<   2012年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0206352_243383.jpg

ローマ、バブイーノ通りの5つ星ホテル「Hotel de Russie」♪
ここは、ウチから一番近い私のお気に入りのホテルです。










c0206352_283883.jpg

Hotel de Russieの「Stravinskj Bar」(ストラヴィンスキー・バー)♪

私は、5つ星ホテルでお茶をするのが大好きです♪
あまり人がいないし、ゆっくり落ち着いてのんびりと時間を過ごすことが出来るからです。

寒い冬なら、絶対にこちらの室内だけど、今は一番爽やかな季節なのでテラスで過ごすのが好き~♪










c0206352_2151462.jpg

だって、こんな青い空と美しい緑あふれる空間なんですもの♪
この界隈はどこもそうですが、表は都会の喧騒で騒々しいのだけど、ホテルの中に一歩入ると、そこには静寂が立ち込めているのです。
癒しの空間です~










c0206352_2204271.jpg

5つ星ホテルは、まず、その空間が素晴らしく綺麗だし、サービスも完璧なので居心地が良いのです。
お茶だけなら適正価格ですしね~
コルソ通りのホテル・プラザのようなクラシックな空間も好きですが、今の季節は、こちらのストラヴィンスキー・バーのほうが心地よいかな~










c0206352_22991.jpg

可愛いロバくんをお共に、お一人さまです~

人間は、誰でも相反する2つの気質を持っていると思います。
私もそうです。
私は大変社交的な人間で、友人知人と楽しく過ごすのが好きですが、その反面、一人でいるのも好きという内向的な面も持っています。
最近は、ちょっと人疲れしているので、以前にも増して、一人でゆっくり過ごしたいと思うようになりました。
そんな訳で、ローマのリアル友にも不義理ばかりしています~









c0206352_2382181.jpg

こちらのホテルは、イギリスのForteグループですので、お茶も「Tea Forte」♪
ピラミッド型のティバッグが可愛くてお気に入りなんです~
のどが渇いていたので、ジャスミンティにしました♪
美味しかった~♪
ポットで3杯は頂けます。
ビスケット付きだし~

一人でゆっくり、のんびり~♪
リフレッシュできた水曜の午後でした♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-11 05:51 | ローマのカフェ&ティールーム

コロッセオ残酷物語♪

c0206352_1294767.jpg

「コロッセオの立つ限りローマは立つ。コロッセオの倒れる時ローマは倒れん」とうたわれた、ローマのシンボル、コロッセオ。
古代ローマ帝政期の円形競技場です。
余りにも有名なため、ここを訪れるのは月並だと考える方がいるかもしれません。
けれども、百聞は一見にしかず。
自分の目で見る価値のある場所です。
たとえ往時の面影はなく廃墟と化していても、そこに立つと、言いしれない感動があります。
それが何なのかは人それぞれでしょうが、強いて言うなら、「私はここに立っている」という思いでしょうか。

コロッセオの現在の姿は欠けていますが、それは、中世以降に、コロッセオを作る白いトラベルティーノ石や大理石を、教会や貴族の館を建設するために切り崩して使われたからです。
古代ローマの遺跡をちっともリスペクトすることなく、一時は石の供給場となっていたのです。
これも、現代の感覚からすれば不思議なことですが、当時の人々は過去の遺産を保存することより、合理的に再利用することを重視したのでしょう。
そのため、後世において、崩れるのを防ぐために一大修復工事が必要となりました。
というより、今現在も、物凄い亀裂が入っていて、倒れるかもしれないと危機感で、緊急修復工事をすることになりました~(大汗)。









c0206352_23162855.jpg

コロッセオの内部♪

コロッセオは、かつては五万人以上の収容を誇るスケールの大きなものでした。
中央のむき出しになった部分に分厚い板を敷いてアリーナを作っていました。
写真のアリーナの奥にイメージとしての分厚い板が見えます。
この下が小さな小部屋のように区分けされているのは、機材保管や猛獣の檻として使われていたからです。
観客席は今では見る影もありませんが、かつては、三つに分かれ、一階と二階は大理石の座席、三階は女性席で木製の座席となり、さらにその上には立ち見の貧民用の天井桟敷があったのでした。
屋根はなく、最上階の外壁に木の柱が立てられ日除け用のテントを張っていたそうです。

コロッセオで行われる見世物は、ローマの富豪たちが巨額の私財を投じて行われていました。
富豪の筆頭は皇帝ですが、貴族や有力な政治家たちも、ローマ市民の歓心を得るために提供したそうです。
ローマ市民は、これらの見世物を無料で楽しむことが出来、自分の階級を示す御札のようなものを見せれば、階級ごとに別れた座席が定員に達するまで早い者順で入ることが出来るというシステムとなっていました。


コロッセオが完成してから100日の間、連日で朝から晩まで多くの催しが行われました。
歴史的には、悪名高き「コロッセオ開幕の百日間」と呼ばれていますが、そのほとんどは、現代人なら目を覆うような残酷なものでした。
午前中は猛獣狩りか猛獣同士の戦い、お昼の12時には犯罪人の公開処刑、午後は剣闘士の試合と定められていました。
猛獣は、ライオンやトラ、象や水牛、豚やウサギなど、野生や家畜を問わず、ありとあらゆる動物が使われました。

100日の間に殺された猛獣や動物は九千頭にも及び、三千人の剣闘士が亡くなったと言われています。また、公開処刑は、十字架に磔にした上で猛獣の餌食にする場合と、単にアリーナの中に置いて猛獣に与える場合とがありました。

このような殺伐とした闘技や残酷な処刑を、古代ローマ人は娯楽として、貴族から貧民に至るまで熱狂して観戦したと言います。
しかも、お昼ご飯を食べながらです。
朝入ると夜までずっと見物するのが習慣だったのです。
どうやったら、死んでいく動物や人間を見物しながらご飯が食べられると言うのでしょう・・

古代ローマの政治経済、都市整備、文化を思う時、古代ローマ人は偉大だったと思うのですが、こんな一面を知ると、その思いが帳消しになってしまいます。
私にはその精神構造がどうにも分かりかねるのです。
人間の暗闇の部分をあっけらかんと表に出していたということでしょうか!?
つまり、誰もが恐れ、誰もが知りたい死の謎、誰かが死んでいく姿を見てみたい、という人間の心の底に潜む黒い願望を隠さなかったということでしょうか!?
いえ、こんな複雑な心理ではなくて、ただ単に楽しんでいただけなのかもしれませんね。
そういう意味では人間的だったということでしょうか!?

いずれにしても、この100日間に流された血で、白く輝いていたコロッセオは、真っ赤に染まったそうです。

さて、剣闘士は、グラディエーターと呼んだほうが分かりやすいかもしれません。
コロッセオでは、まさに彼らの死闘が毎日繰り広げられていたのでした。
両者が共に強くてなかなか勝敗がつかない時でさえも、皇帝が二人に恩赦を与えない限りは、どちらかが死ぬまでの過酷な戦いだったのです。
グラディエーターになる者は、奴隷か敗戦国から連れてきた捕虜で、いわゆる何も失う物がない人たちでした。
そうは言っても、誰にでも失いたくないものはあるはずです。
自分の命をどうでもいいと思う人がいるでしょうか!?

奴隷や捕虜の中から戦士として見込みのありそうな屈強な者を選んで、養成所に入れて訓練をさせたそうですが、その持ち主(奴隷たちの主人)にとっては大変お金がかかることだったようで、当然ですが、そう簡単には死んで欲しくなかったそうです。
試合に連勝するグラディエーターはヒーローになり、大変な額の賞金がもらえたり、自由の身になる場合もあったようです。
ちなみに、グラディエーターの養成所兼宿舎はコロッセオの近くにあり、コロッセオの地下にある秘密の通路で繋がっていました。
訓練は大変厳しいもので、その時間以外は牢獄のような小さな部屋に閉じ込められる日々だったそうです。


いったいどれほどの血がここで流されたのか・・
というわけで、コロッセオは昔から幽霊が出ることで有名です。
猛獣たちの幽霊も出るそうですよ。

もっとも、今では、年に1回、復活祭の始まりの「聖なる金曜日」に、コロッセオにてローマ法王がミサをあげるので、その霊も少しは癒されたかもしれません。
この日、コロッセオでは、VIA CRUCIS(ヴィア・クルチス)という宗教的な儀式が行われます。ラテン語で、十字架の道、すなわち苦難の道という意味です。

キリストを題材にした数々の映画が製作されていますから、キリスト教徒でなくてもご存知だと思いますが、イエス・キリストは、拷問を受け傷ついた身体でありながら、自分の手で、自分が磔にされる十字架を、処刑場のゴルゴダの丘まで運ばなければなりませんでした。
その道のりが苦難の道というわけです。
つまり、その場面を自分たちで再現しながら、キリストの歩んだ苦難の道に思いを馳せるという意味合いがあるのです。
キリスト教が違法だった古代ローマ時代に多くのキリスト教徒がコロッセオで処刑されたと伝えられることから、この地が選ばれたわけです。
けれども、実際には、ここでキリスト教徒が処刑された事実はありません。

ローマの歴史を考えると、なんとも複雑な思いが込み上げてくる私です・・
一筋縄ではいかない街なのですね~

コロッセオの入場情報
2月16日~3月15日まで : 08.30 - 17.00
3月16日から3月最後の土曜日まで : 08.30 - 17.30
3月最終日曜日から8月31日まで : 08.30 - 19.15
9月1日から30日まで : 08.30 - 19.00
10月1日から10月最後の土曜日まで : 08.30 - 18.30
10月最後の日曜日から2月15日まで:08.30 - 16.30
1月1日と12月25日はお休みです。

入場料は12ユーロ。
フォロ・ロマーノとパラティーノの丘との共通入場券なので、2日間の有効となります。
コロッセオで長い行列に並ぶのを避けたければ、フォロ・ロマーノで入場券を買うという裏技もあります。


     さて、次は私の翻訳したレオナルド・ダ・ヴィンチの本の宣伝です♪
c0206352_20582947.jpg

2016年7月22日、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します♪
アマゾンはこちらから~♪


ブログランキングに参加しています。
この記事が「役に立ったな」と思った方、クリックしてくださいね♪
よろしくお願いします~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪

by mayumi-roma | 2012-10-10 06:11 | ローマの美術散歩

ワインのお勉強♪

c0206352_1374967.jpg

週末は、ワインのお勉強をしていました~
もうすぐ、モンタルチーノのワイナリーへ通訳として同行するので、ちょっと復習です。
お客様は、学会のため来伊されているお医者様です。

まぁ、ここまで勉強することはないのでしょうが、ワタクシ、根が真面目なもので、何でも完璧を求める傾向にあるのです。
どっちみち、ワイナリーの方が説明するので、その通訳をすればいいだけなのですが、まぁ、何でも先に把握していたほうが、物事は簡単に進みますからね。

もともとワインが好きなので、普通の人に比べれば結構知識はある方だと思いますが、イタリア全土の有名ワインとそれに使われるブドウ種、その土地の歴史などをもう一回インプット!
そして、トスカーナ地方の、イタリアが誇るブルネッロ・ディ・モンタルチーノだけでなく、高貴なワインと呼ばれたモンテ・プルチャーノやポピュラーな一般的ワイン、キャンティについても、インプット。

こんな時、役に立ったのが、10年ほど前に買っていたワイン雑誌でした~
断捨離してなくて、よかったわ~
最近、「断捨璃してなくてよかった!」と思うことがしばしばあります。
これ、1冊1400円もした雑誌だったので、もったいなくて捨てなかっただけなのですが(笑)、役に立ちました~
だって、なんでも書いてあるんだもの~
雑誌を読みながら、4枚程度のA4用紙に要約しました~
これで、もうバッチリです♪

私も、ブルネッロを買うつもりです~
楽しみ~♪

2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-08 05:05 | ローマの日常

この冬の手袋♪

c0206352_5102948.jpg

スペイン階段~♪
朝晩は随分と冷え込みますが、日中は夏日が相変わらず続くローマです♪
本当に着るものに困ってしまう季節です。
この時期は、タンクトップを着た人、革ジャンを着た人、本当に様々なスタイルの人を見かけます。
私は、ノースリーブのワンピースにカーディガンを羽織ることが多いです。
もちろん、網タイツでね♪









c0206352_2394795.jpg

スペイン広場界隈をフラフラと歩いていたら、とあるお店のショーウィンドウに、こんな可愛い手袋がありました♪
手袋専門店ではないのですが、専門店でも見かけなかったタイプです。
手先が出ているスタイルは去年からよく見かけますが、何かと便利ですよね。
電車の切符を買う時、お財布からお札や小銭を出す時・・
これは、手先の出る部分に毛皮がモコモコ付いている所が、大変よろしい♪
可愛い~~♪









c0206352_246785.jpg

別の手袋専門店で♪
右側の2点がとっても素敵~
私の好みのど真ん中です♪

特に右端!
ロング丈で、裏側がヒョウ柄だなんて~
このさりげなさが心憎いじゃありませんか!
だけど、これ、ロング丈ですからね~
裏側のヒョウ柄をチラ見させるために端っこを折って使うとしても、長袖や七分丈、五分丈の袖のお洋服では映えませんよね。
ノースリーブじゃないと格好よく見えない。
ノースリーブのワンピースの上にマントを羽織るとか、そんな使い方でないとダメかも~
あ~、そんなシーンは目に浮かぶけど、そんな機会はないだろうな~








c0206352_254356.jpg

こちらは、また別の手袋専門店♪
冬に水玉ですって~!!
う~~ん、可愛いとは思うけど、ちょっと好みじゃないかも~
若い子にはポップな感じでいいかもしれないけど。

今年はどんな手袋を買おうかな~
写真には撮れなかったけど、一つお気に入りのものが見つかりました。
エレガント系ではなく、皮でもない。
白いカシミヤで編んだカジュアルなロングの手袋です。
でもね~
お値段が~
手が出ません!
その手袋はグッチなのです。
「手袋にこんな値段が出せるか!」という程のものでした。

ウィンドウショッピングは楽しいけど、危険です。
目の毒ばかり!
見ないのが一番かも・・(笑)


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-07 05:22 | ファッション&アクセサリー
c0206352_2154396.jpg

ローマ、バルベリーニ広場♪
金曜日のローマは、とってもお天気が良くて、ほとんど夏日でした~
広場には、私の大好きなベルニーニの「トリトンの噴水」が~
一人静かに貝殻の上に乗って、ホラ貝から水を飲む孤高のトリトン、好きなんです~
華やかさはないけれど、独特の世界が広がっているんです~
広場には、この噴水を描いているおじさんがいました。
ちょっと色の使い方が変わっているなぁ・・









c0206352_223495.jpg

本日、この広場に来たのは、この広場に面した「ベルニーニ・ブリストル・ホテル」で行われた講演会に出席するためでした。
在イタリア日本大使館、伊日財団、ICE(イタリア貿易振興会)主催で、「日本とEU、EPAに関する講演会」が開かれたのでした。
講師は、木村福成慶應義塾大学経済学部教授。
東アジア・ASEAN経済研究センターのチーフエコノミスト、公益法人東京経済研究センターの代表理事も兼任されています。









c0206352_2305650.jpg

写真左は木村教授、右が在イタリア日本大使館の河野大使です。

使用言語は英語。
出席者のほとんどはイタリア人。
英語の分からない人のために(少数だけど、いました)、イタリア語の逐次通訳も入りました。

EPAとは、Economic Partnership Agreementの略称で、経済連携協定という意味です。
これは、自由貿易協定(FTA)を柱として、関税撤廃などの通商上の壁を取り除くだけでなく、締約国間での経済取引の円滑化や経済制度の調和を図り、サービス、投資分野等、様々な経済領域での連携強化と促進も含めた条約です。
2011年に日本とEU間で、EPAの予備交渉の早期開始が合意されたそうです。

日本もイタリアも政治的混乱が続いていますが、長い不況から脱出するためにも、とにかく早い段階での実現が望まれるそうです。
このEPAを締結することがいかに重要かであるかのお話の前に、しばらく前に日本の世論をまっぷたつに分けたTPPについてのお話もありました。

木村教授はTPP推進派のようで、20年間経済成長が1%程度の今の日本の現状から脱却するためには、早い内にTPPに加入するしかないと仰っていました。
ここ数年、農水省のロビーの力が弱まってきているそうで、TPP加入にあたってマイナス面が出る分野への対策をキチンと行なえば、必ず日本は大きく成長出来るとのこと。
財政再建と成長の確保が何よりも大切であると。

そして、それがASEAN全体の活性化に繋がり、国際的ルールを作り上げるきっかけになると仰っていました。
そこへ、日本EU間でEPAも実現すれば、アメリカ、アジア、ヨーロッパと、国際的ルールにのっとったグローバル経済が発展するのだとか。
それぞれの国には守りたい産業もあるので一筋縄では行かないけれども、マイナス面だけでなくプラス面をグローバルに見るべきだと。

TPPは、難しい問題ですね。
私は、TPP関連の本を何冊も日本で買ってきましたが、推進派はいいことばかりしか言わないし、反対派は悪いことばかりしか言わないし、どちらを読んでも納得できません。
結局、どちらがいいのかは、分からない・・
グローバルな見方をするのなら、もちろんTPPはいいことなのですが、グローバル化そのものも、果たしていいことなのか、悪いことなのかが曖昧になってきている時代ですから、それも分からない。

単純化されているようで、実はますます複雑化していく世の中ですね。。

皆様が退屈されるといけないので、このへんでやめておきま~す。

いずれにしましても、木村教授のお話は大変興味深かったです。
何をする場合でもタイミングが一番重要であると仰っていましたが、「タイミング」という言葉を胸にしっかり刻んだワタクシでありました~

本日は、話題が話題ですので、コメント欄は閉じさせて頂きます。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-06 06:00 | 映画・音楽・本・イベント
c0206352_23531933.jpg

人がせっかく穏やかな優しい気持ちで「天使の日」を過ごしていたと言うのに、また、おバカなアリタリアのせいで嫌な気分になってしまった・・
これまでは、困ったちゃんのアリタリアだけど、イタリアの経済支援のためと思って、できる限り アリタリアを使ってあげようと思っていたのに・・
もうね、さすがに2度と使いたくないです。

もう既に支払ってしまったお金・・
取り返すにはビジネスクラスで行くしかないと思っていたけど・・
それでいいや・・と自分なりに諦めをつけていたのだけど・・
やっぱり一筋縄では行かないアリタリア!

なんと!
またカスタマーセンターの言うことが変わったのです。
最初に対応したマウリッツィオという社員(私は必ず名前を控えます)は、全く何も分からず、「その件に詳しい同僚に変わります」と女性社員にバトンタッチ!
次の女の子は、まぁ親切と言えば親切な対応で、なかなか分かりやすい説明をしてくれましたが・・

問題が複雑過ぎて、分かりにくいと思いますが、とにかく一言で言いますと、ビジネスに変更するには、更にペナルティと手数料を支払わなければならないと言うのです。
で、そのペナルティ料金&手数料が、合計で927ユーロと言うんです!

バッカじゃないの!
冗談じゃない!
誰が、更に1000ユーロ近くも払いますか!
もう、完全に頭に来ましたわ~
うう・・、頭に来たところで、どうにも出来ないのが、ますます腹立たしい!

アリタリア、危ないんじゃないですかね・・
ちょっとお金の亡者になっていないかな・・
座席を埋めるために期間限定で安売りチケットをよく販売しているけど、あんな値段で販売していたら赤字になるばかりでしょ・・
まぁ、それだけ、チケットが売れないんだろうけど。
ちなみに、私のは安売りチケッではありません。

航空会社の経営は、正規料金でチケットを買う顧客がいてなんぼの世界ですから~
正規運賃を払うビジネス客がいないとお話にならないわけですよね~
ローマ東京間に会社の経費で正規運賃を払うようなビジネスマンは僅かじゃないでしょうか~
ANAは、昔、それで撤退しましたからね・・
イタリア線は、安売りチケットの観光客を乗せれば乗せるほど赤字だったとかで・・
アリタリア、今年いっぱいで、ミッレミッリアのプログラム(マイレッジのようなもの)も終了だと言うし、
なんだか、胡散臭さを感じます~~

ワタクシ、もう、経済支援なんて考えませんからね!
イタリアの企業がどうなろうと知ったことじゃありません!
これからは、乗換えがあっても安くてサービスのいい航空会社にします~

というわけで、12月の日本行きは、普通にエコノミーで行くことにしました。
誰がこれ以上、お金を払うものですか!
しかも、927ユーロだなんて!
いや、本当に人をバカにしています。

支払ってしまったお金は、失いたくなければ、したくもない旅行をするしかなさそうです。
つまり、どこかの国への正規料金での航空チケットにするわけです。
そんな~、一体、私にいつ旅行しろって言うわけ!?
私がイタリアに戻ってくるのは2月に入ってからだし、その後は息子が帰省するし、忙しくて、とても旅行という気分には・・
3月に息子とイスタンブールあたりに旅行・・なんて考えも浮かびましたが、親と旅行なんてしたくないだろうしな~
夫もそのあたりはお休みは取らないし。

アリタリア、むかつく~~!
今日の午後は、日本とイタリア、EU間の経済関係強化の講演会に出かけるのですが、よーく話を聞いてこようではないの!


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-05 06:54 | ひとりごと、考えること

10月4日、天使の日♪

c0206352_5384670.jpg

c0206352_5391015.jpg

10月4日、天使の日♪
私のドールも天使仕様になりました~
天使のお洋服は、私の手縫いです。
と言っても、縫ったのはこれだけですが・・
しかも、3年前(笑)

さぁ、天使のお好きな方、一緒にこの日をお祝いしましょう♪
幸運にも、今日がお誕生日のお友だちもいます。
おめでとうございます♪

ちなみに・・
10月4日の天使の日とは、単なる語呂合わせです。
テンとシでね。
どこぞの下着メーカーが「天使のブラ」のヒットで2000年に制定したらしいですが、そんなことはどうでもいいんです!

10月4日は、天使の日!
これでいいのです!
この日に生まれてきた人は天使の生まれ変わり♪
堕天使の場合もありますが・・(笑)


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-04 06:13 | ローマの日常

久々の息子ネタ♪

c0206352_572228.jpg

9.11 memorial day


c0206352_514428.jpg

Manhattan


c0206352_536353.jpg

Times square


息子は、ニューヨークが大好きになって日本へ帰ってきました~
まぁ、そうなるだろうとは思っていましたが・・(笑)
私も行きたくなっちゃった♪
ニューヨーク滞在中に、9.11のメモリアル・デイがあったことは幸いだったかもしれません。
色々なことを考えさせてくれますから・・

滞在中にお世話になったRくん、本当にありがとう♪
夢への第一歩、頑張って下さいね。
君が東京にいない間、息子は寂しい思いをするかもしれないけど、それも人生。
来年、東京に戻ってきたら、また仲良くしてやって下さいね。


さてさて、9月25日より大学の後期の授業が始まりました。
お陰様で、2年生前期の成績は大変満足の行くもので、超遊び人の彼にしてはよくやったなぁ・・と、褒めてあげたいです♪
「ミクロ経済学」以外は、全てAでした♪
息子は、どうも、経済学が苦手らしいです・・(大汗)
経済学は大切ですからね~
何とか克服して欲しいものです。


イタリア生まれのイタリア育ち、学校はずっとイタリア現地校だった彼(しかもハーフ)が、いくらバイリンガルに育ったからといって、そして、いくら日本の大学に合格したからって、「その後の勉強についていけるのかしら?」と興味津々の方もいらっしゃるかと思いますが・・
全く、問題ありません。

受験前の予備校の模試では、驚いたことに、国語(もちろん日本語)の成績がトップ3でしたし、日本人としての国語力は、既にかなりのレベルに達していたようでした(これは自慢ではなく、親子共々のサプライズだったのです)。
それでも、息子の入学した大学が偏差値の高い所だったので、私自身、大丈夫かな~と一抹の不安はあったのですが、何とか大丈夫そうです。
1年の後期は、気が緩んで、あまり良い成績とは言えなかったのですが、本人、反省したようで、今は、「よく遊び、よく学ぶ」を実践しているようです。

ただし、ただ一つだけ、ハンディはあります。
それは、日本史を全く勉強したことがないという事実から来ています。
海外で育ったので仕方ないのですが、日本政治史などの勉強では、過去から現在に至るまでの難しい名前を持った政治家の名前が頻繁に出てきます。
勉強の段階で、それらの名前を読むことが出来て、内容を理解することが出来ても、レポート提出なら問題ありませんが、もし筆記試験の中で、そういう方々の名前を出しながら記述する必要がある場合、書けない・・ということが生じる可能性があるわけです。

「いわくらともみ」を岩倉具視と書けないとか、
「さいおんじきんもち」を西園寺公望と書けないとかね・・
いくらなんでも、平仮名で、「ともみ」とか「きんもち」と書くわけには行かないでしょう?
まぁ、この点では苦労しているようです。
息子の大学、大変厳しくて、レポート提出で単位が取れるような科目はないのです。
必ず筆記試験がありますから。

あ~、気が緩みがちな後期!
遊びながらでいいから、しっかりやって欲しいものです。
今週末は、九州のおじいちゃんのお見舞いに行くようです。
私の父は、お陰様で、リハビリ専門病院に移って2週間。
とっても元気になって、歩けるようになりました。
退院まで、もう少しのようです。
可愛い孫の顔を見たら、一気にテンションアップで、回復に加速がつくことでしょう。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-03 06:34 | 息子・私・家族のこと
c0206352_055581.jpg

フンギ・ポルチーニの季節がやってきました~♪









c0206352_081794.jpg

ポルチーニを買う時に注意しなければいけないこと!
それは、中に虫が入っていることもあるので、行きつけの信頼出来るお店で買うことです
信頼の置けるお店では、買う時に必ずサッとナイフでひと切りして、中に虫が入ってないことを確認してくれます。
雨の降ったすぐ後に収穫されたものに入っていることが多いそうです。









フフッ♪
以下は、私が9月に食べたポルチーニ入りのミックスきのこのパスタで~す♪
もちろん、食べたのはきのこパスタだけではないのですが、今日はきのこパスタをご紹介♪

c0206352_0153477.jpg

超カワイイ盛りつけのきのこパスタ♪
プチトマトがアクセント♪
見た目も味も最高♪
テーブルに出てきた時には、思わず、「わ~っ!」って声を上げました♪









c0206352_0182497.jpg

手打ちパスタにもパルチーニ入り♪
だから、パスタが茶色いんです~
色合いが悪いとお思いでしょうが、とんでもない!
「これぞ、まさしくポルチーニ!」の極上の一品でした♪
美味しかった~









c0206352_020864.jpg

わりとオーソドックスなタイプです~
でも、美味しいのよ♪

一口に、ポルチーニ入りのミックスきのこのパスタと言っても、ソースや盛り付けやパスタの種類によって、雰囲気も味も変わってきます!
手打ちのタリアッテレを使うことが多いですが、ペンネを使うこともあります。












c0206352_022218.jpg

ミックスきのこの手打ちパスタ♪
これも、当然ながらの美味!
オーソドックスでシンプルですが、まさに王道を行ってました~!


ちなみに、ポルチーニやミックスきのこのパスタを作るのは簡単です。
ポルチーニがちょっと高くつきますが、基本的にニンニクとオリーブ油で炒めて、ワインを隠し味にふりかけるだけ。
そして、パスタに絡めてイタリアンパセリをふりかけて、出来上がり~♪
もちろん、オリガノ等のハーブやトマトを入れても構いません。
自分の好みで変幻自在にすることが出来るのが、イタリアンの良いところですね♪
ポルチーニがなくても普通のきのこでも作れるので、皆さまも是非お楽しみ下さい♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-02 05:28 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ

私のお仕事靴♪

c0206352_20215125.jpg

ときどき、ローマ郊外への日帰り個人ツアーの添乗のお仕事をするようになって、困ってしまったのが靴でした~
ご存知の通り、ワタクシ、普段はヒールの高い靴しか履かないからです。
でも、チヴィタ・ディ・バニョレッジョへ渡る橋は、勾配が激しくて、大変な道のりなのです。
さすがに、ヒールは無理!
まぁ、それでも、一度だけ行くのならヒールの高い靴でも可能ですが、頻繁に行くとなるとそれは絶対に無理!

こんな時、「本当に断捨離していなくてよかった~!」と思ったのが、10年以上前に買って、ほとんど使ってなかったペッタンコの靴たち・・
右から、フェラガモ(黒)、ボッテーガ・ヴェネタ(ヒョウ柄)、グッチのポニースキン(黒)です
だけど、グッチのポニースキンは物凄く高かったので、お仕事用ではもったいないかな~とも思います。
この冬、日本で履こうかな~








c0206352_20225252.jpg

というわけで、お仕事用に、クラークスの靴を買いました~

こういうタイプの靴を買ったのは、生まれて初めてです。
靴はこんなでも、私の服装はいつもワンピース。
ミスマッチかな~と思っていたのですが・・
意外とワンピースに網タイツでも可愛いです♪
それにしても、この靴、本当に歩きやすい!
あんまり、ペッタンコの靴に慣れたくないワタクシではありますが~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-01 04:56 | ファッション&アクセサリー

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma