<   2016年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

自宅で女子会♪


c0206352_03285236.jpg
今日のローマも鬱陶しい雨・・・
そんなイヤなお天気をやっつけるため、急きょ、我が家で女子会を開きました♪
仲良しのお友だちですが、これまで1度も自宅に呼ぶ機会がなく、諸事情により、これから先は三人そろってワイワイすることも難しくなりそうなので。
五月人形は通年飾っております~
あしからず(笑)。







c0206352_03324444.jpg
こ~んなに素敵なフラワーボックスを作って持ってきてくれました♪
私の大好きなラデュレのマカロンとマドレーヌも♪
嬉しい♪






c0206352_03350064.jpg
さらに、大好きなピンクの薔薇の花束も頂きました♪
美しい香りがお部屋中に広がります。
お花は人を幸せな気分にしてくれますね♪





c0206352_03471423.jpg
フェットゥチーネをラグーソースで♪






c0206352_03382260.jpg
ランチだったので、セコンドは軽く~
ブレザオラにルゲッタとパルミッジャーノを乗せて♪






c0206352_03390498.jpg
デザートは、私のお得意のパンナコッタ♪
久しぶりに作ったのですが~
ソースをかける代わりに、アマレーナ(チェリーの一種でとっても美味しいのです)のジャムを乗せました♪

楽しいお喋りをしながら、ゆっくりと過ごす午後・・
最高に楽しいひと時でした♪
今度、三人で会えるのはいつのことになるやら~


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-09 07:07 | お呼ばれ&自宅でお食事

ローマは毎日、雨・・・

c0206352_06573389.jpg
この写真からは伝わらないかもしれませんが、ローマは実に鬱陶しいお天気が続いています。
毎日、雨・・・
部屋の中も薄暗くなって、本当にイヤになります~

いずれにしても、今日は、日々のお買いものに行ったあとは、家の中ですることがたくさんあったので、雨でも全然お構いなしだったのですが、気分的に・・・





c0206352_07091475.jpg
本など読んでいる場合ではなかったのですが(することが多くて)、なんだかとっても桜餅が食べたくなったので、お茶にして、少し読書♪

夏に日本で頂いていた宮下喜久朗先生のご本「ヴェネツィア 美の都の一千年」を読み始めました。
本が刊行されて、先生はすぐに実家のほうに送って下さっていたのですが、夏以降ずっと忙しくて落ち着いて読む暇がありませんでした。

ヴェネツィア美術の通史という本はないので、その点でも実に優れていますが、私は宮下先生のエッセイが好きなので、美術史よりも先生の言葉に反応してしまいます。
哀しい本でした。

ヴェネツィアという町は、幸福な者にはその幸福を、不幸な者にはその不幸を増幅させる町であると、ツルゲーネフは書いているそうです。
「すでに自分の生涯を生きてしまった人、人生に打ち砕かれた人、そうした人はヴェネツィアを訪れても無意味である」と。

そして、先生は、もう二度とヴェネツィアには行くことはないと書いています。
ヴェネツィアは人生の喜怒哀楽の試金石であり、追憶の中でこそいっそう輝く町だと。
この本は、この町への愛と惜別の証として書いたと。

私は先生のような辛く悲しい思いをしたことがないので(先生は最愛のお嬢さんを亡くされています)、ここで書かれたことを実感することはできませんし、それゆえ、ただ単にその深さを知らない幸福な愚か者なのかもしれませんが、それでも、あえて言いたいです。
ツルゲーネフの言葉は間違っています。


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-08 07:43 | ローマの日常

c0206352_06040454.jpg
可愛い~♪
ご当地キティちゃんのトートバッグ、ヴァチカン編です♪
先日、ローマ三越に行った際に見つけたので、思わず買ってしまいました~
昔からブログを読んでいらっしゃる方はご存じだと思いますが、私はキティちゃんが大好きなのです。
ご当地グッズ、日本でも買ってます(笑)。

なんでも、2017年は、日本とヴァチカンの外交関係樹立国交樹立75周年だそうで、それを記念してドイツ・サンリオに特注したのだとか・・

このトート、かなり大きいです。
しかも、底には芯が入っていて、しっかりしています。
普段のお買いものにも、もちろん十分使えますが、私は、イタリアと日本を往復する際の緊急機内持ち込み用に使おうと思っています(笑)。
なんだかんだ荷物は増えるもので、私の場合は、特に、日本からイタリアへ戻る際に、とんでもないことになってしまいます。

