<   2016年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
特別公開♪ミトラ神殿@カラカラ浴場跡♪
c0206352_235583.jpg

少なくとも10年以上、修復のために閉鎖されていたカラカラ浴場の地下にあるローマ最大(世界最大と言ってもいいかも)のミトラ教の神殿が特別公開されました。
私は、会員になっている「ローマ地下の会」のお誘いで行ってきたので、一般公開に踏み切ったのかどうかは分かりません。
HPには何も書いてありませんし、2時間くらいの見学中、他の似たような会の見学はありましたが、個人的に入ってくる人はいませんでしたし。
鍵が閉まっているので、完全予約制だと思いますが、個人でも大丈夫なのか、指定の日にちがあるのかは分かりません。

ミトラ教の寺院は、ローマ市内とオスティア・アンティーカの遺跡に数多く残っていますが、お気軽に見学できるところは、サン・クレメンテ聖堂の地下に残るものだけです。
ただし、鉄格子から覗くだけで、中に入ることはできません。
ローマで過去に一般公開されていたミトラ神殿も、今では完全閉鎖か、月に2度ほど特別公開(個人は不可)するのみです。

オスティア・アンティーカの遺跡では、私は古い地図を片手に大冒険をして、ミトラ神殿をたくさん見ましたが、この場所も現在では地図に記載されておらず、行くことができません。
外からも見ることができません。
だから、大冒険だったのです~
それでも、古い地図に載っているのにどうしても見つからなかった神殿があって、あとで、「ローマ地下の会」の友人に聞いたら、どこにあるか教えてくれました。
わざと分からないようにしているらしいです。
立ち入り禁止のバーを越えていかなければならないと言ってました(きゃあ~)。

興味のある方は、以前、ブログ記事にしていますので、見てみてくださいね。
オスティア・アンティーカのミトラ神殿
サン・クレメンテのミトラ神殿
ローマのチルコ・マッシモのミトラ神殿












c0206352_2433216.jpg

さて、カラカラ浴場のミトラ神殿です。
まず、これまで公開されたことのないロタトリアにも入ることができました♪

カラカラ浴場は古代ローマ最大の浴場でしたから、その地下ではお湯を沸かしたりパンを焼いたり、様々な作業が行なわれていました。
当然ながら荷馬車が通れないと何も運べませんから、地下の道路の幅は6メートルもありました。

ここは、そういう作業をする場所の始まりに当たる部分で、丸いロータリーのようなものがあります。
写真では分かりにくいかな?
ここから先はいくつもの道が続いています。
もちろん、鉄格子で阻まれていて、行くことはできません。











c0206352_2525560.jpg

ロタトリアの横♪
発掘されたものが無造作に置かれています。











c0206352_2543617.jpg

ミトラ教の寺院♪

いや、これは本当に感動ものでした♪
よく言われることですが、「カラカラ浴場のミトラ神殿は大したことない。ただ広いだけだ。」
確かに、チルコ・マッシモやサント・ステファノ・ロトンド聖堂のミトラ神殿のように、ミトラ神の彫刻や浮彫があるわけではなく、バルベリーニ宮殿の地下にあるミトラ神殿のように、美しいフレスコ画があるわけではありません。

だけど、この広さは尋常ではありませんでした。
実に感動的でした。
洞窟の中でひっそりと・・というのがミトラ教で、普通は20人から30人程度の信者(男性のみ)が入れるくらいの大きさしかないのです。
これを作ったカラカラ帝も信者だったということですから、アレクサンダー大王に心底憧れていたカラカラ帝が、何事も世界一の大きさを求めたからではないかと、私は思うのですが、何故このような巨大なミトラ神殿が作られたのかは、謎のままのようです。

