<   2015年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
今月最後のお出かけ♪

c0206352_3261171.jpg

1月も終わりです。
あ~、今月も長かった~~
やっと終わったという感じです。
そう思うのは、きっと美術史の学校が終わったからでしょう。

本当は、まだ取りたい授業はあるのですが、3月から5月の連休まで日本へ帰国するので、今授業を取るのはお金の無駄・・
というわけで、とりあえず自由の身になりました(笑)。
気分的に、すごくラクです。

ちょうど良いタイミングで、日本から息子の大学のママ友が来たので、ランチをしました♪
彼女に会うのは、1年ぶり、いや正確には8ヶ月ぶりでしょうか!?
東京では、子どもたちの就活話で、しょっちゅう会っていたお友だちです。
子育ての考え方が同じなので、とっても気が合うし、何も気兼ねすることのないフランクな関係です。

オープンコロンナのランチ・ビュッフェに行きました♪
ここは、ランチ・ビュッフェとしては一番高い所だけど、食べ物が美味しいのはもちろんのこと、広々としたモダンな空間がとても心地よいのです。











c0206352_3433764.jpg

プリモに、出来たてのサーモンとインゲン豆のトロフィエッテ、バジリコソースのフジッリ、ズッキーニとナスの入ったクスクス、黒米のサラダを頂きました
お友だちは前菜風にお野菜を♪











c0206352_346121.jpg

次のお皿は、各種お肉料理とお野菜料理♪
う~~ん、美味しい♪

すっかり写真を撮るのを忘れてしまったのですが、3回目のお皿も行きました。
相変わらずよく食べる私です。
あ、でも、お友だちも3回行きましたよ~
あまりにも美味しかったので、気に入ったものをもう少し食べたくなったんです。
お皿、小さいですしね。

ちなみに、ここのビュッフェ、以前、ブログでお皿は2回までと書いたのですが(オープンコロンナのHPにもそう書いてあります)、今日、お店の人に確認したら、何度でもおかわりしていいそうです。











c0206352_350055.jpg

デザート♪
ここで食べる時には必ず食べるティラミスーとリンゴのケーキ、ブラウニー♪
リンゴのケーキはシナモンが効いていて、すっごく美味しいです。
フレッシュフルーツもありますが、今日はさすがにパス・・
ブラウニーもお勧め♪

雨で鬱陶しいお天気でしたが、広々とした明るい空間で、ゆっくりランチを楽しみながら、気心の知れたお友だちと思う存分お喋りに興じた嬉しい時間でした♪

「オープンコロンナ」
Palazzo delle Esposizioni最上階
Via Milano 9A

火曜日から金曜日までのビュッフェは16ユーロ。
土日ブランチは30ユーロ。
飲み物は含みません。
ミネラルウォーター、2.50ユーロ。
グラスワイン、6ユーロ。
コーヒー、2ユーロ。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-31 06:41 | ローマのグルメ
お土産にいいかも♪

c0206352_6323159.jpg

ローマ三越♪

今日は、お友だちと三越に行ってきました。
もちろん、日本のような何でも揃った百貨店ではなく、観光でいらした方のお買い物に便利なように、ブランド物の商品や各種雑貨、イタリア食品が売っている2フロアーのものなのですが、現地在住の私たちも、けっこう見に行きます。
他では売っていないものもたくさんありますし、もちろん、セールも行われるからです。

私は、フェイラーの(タオル)ハンカチが大好きなので、いつもここに来て買います。
ドイツのものですし、イタリア人には知名度ゼロですから、三越にしか売っていないのです。











c0206352_6395332.jpg

今日買ったのは、こちら~
ローマ三越にしか売っていないコロッセオ~♪
私はコロッセオが大好きなので、嬉しい♪











c0206352_6421042.jpg

こちらは、スペイン階段♪
私は、コロッセオの方が好き~

1枚14ユーロもしますから、日本でのお値段とそう変わらないかもしれませんね。
お値段を考えると、配るお土産には向かないと思いますが、フェイラーのタオルをもらって嬉しくない人はいないと思うので、ローマの絵柄フェイラー、お土産にいいかもしれません。
もちろん、他の種類もたくさんありますよ~
あ、私、ローマ三越の回し者みたいになっちゃった!(笑)


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-30 06:47 | ローマの日常
サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂のお宝♪
c0206352_213039.jpg

