どうせアバウトなイタリアだから2か月たっても問題ないのでしょうが・・
ですけど、私の頭の中には、あのバカ男の威圧的な態度がいつまでも残像として残っていてしまっていたので、何もかもイヤになってしまいました・・
極端だと思うかも知れませんが、私は極端な人間なのです。
まじで、すべてを投げ捨てたくなりました。

滞在許可証の受け取りは、夫の行ける日も考慮した上で、受取日から4週間以内で行けますが、昨日は当日だったせいもあって、限りなく落ち込んでしまいました・・・

で、ここでまたカンポさんが登場です!
いえ、まったく面識のない方なのですが、しかも、私よりかなり若いと思います。
少なくとも一回り以上は・・・(汗)

安心という確証を得たかった私は、カンポさんのブログのコメント欄から、カンポさんはどのくらい遅れて滞在許可証を受け取りに行ったのかを訊ねたのでした。
ご親切にすぐに回答して下さり、ほぼ3週間後くらいとのこと。
一気に憂鬱感が解消しました~
じゃあ、やっぱり4週間くらい遅れても、全然平気だな~って思えました♪
あの指紋採集の係官の言った通りだ~と、とってもとっても安心したのでした。
カンポさん、ありがとうございました~
って、見てないだろうけど。

人間、気の持ちようなので、もうどうでもいいです。
そんなことは十中八九ないとは思いますが、万が一ダメでも、もうどうでもいいです。
単なるパスポートナンバーと写真の変更ですから、また手続きすればいいわけで。
そんなに恐れることもないなと。
誰がイタリアに屈して、日本行きを諦めるものですか!!
冗談じゃない!





c0206352_02194270.jpg
帰りは、夫の言葉に背いて、バスと地下鉄で帰りました。
初めてですよ~
こんなとこに来たの~
周りにいる人が皆泥棒にしか見えませんでした。
昼食も取らず、飲み物も飲まず、家にたどり着いた時には15時半となっていました・・

しかし、イタリア人っていうのはつくづく偽善者だと痛感しました。
日頃から難民を受け入れて優しい国民ぶりをアピールしているけど、あんなところに移民局を作って、ひどい扱いをしているじゃないですか!
しかも、郵便局のキットで大儲け!
難民は郵便局のキットは使わないかもしれませんが、でも、今日、難民申請に来ていた人もいましたよ。


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪

by mayumi-roma | 2016-12-21 02:24 | ローマの日常
ハッピーアワー@コロッセオ♪
c0206352_23412525.jpg
コロッセオ~By Night♪
今年は恒例のクリスマスツリーが出てなくて残念!
地下鉄C線の工事の影響なのかどうかは分からないけど、それが理由なら単なる言い訳でしかないと思う~~
何しろ、5つ星運動のしょうもない女性市長になって以来、ただでさえ第三世界だったローマはますます大変な状況になっていますから・・

そう、そして、本日の月曜日、私は、初めて、噂に聞いていた恐怖のローマ移民局に行ってきたのですが、マジでひどい目に遭いました。
週末を楽しく過ごしただけに、このギャップは大きいです。
ローマに暮らし続ける自信がなくなりました。
かなり暗い気持ちになっていますので、今日はとりあえず週末のことを♪





c0206352_23525624.jpg
コロッセオに行ったのは、恒例のクリスマスツリーを見るのとお友だちを交えて夫とアペリチェーナ(アペリティブ兼お夕飯)をするためでした。
コロッセオを眺められる、いつものオッピオ・カフェです。
お気に入りなんです~





c0206352_23591809.jpg
ここのハッピーアワーは、夕方5時半から夜の10時までで、ワンドリンク付きビュッフェが食べ放題で、たったの12ユーロなんです。
この場所で、信じられないお得なお値段♪
もちろん、アラカルトメニューもありますけどね。





c0206352_00023210.jpg
私は大好きなモヒート、夫はビール、お友だちはスプリッツァ♪
美味しい~~




c0206352_00051883.jpg
もちろん、1杯だけでは足りません。
私はプロセッコ、お友だちは白ワインをプラスで頂きました♪
夫は、違う種類の飲み物をミックスするのは嫌いな人で、しかしながらビールを2杯も飲みたくないとのことで、2杯目はなし・・