神殿には前室が3つありましたが、ごめんなさい、省略します。
写真の整理が追いつきません・・











c0206352_321193.jpg

修復されたフレスコ画もありましたが、残念ながら完全ではありません。
ミトラ神が青い惑星を手にしているところです。
こういう構図を見ると、古代の人は地球が丸いことを知っていたのだろうな・・と思わざるを得ません。











c0206352_3232742.jpg

両端には、もちろん、ミトラ神殿独特の作りである宗教的祝宴儀式のために座る場所もあります。
ここでパンとワインを食べるのです。
ミトラ神の誕生日は12月25日ですし、どう考えても、キリスト教が真似した(?)としか思えません。

正直に言いますと、キリスト教ほど心の狭い宗教はないと思います(キリスト教徒同士であれば寛大だし、今のフランチェスコ教皇は心の広い方だとは思いますが)。
現在残っているミトラ教に関する資料は、ローマの宗教界を制圧したキリスト教徒が書いたものがメインになるので、それをそのまま信じるわけにはいきません。
キリスト教優位の立場で、ミトラ教を貶めるために、真実でないことが書かれていることが多いと言われています。











c0206352_3285614.jpg

血の溝。
すごい名前ですが、これはミトラ教の儀式で使用されたものです。
この神殿には、他の神殿には残っていない「血の溝」があるのです。
ミトラ教では、入信(最初のイニシエーション)する時、もしくはそれ以降の儀式の際も(?)、犠牲となる雄牛の生き血を体中に浴びなければならないのです。
つまり、この溝というか穴の中に信者が位置して、その上に雄牛を乗せて殺すわけです。
信者の段階には七段階あって、恐怖感の克服もしなければならなかったのです。

しかしながら、雄牛は巨大な動物なので、たとえ、この神殿がローマ一の大きさを誇っていたとしても、また地下道の幅が6メートルあったとしても、雄牛を実際に使うのは難しかったのではないかと考えられています。
おそらく、子牛を使ったのではないかと・・











c0206352_336283.jpg

祭壇♪
特に目立つものは何も残っていませんが、私は、この大きさだけで感動して胸がいっぱい♪

ミトラ教は、古代ローマ時代紀元前1世紀から紀元5世紀にかけて軍人を中心に信仰された宗教です。
もともとは、ペルシャのゾロアスター教から来たものだと言われています。
星座や天文学と大変な結びつきを持った宗教です。
説明を始めると1冊の本が書けるくらいになるので(笑)、省略しますね・・

ミトラ神は岩から生まれ、生まれた時には既に青年でした。
この世に救いをもたらす宗教観が、忠誠、服従、信頼、敵への勝利を強調したものであったことから兵士たちに好まれていたのですが、キリスト教の台頭とともに、4世紀以降、ローマの表舞台からは姿を消しました。











c0206352_4275840.jpg

この写真は、約2年前に行ったチルコ・マッシモのミトラ教の寺院で撮ったものです。
ミトラ神が雄牛を殺すところをレリーフ〈浮彫)で表わしています。
犠牲の雄牛から目を背けているように見えるのは、ミトラ神のマントが太陽神を表わし、それを振り返っているからです。
実際に、太陽神が左側に見えます。
月の神も右側に見えます。
ミトラ神=ペルセウス、とも言われています。

よく見ると、ミトラ神が短剣を雄牛に突き刺した首から流れる血に犬と蛇が張り付いています。
そして、雄牛の睾丸にはさそりが毒を刺しています。
これらの動物は、ミトラ神の概念が生まれた時代(紀元前12世紀)の天球赤道、おうし座のあたりに位置していた星座の名前だそうで、当時の春分の日3月21日にはおうし座の位置に太陽があったそうです。
現在の春分の日とは星座の位置が変わっているのだとか・・

何とも神秘的なお話ですが、話が難しくなってしまったので、このへんで。
疲れた~~~


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-29 06:26 | ローマの美術散歩
ミモザ会のお食事♪

c0206352_6551758.jpg

ミモザ会(ローマ日本人会婦人部)の続きです~
サン・ロレンツォ・イン・ミランダ聖堂を見学した後は、親睦会も兼ねたランチです♪
フォロ・ロマーノから少し離れたカヴール通りの近く。
たぶん、こんなところを歩くのは初めてです。











c0206352_6573259.jpg

場所柄、もっと庶民的なお店かと思っていたのですが、小洒落た感じのお店です♪











c0206352_6584529.jpg

スタイリッシュなお店です~
今日のお料理は、前菜とプリモのパスタを何種類か楽しむようです。











c0206352_6592621.jpg

アンティパスト~♪
フィノッキオをグレープフルーツやオレンジ等の柑橘系で和えていて美味しい♪
青りんご添えのスモークド・サーモンも美味しい♪
フルーツを合わせるって、爽やかでいいですね♪











c0206352_722099.jpg

プリモの第一弾、ラヴィオリ~
美味しかったけど、どんなのだったか忘れちゃった・・
たぶん、バターでシンプルな味付け・・(笑)











c0206352_735689.jpg

プリモの第二弾、シーフードのニョッキともう一つは生ハムかスペックで何かをくるんだもの・・
ああ、自分で注文したものでない場合、メニューはその都度書いておかなきゃ、忘れます。
両方とも美味しかったです~

少しずつ色々な種類を味わうっていいですね♪











c0206352_773094.jpg

デザートも2種類♪
こちらは、あまり好みではなかったかも・・










c0206352_784446.jpg

食後のコーヒー♪

ミモザ会のお食事でのお席はくじびきで決めるので、誰と一緒になるかいつもドキドキです。
ほとんどが知らない人ですので。
でも、それはお互い様ですね・・

仲良しのお友だちは、遠くのテーブルへ・・
でも、前回のミモザ会で親しくなった方が、また今回も近く~♪
よかった~♪
もちろん、初めての方々とも楽しくお喋りしましたけど♪

ミモザ会の役員の皆さまは本当に大変ですね。
毎回、どこを見学するか決めて、見学場所の近くにレストランを見つけて、アポイント。
お気楽に参加できるのも、日本人会とミモザ会のおかげです。

現地在住の国際結婚組、日本企業や公的な立場の駐在でいらした方、さまざまなバックグラウンドを持った方たちが、世代を超えて、今、ローマにいるという共通感覚で出会える場所がミモザ会なのかなぁ・・
私自身、ローマでの日本人のお友だちは少ないので、色々な方と出会うことによって視野が広がります♪
でも、知らない方がほとんどなので、緊張感はいつもあります・・(笑)。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-28 05:50 | ローマのグルメ
薬屋(薬剤師)同業組合博物館@ミモザ会♪

c0206352_6115011.jpg

水曜日のミモザ会(ローマ日本人会婦人部)の続きです~
フォロ・ロマーノに隣接するサン・ロレンツォ・イン・ミランダ聖堂の地下に降りました~
地下は地下でも、フォロ・ロマーノの地盤と一緒ですね。











c0206352_6132541.jpg

ここには、昔、お薬を作るために使った道具などが展示されています。
この聖堂は、15世紀初頭、当時のローマ教皇マルティヌス5世によって薬剤師同業組合に授与されたため、薬の製造に関する古いものがたくさん残っているため、現在、博物館となっているのです。













c0206352_6162088.jpg

薬草を入れていた容器です。
14世紀のもので、陶器の手作り品です。
幾何学模様が多いのは、アラビアから入ってきた当時の流行だとか・・
綺麗なブルーが使われることが多かったのですが、このブルーはコバルトから作った色で、酸化しにくい特色があったからだとか♪











c0206352_6222336.jpg

こちらの棚のものは陶磁器製で、どれも同じ形をしています。
そう、手作りではなく、工業製品です。











c0206352_6543134.jpg

現在でもアヘンはモルヒネの製造に使われますが、イタリアでは昔からアヘンとマムシの頭を粉状にして混ぜ合わせたお薬があったそうです。
テリアカという名称で、万能薬として、何にでも使っていたそうで!
頭が痛い時、お腹が痛い時、どんな時でもテリアカ!
アヘンですもの、そりゃあ、効きますよね・・
怖っ!











c0206352_6234923.jpg

こちらは近代のもので、21世紀初頭、第一次世界大戦前のもの。
左が血圧測定器、右が錠剤を作る時の道具です。











c0206352_6254096.jpg

今度は聖堂のてっぺんへ~
一番上の窓からは、こ~んなに素晴らしいフォロ・ロマーノの風景が見えます♪











c0206352_6263578.jpg

15世紀末の古文書が展示されています。
聖ラウレンティウスを描いた美しい色彩が綺麗に残っています。











c0206352_6283945.jpg

前方がこれから修復される1700年代の帳簿♪
後方がちょうど修復が終わったばかりの帳簿です。











c0206352_630822.jpg

修復されたページ♪
長い年月の間についた虫や虫の卵は、酸素のない空間に入れて、殺すそうです。
そして、透明な和紙を張って、穴の開いた部分を補強していくそうです。
この写真では、張った和紙が良く見えるでしょう?
和紙って優れものなんですね♪

この聖堂は、予約制で訪れることが出来ます(もちろん、地下もてっぺんも!)。
個人の場合なら一人当たり10ユーロ、団体の場合は割安になります。
古文書の修復費用や博物館の維持費のためです。
ちゃんと専門の学芸員(研究員)がガイドしてくれますし、とっても親切な方たちだったので、有意義な時間となりました~


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-27 06:32 | ローマの美術散歩
仲良しランチ会♪
c0206352_3244997.jpg

今日は、久しぶりに仲良しのFUJIKOちゃんとRちゃんとランチ会でした♪
三人ともほぼ同じ時期に日本へ一時帰国していて、ようやく会えた感じ。
マルグッタ通りに住んでいるFUJIKOちゃん御用達のレストラン「Osteria Margutta」(オステリア・マルグッタ)で待ち合わせです。

昨日のミモザ会の続きもまだまだありますが、それは後日~♪











c0206352_3293580.jpg

レストランの中は、こんな感じ~
外観とずいぶん違います。
ランチタイムが始まったばかりなので、まだ人はまばらですが、このあと、どんどん混んできました。











c0206352_3441713.jpg

3人なので、ワインはボトルで赤~
メルローです。











c0206352_3305442.jpg

お野菜から食べるほうが健康にいいので(日本的ですが)、まずはお野菜から行きました♪
私は、この時期にローマでしか食べられないプンタレッレ♪
FUJIKOちゃんとRちゃんはチコーリア♪
本当は、ブランディで炒めたスピナッチがとっても美味しいそうで、それを頂きたかったのですが、今日はスピナッチがないとのことで。











c0206352_3353953.jpg

パスタは、久しぶりにヴォンゴレ(あさり)♪
FUJIKOちゃんはシンプルなトマトソース、Rちゃんはカルボナーラ♪










c0206352_337345.jpg

デザート♪
ピノーリ(松の実)のケーキとさくらんぼのケーキを1つづつ取って、シェアー♪











c0206352_338411.jpg

食後のコーヒー♪

FUJIKOちゃんが1月に東京で行なったリサイタル(大成功でした!)のお話やRちゃんの息子くんのお話、まぁ、本当にいろいろと楽しくお喋り♪
いや、ほんと、何気ない会話が人生勉強になります。
同世代のお友だちっていいですね♪
ほっこりの時間でした~

FUJIKOちゃんは熟年でサンタ・チェチリア音楽院の大学院に入りましたが、この2年間、本当に頑張ったと思います。
プロのオペラ歌手でありながら学生♪
向上心あふれる女性です♪
お仕事と両立しながら、学科の単位をクリアーしていくのは大変だったと思います。
論文も口頭試問も終わって、あとは実技の卒業試験が残るのみ。
すご~い♪
マダム・バタフライなので満点間違いなしですが、お友だちは卒業試験の発表を見に行けるそうなので、Rちゃんと一緒に行こうと思います♪

あ~あ、今日もたくさん飲んで食べちゃった・・
もちろん、お夕飯は食べませんでしたけどね♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-26 05:46 | ローマのグルメ
サン・ロレンツォ・イン・ミランダ聖堂@ミモザ会♪
c0206352_2453519.jpg

久しぶりのコロッセオ~♪
あまりにも見慣れた景色なので、さすがに深い感慨を抱くことはありませんが、こういう風景が日常って、やっぱりいいな・・と思います。

今日はローマ日本人会婦人部ミモザ会でした~
絶対に雨だと思っていたのに、晴れ♪
よかった♪
ヒールのパンプスでお出かけできた~










c0206352_304813.jpg

今日の見学は、サン・ロレンツォ・イン・ミランダ聖堂♪
フォロ・ロマーノにある紀元141年建立のアントニウス・ピウスとファウスティーナ神殿のポルティコ(柱のある玄関)の裏側にある聖堂です。

サン・ロレンツォは聖ラウレンティウスのことです。
キリスト教がまだ禁じられていた4世紀、ウァレリアヌス帝の時代に逮捕され、この場所で死刑判決が出されました。
殉教の際、彼は生きながら熱した鉄格子の上で火あぶりにされたのですが、その際、火あぶりが始まって数分後、兵士に向かって「こちら側は焼けたから、ひっくり返してもよい」と伝えたと言われています。
そのため、この殉教した聖人に捧げる聖堂が7世紀から11世紀の間(はっきりした時期は定かではない)に建立されました。

聖堂の名称の後半、イン・ミランダは、イタリア語でmirare(ミラーレ:眺める、見とれる)という意味から来ており、眺めの良い場所と言う意味です。

現在の姿は、1602年にオラッツィオ・トリアーニという建築家が改修工事をしたものです。











c0206352_3123977.jpg

聖堂をフォロ・ロマーノ側から見ると、こんな感じです。
この写真は去年の9月、友人の大学教授ご夫妻がいらっしゃった時にフォロ・ロマーノを見学した時に撮ったものです。
今日の見学は、聖堂の現在の入り口から入ったので、フォロ・ロマーノ側からは見ていませんので。
要するに、アントニウス・ピウスとファウスティーナ神殿のポルティコの裏側に建立したということです。












c0206352_3172335.jpg

聖堂はそれほど大きなものではありません。
建立された当時は、フォロ・ロマーノの遺跡が土中に埋まっていたため、地盤が現在の高さとほぼ同じでした。
ですので、その頃の聖堂の入り口は、写真に見えるフォロ・ロマーノ側の扉でした。
しかし、19世紀初頭から遺跡の発掘が始まり、それに伴って、フォロ・ロマーノが古代ローマの地盤まで下がってしまったため、扉のあった所は現在ではバルコニーになっています。











c0206352_3221470.jpg


c0206352_3224149.jpg


c0206352_323720.jpg

バルコニーから神殿の下に向かって写真を撮ってみました♪










c0206352_324163.jpg

フォロ・ロマーノの神殿側からバルコニーがどこにあるのか見てみましょう♪
しょうど写真の中央にブロンズの扉が見えるでしょう?
それが、現在聖堂のバルコニー、かつては聖堂の入り口だったところです。
この写真は、神殿の柱がまだ修復中なので、2014年に撮ったものだと思われます~
SDカードを探して膨大な写真の中から見つけました。













c0206352_334982.jpg

主祭壇の祭壇画は、盛期バロックの巨匠の一人、ピエトロ・ダ・コルトーナの描いたものです。
「聖ラウレンティウスの殉教」♪
コルトーナと言えば、なんといっても有名なのがバルベリーニ宮殿の天井のフレスコ画です。
以前、簡単な記事にしていますので、よかったら、こちらを~


コルトーナは、バルベリーニ家出身の教皇ウルバヌス8世の時代に、ベルニーニとボッロミーニとともに三大巨匠と呼ばれた建築家(画家でもありましたが)です。
ローマにも多くの素晴らしい建築と絵画、フレスコ画が残っています。












c0206352_3292992.jpg

かなり傷んでいますが、盛期バロック、ボローニャ派の画家、ドメニキーノの祭壇画もあります。
「聖母と聖フィリッポと聖ジャコモ(ヤコブ)」♪
絵が描かれた直後から傷み始めて、すぐに修復作業に取りかかったそうですが、上手く出来ずに、余計にひどくなってしまったそうです。










c0206352_345867.jpg

聖堂内を上から見たところ♪

この聖堂は、1428年から1430年くらいに、時の教皇マルティヌス5世〈コロンナ家出身、アヴィニョンの教皇捕囚時代が終わった後も、ローマとアヴィニョン共に教皇が並び立つ教会大分裂が続き、それに終止符を打った教皇)が、薬屋の同業組合に授けました。
そのため、聖堂の地下は、当時の薬を作る道具などが展示される博物館になっています。
また、上には、オフィスがあって、古文書(薬屋さんの帳簿や組合の規約書)の修復を管理したり、展示したりしています。

写真は、上にのぼる時に撮りました。
もちろん、地下も見学しましたが、あまりにも長くなってしまうのと、写真の整理がまだなので、今日はこの辺で。

久しぶりに芸術関係の記事を書きました。
まぁ、本当に時間がかかること!
やってられないかも・・(笑)。

ちょうど抱えている仕事の小さな山を越えたばかりで、日本の出版社から校正刷りが送られてくるまで、多少の猶予がありますので、この時期にお出かけをしておきたいと思います。
お仕事モードに入ったら、ひきこもりになってしまうのでね。

でも、お出かけしたらしたで、写真の整理とサイズの収縮が大変だわ~
記事も大変だけど・・
端折って書くこともあるかもしれませんが、あしからず♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-25 04:07 | ローマの美術散歩
満開だけど・・

c0206352_253834.jpg

中庭のプラム(西洋すもも)の花が満開です~

中庭というより、庭の中にアパートがあるって感じですけど(笑)。
でも、中庭です。

ローマは異様な暖かさ。
でも、お天気がすっきりしません。
たぶん、明日は雨・・
いやだなぁ・・
お出かけの日なのに。
レインブーツ、履きたくな~い!
高いヒールのパンプスが履きたいのに~~













c0206352_24534.jpg

お花が満開でも、このお天気じゃね・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-24 02:14 | ローマの日常
朝風呂♪
c0206352_20423573.jpg

朝風呂~♪

お風呂大好きなのに、最近は時間が惜しくて夜寝る間に簡単なシャワーで済ませていた私!
西洋人のシャワーは朝ですが、どんなに長くイタリアに暮らしても、私はやっぱり夜派です。
だって、シャワーと言えども、夜身体を綺麗にして寝ることで、一日の疲れが取れるでしょう?
この感覚、こちらの人にはないようです。

今朝は、あまりにも疲労感があったので、1週間の始まりの月曜日、朝風呂をすることにしました~
肉体的疲労ではなく、机に向かってあまりにも頭を使い過ぎたことによる疲労感です。
これ、ある意味、肉体的疲れよりも、たちが悪いですね~

1つの小さな山をなんとか越えるところなので、今週出席を予定しているミモザ会(ローマ日本人会婦人部のお出かけ)には、なんとか行けそうです。
お友だちにも会えるので楽しみですが、その前に山越えを終わらせなきゃ~

朝風呂は、とっても気持ちが良かったです♪
何か月もお風呂に入っていなかったホームレスの気分かも!?


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-22 20:55 | ローマの日常
あり得ない大きさ♪
c0206352_7231258.jpg

あり得な~い!
このピッツァの大きさ!
信じられな~い!
どれだけ大きいか、お皿を横に並べてみました。
左のお皿が普通サイズのお皿で、直径24cm。
右のお皿がピッツァ用のお皿で、直径32cm。
ピッツァ用のお皿の大きさを軽く超えていま~す。

別に特大のピッツァではなく、買ったお店では普通サイズです。

今日は、本当は外にご飯を食べに行く予定でしたが、ちょっとお仕事が詰まっていて、なるべく机に向かっていたかったので、ピッツァをテイクアウトすることにしました。
外に食べに行くと、夜の時間が全部なくなってしまいますから。

ピッツァは美味しいけど、消化が悪くて重いし、カロリーが高いのでなるべく食べたくありませんが、イタリアで出来合いの物というと、こういうものしかないのです。

しかし、この大きさ!
食べられるわけないでしょう!
買いに行った夫によると、お店はお持ち帰りのお客さんで大賑わいで、一人で6つくらい買っていくお客さんもいたとか・・

いくらローマのクリスピーピッツァだと言っても、あまりにも大き過ぎます~
参りました~
半分しか食べられませんでした。
えっ?
半分でも凄いですか?
普通の日本人なら4分の1くらいしか食べられないかもしれませんね。

でも、美味しかったです♪
ちなみに、私はアンチョビの入ったナポリが好きです♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-21 07:36 | ローマの日常
良い週末を♪

c0206352_6474437.jpg

大好きなチューリップ♪
一番好きな花とは言いませんが、チューリップ、大好きです~
どの色も好きだけど、やっぱり赤とピンクが好きかな~
チューリップってトルコ原産のお花だったんですね・・
ちょっとイメージじゃなくて、ビックリしたかも・・

ここ数年、どんなお店の前にも必ず自転車が置いてあって、もはや、ローマでは自転車がお店の欠かせないデコレーション要素になっている感じ♪

チューリップを見たら、春~~~と、華やいだ気分になったのですが、現実は全然!
なんだかパッとしないお天気のローマです。
暖冬で寒くはないけど、どんよりの空・・
ときどきお日様が出ることもありますけど。

まぁ、私はお出かけなどしている場合ではないので、お天気はどうでもいいですけど。
雨はイヤかも・・
皆さま、良い週末を♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-20 06:59 | ローマの日常
盛り上がった悪口♪(笑)
c0206352_8223330.jpg

今日は、ローマで一番古いお付き合いの仲良しさんがおウチに来てくれたので、近所のお気に入りのオーガニック料理のレストランでランチをしました♪
ポテトのお店です~

ありがたいわ~
わざわざ来てくれて♪
ローマに戻って以来、初めてのお友だちとのランチです♪











c0206352_8255072.jpg

まず、本日のおすすめ料理を頂きました~
私は水牛のモッツァレッラ・チーズと何ちゃら言うチーズを入れたナスの包み焼き♪
まさか、こんな大きなモッツァレッラが丸ごと来るとは思ってなかったので、びっくり~
これだけで十分な感じですよね・・
だけど、めっちゃ美味しかったんです~
お友だちはクスクスを頼んだのだけど、これまた凄いボリューム♪
これじゃあ、ここの名物ポテトが食べられなくなるじゃないの~~~











c0206352_8302737.jpg

名物のポテト~♪
いえいえ、既に頼んでいたので、食べましたとも~♪
いつも、ワンパターンでゴルゴンゾーラ・チーズソースかけだったのですが、今日は変えてみました~
タルトゥーフォとカルチョーフィのクリームソースかけ♪
美味しかった~♪

当然ながら、お夕飯は食べませんでした・・
いくらなんでもね~










c0206352_8342698.jpg

食後のアメリカ―ン♪
こっちのアメリカンは、日本で言うブレンドです(笑)。

今日は屋外の席に座ったので、なんとランチタイムが終了したあとも、ずう~っとここでお喋りしていました♪
清算だけしていれば、全然うるさいことを言わない良いお店♪
なんと、夕方5時半まで~~

だって、話があまりにも盛り上がったんですもの~
イタリア人とイタリア社会の問題点でね・・
彼女は特に数年前に起業してイタリア人の従業員を雇っているのでなおさら~
あまりにも細かい法律が山ほどあって、それがイタリアでのビジネスを複雑にしているのです。
いや、大変らしいです・・ほんと!

それに、はっきり言って、10人のうち、まともに働くのは3人くらいしかいないのがイタリア人!
真面目な話、郵便局に行っても、市役所に行っても、銀行に行っても、やる気のない態度でボーっとしている人ばかり!
窓口で私用のお喋りを携帯でするのは当たり前~
道を掃除する清掃員も、ほうきを持っているだけで、やっぱり携帯で喋りまくっている~~
全然お掃除してない!
給料どろぼう~~!!

口を動かすのはお得意だけど、口が動くと手の動きが止まってしまうので、仕事にならない。
非効率を絵に描いたそのままの人種がイタリア人です。

こういうのを人間的だとか、やたら美化する日本人も多いけど、それは違います!


イタリアの若者もね~
私も彼女も子どもを持っているので、たとえ、今現在子どもたちがイタリアに住んでいなくても、20代前半のイタリアの若者の動向には詳しいのですが、まぁ、お話になりませんね~
あり得ないような日常生活!
大学生も、試験期間中以外は、毎日お出かけ。
そのお出かけも、約束は夜の11時以降・・
帰宅は早くて夜中の2時、通常は3時4時・・
毎日昼過ぎまで寝る・・
恥ずかしながら、息子もローマに帰省すると、高校時代の友人たちとこういう生活になります。

私が夫に、「こんな国、他にないと思うわ」と言うと、イタリア人お得意の言い訳が~
「悪しき若者の習慣になってしまったけど、アメリカから入ってきた流行なんだよ。」←違うと思います。
こうして、絶対に原因を他に作るイタリア人。
自分たちが悪いわけじゃない。
それをもたらしたアメリカ人が悪い。
アメリカ人、関係ないでしょう、絶対!

若者たちもなんだかなぁ・・
不況だ、仕事がない、まぁ、色々言ってますが、確かに仕事がないのも事実でしょうが、まったくないわけではない・・。
結局のところは、単に大人になりたくないピーターパン症候群なのでは!?
何年たっても大学を卒業しない子も多々・・
親元にいれば、マンマのご飯を食べて、衣食住は保証されているし、お小遣いもらって、何の責任もなく、不況で仕事がないを理由にのんびり~、快適ですものね~
大人になるということ、つまり自分で自分の人生に責任を持つことが怖いだけでは?

お友だちは、イギリスの大学に進んだ子とイタリアの大学に進んだ子を持っているのですが、いる環境によって、ここまで変わるものか・・と言っていました。
意識に差がある!
イギリスの大学へ行って現在はアジアで仕事をしている彼女のお子さんは、ウチの息子と同級生でもありますが、イタリアへ帰省しても、ローマに残ったイタリアの友人とは話ができないと嘆いているそうです。
彼らには、もちろん、焦りもなく、野心も目標もない。
親元にいれば生活が保障されている現状が心地よいらしいです。
意識が違うんですよね・・

まぁ、ちゃんとした子は、エラスムス(EUの交換留学制度)で海外に出たり、いろいろやってますからね~
ウチの近所の子も、たいていは大学院から海外で、そのまま、そこで仕事を見つけるパターンです。
できる子は皆、海外に行ってしまうから、そのうちイタリアの未来を担うまともな子がイタリアにはいなくなってしまうかもしれません。

「この国、よく動いてるよね!?」
と、お友だちとも話しましたが、おそらく30%もいないと思われるまともなイタリア人たちが支えているんでしょうね・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-02-19 09:24 | 日本2015年~16年
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
簡単ピザランチ@おウチ♪
at 2017-04-28 05:00
耐震工事開始!
at 2017-04-27 06:15
今日のおやつ♪
at 2017-04-26 05:58
サンタ・マリア・ソプラ・ミネ..
at 2017-04-25 03:39
お買いもの♪
at 2017-04-24 00:11
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31
イライラの日々。
at 2017-04-21 19:47