<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
史上最低最悪のランチ!!

c0206352_22334624.jpg

同郷のお友だちと、お互いに、前から行ってみたかったレストランが一致して、そこでランチを食べることにしたのですが・・
最悪でした!
史上最低のランチでした!
本当はお店の名前も書きたいし、写真も出したいし、場所も書きたいのですが・・

ここは、テラス席です。
お店そのものは、モダンでスタイリッシュな雰囲気で、結構お客さんも入っているのですが・・
たぶん、アラカルトで頼んだほうが良かったのでしょう・・
そんなに高いお店ではありませんし・・

ただ、ここは、ランチタイムに、「本日のランチ、12ユーロ」と看板を出しているのです。
だから、それを試してみようという気になったわけです。












c0206352_2337625.jpg

何これ~!!
が、私たちの第一声!
こんなしょうもないランチプレートで12ユーロ(1800円くらい)も取るの!?
あまりにもひどい!
せいぜい5ユーロ程度のランチプレートではありませんか!!
大して美味しくもないし。
ミネラルウォーターとカフェはついているものの、ひど過ぎます。
看板にワンプレートと明記すべきです。

しかも、驚くべきことに、一人1.50ユーロのテーブルチャージまで付けてきたのです。
こんなランチに13.50ユーロ(2000円)も払うことになるなんて~~
本当に腹が立ちました!

でも、一度来てみたかったところですから、お友だちとは、「勉強になったね~。二度と来ないよね~。」という結論に!
何事も経験、経験!
しかし、こんな酷いお食事の経験は初めて~!!


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-31 05:32 | ローマのグルメ
マリトッツォ、大好き~♪

c0206352_2256552.jpg

今日は、同郷のお友だちと朝食~
海外では、東京ならともかく、地方の同じ町出身の人と出会う機会はほとんどありませんが、なんと!ローマにもいたのですよ~
同じ町の出身だと知った時には、ぐ~んと親近感が増して、もう、それだけで信用できる!みたいな気持ちになりました(笑)。

私は、大好きなマリトッツォ(単数形)が食べたかったので、Dagninoで待ち合わせ♪










c0206352_2342667.jpg

マリトッツィ(複数形)♪
ブリオッシュにたっぷりの生クリームをはさんだパンです。
どこのBAR(バール)にも置いてあるわけではないので、確実に置いてあって、しかも、美味しいところとなると、ここしか思い浮かばない~~










c0206352_231493.jpg

アランチーニとスプリ♪
アランチーニはシチリアが発祥のライスコロッケです。
オレンジの形をしているから、アランチーニ♪
トマト味のリゾットで中にモッツァレッラチーズが入ったローマ発祥のライスコロッケはスプリです。
スプリは、俵型をしているので、アランチーニとは見ただけで区別できます。
両方共、すっごく美味しいのです♪

ここは、もともとシチリアに本店のあったBAR。
今ではパレルモのお店はないようですけど、シチリアのお菓子も豊富に揃っています。
私は、シチリアのお菓子は甘過ぎて苦手なんですけどね。










c0206352_2326963.jpg

カプチーノとマリトッツォ♪
私は、どうもカロリー過大なものが好きなようで・・(笑)
カプチーノも美味しいのですけど、長時間お喋りする場合は、どうもお茶じゃないと間が持たない気がします~
だって、カプチーノは、サラリと飲んでしまうから。
まぁ、ここは、お水も持ってきてくれますから、喉は潤せましたけど。


お友だちとは、同じ目標があるのです。
そんな話や、夏休みの計画やら何やら・・
この後、読書好きの私たち、本屋さんに行きました!
ランチは最悪だったのですが(この話は後日~)、楽しい一日を過ごせました♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-30 05:39 | ローマのカフェ&ティールーム
貴族の館@トルロニア公園♪

c0206352_255916.jpg

昨日の続きで、トルロニア公園です♪

トルロニア家は貴族でしたが、それほど長い歴史のある由緒正しき家柄ではありませんでした。
もともとは貧しい農民の出で、18世紀にフランス人の枢機卿の給仕係としてローマに来たらしいですが、その人物の息子や孫がローマで実業家・銀行家に転身して大金持ちとなり、18~19世紀にかけてローマとヴァチカンを支配するようになった成り上がりだったそうです。
しかし、婚姻を通じて中世からローマを支配した名門貴族のオルシーニ家やボルゲーゼ家と親戚になったことで、貴族となり得たのでした。

公園は無料解放されていますが、博物館となっているお屋敷は有料です。
2館あわせて11ユーロ。
ローマ在住者は10ユーロになります。











c0206352_2575280.jpg

こちらが、ムッソリーニが1925年から43年まで居住していた「貴族の館」です。
なんでも、お家賃は、年額1リラ(昔のイタリアの通貨)程度だったとか・・
要は、強引にお屋敷を明け渡させて、形式的に家賃を払っていたという形にしていたらしいです。











c0206352_3195221.jpg

舞踏会の間♪










c0206352_3311759.jpg

庭園を臨む廊下♪










c0206352_337455.jpg

バスルーム♪
赤を背景にグロテスク模様。
そして、ギリシャ神話の女神たちが描かれています。

 (注釈)グロテスク模様とは・・
グロテスクとは洞窟を意味するイタリア語ですが、ここで言う洞窟とは紀元1世紀にネロ帝が建設した黄金宮殿(ドムス・アウレア)の遺跡のことです。
長いあいだ地中に埋もれていたこの宮殿が15世紀に発見され、その宮殿内に描かれていたのが、人や動物、植物などを奇妙に繋げた奇妙な装飾でした。
この模様を、ラファエッロがヴァチカン宮殿回廊の装飾に取り入れて、地中(洞窟:グロッタ)で発見された古代美術様式ということで、「グロテスク装飾」と呼ばれるようになりました。










c0206352_3385351.jpg

         こちらから2階になります~
         詩人と芸術家の間♪










c0206352_3394877.jpg

バッカスの間♪
ギリシャ神話のお酒の神様・バッカスの物語が描かれています~










c0206352_3403589.jpg

これは、なかなか面白い!
遠近感がありますが、平たい壁に描かれたものです。










c0206352_3413727.jpg

寝室~
家具は、典型的なアールヌーヴォー様式ですね。
我が家にも食器棚があります~










c0206352_345192.jpg

貴族の館にさよならして・・










c0206352_3422417.jpg

お隣の小さな館へ~
ここには、スコラ・ロマーナの絵画が展示されています。
ちょうど、「ふくろうの館」を装飾した芸術家の一人、Paolo Antonio Paschetto(パオロ・アントニオ・パスケット)の展覧会「Libery(アールヌーヴォー)とアールデコ様式の間で」が開催されていました。
もちろん入りましたが、長くなってしまったので省略します~
ですけど、一つだけ!
私がとっても気に入ったグラフィックをアップします。











c0206352_314351.jpg

「オルフェオ」
ギリシャ神話のオルフェウスのことです。
この物語、知らない方は調べて見て下さいね♪


Villa Torlonia
Via Nomentana 70
博物館は、火曜日から日曜日の9:00~19:00オープンです。
毎週月曜日の他、1月1日、5月1日、12月25日は休館。
12月24日と12月31日は9時から14時までのオープンとなります。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-29 05:33 | ローマの美術散歩
ふくろうの館@トルロニア公園♪
c0206352_1371656.jpg

今日は所用があってノメンターナにある公共オフィスに行ってきました。
思ったよりスムーズに用事が終わったので、その近所にあるVilla Torlonia(トルロニア公園)へ♪
トルロニア家の別邸が公園となり、お屋敷は博物館になっています。

これこれ、この松の木とヤシの木・・
ローマに来たばかりの頃は、アフリカみたい!とビックリしたものですが、今では、これぞローマ!という感じです。










c0206352_1503463.jpg

ふくろうの館~♪
名前も可愛いけど、外観も可愛い♪
ここは本来は別館として作られましたが、1925年から43年まで本館だった「貴族の館」にムッソリーニが居住したため、トルロニア家の人々は、その間こちらで暮らしたそうです。

ちなみに、当時の当主、アレッサンドロ・トルロニア公は、ハリウッドの女優・ブルック・シールズの大伯父様にあたります。
ブルック・シールズ、大人になってから女優としては大成しませんでしたが、少女の頃から絶世の美女でしたよね・・
彼女、お育ちも良かったのですね~










c0206352_204097.jpg

この小さな館は、イタリアでいうところの「Liberty」(いわゆる19世紀末のアールヌーヴォー)と20世紀初頭のアールデコで装飾を施されています。










c0206352_275080.jpg

ほら~、こちらが、この館の名称にも繋がった「ふくろう」の装飾♪
本当は、大きな窓を3つに区切って、それぞれふくろうが描かれているのですが、逆光だったため今ひとつ写りが悪く、1枚だけクローズアップしました。










c0206352_2182933.jpg

孔雀~♪









c0206352_2221871.jpg

白鳥~♪









c0206352_2265631.jpg

薔薇の花~♪









c0206352_229587.jpg

この奥の図書館に入ってしまったのが運の尽き~









c0206352_2324087.jpg

図書館の司書のおばちゃんアドリアーナと長話をすることに・・
日本のことを色々と聞いてきて、私の名前や名前の意味など、イタリアでもう何千回も喋ったことの繰り返し~
でも、こういうところは、イタリア人の良いところだと思います。
私の名前が音楽のようだと、mayu~~~miと歌っていました(笑)。










c0206352_2393653.jpg

c0206352_242467.jpg

出口の階段も素敵でしょう?










c0206352_2463239.jpg

外では、小学生たちが写生会をしていました~
ガヤガヤとうるさかったけど、こういううるささは心地よいですね♪
昔を思い出して、微笑ましい・・
ウチの息子、絵がとっても上手だったんですよ~

つづく・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-28 05:50 | ローマの美術散歩
朝食@ブーランジュリー♪

c0206352_20373088.jpg

ウチの近所のパン屋さん。
少し前にブログに書いたことのある、あの、郵便局のお隣の・・
いつ見ても人がいなかったので、気になっていました。
考えてみれば、このあたりには、パン屋さんとかBAR(バール)とか切り売りピザのお店が、かなりたくさんあるのです。
イタリア人は基本的に行きつけの店を持っているので、なかなか新しいお店には行かないのかもしれないな・・
でも、最近は、朝食を食べている人を結構見かけていたので、今日は私も~♪










c0206352_20431790.jpg
 
カプチーノとコルネット♪
わずか1.50ユーロです。
驚くべき安さ~
しかも、セルフサービスではありません。
        
イタリアの朝食は、基本的にカフェラッテにコルネット(クロワッサン)やビスケット。
我が家は、夫がミルクティーにビスケット、私が日本のブレンドコーヒー(笑)にトーストという感じですが、たまにはカプチーノもいいですね♪










c0206352_20524088.jpg

c0206352_20553417.jpg

店内もすごく可愛いのです♪
パープルを基調にしているお店で~す。
時々、パンやドルチェ(ケーキ)を買いに来る人がいました。
私も今日の夕飯用のパンを買いました~

多分、ターゲットは、この近所で働く人たちなのかな。
住宅街でも、多少のオフィスはありますから。
ランチタイム用のパスタ・フレッダ(冷製パスタ)やパニーニやピザ、サラダがたくさんあって、飲み物とセットで5ユーロとか6ユーロというお得な設定がされていました。

家族経営のようでしたが、大丈夫かな~
お店の開店にあたっては、相当お金がかかったと思います。
人ごととはいえ、この不況下で、上手くいかなかったら、あまりにもお気の毒・・
すごく感じの良い方たちなのです~
頑張って欲しいので、時々は、行ってあげようと思いました。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-27 05:40 | ローマのカフェ&ティールーム
ボルゲーゼ美術館♪
c0206352_22102526.jpg

        ボルゲーゼ美術館♪
        至宝の名作がたくさ~ん♪
        ローマには、ヴァチカン博物館もあるし、その他多くの美術館や
        博物館があるし、多くの教会の中にも信じられない程の素晴らしい
        絵画や彫刻に溢れ、どれが一番とは決められませんが、
        このボルゲーゼ美術館は、間違いなく、マストの一つです。
        彫刻なら、ベルニーニやカノーヴァ・・
        絵画なら、ラッファエッロ、カラヴァッジョ、ティチアーノ、コレッジョ・・
        どれも国宝級です♪
        その中でも私が一番好きなのは、ベルニーニの彫刻の数々と
        ラッファエッロの名画たち♪










c0206352_22221171.jpg

c0206352_22253175.jpg

ボルゲーゼ美術館の裏側~
もともとは、数多くのローマ教皇や枢機卿を出したローマの名家ボルゲーゼ家が17世紀に建てた別邸でした。
ボルゲーゼ公園自体が、その別邸の広大なお庭だったわけです。
美術品を集めたのは、もっぱらシピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿・・
この名前は、あちらこちらで耳にする名前です。

あ、そういえば、アンデルセンの「即興詩人」の中にも、当時の様子で、この別邸が描かれています。
主人公のアントニオは貧しい生まれでしたが、母親をジェンツァーノの花まつりの際に亡くし、その原因となったのがボルゲーゼ家の馬車だったのです。
そのため、ボルゲーゼ家で面倒を見てもらうことになったわけです。
この本、もう一回読み返さなきゃ~
(話がそれました~)










c0206352_22365779.jpg

         「アポロとダフネ」Byベルニーニ(1622~25)
         私の大好きな彫刻で~す。
         この写真は、ずっと昔、アナログ時代の頃、写真撮影がOKだった
         時代に普通のカメラで私が写したものをスキャンしたものです。
         この彫刻の真の美しさは、伝わらないけど~

         題材はギリシャ神話から。       
         貞潔なニンフ・ダフネに一目惚れしたアポロが、彼女を自分のものに
         しようと追いかけ、絶望したダフネが父である河の神・ペイネーオスに
         心の中で助けを求めると・・
         アポロの手がダフネに触れた瞬間、ダフネが月桂樹に変わっていく
         瞬間を描いたものです。
         
         史上最も美しいメタモルフォシス(転身)のお話です。
         この物語は、実は、アポロが、美の女神アフロディーテの息子(エロス=
         キューピッド)を怒らせたことから始まります。
         エロスが、アポロへの仕返しに、「ただもう人が嫌いになる」矢をダフネに
         射って、「人が好きで好きでたまらなくなる」矢をアポロに射ったからです。
         
         ギリシャ神話、大好き~~♪
         


ボルゲーゼ美術館は完全予約制です。
美術館のサイトはこちらです~←ここをクリック♪
なお、ローマパスでも入れますが、その際にも事前の予約が必要になります。
電話での予約はこちら♪
06 32810
美術館は、毎週月曜日と12月25日、1月1日が休館日となっています。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-26 05:43 | ローマの美術散歩
くつろいでいます~

c0206352_237058.jpg

土曜の午後は、お一人様アペリティーボ♪
大好きなBREEZERを生ハムとチーズで♪
BREEZERは、ラム酒とスパークリングウォーターにフルーツを混ぜたもので、アルコール度は5%。
ちょうどいいでしょう!?
私は、ライムが好き~
これ、たぶん、日本でも売っていると思います。
どこかで見たような気がします。

ふふふ、夫が木曜日から日曜日まで学会でミラノ出張中なので、くつろいでいます~
一人で家にいるっていいな~
すっごくラクです~
ミラノについて行かなくて大正解でした~
昨日は、久しぶりにローマの街を散策しましたが、今日は自宅でのんびり~
といっても、きちんと家事はしましたよ~
朝のうちにね♪
夫がいないと、家事がスイスイとはかどるのは何故~!?










c0206352_2462848.jpg

廊下も、こ~んな綺麗になりました!
って、皆様は、この前の段階を知らないから、想像できないかもしれませんが・・
廊下の本棚の上に、私がいない間にたまっていた郵便物やら書類各種、そして、ワインのボトルがぐっちゃぐちゃ状態だったのです~










c0206352_2323971.jpg

今日のお昼は~
冷やし中華を食べました♪
ごまダレをかける前の写真です。
ごまダレをかけたら、なんだか汚い感じに写ったんです~

ふふふ、冷やし中華でも、ワイン行きましたよ~
1杯だけです。
モデナのランブルスコ♪
庶民のワインですが、赤なのにほんのり泡が入っていて、好きなんです~♪
この幸せな日々も、もうすぐ終わり・・
(夫よ、ごめん!)


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-25 05:41 | ローマの日常
ジェラートの季節です~
c0206352_539386.jpg

創業1900年のジェラートの老舗「Giolitti」(ジョリッティ)♪

ジェラートが美味しい季節になりました♪
今日の最高気温は26度くらい・・
ようやく夏っぽく?なりました。

私は、それほどジェラートが好きなわけではないのですが、ジョリッティだけは別!
私的には、ローマ一、いえいえ世界一のジェラート屋さんだと思います。









c0206352_5464112.jpg

c0206352_5504150.jpg

物凄く種類が豊富ですが、フルーツ系の充実が嬉しい♪
私は、クリーム系より、すっきり爽やかフルーツ系の方が好きなので。
食べた後のお口の中の雰囲気を重要視しています(笑)。










c0206352_5522695.jpg

一番小さなカップです~
オレンジとシャンパン♪
写真の色が今ひとつ上手く出ていないのですが、下がオレンジ、上がシャンパンです。
シャンパンのジェラートは、たぶんここだけ♪
これは、もう、まさにシャンパンなのですよ~
オレンジも、オレンジの皮が入っていて、その美味しさは、ちょっと他では味わえません!

イタリアのジェラート屋さんはどこもそうですが、素材を大切にしています。
その中でも、ジョリッティは最高峰と言えます。
お散歩がてらにジョリッティのジェラート♪
力強く、お勧めします♪


「Giolitti」(ジョリッティ)
Via Uffici del Vicario, 40
国会のすぐそばにあります。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-24 06:05 | ローマのグルメ
チンチアと昔話・・
c0206352_3541936.jpg

2歳半の息子とヴィットリア・・
懐かしい一枚♪

同じアパートに住むママ友、チンチアのところへ行って昔話をしてました~
チンチア=英語で言うところのシンシア。
微妙に英語名と違うイタリア風の名前、ちょっと笑えるでしょう?

本当は、用事があって行ったのですが、途中でヴィットリアが大学から帰ってきたので、ついつい昔話に花が咲きました。
チンチアは、ヴィットリアのママ。
チンチアのほうが私より年上ですが、お互いに、結婚当時から出産、子育て、現在に至るまで、ずっと同じ場所で暮らしています。
まぁ、彼女に限らず、周りの人は、皆そうなんですが・・

ずっと同じ場所で暮らすというのも、悲しいものがあります。
だって、皆、顔見知り!
私たちが超若かった頃、お年寄りが次々に亡くなっていくのを見て、そんな日は自分たちには無縁だわ~とまで思っていたのですが、その私たちも、いつの間にか年を重ね・・
お庭には、世代交代した若いママたちが~~~!!!
子どもたちは大人になり、その親たちは老け込む一方・・
ぎゃあ~~~!!


ヴィットリアと息子は、生まれた時から幼馴染というだけでなく、小学校の5年間、同じクラスでした。
(地区の小学校ではなく、他の地区の小学校に越境入学させていたのです)
イタリアの学校は、持ち上がり制なので、クラス替えはありませんし、担任の先生も変わりません。
学校の送り迎え(義務)、毎日のお昼ご飯と宿題、お友だちを呼んだり呼ばれたり、習い事(ウチの場合はサッカー)の送り迎え・・
いやはや、イタリアの小学生のママほど大変な仕事はありません。
ママが風邪を引いた日にはどうなるの?って感じです。
チンチアとは、同じアパートということもあって、緊急事態にはお互いに対応できる存在だったので、本当に助かりました。
そうでなくても、しょっちゅう行き来していましたから。

それにしても、あんなに大変だと思っていた小学校時代・・
今は懐かしい思いです。
イタリア人ママ友たちとも濃厚過ぎる程に濃い日々でした~
どこの世界にもトラブルメーカーはいるもので、それは、全くイタリアも同じで、小学校、中学校を通じて、次から次へと事件が起こりましたけど~
高校に入ると、ママ同士の交流は少なくなるものの、私はずっと学校役員をやっていたこともあって、なんだか、ついこの間まで、そう、息子が高校に在学中の4年前までは、本当に本当に大変な日々でした。
はるか昔の話みたい~~~
それだけ、生活パターンが変わったってことでしょうね・・


チンチアは、あんなに大変だった時代は二度とごめんだ言います。
今は、のんびり自分のペースで仕事も始め、穏やかな日々を送っているからでしょう。
上のお嬢さんは、ロンドン大学のビジネススクールでマスターを終了し、ブリュッセルでフランス語を勉強し、そのまま、ブリュッセルで仕事をしています。
息子の幼馴染のヴィットリアは、高校卒業後、まずロンドンに語学留学して、この7月にローマ大学を卒業予定。
「その後、どうするの?」って聞いたら、「マスター(修士課程)はローマ大学の大学院でいいけど、博士課程はアメリカの大学院に進んで、そのままアメリカ~~」ですって!


チンチアが本や写真の整理をしていたら、三輪車に乗ってる息子とヴィットリアの写真が出てきて、たまらなく懐かしくなったそうです。
帰宅してから、私も、思わず、大量の写真の入った箱を開いてみました。
懐かしい~~~
愛おしさと、ほんのちょっぴりの後悔の気持ち(いつも怒っていたから)と・・


今、子育て中の皆さま~
特にイタリアで子育てをされている方は、自分の時間は全くないと思われるほどの大変な日々だと思います。
ですけど、過ぎてしまえば、なんてこともありません。
人生は長いです。
誰もが通る道。
がむしゃらに毎日を頑張っていたら、後で振り返った時に楽しい思い出が残るだけです。
今、この時を大切に♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-23 05:31 | ローマの日常
iPhoneが欲しい!

c0206352_1445263.jpg

息子のお古のiPhoneとシムロック解除用のカード♪

もうずっと前からiPhoneが欲しいのですが、イタリアでは、日本では既に古い機種にあたる5Sでも、739ユーロもします。
私は、イタリアでは、それほど、というより、ほとんど携帯を使わないので、絶対に無駄な買い物になることは分かっています。
そんなものに739ユーロも出せない!
出したくな~い!!
分割払いもありますが、それは、絶対にやだ~
なのですが~
iPhone、欲しい~


イタリアの携帯電話は、iPhoneも含めて基本的にプリペイド方式なので、シムフリー。
つまり、どこの国のシムカードも差し込んで使うことができます。
(契約制もありますが、ビジネスマンとか、ものすご~く携帯を使う人、経費で落とせる人でない限り、普通の人には無意味です。いずれにしても、シムフリー。)


一方、日本の携帯電話は契約制なので、シムロックがかかっています。
つまり契約した会社のシムカードしか使えないようにロックがかかっているということです。
最近、日本でもシムフリーのiPhoneが発売されましたが、さすがにイタリアと同じくらいの価格でした・・

なんとか安くiPhoneが手に入らないかな~と考えていたのですが、息子がiPhoneを買い換えたので、古いものをもらうことにしました。
古いったって、イタリアでは最新の機種~
そして、日本で、シムロック解除用のカードを買ってきたというわけです。
でもって、今日、iPhpneのロック解除を試してみようと思ったのですが・・

う~ん・・
リスクが大きい!
イタリアの携帯で使っているシムカードを小さく切り取って、この解除用カードにはめ込まなければならないのです。
もし、失敗したら、電話番号から何から何まで全てのデータを失うことになります。
困った~
これじゃ、試すに試せない~~
もう1枚、シムカードを買って、それを切り取って試すしかないようです。


ちなみに、シムロック解除用のカードは、本物そっくりの偽物が出回っていますので、必ず本家本元の販売会社から買うようにして下さいね。
本物だと2300円くらいです。
そして、携帯電話の機種やバージョンによって、使えるカードが限られていますので気をつけて下さい。
って、そんなことする人なんて、私の他にはいないでしょうけど(笑)。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-22 05:29 | ローマの日常
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ナポリ大好き♪
at 2017-03-30 17:38
世界最高傑作の一つ@ナポリ♪
at 2017-03-29 07:23
カラヴァッジョが襲撃された居..
at 2017-03-28 07:00
最強メンバーで楽しい焼肉♪
at 2017-03-27 06:11
夏時間へ移行~
at 2017-03-26 07:38
頑張れ、ソニー!!
at 2017-03-25 07:29
カラヴァッジョ最後の作品@ナ..
at 2017-03-24 03:16