お友だちはとても親しくしていた日本の方でしたが、日本へ本帰国してしまうので、この日が最後でした。
同世代で人生や子どもについてよく語り合っていた方なので、とても寂しくなりますが、東京ではご近所さんだし、これで縁が切れてしまうわけではありませんから。
会う機会は少なくなっても、末永いお付き合いをしていければ・・と思っています。




c0206352_00154769.jpg
ちなみに、こちらが、去年までのこの時期のコロッセオです~


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪

by mayumi-roma | 2016-12-20 00:17 | ローマのグルメ
クリスマスプレゼントにいかが?
c0206352_21045120.jpg
ローマのコルソ通り♪
コルソ通りを天の川のように流れる恒例のクリスマス・イルミネーション♪
暗い夜に撮ったので、その時は気がつきませんでしたが、この寒い夜にジェラードを食べているイタリア人男子約2名が写っていました(笑)!

イタリア人って本当にジェラート好きですね!!
いや、マジで、考えられない・・・
心底冷える夜だったのですよ~
寒空の下をジェラート食べようなんて絶対に思えないくらい寒かったのに~
でも、呆れるよりは、ちょっと微笑ましい光景でもあります。


さてさて、もうすぐクリスマス♪
日本の皆さま、クリスマスプレゼントはお決まりでしょうか!?
イタリア好き、芸術好き、美術史を勉強している方にピッタリのプレゼントはこちら♪
c0206352_20582947.jpg
河出書房新社より刊行された「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」は、いかがでしょうか?
と、思いっきり宣伝しちゃいます(笑)。
これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。
ひとたび、読む始めたら、レオナルドの世界にぐいぐいと引き込まれていくでしょう。
日本にお住まいの方だけでなく、ヨーロッパ在住の方も、各地に散らばるレオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-12-18 21:28 | 映画・音楽・本・イベント
可愛い♪真実の口のチョコレート♪
c0206352_22215897.jpg
ローマといえば~
映画「ローマの休日」でおなじみのこちら~
スペイン階段やトレヴィの泉とともに行ってみたい場所なのが、真実の口♪

真実の口の広場にあるサンタ・マリア・コスメディン教会の玄関にあります~
嘘をついたことのある人が、手を「真実の口」の中に入れると抜けなくなるという伝説から、このような名前がついています♪

この石板!
もともとは、平たくいうと古代ローマ時代の下水道のマンホールのフタでした。
今でこそ、こんなイタリアですが(苦笑)、2000年も昔、ローマでは既に上下水道が完備していたのでした~




c0206352_22322499.jpg
きゃっ♪
可愛い~~♪
真実の口のチョコレートを見つけました♪
見ているだけで可愛い~♪

ローマでしか手に入らないチョコレート♪
ローマ三越で見つけました~
有名なショコラティエレに特注したオリジナル商品だそうで、ローマ三越でしか手に入らないそうです。

母と妹のお土産に買いました。
箱入りが16ユーロ、袋入りが8ユーロでした。
日本だと500円くらいで可愛い箱に入ったチョコレートがあったりするので、若干高めな気がしますが、イタリアは全般的に物価が高いので、意外とチョコレートは高くつきます。
だから、まぁ、イタリア的には普通のお値段かな。

でも、真実の口のチョコレート、やっぱり可愛いです~♪


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪


by mayumi-roma | 2016-12-17 22:44 | ローマのグルメ
師走のローマ♪
c0206352_23125373.jpg
ローマ、コンドッティ通り(いわゆるブランド街)♪
師走とはいえ、平日なのでそれほど人出が多いわけではありません。




c0206352_23164504.jpg
同じくコンドッティ通りを反対側から~

師走ももう半ばですが、どうしてこんなに忙しいのかとイヤになります。
クリスマスまであと1週間なのに、まだクリスマスプレゼントも揃えていません(大汗)。
1月中旬に日本に一時帰国するので、ちょっとしたお土産も買わなきゃいけないのに~~(とはいえ、今回の日本ではお友だちに会う時間はないので、家族の分のお土産だけ)
ただでさえ、忙しい師走なのに、お仕事も抱えています。
そのうち1つは、締め切りがお正月明け。
来週からはお掃除の女の子がフィリピンへ一時帰国でお休み。
しかも、夫は12月24日から1月9日まで休暇で家にいるし~~
どうしよう~~





c0206352_23194991.jpg
「ミュウミュウ」のショーウィンドウを眺めてうっとりいい気分に♪
そうだ!
クリスマス、義姉の家に行ったあとに、大好きなプラダ(ミュウミュウももちろんある)のアウトレットに行こうかな~


