<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
女教皇ジョヴァンナ♪
c0206352_203713.jpg

中世の伝説で855年から858年まで在位したと言われる女性のローマ教皇ジョヴァンナ。
もちろん、ずっと男装していて教皇にまで上り詰めたわけですから、当時はジョヴァンニでしたけど・・
実に優秀な人だったそうですが、若い愛人を持っていました。

この写真の場所が、ジョヴァンナが、お輿の上で、突然陣痛を起こし、出産した場所だと言われています。
ちょうど、聖ピエトロ寺院からサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ聖堂へ向かう道のりの上で、サンクレメンテ聖堂近くの路地です。











c0206352_291583.jpg

小さな祠(ほこら)になっています。

当時、沿道で行列を見ていたローマ市民は、カトリック教会の最高峰、男であるはずの教皇が突然子どもを産んだことに驚いて、石を投げつけて、女教皇は死んだと言われています。

歴史家たちは創作上の人物と考えていますが、どうなんでしょうね・・
ヴァチカンがこの話を否定するのは当たり前だと思いますけど、火のないところに煙は立たないと言いますから、いくらかの真実は含まれているのではないでしょうか。
こんな祠が存在していること自体、まったくの戯言とは言えないような気がします。

実際、この事件の後、教皇の候補者が座らなければならなくなったと言う椅子は、座る部分に穴が開いていて、教皇の性別判定に使われたと言いますし。
そうです、ちゃんと、ついているものがついているかを見るために穴が開けられたのです。

そして、この大理石の聖座は、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ聖堂に実際に存在していましたし、現在はヴァチカン美術館にあります。

私は、こういうことは、本当だったら面白いと思うので、信じたいです。

女教皇の生んだ子どもは助けられたと言いますが、その後、どうなったんでしょうね・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-31 05:59 | ローマの美術散歩
チヴィタ・ブランドの香水と石けん♪

c0206352_5513996.jpg

チヴィタの町では、訪れる人たちが、こういう可愛いおウチの周りにある低い塀や階段に座って、何をするわけでもなく時間を過ごす人が多いのです。
私たちも、そんな感じで、サン・ドナート広場に座っていました。
日陰にいると涼しい風が吹いてくるし、そこにいるだけで心地よいのです。










c0206352_5142818.jpg

サン・ドナート広場に新しいお店が出来ていました。
チヴィタ・ブランドの香水を立ち上げたようです。
ちょっと笑っちゃったかも・・
もちろん、微笑ましいという気持ちをこめてです♪

香水は3種類あって、試してみたら爽やか系で甘い香りのものがあったので、お値段もそんなに高くなかったし、チヴィタに貢献する意味合いも込めて、買ってみました。
こういうのを無駄遣いっていうのでしょうね・・(苦笑)
決まった香水を使っている私なので、実際にこれを使う可能性は少ないですから。











c0206352_5181814.jpg

香水の瓶がシンプルで好きです。
クリスタルだそうです。
そして、石けんも一つ頂きました。
石けんに目がない私なので(笑)。











c0206352_521324.jpg

チヴィタの石けんといえば・・
昔から私のブログを読んで頂いている方はご存じだと思いますが、ブログにも度々登場した私のお気に入りの石けんがありました。
このお店です~











c0206352_5325785.jpg

石けんは健在でした!
この、オリーブオイルをベースにした自然派の石けんは、色々な種類があって、見た目も美しく、香りも良いし、肌への心地よさも最高で、特にバラの花びら入りのバラの石けんが私のお気に入りだったのですが~
一つ一つ包装されて、お値段も上がっていました。
昔は、ボーンと裸で置いてあって、重さによる量り売りで、すごく安かったのですけど。
というわけで、今回は大人買いはなしです~











c0206352_5394862.jpg

バラの石けんを少しと、夫の好きな蜂蜜を買いました♪
蜂蜜の写真はなし~











c0206352_5431216.jpg

地下への階段♪

このお店の地下には、3000年前のエトルリア時代の貯水槽があるのです。
お店の人に一声かければ、無料で見学することができます。
もちろん、何も買わなくても。











c0206352_5455128.jpg

3000年前のエトルリア時代の貯水槽♪
外は真夏の暑さなのに、地下はひんやりしています。

こういうエトルリア時代の遺跡は、この町のほとんどの建物の地下に残っています。
そういう場所を利用して作ったレストランも何件かありますし、1ユーロの料金で見学できる所(ピノキオの映画でゼペットおじさんの家として撮影された場所)(←クリックすると過去記事に飛べます)、無料で見学できる所、さまざまです。
チヴィタ・ディ・バニョレジョは、3000年の歴史を誇るのです~

c0206352_232912.jpg

橋の陸地側にあるジェラート屋さんで、車を取りに行った夫を待つ私♪
大好きなキノットをお供に♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-30 06:12 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
お気に入りのレストラン@チヴィタ・ディ・バニョレジョ♪

c0206352_2275745.jpg

「Osteria del Forno di Agnese」(オステリア・デル・フォルノ・ディ・アニェーゼ)♪
チヴィタ・ディ・バニョレジョでの私のお気に入りのレストランです。
シーズン中の日曜日とあって、ものすごく混んでいました。
写真は、お食事の後に撮ったものなので、静かそうに見えますが、ランチタイムにはものすごい行列ができていました。











c0206352_233236.jpg

いつもは、中庭のテーブルで食べるのですが、今回はエアコンのきいた室内に案内されました。
涼しくて、かえって良かったかも・・










c0206352_2364118.jpg

私は、いつも、ここではワンパターンです。
今回こそは違うものを!と思っていたのですが、黒トリュフの手打ちパスタ(ウンブリケッリ)があまりにも美味しいので♪
夫は、ピスタッキオのペーストで♪










c0206352_239546.jpg

は~い、ここでの、私のワンパターンのセコンドです。
サルシッチャとチコーリア♪
サルシッチャが好きなのではなく、ここのサルシッチャが好きなのです。
普段、私はサルシッチャを食べません。











c0206352_241260.jpg

夫は、ポークの骨付きステーキとトマトのパン粉焼き♪

ここは、素朴な田舎料理がとても美味しいのです。
何を食べても外れません。
チヴィタには洗練されたお洒落なレストラン「アルマ・チヴィタ」もあって、今回こそは、そこに行こうと思っていたのですが、ついつい、こちらに来てしまいます。












c0206352_2425129.jpg

デザートのレモンのシャーベット♪
ティラミスーが美味しくて有名なレストランですが、私にしては珍しく理性がきいて(笑)、さっぱり系のシャーベットにしました~










c0206352_2444271.jpg

食後のコーヒー♪









c0206352_22522458.jpg

「L'arco del gusto」♪

近くに、こんなお店もできていました~
クラフトビール(地ビール)とフォッカッチャのお店です。
クラフトビールは、まさにここだけのものなので、希少価値がある上にとっても美味しいらしいです。
夕方、夫が飲みに行きました(私はビールは苦手!)。
ここは、作り置きではなく、パニーノもその場で作ってくれます。
信頼できま~す。
軽いランチの場合はお勧めです~











c0206352_1254451.jpg

3000年前のエトルリア時代の洞窟を利用した、こんな一杯飲み屋(笑)もあります~










c0206352_1291193.jpg

夫がクラフトビールなら、私は、こちらで地ワインとブルスケッタです~










c0206352_574937.jpg

チヴィタの可愛い街並み~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-29 06:20 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
素朴で可愛いチヴィタ・ディ・バニョレジョ♪

昨日の続き~♪
c0206352_23515647.jpg

やっと、チヴィタ・ディ・バニョレジョの町へつながる橋までやってきました~
2年ぶりに来ると、色々な面でずいぶん整備されたような印象です。









c0206352_2213986.jpg

今は、入村料一人1.50ユーロを支払いますが、こんな可愛い額なら喜んで!

「死にゆく町」と呼ばれるチヴィタですが、今も浸食によって崩れつつあるのです。
その運命を少しでも永らえるため、そして、多くの観光客が訪れる町を少しでも美しく整えるため、費用がかかりますものね・・











c0206352_23581273.jpg

橋には、ほうきが逆さまに飾られていました。
わさわさしていて、なんだか可愛い♪











c0206352_23593034.jpg

そして、ほうきのなかに無数のすずが揺れています♪
チヴィタは、渓谷の中にそびえ立っているので、昔から強風で有名です。
これは、真夏の暑い日でも同じ。
風に揺れて、小さなすずが可愛い音色を奏でます。











c0206352_013838.jpg

ようやく、ここまで上ってきました~
ここからが急こう配になるので、もう一頑張り♪











c0206352_0363195.jpg

あと、もう少し~










c0206352_025341.jpg

町の中~
中央に見える門が、町の入り口、サンタ・マリア門です。
この門の中で、夕方、お友だちのFUJIKOちゃんとすれ違ったというわけです。
(写真は、まさに、その直前の夕方に撮ったものです。空の色が違いますね)

青空ばかりの写真が欲しかったのですが、実は、今回は、あまり写真が撮れませんでした。
できれば、誰も入らない写真を撮りたいと思う私です。
でも、観光シーズンのピークですから、それはほとんど無理な話!
もちろん、観光客がある程度、写真の中に入る分は問題ないのですが・・

なんと、ここも恐るべし中国パワーで、どこを見ても中国人だらけだったのです。
もちろん団体ツアーで30分から1時間弱いる程度なのですが、その団体ツアーの数が半端なく凄まじいのです。
2,30人単位で、次から次に出ていくけど、次から次へとやってきます。
日本人は皆無でした。
日本から観光客が来ているのかどうかは分からないけど、ツアーで来る日本の方は、午前中に1時間弱見学する程度なので、お昼時以降は誰もいません。
けれども、中国人の団体客は、午後もひっきりなし!

さすがに、チヴィタの素朴で美しい風景の中に中国人がわんさか写ってるのはイヤです!
だから、諦めて写真を撮らないか、通り過ぎるのを待つかのどちらか。
これが本当に難しいのですよ~
結構、通り過ぎないのです。
必ず誰かしら残っているのです~(泣)










c0206352_0132815.jpg

町の中心、サン・ドナート広場♪
といっても、迷うほどの広さはない町です。

この写真の人かげ(左側)も実は中国人です。
旗のようなものを持った添乗員と写真を撮る観光客。
入れたくなかったけど、ずっとここにいて、動きそうもなかったので(大汗)。
夕暮れに、もう一度、中国人なしの写真を撮りましたが、青空の色がかなり違っていたのです・・











c0206352_0391471.jpg

住民登録をして実際にここに暮らしている人は、現在8人ですが、いつも綺麗にお手入れされていて、ゴミ一つ落ちていません。

ああ・・
ローマと大違いです。
実は今、ローマは大変ひどいことになっていまして、ストによってゴミの収集がされない地区(トラステヴェレとか~)があったり、地下鉄も動かないこともあって、さらに、いきなりボルゲーゼ美術館が閉まったりで、大変な問題となっています。
それでなくても、普段から掃除もせず、ゴミが落ちたローマは汚いですからね・・
あまりの街の汚さにニューヨークタイムズが記事にしたほどです。
先進国の首都とは思えないありさまのローマです。










c0206352_0462075.jpg

町の端っこ~
突き当りに「詩人の庭」があります~
とっても小さい町なので、入り口からここまで10分くらいの距離ですが、途中に、映画「ピノキオ」の撮影をしたエトルリア時代の洞窟があったり、可愛いおうちや雄大な渓谷を眺めたり・・
流れる時間もゆっくりなので、どうせならゆっくり散策するほうが楽しいに決まっています♪
ここに来てまで、時間に追われるのはイヤじゃあないですか!


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-28 06:18 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
ご縁のある人@チヴィタ・ディ・バニョレジョ♪
c0206352_654443.jpg

チヴィタ・ディ・バニョレジョを見渡せる展望台♪

日曜日は、遅ればせながら、結婚記念日(7月15日)のお祝いで、大好きなチヴィタ・ディ・バニョレジョに行ってきました~

本当に久しぶりのチヴィタです♪
最後に来たのはほぼ2年前かな。
ママ友が双子の子どもたちと、かつて暮らしたローマに遊びに来た時、一緒に旅行したのでした。










c0206352_702076.jpg

展望台から見えるチヴィタは、こんな感じ~♪
ここからの姿は変わっていないけど、実際にはけっこう変わっていました。











c0206352_6591913.jpg

展望台からチヴィタへの近道の階段~♪








c0206352_712676.jpg

チヴィタがだんだん近づいて来ます~
この感じがたまらなく好き~









c0206352_722360.jpg

きゃっ♪
もうすぐ~

丸一日、ゆっくりとチヴィタ・ディ・バニョレジョで過ごしたので、充実感でいっぱいです♪
イタリアに暮らす者の特権かもしれないけど、やっぱり、ここは、車でゆっくり訪れるに限ります。

さて、本題です。
夕方、午後6時にチヴィタのサンタ・マリア門を出ようとしていたら、入ってくる人がいました。
そして、誰かが「Mayumiさん!」って呼ぶのです・・

信じられな~い!
仲良しのFUJIKOちゃんでした。
日本から遊びに来ているお母様と姪っ子ちゃんを連れてチヴィタに入るところだったのです。

いや、まったく、彼女とは、不思議なご縁で繋がっているのだなぁ・・と実感しました。
絶対に会うことのなさそうな場所で、何故かバッタリするのです。

ローマの街を歩いていても、友人知人、顔見知りにバッタリ会うってことはあまりないのです。
東京でもそうでしょう?

彼女とは、うろつきテリトリーが同じなわりには、スペイン広場でのバッタリは、ただの1回だけ。
その代わり、アウディトリウム(音楽堂)でバッタリ会ったり、アンティーク街のコロナーリ通りでバッタリしたり・・
極めつきは、東京で開催された「バルテュス展」のオープニング会場でバッタリしたこと。
これは招待客しか入れないものだったし、お互いにローマ在住なのに、「なんで、あなたがここにいるの~~!!」って、私もFUJIKOちゃんも、本当に驚きました。

今回も、まさか、チヴィタで会うなんて!

さてさて、大変充実した一日でしたが、かなり疲れたので、今日はこのへんで・・
続きま~す♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-27 07:27 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
タルペイヤの岩♪

c0206352_2332173.jpg

カンピドリオの丘のタルペイヤの岩♪

ローマ建国の伝説に登場する少女タルペイヤの物語・・

建国当時のローマには女性が少なく、お隣の国サビーニから女性を略奪していました。
若い女性はもちろんのこと、家族のいる既婚女性もです・・
そのため、当然ながら、サビーニ人との戦争が起こったわけです。
まずカピトリウム(現在のカンピドリオ)の砦の攻略を試みたサビーニ人でしたが、その際にローマを裏切ることになったのがタルペイヤだったのです。

諸説ありますが、最も一般的なものは、次のような物語です。

タルペイヤは、ローマの守備隊帳の娘でしたが、敵将の腕に輝く金の腕輪が欲しくなり、それと引き換え条件で、ひそかに城門を開いて敵軍を導き入れたと言います。
敵将は、カンピドリオを占領した後、自分の腕輪をはずして盾とともに投げつけ、他のサビーニ人の兵士たちもそれにならったので、彼女は次々と投げられる腕輪と盾の下敷きとなり、その重みで圧死してしまったとも、この丘の一角から突き落とされて死んだとも言われています。

死んだタルペイヤの埋められたところがタルペイヤの岩で、ローマ人は、それ以降、売国奴や大犯罪人を、ここから突き落とす処刑の場として、このタルペイヤの崖を使うようになったそうです。

遺跡の多いローマですが、一見するとなんてこともない崖にも、こういう物語が秘められているので、歴史を知っていると、ローマを100倍、楽しめるかもしれませんね。

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-26 06:05 | ローマの美術散歩
やっぱり美味しいバビントンの紅茶♪

c0206352_0353186.jpg

スペイン階段のわきにあるバビントン・ティールーム♪
暑い日には、美味しいアイスティーが飲みた~い。








c0206352_037082.jpg

ここは本当に落ちつけます~








c0206352_0375755.jpg

お友だちは王道のアールグレイ♪
私は、ストロベリーアイスティーを頂きました~

ストロベリーアイスティーの美味しいことと言ったら!!
氷の中に本物のイチゴも浮いています。
天にも昇る心地になります。
やっぱり、ローマで紅茶を飲むならバビントンに限ります。
実感で~す♪









c0206352_0435199.jpg

美味しい紅茶。
くつろげる雰囲気。
ゆったり流れる時間。
この3つが手に入るお気に入りの場所~
ローマで美味しい紅茶を頂けるということは奇跡のようなことです。








c0206352_0474233.jpg

お友だちに頂いた大好きなフォートナム&メイスンのお茶~♪
きゃあ、嬉しい♪
ありがとう♪
やっぱり、イギリスですよね、紅茶は♪
バビントン夫人もイギリス人でしたし。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-25 06:19 | ローマのカフェ&ティールーム
出遅れショッピング@スペイン広場♪

c0206352_23445613.jpg

スペイン広場~♪
何しろ暑いので、さすがの観光客もスペイン階段には座っていません。
夏の暑い日にこそ、バルカッチャの噴水はイキイキしますね♪
階段上のトリニター・ディ・モンティ教会は、まだ修復中で~す。








c0206352_23493614.jpg

広場に面したディオールのブティック♪
ショーウィンドウはもう秋冬物。
中国人観光客が、3600ユーロもするディオールのバッグ、Lady Diorをポーンと買っていました(大汗)。
どう見ても、田舎から出てきたおじさんおばさんにしか見えなかったのですが、どうやってお金持ちになったのかな~







c0206352_001665.jpg

c0206352_23571472.jpg

今冬のプラダは、どうやらタータンチェックがポイントのようです。
プラダの秋冬物の新作の靴~♪
すっごくいい感じ。
ディオールに比べれば、まだ手の届くお値段。









c0206352_23593282.jpg

いやぁ、すっかり出遅れてしまいました~
この暑さで、セールにも行ってなかったわたくし。
売れ筋のサイズはことごとくなくなっていました・・









c0206352_041662.jpg

何しろ暑い夏なので、ゆったりと着れて、なおかつ細く見えるワンピース、そして汗をかいても家でジャブジャブ洗えるものを探していたのですが・・
いやぁ、何十着、試着したかわかりません。
サイズがな~い!
あっても、着てみると体形に合わなかったり・・








c0206352_084338.jpg

なんとか、私好みのものを、MAX & Coで見つけました♪
MAX & Coは、お値段が可愛いのが嬉しい。
しかも、30%引きだったし・・









c0206352_0104165.jpg

写真で、この可愛さ、分かるかなぁ・・?
紺のシンプルなワンピースで、袖口にフリルが~~
これは、超超私好み~~♪









c0206352_0123576.jpg

フリフリ大好き~♪
写真ではよく分からないと思いますが、胸元からウエストにかけてフリルがひらひら~~
しかも、家でジャブジャブ洗えちゃう♪

出遅れたけど、よいお買いものができました♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-24 06:00 | ファッション&アクセサリー
久しぶりのカノーヴァ・アトリエ・カフェ♪
c0206352_5105094.jpg

ローマ、バブイーノ通り♪
物言う像、バブイーノくんが佇んでいます。








c0206352_512235.jpg

今日は久しぶりにカノーヴァのアトリエ・カフェにやってきました~♪
ここは、私のお気に入りの一つです♪
お茶やランチによく登場していますが、しばらく来ていませんでした。









c0206352_5145244.jpg

かんぱ~い♪
ランチのお相手は、一時帰国していた日本からローマに戻ってきたばかりのお友だち♪
私が3月から6月まで日本へ帰国していたこともあって、と~っても久しぶりでした。
同い年の息子(それぞれ在東京)を持つお友だちなので、色々と話すことがたまっていたのです。
ん?
お友だちのマニキュアの色、すっごく素敵~♪
お洒落~♪









c0206352_5272525.jpg

暑いと食欲がな~い!
というわけで、サラダランチにしました♪
と言っても、私のタドリーニ・サラダは、カリカリのベーコンが乗っていたりして、かなりのボリュームですけど・・(笑)
お友だちはカプレーゼ♪

彼女は、とっても可愛い人(外見も性格も!)でポジティブシンキング♪
不思議な魅力を持っていて、一緒にいると癒されます。
それに、日本語でのお喋りは、ストレス解消にもなりますからね・・








c0206352_5342369.jpg

ここ、カノーヴァ(新古典主義の巨匠:彫刻家)のローマでのアトリエをそのままカフェ・レストランにしているだけあって、大好きな彫刻がいっぱい♪
私にとってはくつろげる場所です♪









c0206352_539253.jpg

食後のカフェ♪








c0206352_5425032.jpg

「暑い夏にはフルーツを食べなきゃダメ~」と言って、ビスケットではなく、フルーツを添えてくれる、この何気ない気遣いが好きです~


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-23 05:49 | ローマのグルメ
真実の口の広場♪

c0206352_0495989.jpg

真実の口の広場♪

この界隈は、ローマの最も古い地区の一つ。
私の大好きな場所です。
写真のポルトゥーノの神殿、グレコローマン風の建築があまりにも美しすぎる~~♪

真実の口の広場といえば、映画「ローマの休日」でおなじみの場所がありますが、本日は別の所を~









c0206352_22361528.jpg

Arco di Giano(アルコ・ディ・ジャーノ)♪
4世紀の建築物で、日本語では四面門と呼ばれます。
Giano(ジャーノ)は、古代ローマの言語ラテン語ではヤヌス(Janus)のことです。
ヤヌスは、2つの顔を持つ「始まり」と「終わり」の神です。
ヤヌス=Janus、これが1月Januaryの語源です。
1月は、過ぎ去った年とこれから来る年の境に位置するためです。

私、1月生まれなので、なんだか嬉しい♪
1月は終わりと始まりの月なんだ~~♪

かつては様々な彫刻で飾られていたのが、中世に、豪族・フラジパーネ家の要塞になったりして、いつのまにかなくなってしまいました。










c0206352_22364610.jpg

その奥にあるSan Giorgio al Velabro(サン・ジョルジョ・アル・ヴェラブロ聖堂)♪
この聖堂は、数々の修復を経て現代に至りますが、中世の趣をそのまま残すものです。
鐘楼はロマネスク♪

c0206352_22371934.jpg

聖堂の左横、鐘楼の下にあるのは、両替屋の門と呼ばれるもの。
古代ローマ時代、紀元204年に、このあたりに住む両替屋や商人たちの組合が当時の皇帝に捧げたものです。
真実の口の広場一帯は、古代ローマ時代にはフォロ・ボアリオと呼ばれる巨大な食肉市場だったのです。










c0206352_22373790.jpg

聖堂では、ちょうど結婚式の準備をしていました。
中世のシンプルさがそのまま残る聖堂ですが、お花が飾られただけで、雰囲気が全く変わりますね♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-22 06:08 | ローマの美術散歩
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。