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂は、キリスト教を初めて公認した古代ローマのコンスタンティヌス帝が、キリスト教徒のために初めて建立した聖堂です。
サン・ピエトロ寺院より先に建てられたのでした。
しかし、残念ながら、4世紀の面影は何も残っていません。











c0206352_3354929.jpg

4世紀の面影が残っているとすれば、それは、隣接する八角形の洗礼堂のほうです。
八角形の8には意味があります。
8日目に新しい日が始まるとされ、8という数字は、キリスト教においては、永遠という意味があるのです。











c0206352_3361858.jpg

こちらの古い入口は、ヴァチカン領になるので普段は入れませんが、門番にお願いして入れてもらいました♪
そう、ご存知の方も多いと思いますが、サン・ピエトロ大聖堂、城壁の外のサン・パオロ大聖堂、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂とサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂は、ヴァチカン領となっており、イタリアではないのです。











c0206352_230261.jpg

さて、もちろん、かつては、サン・ジョヴァンニ大聖堂にも、中世期の古いモザイクやフレスコ画などがありました。
けれども、後年、何度も、時のローマ教皇の命による改修工事が行われ、その際に、その全てが破壊されたのでした。
後陣のモザイクも同様です。
イコノグラフィー(図柄)は同じですが、古くないのです。
中央祭壇の上に高くそびえるチボーリオの上には、聖ペテロと聖パオロの聖遺骸の一部が収められています。











c0206352_2175767.jpg

聖堂内は、バロック時代の17世紀にボッロミーニが改修工事をしましたが、その際も、フレスコ画は全て破壊・・
あ~あ、という感じですね。
ボッロミーニは、なんということをしたのでしょう!
まぁ、彼だけでなく、こういうことはよくあったようですが、それもまた、古いものが多く残るローマの宿命なのでしょう・・











c0206352_2184047.jpg

それでも、ボッロミーニのシンプルさや、計算された数学的美しさ、遠近法には素晴らしいものがあります。











c0206352_2192572.jpg

お宝のカケラ♪
破壊されたジョットのフレスコ画のほんの一部だけが残っています。

ちなみに、ジョットのフレスコ画を描かせたのは、アナーニ事件で有名なボニファス8世です。
キリスト教史上最も嫌われている教皇です。
彼が、1300年に、初めて「ジュビレオ(聖なる年)」を制定し、多くの巡礼者が来るのを見越して、この大聖堂の改修工事をした際にジョットに描かせたとされています。











c0206352_2211323.jpg

もう一つのお宝は、こちらのアトリオ(聖堂の玄関口)にあります。











c0206352_222589.jpg

キリスト教の聖堂にあるもので、最も古い扉です♪

あまり知られていないのですが、この青銅の扉は、古代ローマの元老院の扉です。
キージ家出身の教皇アレッサンドロ7世が、ボッロミーニに、元老院の扉を持ってきて、ここに取り付けるように命令したのです。
扉に星の模様が見えますが、これだけは、ボッロミーニが付け加えたものです。
ご存知、キージ家の紋章といえば、山の上に星ですから、キージ家の栄光を扉の中に残したかったようです。











c0206352_621869.jpg

なお、この大聖堂には、付属のキオストロ(回廊式中庭)があります。
こちらは、中世の面影を残す素晴らしいものですので、有料ですが、見学をオススメします。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-29 06:44 | ローマの美術散歩
GNAM(国立現代美術館)@ローマ♪

c0206352_5514048.jpg

国立現代美術館(通称GNAM:ニャム)のエントランス~
ここ、大好きなんです。











c0206352_5541695.jpg

床が総鏡張りになっていて、しかも、その鏡が割れているようなスタイルにしています。
もちろん、これには意味があります。

19世紀から20世紀半ばまでの作品が3000点以上もあって、あまりにも大きい美術館なので、一度に見るのは無理かも・・
私も、これまで何度も来ていますが、途中で疲れてリタイアーすることが多いです。












c0206352_604159.jpg

この日は、残念ながら19世紀の作品の主だった展示室が閉鎖されていました。
こういうことがよくあるのがイタリアです・・
こちらの新古典主義の巨匠、カノーヴァのお部屋にも入れませんでした。
ガラス越しに写真を撮っただけです。












c0206352_632729.jpg

さすがにゴッホの作品2点は展示されていましたけど。












c0206352_642685.jpg

ゴッホの絵は、やはり細部を見ないと♪
筆のタッチや色使いを、よ~く見たいですよね。












c0206352_65403.jpg

ゴッホの絵の真向かいには、私の大好きなクリムトの絵♪
もともと、こういう系の絵画が好きな私です。












c0206352_665380.jpg

クリムトの絵もズームで見ましょう♪
女性の人生の三段階が描かれています。
背景の黒は死を意味するのでしょうね。












c0206352_684821.jpg

クリムトの絵の後ろにあった彫刻にとてつもなく惹かれてしまった私です。
ポール・アルベール・バルトローム(フランス人)の作品。
タイトルが素敵なんです。
日本語に訳すると・・
「あの世で結ばれる・・」
意訳すると、「あの世で結ばれた二人」でしょうか!?
美しい作品だと思います。











c0206352_6323511.jpg

印象派のモネ、ドガ、セザンヌ等の作品もあります。
こちらは、セザンヌ♪
印象派にはそれほど惹かれない私なんですが、このセザンヌは気に入りました。

大好きなラファエル前派の絵は、お部屋が閉まっていたので、残念ながら見れず。












c0206352_6291615.jpg

ジョルジョ・デ・キリコ♪











c0206352_61759.jpg

ジョルジョ・デ・キリコの作品は、さすがにたくさんありますよ~
美しい奥様をモデルにした絵や静物画も~

デ・キリコだけでなく、他にもイタリアの近代から現代にかけての有名どころの作品は、たくさんあります。
私は、グットゥーソやマンズー(彫刻家)が好き♪

デ・キリコといえば、絵の中に描かれる「マネキン」や「騎士」が有名で、これらの絵画をメタフィジカと呼びますが、メタフィジカって、日本語では「形而上」と訳されるのです。
メタフィジカは哲学用語でもありますが、形而上学とか・・どうして、日本のアカデミーは、このような訳のわからない訳語にするのでしょうか?
イタリア語でメタフィジカの本を読むと非常にわかりやすいのに、日本語で形而上学の本を読むと、難解で、理解するために何度も立ち止まって読まなければなりません。

わざと難解な言葉を使って、意図的に分かりづらくしているとしか思えません。
難しく書けば書くほど、一般人には理解できないアカデミックなものになるとでも思っているのかしら?
それが、日本では、哲学や芸術を世に広めるための足かせになっているというのに!
あ、話が変な方向に~(笑)


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-28 06:51 | ローマの美術散歩
GUSTO(グスト)はエライ♪

c0206352_0115649.jpg

Mausoleo di Augusto Imperatore、初代ローマ皇帝アウグストゥスのお墓♪
ローマの街のど真ん中にあります~

ちょっと前になりますが、お友だちと、久しぶりに、このそばにある「GUSTO」(グスト)でランチをしました♪
ここに来たのは、たぶん、2年以上ぶりです。












c0206352_0153665.jpg

GUSTOの中~
真ん中の丸い台には、お野菜料理の数々とモッツァレッラ・チーズが盛りだくさん!

ずいぶん長いこと来てなかったので、他のお店同様に、ビュッフェ・ランチのお値段が上がったに違いないと思って、お店の人に聞いてみると・・
驚きました!
なんと昔と同じまま!
10ユーロでした!
もちろん、パンとミネラルウォーター付きです。
ワインは、わずか1ユーロのプラス料金で飲めます。
何もかもが値上がっていくローマで、1ユーロも値上げせずに立派だわ~
その心意気が素晴らしい♪
ここのビュッフェは、お皿を1回限りなのですが、そもそも、1回で十分食べられますから。












c0206352_023736.jpg

パスタと仔牛のローストビーフ♪
このローストビーフ、すっごく美味しかったです。
ソースも♪
「パスタを食べると重くなるので、取りませんでした」と言いたいところですが、味見程度に頂きました。
私、食いしん坊ですから(笑)。











c0206352_025457.jpg

ここは、メインの美味しさに定評があるのです。
お魚とお肉料理、それぞれ数種類ありますが、絶対に期待を裏切りません。
写真ではよく見えませんが、ミートローフなんて、もっと取ればよかったと思うくらいの美味しさでした。
ちょっと家庭では出せない味!
もう1回食べたい~~











c0206352_0281789.jpg

私のお皿~♪
あらら、前方にあるパスタが目立ってしまっていますが、あくまでも、メイン料理各種とお野菜料理を中心に取ったのですよ~
ゆで卵のように見える丸くて白いものは、モッツァレッラ・チーズです。

イタリアンを食べる時には、基本的にワインが欲しい私。
赤にしました。
1ユーロのプラス料金でOKだなんて信じられない~~
それに、ボトルを持ってきてくれて、「味見をされますか?」と聞いてくれたんですよ~

お皿1枚で、やっぱりお腹いっぱいだわ~

10ユーロ(私の場合はワインを付けるので11ユーロ)で美味しいランチが食べられる場所なんて、ローマにはないと思います。
切り売りピザを立ち食いで食べても、5、6ユーロしますしね。

ランチは、安くて美味しいのが一番♪
これからは、もっと積極的に、ここに来るようにしようかな~


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-27 06:39 | ローマのグルメ
息子のお誕生日♪

c0206352_111858.jpg

写真は、秋、運転免許の教習所で、教官と一緒の息子で~す♪

1月25日は、息子のお誕生日でした。
ローマと東京と離れているのでお祝いはできませんでしたが、2月にローマに戻ってくるので、その時のお楽しみにします。
まだ、チケットは取っていないのですけど。

家族三人、全員が1月生まれ、血液型もO型。
こういうのも、困ったものですね・・(笑)
なんだか、地味~な感じ。
星座まで一緒だったら、どうしよう、と思ったけど、かろうじて息子だけは水瓶座。
山羊座よりは明るい印象だけど、ま、地味は地味・・
ま、キャラは、地味とは正反対なんですけどね(笑)。


月日の流れは、本当に早いものです。
ついこの間まで小さかったのに・・なんて思いますが、これまで共に歩んできた軌跡を思い返せば、やはり長い長い年月です。

お誕生日おめでとう♪
楽しくて充実した日々が送れますように♪
たくさんの幸せに恵まれますように♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-26 06:40 | 息子・私・家族のこと
心が痛い・・
c0206352_630543.jpg

ローマ・国立現代美術館のエントランス・・
このエントランスの床は、私の心のようです。

粉々に砕けそう・・
心が痛い・・
胸が押しつぶされそうです・・

さきほど(土曜日の夜8時)、イタリアのTVニュースのトップにのぼった
ISISに拘束されている日本人人質の最新情報を知って、
倒れそうになりました・・

誰も助けてくれない恐怖は恐ろしいものです。
大げさかもしれないけど、海外に暮らす日本人として、人ごととは思えない。

ここに至るまでの日本政府の動きは、ピントがずれていて、イライラしました。
米英と協力したって、それがイコール「人質見殺し」を意味することは、海外にいる私たちにはお見通し。
例えばイタリアは、表立っては言いませんが、人質解放のためなら、常にテロリストに身代金を払ってきました。
イタリア国民は、「自己責任」なんて言葉は、絶対に口にしません。
それは、人の命の重さを知っているからです。
ついこの間も、シリアの武装集団に5ヶ月拘束されていたイタリア人の女の子二人が解放されたばかりです。

しかし、今度は、身代金ではなく、人質交換・・
ハードルは低いようで高い・・
他国を巻き込むので、かなり難しい・・

「テロに屈しない」という言葉が、見殺しにするという意味ではありませんように。
解決できなかったら、日本がその程度の国ってことでしょうね。

とても普通のブログ記事を書く気分になれませんが、明日からは普通に書いていこうと思います。
残る後藤健二さんに、明日があることを信じて。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-25 06:59 | ひとりごと、考えること
友だち・・
ずいぶん前からお友だちと約束していた金曜日。
キオストロ・デル・ブラマンテで開催されている「エッシャー展」を観に行く予定だったのです。
残念ながら交通機関のショペロ(ストライキ)のため、お出かけを断念しました。
やっとタイミングが合って約束したのに・・
でも、こういう時は、「家にいなさい」ということなのかもしれません。
シリアの日本人人質問題が憂鬱で、厭世的な気分でいましたから。
彼らには、なんとしてでも、助かって欲しい・・


c0206352_2505823.jpg

そんな時に、日本から予期せぬ小包が届きました♪
嬉しい~♪
ゆうパックの小さな小包ですが、ぎっしりと日本食が詰まっています。
送ってくれたお友だちは、30年来のお付き合い。
こうやって、時々、忘れた頃に、小包を送ってくれます。

彼女は、私がローマに来たばかりの頃に知り合ったお友だち。
公的機関にお勤めのご主人のお仕事の関係でローマに来ていた彼女。
通っていた語学学校で知り合ったのでした。
とっても仲良くなって、私の結婚式でも証人を務めてもらいました。

彼女に会えるのは、2、3年に一度かな。
よく日本へ帰国する私ですが、日本滞在中はあまりにも忙しくて、すべてのお友だちに会えるわけではありませんから。
しかも、彼女は珍しくパソコンをやらない人なので、メールのやり取りすらしていないのです。
もっとも、ネット社会になるまでは、お手紙のやり取り、FAXでのやり取りをしていましたけどね。
ベッタリとお付き合いしているわけではありませんが、心から信頼できるお友だちです。

彼女は私より少しだけ人生の先輩なので、節目節目で、ハッとさせられる言葉をもらって、そのおかげで、息子の受験や就活も、首尾よく切り抜けることができました。

人間関係って、本当に不思議ですね。
会わなくても、心が通じている人がいる・・
それは、本当の友だちだと思います。

とっても仲が良かった人と、時間や環境の変化で、かつてのような友人関係ではなくなることもあります。
淋しいけど、それも現実。

結局、「縁」という一言なのかもしれません。

私には、広い意味で友だちと呼べる人はたくさんいるけど、そのうち、本当のお友だちはどのくらいなのかな・・と、ふと考えてしまった金曜日でした。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-24 06:36 | ひとりごと、考えること
ずう~っと見たかったもの♪

c0206352_6544772.jpg

これ、これ、これ!
ずう~っとずう~っと見たかったものなのです。
世界的に有名な建築家、リチャード・マイヤー設計の教会です。
三千年期(第三番目のミレニアム)、つまり、2000年代に向かって漕ぎ出す舟をイメージしています。
本来は大聖年の2000年に完成を目指していましたが、ここはイタリア・・
完成は2003年となりました。

それにしても、素晴らしいわ♪
白と透明なガラスを使うことがトレードマークで、ル・コルビュジエの作風に近いです。
純粋なモダニズム建築家としては世界一の建築家かもしれません。
ローマの中心部にあるアラ・パチスも、彼が設計しています。
もっとも、人の好みはそれぞれですから、モダニズムに美を見い出さない人にとっては、なんてこともないものかもしれませんけど。

しかしね~、この教会、とんでもない所にあるのです。
ローマの郊外中の郊外、交通の便がほとんどない所!

学校の「近代、現代建築」の授業の一環で行ったのですが、たどり着くまでが一苦労でした。
地下鉄A線のSUBAUGUSTAという駅で皆と待ち合わせ。
そこからバスに乗って、途中で降りて、またバスを乗り換えて・・
しかも、大雨の中、バスが全然来ない!
帰りは、車で現地まで来た人たちに地下鉄駅まで送ってもらったので、よかったけど・・
正直、一人だったら絶対に来なかったと思います。
それくらい、辺鄙な所です。












c0206352_764356.jpg

でも、来てよかった~
素晴らしい建築です。
惚れ惚れとしちゃいます~

残念ながら、もともとのプロジェクトにはなかった塀に囲まれてしまっていますが・・
こうしないと、近所の人たちが教会そばまで車を駐車する恐れがあったそうで。
もう~~っ!
この塀のせいで、美しい建築がだいなし!
その全体像も写真に撮れないし。












c0206352_7103419.jpg

エントランス♪
教会とは思えません。











c0206352_7111633.jpg

教会の内部♪
中央祭壇も小舟の形です。
もう、ただただ、うっとり見とれるばかりです~~
私、モダニズムが大好きなんです♪











c0206352_7162181.jpg

天井がないのが、また素晴らしい♪
ガラス張り~
天がより近く、より自然と対話が出来る感じ・・
モダニズムの建築だけど、かなり深い哲学を感じます。
バロック時代のボッロミーニの建築のような計算された象徴的なものも感じる・・










c0206352_717389.jpg

教会を裏側から見た感じ。
すっかり暗くなってしまいました~

しかし、ローマのこんな辺鄙な場所に、このような美しい教会を建てたのは、完全に宝の持ち腐れでしたね。
総工費500万ドル、建築家は世界的名声のリチャード・マイヤー。
このあたりに住む人たち、きっと、そんな価値、分かってないだろうな~
変な教会!くらいにしか思っていないんだろうな~

何より問題なのは!
この教会が建ってから10年経過の現在、様々な修理が必要となっています。
ところが、あまりにも高度な技術を使って建設しているため、誰にも修理できない。
それなりの技術を持った人が、特殊な機材を使うしか方法がない。
たとえば、天井近くのガラスが1枚割れているのですが、それを換えることすらできないのです。
天井を掃除することもできない。
それは、ずばり、お金がないからです。

もし、ローマの中心部にあったなら、どこかが動いて、なんとしてでも費用を捻出したでしょう。
お金のない文化庁がやらないなら、アメリカン・アカデミー(マイヤーはここで建築を教えていましたから)が動いたかもしれない。
しかし、こんな辺鄙な場所にあるものだから、誰も動かない。
もちろん、地元にお金はなし・・

ちなみに、使われたセメントは、イタリアセメント協会が開発した特許製品(カッラーラの白い大理石を混ぜ合わせて作ったセメント)で、ウリは、autopulizia(アウトプリツィア)。
つまり、自然浄化作用のある特殊なセメントで、絶対に汚れないというのがウリだったのです。
掃除は必要ないと!
しかし・・
想像できるとは思いますが・・
外観の一部は、薄黒く汚れていました。
これも、どうやって掃除すればいいか、分からないらしいです・・(大汗)

教会の司祭様たち、ほどほど困っておいででした・・
なんとかならないものですかね・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-23 06:35 | ローマの美術散歩
今日はゆっくり~♪


c0206352_222126.jpg

ポットで淹れるお茶の美味しいこと♪

最近、おウチでゆったりとした気分でお茶を飲むことがありませんでした。
学校やお買い物や社交や雑用などで出かけることがあまりにも多いので、毎日クタクタで、家に帰ってきてもバタバタするばかりで、時間的にも気持ち的にも全く余裕がなかったのです。

雨が続いているローマです。
そんな中、本日の水曜日は、一日家の中で過ごしました。
だからって、特に何をしたってわけでもないのですけど。
気ままに時間を過ごすって、いいものですね。
有意義に過ごすことばかりが大切なわけではないですからね。

あ、でも、今日やろうと決めていたことだけはやりました!
いつもなら日本にいる時期で、市県民税の申告をする頃です。
でも、今年はイタリアにいるので、申請書をダウンロードして記入しました。
あとは送るだけ~
そして、前から気になっていた人を探すために、ここなら!と思う人のところ、4人ほどにメールして、消息探しを始めました。
なんとか分かるといいなぁ・・

今週の後半戦は、明日の木曜日からまたスケジュールがビッシリです。
学校も楽しいし、お友だちと会うのも楽しい♪
でも、どんなに楽しくても、疲れが出るのもまた事実です。
そんな私の癒しは、バスタイム♪

今月はずっとこんな感じかな・・
忙しい中でも読書は忘れず・・
このせいで夜ふかしをしてしまうことが多いのですけど。

「殉教カテリナ車輪」、異質のミステリーで、私のツボにはぴったりでした。
美術館の学芸員が主人公で、西洋美術の図像学を絡めた、かなり特殊なミステリー♪
作者の飛鳥部勝則氏は、高校で美術の先生をしていたようですが、同時に画家でもあり、西洋美術史にもかなり造詣が深いようです。
万人向きではないけれど、「ふ~ん、こんな世界もありなんだ~」と、私にはかなり衝撃的な作品でした。
ストーリーも、純粋に面白いですし。
この本は、飛鳥部氏、1998年のデビュー作(古い!)なので、次回日本に帰国した時には、この作家の他の作品を探してみようと思います。

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-22 06:48 | ローマの日常
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ピエタ By カラッチ♪
at 2017-05-26 05:40
ディオールの美白化粧品♪
at 2017-05-25 05:50
やる気の出ない日・・・
at 2017-05-24 04:54
ポットラック・パーティ♪
at 2017-05-23 04:04
ローマのマルタ騎士団♪
at 2017-05-22 03:17
亀と山P♪(懐かし過ぎる!)
at 2017-05-21 06:17
夏のお洋服、お買い上げ~♪
at 2017-05-20 06:00