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪


by mayumi-roma | 2016-12-16 23:34 | ローマの日常
美容室へ@ヤンクス、ローマ♪
c0206352_17332917.jpg
トレヴィの泉~♪

夕方4時半には暗くなってしまうローマです。
水曜日は朝から頭が割れるように痛くて、どうしたものかと思っていましたが、午後、日本人美容室ヤンクスの予約を入れていたので、バファリンを飲んで、さらに肩にサロンパスを貼って(私の場合、これがよく効くのです)、なんとかトレヴィの泉へ。




c0206352_17371241.jpg
トレヴィの泉の裏通り、日本人美容室ヤンクス~♪
クリスマス前にカットしておかないと、お店、クリスマス休暇でお休みになっちゃうので。





c0206352_17391422.jpg
光の加減で、メッシュを入れているように見えますが、入れてません。
写真って面白いですね。
角度によって光によって、本当に変わります。

今日のカットとブロウは、いつもにも増して、すごく良い出来でした♪
満足度120%♪
ユキさん、ありがとう~~





c0206352_17422522.jpg
トレヴィの泉の斜め前にある教会♪
本当は、美容室のあと、お買いものをしようと思っていましたが、やっぱり頭痛がするので、ささっと帰宅しました。
こんな日もあるよね。

ヤンクスは、12月25日から1月9日までお休みになります~
YANKS(ヤンクス)
Vicolo Scanderbeg 108
00187 Roma
Tel: 06.6938.0478


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪


by mayumi-roma | 2016-12-15 17:48 | 美容&コスメ
香水はやっぱりディオール♪
c0206352_03053350.jpg
私のバスルームに並ぶ香水のボトルたち♪
全部ディオールです。

香りは、私には絶対に欠かすことのできないものですが、最近まではイタリアの自然派化粧品レルボラリオのペオニー(芍薬の香り)を使っていました。
とっても気に入っていて、30ユーロで買える商品とは思えないくらい甘くて良い香りだったのですが・・・
4月に息子が大学を卒業して社会人になったことで、まぁ本当に大変だった学費の支払いと仕送りから解放されたので、本当の香水の世界へ回帰しました♪(笑)

一番左は「ボア・ダルジャン」♪
これはちょっと、いや、とっても高いけど、お値段に似合わないごくシンプルなボトルを見れば、ディオールが香りで勝負するという意気込みを感じます。
フローラル系ですが、オリエンタルなアンバーやホワイトムスクも感じて、大人っぽい感じです。

真ん中はジャドールのヘアミスト♪
これは、本当に優れものです。
髪の毛に1,2回スプレーするだけでほどよい香りがふわ~~~っと流れます。
持続性抜群です。





c0206352_03362365.jpg
香水ボトルが一番可愛いミス・ディオール・シリーズ♪
リボンがあまりにも好みです~

右側が昔からあるオーソドックスなミス・ディオール♪
欧米では人気がある香水ですが、日本人好みではないと思うのです。

でも、左の「ミス・ディオール・ブルーミング・ブーケ」はすごい♪
2016年度のコスメ大賞フレグランス部門で1位という大人気♪
これは、もう、本当に素晴らしい香りです。
若い女の子から熟年の女性まで誰にでも愛される香り♪
お花、お花、お花~
バラやピオニー(芍薬)を使った甘いフローラル系ですが、そこにベルガモットが入ることで爽やかさが出ています~
私もお気に入りです♪





c0206352_03353789.jpg
しかしながら、やはり香水の女王様は、ジャドールでしょう♪
いや、もう、これは完全無欠の最高の香りです。
たぶん、こんな香りはどこにもないと思います。
大好き~♪
ボトルも完璧~
この曲線美は本当に美しいです。

さて、ボトルにラベルがないのにお気づきでしょうか!?
これには、使う女性だけが分かるその人だけの香りという意味があるのです。

フランスの詩人、ジャン・コクトーは、「Dior, dont le nom magique combine Dieu et or」(ディオールという魅惑的な名前は、神(Dieu)と金(or)を合わせてできた言葉だ)と言ったそうです。
ジャドール(J'adore)の意味は、「大好き」「すごく好き」「愛してる」です。
ということは、私の場合、ジャドール・ジャドールになりますね♪(笑)


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪


by mayumi-roma | 2016-12-14 05:04 | 美容&コスメ
クリスマスツリーも出してない・・・
c0206352_05484406.jpg
写真は、20年以上も前のアナログ写真をスキャンしたもの。
じ、じ、時代を感じます~~~
本当はもっと可愛いのがあったのですが、それを私が抜き取ってしまっていて(可愛い写真だったので別の特別アルバムを作ろうと思っていた)、どこへやったか、どうしても思い出せなかったので、この写真になりました。
まだ改築前の我が家なので、カーペット。
懐かしい~
3歳の息子が折り紙を使ってクリスマスのオーナメントを作って飾っているところです。
小さい頃の息子はブロンドで可愛かったんですよ~

私は、先週の疲れがまだ取れず、ぐちゃぐちゃの家の中を片付けようと思っていたものの、結局ダラダラの月曜日となってしまいました。
本来なら、12月8日(無原罪のお宿りの祝日)にクリスマスの飾りつけをするのがイタリアの習慣なのですが、いまだにまったくしていません。
もう息子もいないので、別にしなくてもいいと思うのですが、夫はしてほしいようなので、クリスマス前までには出そうかな!?

なんだかんだ言っても、やっぱり、息子が家にいるかいないかで、私の張り切り度合いは変わると思います。
子どもが一人前になって巣立っていくことは、親としての大きな仕事を終えた安堵感でいっぱいですが、何しろローマから遠く離れた東京で暮らしているので、夫は寂しいようです。
私は逆にそれが自分に好都合だからか(笑)、けっこう嬉しくて、幸い、空の巣症候群になることもなかったのですが、それでも、時々、息子の幼い日々を思い出します。
思い出すと、懐かしいような悲しいような不思議な気持ちになります。
感傷的ではありますが、寂しさとはちょっと違うのです。
人生はなんと早く過ぎてしまうのか・・
子どもが成長するということは、当たり前だけどそれだけ自分も年を取るということで、その現実を自覚すると、悲しくもある・・
昔は、自分が40代になること、ましてや50代になるなんてこと、想像もできませんでしたが、自分的にはあり得ないと思っていたことが着実に現実となるこの現実!
で、自分が今の息子の年齢だった頃の若かりし日々なんかも思い出したりもします。
楽しかったなぁ・・
輝いていたなぁ・・
そして、やたらと大学時代の同級生や高校時代の同級生が懐かしくなったりもする・・

でも、とりあえずは、1月の日本への一時帰国で張り切る自分の姿を想像してはにんまりしています。
息子のマンションでお掃除したりお洗濯・・
こきつかわれるのが楽しかったりして。
1月の帰国は短期間なので、まさに、母への親孝行と息子への家族サービスのためだけです。

と、こんなことをついつい書いてしまったのは、さんぼさんというドイツ在住のブロガーさんの記事を読んだからです。
彼女は、最近、一番上のお嬢さんが独り立ちしたことで、過去を振り返ってさまざまなことを書き綴っているのですが、なんだかその作業(気持ち)が手に取るように分かる気がしたのでした。
さんぼさんのブログはリンクもしていますが、こちらです~
「かけはし」←クリックすると別ウィンドウで開きます。


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪



by mayumi-roma | 2016-12-13 07:13 | ローマの日常
週末はお客様でした♪もうクタクタ・・・
c0206352_02211857.jpg
週末はお客様でした♪

今週はとっても忙しかったので、かなり無理してお客様をお呼びしました。
といっても、何十年のおつきあいの夫の友人夫婦なので、そう気を使うこともなく、比較的ラクだったのですが、それでもアペリティブのおつまみ、前菜、プリモ(パスタかリゾット)とセコンド(お肉料理)とコントルノ(付け合わせのお野菜)・・・
ああ・・・

何よりも大変なのは、夜遅くなること。
7時に彼らが来宅後、夜中の1時近くまで・・・
いや、もう、本当に疲れました。
もう何もする気が起こりません。
そういうわけで、本日のブログも省略ヴァージョンです(笑)。




c0206352_02300878.jpg

c0206352_02310236.jpg
久しぶりにリゾットにしました♪
旬のカルチョーフィ(アーティチョーク)です。
これは、パルミッジャーノ・チーズをふりかける前の写真~

リゾットは、たぶん、私の一番の得意料理かもしれません。
問題は、作っている間中、お鍋の前でブロード(コンソメスープ)を足しながら、ずっとかき混ぜ続けなければならないこと。
かなりお客様の前を離れることになるし、まぁ、面倒くさい作業なので「よし、リゾットにするぞ~!」と決心しないと、なかなか作りませんが、もともとお米好きの私なので、リゾットは大好きです♪

ハードな1週間が終わりましたが、もうへとへとです。
家の中もぐちゃぐちゃ状態・・
こんなに疲れたのはしばらくぶりかも。

12月って、どうしてこんなに忙しいのでしょうね?


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪




by mayumi-roma | 2016-12-12 02:44 | お呼ばれ&自宅でお食事
贅沢な忘年会@メタモルフォシ♪
c0206352_06020450.jpg
メタモルフォシ@ローマ、パリオリ♪

一度は行ってみたいと思っていたミシュラン1つ星レストランの「メタモルフォシ」で、仲良しのお友だちと忘年会♪
お友だちがずいぶん前に予約しておいてくれたので、この日をとっても楽しみにしていました♪
彼女は、このレストランのお得意様なので、私たちもVIP待遇♪
嬉し~い♪
一番よいお席が用意されていました♪



c0206352_06111145.jpg
ソムリエのレベルが高くて、お薦めしてくれたシャンパーニュ、この上なく美味しかったです。
繊細で細やかな泡立ちに感動♪
お味も、上品で主張しない優しいものでした。
あまりにも美味しかったので、1グラスだけ頂くつもりでしたが、ボトルで飲んでしまいました~





c0206352_06074448.jpg
シャンパーニュとのアペリティブ♪
いや、もう、何をどう説明すればいいのか、分からなくなってしまいました・・
驚くべきお料理の数々です・・
しっかり覚えていたはずなのですが、写真を見たらすっかり飛んでしまいました・・
そう、確か、テーブルの真ん中にあるのは、コロンビアのストリートフードだったはず。
それを、素晴らしくメタモルフォシ(お店の名前ですが、変身という意味です)させたものです♪



c0206352_06193059.jpg
シンプルでミニマル。
感覚を研ぎ澄ませた洗練度♪
見かけは上品ですが、お味はしっかりしています♪




c0206352_06210003.jpg
ここの名物、パンと凍らせたオリーブオイル♪
このオリーブオイルを塗って食べるパンが絶品です。





c0206352_06241578.jpg
こちら、このお店の名物「Uovo 65 Carbonara」です。
直訳すると、「65度の卵、カルボナーラ」ですが、日本風に説明すると、温泉卵(このお店の雰囲気に合わない単語ですが)の上にパルメザンチーズとペコリーノチーズをスプーマをかけたような感じでしょうか。
あくまでもカルボナーラですから、中にはカリッとしたグアンチャーレも入っています。
この中に時々、おせんべいのようなパスタを入れて、楽しむわけです。

すごい創造力です♪
驚きながら、楽しみながら、夢中になってしまうお料理♪





c0206352_06323382.jpg
この写真からはよく伝わらないと思いますが、絶品でした!
海の幸の味わいのマッケローニ(パスタ)です。
日本のワカメ類も乗っています。
凝ってはいるけど、ストレートに味が伝わります。




c0206352_06370478.jpg
メインは、イベリコ豚♪
これには、赤ワインが欲しかったのでグラスで1杯だけ。
いや、もう、これも、筆舌に尽くしがたいお料理でした~
語彙がなくてすみません。

お料理って、ある種の芸術品ですね。
目で楽しみ口で味わい、ワインとのマリアージュでさらに新しい世界が広がって、しかも、そこには、お店の雰囲気や食器、給仕する人のサービスも付加価値となってついてくるのです。




c0206352_06495383.jpg
コーヒーと小菓子♪




c0206352_06514005.jpg
なんという可愛らしさ♪
ウサギさんが可愛い♪
右端のチョコレートはビター。
このビターでお菓子の甘さが引き締まる感じです。
本当に、味のバランス感覚が優れています。

めくるめく美しい変身物語を楽しむことができた最高の忘年会でした♪




c0206352_06580400.jpg
こ~んな素敵なプレゼントを頂きました♪
他にも頂きましたが、ここに全部アップするのも・・・
ということで、友情に乾杯♪
いつまでもよろしくね~

「Metamorfosi」
Via Giovanni Antonelli 30
00197 Roma
Tel:06.8076.839
月~金 12:30~14:30、 20:00~22:30
土曜日は夜のみ
日曜日はお休み


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪





by mayumi-roma | 2016-12-10 07:15 | ローマのグルメ
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。