出発当日の朝に、コンビニでおにぎりや菓子パンや袋菓子を買って、空港では最後のあがきで、和菓子など色々買ってしまいます・・
当然ながら、機内持ち込み用のミニトランクはすでにいっぱい。
そんな時、バッグにこのトートを入れておけば、全部まとめて肩にかけられるので、便利かなと!
気になるお値段は、22ユーロ(2400円くらい)。
日本でもこのくらいはすると思うので、そんなに高くないように思います。






c0206352_06281536.jpg
もう一つ、ご当地キティちゃん、ヴァチカン編♪
キティちゃんがヴァチカンの衛兵の制服を着ています~
この制服はミケランジェロがデザインしたと言われていますね。
これも、ローマ三越にありました。
こちらは18ユーロもして、ちょっと高いかな~と思ったのですが、キティちゃんのぬいぐるみは全部日本人学校のバザーに出してしまって、手元に一つも残ってないので、買ってしまいました。






c0206352_06362607.jpg
ちなみに、こちらは、東京都庁や鎌倉や湯布院で買ったご当地キティちゃん♪
キティちゃん好きは、どうしても買いたくなってしまうんですよね~






c0206352_06435658.jpg
こちらは、ご当地ではありませんが、ヒョウ柄キティちゃんの長財布♪
地元大分の百貨店トキハのサンリオ・コーナーで買いました♪
一度も使っていませんが、可愛いんですよ~~


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-07 07:44 | インテリア・可愛い雑貨

c0206352_22054734.jpg
ポルタ・ラティーナのサン・ジョヴァンニ聖堂♪
10月にローマ日本人会婦人部ミモザ会で訪れた教会です。
サン・ジョヴァンニとは、イタリア語で聖ヨハネのことで、この教会は、このすぐそばにヨハネが迫害された場所があることから建てられたものです。
ヨハネはヨハネでも、キリストの最も愛した使徒聖ヨハネで、福音書を書いたほうのヨハネです。
キリストのハトコで、ヘロデ王に首をはねられた洗礼者聖ヨハネ(サロメの物語で有名)ではありません。









c0206352_22075497.jpg
こちら~
以前ご紹介したサン・ジョヴァンニ・イン・オレオ聖堂ですが、この場所が、紀元92年のドミティアヌス帝によるキリスト教徒迫害の際に、キリストの最も愛した使徒ヨハネが煮え立つ油釜に入れられた所だとされており、17世紀にボッロミーニが大改修工事で建てたのでした。
オレオはラテン語で油という意味です。







c0206352_22175559.jpg
こちらが、ポルタ・ラティーナのサン・ジョヴァンニ聖堂の内部です。
5世紀末にはすでに教会があったそうで、その当時使われた瓦が聖書台として使われています(写真でも左手に小さく見えます)。
8世紀に改修工事がされ、12世紀にも改築工事。
さらに17世紀にはバロック様式の教会へと変貌を遂げますが、1940年に古い時代の教会の状態に戻そうと再び改修されます。
現在見られる姿は、ほぼ昔のままの状態です。






c0206352_22271404.jpg
中世のフレスコ画♪
旧約聖書と新約聖書の物語が全部で50場面ほど描かれており、これらは1940年に修復されたものですが、かなりの部分を消失しています。
残念です!
一部綺麗なものがあったのですが、教会内部があまりにも暗くて、しかも逆光だったため、上手く写真が撮れませんでした。
「イヴの創造」がなかなかよかったのです~♪







c0206352_22494638.jpg
教会の前に残る古い井戸♪
7世紀のもので、ラテン語で文字が刻まれています。
ちょっと訳してみました~

IN NOMINE PATRIS ET FILII ET SPIRITUS SANTI
「父と子と精霊のみ名によりて」
OMNES SITIENT ES VENITE AD AQUAS
「喉が乾いている者は、誰でも水を飲みにきなさい」
EGO STEFANUS
「我、ステファノ」(彫り師の名前)

ラテン語って美しい言語ですね♪


San Giovanni a Porta Latina
Via di Porta Latina 17
7:30~12:30
15:00~18:00


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-06 07:05 | ローマの美術散歩
c0206352_05100487.jpg
お友だちのおウチのホームコンサートにお招きされました♪
彼女は、イタリアの某有名ピアニストのお弟子さん♪
スタインウェイのグランドピアノで、スカルラッティのソナタハ長調K308と309、ベートーベンのピアノソナタ第8番ハ短調・作品13「大ソナタ悲愴」、そして、ブラームスのピアノ小曲集Op.118の2を弾いてくれました♪
美しいピアノの調べにうっとり~♪





c0206352_05393111.jpg
美しい音楽を聴いて心が洗われたあとは、極上のランチタイムです♪
お友だちは、ピアノだけでなくお料理も素晴らしく上手なんです。
いえいえ、上手というレベルは超えていて、レストランで食べるよりももっと美味しくて、美しく洗練されたお料理を作ります。
ほ~んと、自慢のお友だちです~♪

こちらのお料理は、カルチョーフィ(アーティチョーク)と茸とゴルゴンゾーラチーズのラザニアです。
いや、もう、本当に、お皿が出てきた時は驚きました。
「今日はピアノで忙しいから、大したものは作れないから」なんて言ってたのに・・
美味しいのは当たり前ですが、ますますお料理の腕が上がったなぁ・・と思いました。






c0206352_05591205.jpg
ワインは、別のお友だちが用意したフランチャ・コルタのロゼ、こちらもめっちゃ美味しかったです~






c0206352_05481736.jpg
セコンドとコントルノ♪
いや、もう、絶品でした。
信じられない美しさと美味しさです。

海老のフライをどうやったらこんなにも繊細に揚げられるのでしょうか!?
信じられな~い。
もちろん海老ちゃんはプリッとしていて、揚げ加減がパーフェクト。
大きな海老の下には、乾燥ソラマメを戻してペコリーノチーズと合わせて作ったクリーム。
なんという美味しさ!
その下にある少し苦みのあるチコーリアと相性抜群です。
本当に、あまりの美味しさに、ため息が出るようなお料理でした♪
これは、まさに記憶に残る一品です。
大げさではなく、これまでに食べたお料理(レストランも含めて)の中で一番美味しかったかも~







c0206352_05543460.jpg
デザートに洋梨入りのブラウニーまで作っていたお友だち・・・
ああ、これがおもてなしというものなんだわ・・
これに比べると、私が自宅でやっていることなんて、恥ずかしい・・・
ま、人にはそれぞれ得手不得手の分野があるということで許して頂きましょう(苦笑)







c0206352_06025473.jpg
テラスでは、晩秋らしくススキが揺れていました♪
ローマとは思えない穏やかな時間が流れていきます。






c0206352_06050897.jpg
樹齢100年の松の木の盆栽も元気でした~
愛情込めてお手入れしているからでしょうね♪

美しい音楽と美味しいお食事、そして何よりも一番楽しいお喋り♪
ぶっちゃけトーク炸裂で、楽し過ぎました~~
ああ、至福の一日・・・


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-05 06:17 | お呼ばれ&自宅でお食事

地球が壊れる前に!




ナショナル・ジオグラフィック制作の「地球が壊れる前に」♪
2016年10月30日に公開された、アカデミー賞俳優と共に行なう意識改革のドキュメンタリー映像です。
11月8日火曜日の14時までの限定で公開されています

素晴らしいです♪

国連大使レオナルド・ディ・カプリオが2年間にわたって世界中を旅して取材したドキュメンタリーで、制作総指揮は、マーティン・スコセッシ。

ディ・カプリオ・・・
若かりし頃の「タイタニック」でチャラい印象を持っている方もいるかもしれませんが、とんでもないです。
彼はすごい俳優さんです。
あの演技力はすごい!
大好きな俳優さんで、彼が主演する映画はかなり観ていたので、いつまでたってもアカデミー賞が取れないことにいらだっていました。
取れないのには裏があるとさえ思っていましたが、今年「レヴェナント」でようやくオスカーをとったので、一安心でした。
遅いくらいでしたね。

話がそれましたが、このドキュメンタリーから伝わる人間としてのディ・カプリオも本当に素晴らしいです。

気候変動の問題についてのドキュメンタリーですが、実に考えさせられます。
登場する方たちも素晴らしいです。
オバマ大統領やローマ教皇フランチェスコ1世も出てきますが、個人的には、ハーヴァード大の経済学者マンキューへのインタビューが面白く、元宇宙飛行士のプラス思考に感動しました(ガンの第4ステージで、残された時間が少ないからこそ、愛する地球と人類のために自分のできることをするというもの)。

気になってはいながらも、日々の生活に追われて考える暇がないというのが、現代人に共通する現実だと思います。
これは、日本の原発問題にも通じますが、「生活スタイルを変える」という覚悟がなければ、前には進まない問題です。
それが難しいのです・・

一人でも多くの方に観て頂きたいドキュメンタリーです。
1時間半と長いのですが、内容の濃さに引きつけられて、あっという間に観れてしまいます。
せめて30分だけも観て下さいね♪


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-04 07:17 | 映画・音楽・本・イベント


c0206352_03011071.jpg
地下鉄A線、共和国広場にあるローマ三越♪
主に観光客の方々が利用するとお思いでしょうが、実は現地在住の日本人もよく利用する場所なのです~
私はヘビーユーザーです(笑)。
何故かって?
クロネコヤマトのローマ支店が入っているし、日本へ一時帰国する時にお土産を買うのに便利だし、日本人サイズの豊富なフェラガモの靴があるからです~
それに、綺麗なトイレもあるし、WiFiがありますから、お買いものしなくても、実はトイレ利用で使ったりもしています(笑)。






c0206352_03003085.jpg
今日は、ローマ三越で、フェラガモの靴を買ってきました♪
嬉しい♪
他にも可愛いものを見つけたので、ついつい買ってしまいましたが、それはまた後日ご紹介します。

フェラガモのヴァラ、やはり永遠の定番ですね。
ハイヒールが好きな私ですが、これだけは別!
私は、日本でブームになるもっと昔の、30年前からヴァラを愛用しています。
一番好きなのは、雨にも強いエナメルタイプですが、今日は普通の黒にしました。
フェラガモの靴は少々お高いですが、何しろ履きやすいし、良いものは長く使えるので、長い目で見ると、結局、お得なのです。
お手入れさえしていれば何十年も使えます、これ、ほんと!

ちなみに、30年前、フェラガモのヴァラがいくらだったかを教えましょう。
当時の通貨単位はまだリラで、18万リラでした♪
貨幣価値が変遷しているので、単純にユーロ換算しても意味はないのですが、あえて現在のユーロに換算すると90ユーロ強になります。
でも、当時の一般的な人たちの平均給与は100万リラ(500ユーロ強)だったので、決してや安くない金額だったのです。
現在のヴァラの価格は、なんと!450ユーロです。
はっきり言って、高過ぎます!

これは、フェラガモに限らず、イタリアの各有名ブランドも同じで、昔はそれほど高くなかったのです。
私、当時はフェンディの靴も良く買っていましたから。
昔のフェンディの靴(30年前の話)は、現在トッズというブランドで有名なディエゴ・デッラ・ヴァッレが作っていたので、とても履きやすかったのです。
グッチも全然高くなかったです。
プラダはまだ無名でした(笑)。

いつの頃からか、ブランドものが買いやすい値段だとブランド価値が下がるというような風潮が生まれて、各ブランドが競うようにどんどん値上げするようになっていきました。
ブランドは、いつも憧れの存在でなければなりませんものね♪
ブランド側から見ると、これは正しいマーケティングですが、小市民の消費者側から見ると、あまり嬉しくないですね・・(苦笑)

とにもかくにも、この冬用に新しい黒のヴァラが欲しかったので、ようやく買えて嬉しいです♪
お洋服でも靴でも、新しいものを買うと気分が上がります~
小市民のわたくしですけど・・(苦笑)


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-03 06:49 | ファッション&アクセサリー

c0206352_02285119.jpg
可愛い♪
私は円形の教会が大好きなのです。

こちらは、サン・ベルナルド・アッレ・テルメ聖堂♪
テルメは浴場という意味で、このあたり一帯は、ディオクレティアヌス帝の浴場の跡だったのです。
この教会は、その浴場内のボール遊びをする施設があった場所に、1598年に建てられたものです。






c0206352_02321632.jpg
内部♪
直径22メートルの円形です。
訪れる人は誰もいません。
予想に反して、内部はとても明るかったのでした♪
壁がん(彫刻などを置く壁のへこみ)には8体の聖人彫刻がありますが、これらは、1600年前後にマニエリスム(ルネッサンスの後)のスタイルで、カミッロ・マリアーニが制作したものです。






c0206352_02393010.jpg
天井を見上げると、パンテオンそっくり♪
ただし、大きな穴は開いていませんけど。
でも、ここから明るい光が入るのですね。






c0206352_02403758.jpg
ランタンの一番奥には、精霊の象徴、ハトが描かれています。






c0206352_02414597.jpg
この聖堂には、ドイツ、ナザレ派の画家、ヨハン・フリードリッヒ・オーファーベックが眠っています。
ナザレ派と聞いても、よほど西洋美術がお好きでない限り、ご存じないかもしれません。

1809年、ウィーンで、オーファーベックを中心とする美術アカデミーの学生たちが始めた芸術運動で、アカデミーの決まり切った美術教育を否定し、キリスト教美術の精神性を取り戻そうと、ラファエッロ以前、つまり、中世末期からルネッサンス初期にかけての芸術家にインスピレーションを求めたものです。

1810年、オーファーベックは仲間と一緒にローマに来て、1813年にローマカトリックに改宗、そして、1869年で亡くなるまでの59年間、ローマの地で創作活動をしたのでした。
作品のほとんどは宗教的主題で、中世フレスコ画の復興にも取り組みました。
非常に質素な、まるで修道士のような生活をしていたと言われています。

1830年までにオーファーベック以外の画家はドイツに帰国したそうです。
オーファーベックは、よほどストイックな人だったんでしょうね・・


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-02 06:31 | ローマの美術散歩
c0206352_05120898.jpg
週末の夜は、心の友、さっちゃんと久しぶりにおデート♪
彼女と会う時は、暗黙の了解で、いつもここ♪(笑)
ナツィオナーレ通りそば、Mr.Chow(ミスタ―・チョウ)です。
ローマで一番美味しい中華料理屋さんだと思います。
(これまでも何度も登場していますね・・笑)

さっちゃんは、私がレオナルド本を翻訳するきっかけを作ってくれたお友だち♪
彼女がお誕生日にプレゼントしてくれたイタリアの原書を読んで、あまりにも面白いと思った私は、知り合いの編集者がいた河出書房新社に話を持ち込んだのでした。
さっちゃんがあの本をプレゼントしてくれなかったら、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」日本語版は世に出なかったし、私が翻訳家としての道を歩むことはなかったでしょう。
ということで、翻訳本のあとがきには彼女への感謝の言葉も入れています。






c0206352_05202720.jpg
まずは、前菜の焼き餃子~♪
すっごく美味しい♪
1人前をシェアーです。

郷に入れば郷に従え?で、イタリアの中華はイタリアナイズされています。
餃子や春巻きは前菜として食べて、その次にスープ、そして、ご飯やヌードル系、メインに続きます。
私たちは、スープは省略して、ご飯とおかずを一緒に食べたいので、餃子のあとは全部そろうのを待ちます。
量が多いのですべてシェアーします。





c0206352_05255246.jpg
いつも、ワンパターンのメニューになってしまいます。
好きなものを毎回頼んでしまうという習性を持っているのです、わたくし。
それにしても、中華は落ち着くわ~
最近、イタリアンばかり食べていたので、ホッとします。
ジャスミンティーにも心が和みます~






c0206352_05274231.jpg
ミスター・チョウ特製のレインボーチャーハン♪
ピノーリ(松の実)やレーズンが入っていて、あり得ない美味しさ♪






c0206352_05303136.jpg
お気に入りのイカと海老のチリソース煮♪
辛くて美味しいんです~






c0206352_05314627.jpg
牛肉とタケノコとキクラゲの炒め物♪
ホッとする味~




c0206352_05333224.jpg
デザートは~

さて、これ、何だと思いますか?
イタリア在住の方ならご存じだと思いますが・・

これもイタリアの中華ならではのメニューだと思いますが、「ジェラートのフライ」なんです。
他の国の中華料理にありますか~!?
イタリアだけだと思うのですが・・・

中華の揚げ物は少し重いですが、さすがミスター・チョウ。
天ぷらのように軽く揚げています。





c0206352_05360811.jpg
ナイフで綺麗に切れませんでした。
揚げ物とはいえ、中身のジェラートはまったく溶けていないので、固くてなかなか切れなかったのです。
ちょっとぐちゃぐちゃになっちゃった。
一見すると、まるでシュークリームのように見えますね。

「ジェラートのフライ」、ミスター・チョウならおススメです。
他の中華料理屋さんのものは、衣が多くてオイリーでかなり重いため、私はよそでは食べません。

ああ、美味しかった~
中華、最高~♪
美味しいものを食べながら、さっちゃんと積もり積もる話をたくさんしました♪
楽しかった~♪





c0206352_05492580.jpg
素敵~♪
さっちゃんが、出版のお祝いにプレゼントしてくれたスワロフスキーのボールペン♪
前から欲しいな~と思っていたんです。
嬉しい♪


「Mr.Chow」
Via Genova 29, 00184 Roma(地下鉄A線 共和国広場より5分)
12:00~15:00
17:00~23:00
いつもかなり混んでいます。


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-01 06:02 | ローマのグルメ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma