<   2012年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
モンタルチーノでワインを買う
c0206352_256460.jpg

ピアッツァ・ガリバルディ@モンタルチーノ♪
お祭りの日だけあって、若者たちがワイワイがやがや。










c0206352_257182.jpg

この広場にある「エノテカ・ディ・ピアッツァ」♪
ここに、この日、何回入ったことでしょう・・










c0206352_374692.jpg

ここのエノテカ、広いのです。
3つのお部屋がありまして、ブルネッロも安物から高級なものまで揃わないものはありません。
ブルネッロって言ってもピンきりですからね~
有名なものだけが美味しいわけではありませんが、ワイナリー選びは大切です。
エノテカの持つ嗅覚と経験は大変参考になります。
あ、もちろん試飲も出来ますよ~










c0206352_363211.jpg

ブルネッロの本家本元、名門「ビヨンディ・サンティ」と、究極のワインを作り上げる「ポッジョ・ディ・ソット」は、以前ワイナリーで既にお買い上げしましたので、今回は、程よいプライスの美味しいブルネッロを買おうと決めていました。
もちろん、どこのものを買うかは頭にありましたが、私の勘に狂いはありませんでした♪

ただね、ショックだったのは・・
ビオンディ・サンティのワインが~
ワイナリーで直に買ったワインが~
こちらのエノテカのほうが安かったんです・・(泣)

そして、ポッジョ・ディ・ソットのワインも、市場にはもはや出回っていないと思われる年のブルネッロがありました。
ただし、2005年もののブルネッロ、「神の雫」ワインはどこにもありませんでしたけどね。











c0206352_317733.jpg

フォルテッツァ(城塞)の中にあるエノテカ♪










c0206352_323578.jpg

ここ、若者で溢れかえっていました~










c0206352_324991.jpg

品揃えは、かなり良いです。
ここのエノテカもお薦めですよ~










c0206352_142855.jpg

私が買ったワインです。
マストロヤンニのブルネッロとビオンディ・サンティのロッソです。

実は、ワイナリー「マストロヤンニ」の前オーナーの息子は、ちょっとした知り合いで、10年位前まではお付き合いがあり、ブルネッロは、こちらからいつもケースで買っていました。
物凄く有名なワイナリーというわけではありませんが、安物のワインではなく、とても美味しいブルネッロを作っていたのです。

今回のモンタルチーノでは、マストロヤンニのブルネッロを買おうと決めていたのですが、大正解でした!
どこのエノテカで聞いても、こちらのブルネッロを絶賛していました。
しかも、耳より情報を手に入れました!
3,4年前に前オーナーが死去し、遺産相続問題で大揉めに揉め、ワイナリーは最終的に売却されたそうなんです。
どうりで~
消息を聞かないと思っていたわ・・

しかも、このワイナリーを買収した会社が!
なんと!
天下の「Illy Caffe」(イリー・カフェ)なのです。
これはもう、この先、さらにレベルアップすると思いますね。
私がそう言ったら、エノテカの人は、「いや、もともとマストロヤンニは美味しかったから」と言っていましたが、資本力のある会社が買収したらどうなるかは目に見えていますからね。
マストロヤンニが、名門ワイナリーの仲間入りをする日も近いと思います。
既に、今年からワンランク上のブルネッロ(リザーブではありません)シリーズも販売されていましたし。
これから期待が持てるブルネッロです♪

さて、もう1本は、ベタなところで落ち着きました。
名門ビオンディ・サンティのロッソです。
こちらのブルネッロはもう前回買ったのでね・・
で、ロッソなら、絶対にポッジョ・ディ・ソットの方が上なのに、どうしてビオンディ・サンティにしたのかと言いますと・・

当然ながらブルネッロを始めとするこれらのワインは、我が家にお客様をお招きした時に一緒に楽しむために買ったものですが、イタリア人はブランドに弱いのです!
いくら、ポッジョ・ディ・ソットのロッソのほうが高くて美味しいにしても、そんなことは知らない人の方が多い・・
だけど、天下の名門ワイナリー「ビオンディ・サンティ」を出せば、たぶん、彼らの態度が変わるはずです・・(笑)
「ええ~っ!凄い!こんなワインが頂けるの~?」みたいな・・(笑)
そのミーハーぶりを見越した上で、ビオンディ・サンティにしたわけです。
でもね、やはりエノテカの人も言っていましたが、ビオンディ・サンティはエレガントな味わいなんですよね~。

まだまだ欲しいワインはたくさん~~!!


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-31 06:04 | ワイン&モンタルチーノ
ランチ@モンタルチーノ♪
c0206352_274525.jpg

モンタルチーノの城塞の中~♪

ローマでも毎日飛び回っている私なので(今日もお友だちとランチでした~)、たくさん書く事がたまっているのですが、やっぱり最初にモンタルチーノのことを書いておこうかな!?









c0206352_2102466.jpg

プリオーリ宮、現モンタルチーノ市庁舎(写真中央の時計のある建物)♪

空の色が写真によって全く違いますが、これ、小1、2時間くらいの間にあった変化なんです。
いやぁ、あらゆる意味で、本当に凄いお天気でした~(笑)

モンタルチーノは、中世の街並みがそのまま残った丘の町です。
人口は、5000人ほど。
ご存知、イタリアが世界に誇る赤ワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの産地として大変有名になりました。









c0206352_2161631.jpg

この広場に1888年からある老舗のエノテカ兼カフェ兼お食事処♪
「Caffe Fiaschetteria Italiana 1988」です。
この場所は、なんと!
ブルネッロの生みの親、フェルッチョ・ビオンディサンティがオープンさせたものです。
現在でも、当時の面影をそのまま残したアールデコスタイル。
イギリスのチャールズ皇太子も来たことがあります。

この日のモンタルチーノは大変な人出でしたので、混み始める前に、私たちは、ここで早めのランチをすることにしました♪
レストランは、ちょっとパスしたかったのです。
トスカーナってジビエ料理が多くて、ここモンタルチーノもウサギやイノシシ料理が多くて、ジビエが苦手な私はちょっと・・
気軽に好きなものだけ頼める所のほうがいいのです。








c0206352_2203821.jpg

c0206352_2271985.jpg

私たちが入った時には、カフェのほうは満席だったため、奥のエノテカに案内されました。










c0206352_228970.jpg

c0206352_229223.jpg

私的には、こちらのエノテカのテーブルの方が気に入りましたが、夫はカフェの雰囲気の方が可愛いと思ったようで・・(笑)










c0206352_2305792.jpg

ワインは、もちろんブルネッロ♪
サンジャコモの2004年にしました。
2004年ものだったので、はっきり言って高かったです。
「せっかくだから、いいワインを楽しまなければ・・」なんて言う夫。
私の支払いだと思って・・(笑)
そう、今回のモンタルチーノでは、買い込んだワインも含めて、全て私の奢りだったのです。

オーナーさんがいつでもそばにいてくれて、ワイン談義に花を咲かせました~
ここで、たくさんのワイン情報を得ました~










c0206352_2394257.jpg

大好きなブルスケッタ~♪
トマトとシンプルなオリーブオイルのものが一番好き~♪
これだけは、飽きない~









c0206352_245669.jpg

寒い日には、何といってもスープです♪
ポルチーニとファッロ(スペルト小麦)の暖かいスープ♪
美味しかった~~♪
スペルト小麦は、ライスサラダのようにして食べることが多いのですが、スープにすると、ほとんどリゾットのような感じで、もっちりして美味しさが倍増します。
ハートも身体もポッカポカ♪
いいランチでしたわ~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-30 06:11 | ワイン&モンタルチーノ
秋の収穫祭@モンタルチーノ♪
c0206352_624780.jpg

収穫祭の仮装行列♪
伝統的な衣装に身を包んだ町の人たち♪

夫と二人で行ったモンタルチーノの秋の収穫祭、楽しかったです~~
でも、疲れました~~
何しろ、お天気が・・
目まぐるしく変わっていったのです・・
そして、どんだけ歩いたことでしょう・・
小さな町なのに、町の上から下まで何度も行ったり来たりで(笑)。









c0206352_634964.jpg

最初は濃霧・・
(もし、このお天気が続いていたら、余りにも残念過ぎて、泣きたいところでした)









c0206352_6352030.jpg

写真は、モンタルチーノのフォルテッツァ(城塞)♪

そして、いきなり大雨が降り出して、止んだかと思うと・・









c0206352_6404996.jpg

同じくモンタルチーノの城塞♪

今度は、冷たい北風が吹き始め、雨雲を追いやって、信じられない快晴になりました!
結局、とっても良いお天気の状態で一日の大半を過ごすことが出来ましたが、とにかく寒かったので、参りました~
日中の温度、3度でした~(大汗)

イタリア全土、いきなり気温が下がって、北イタリアは大雪だったそうです。
ダウンコートを着て行って正解でしたが、それでも、寒いくらいでした。
どうやら、秋を飛び越して、完全な冬に入ったようです・・









c0206352_6435352.jpg

c0206352_650416.jpg

城塞付近にたくさんの屋台が出ていました。




c0206352_652549.jpg

ポルチーニ♪
これをフライにして食べるのです~




c0206352_653231.jpg

炭火焼きのステーキやサルシッチャ♪

あまりのいい匂いに我慢できずに、私はサルシッチャを1本食べましたが、城塞付近は、モンタルチーノの町のてっぺんにあり、北風の直撃を受けて、あまりにも寒いのです!
とても、外にはいられない感じ・・
ワインもプラスチック容器でなく、グラスで飲みたいし・・

というわけで、ランチは、エノテカ・カフェ・レストランに行きました♪
エヘヘ、もちろん、ワインも買いましたよ~
詳細は、また後日・・






c0206352_731278.jpg

c0206352_702113.jpg

モンタルチーノの町は小さくて可愛らしくて、美食の国でした~

あ、そうそう、イタリアはサマータイムも終了して、日本との時差も8時間に戻りました♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-29 07:12 | ワイン&モンタルチーノ
土曜日のランチ♪
c0206352_0195253.jpg

土曜日の朝まで大雨が続いていたローマですが、日中はなんとか雨をまぬがれました。
しかし、暑い、暑いです。
雨で寒くなるかと思っていたのに、逆です。
暑い・・・

さて、本日は久しぶりに夫と街へお出かけしました♪
また、アルガンオイルを買ってしまった・・(汗)
詳細は後日。









c0206352_0214933.jpg

映画監督のフェデリコ・フェリーニと女優ジュリエッタ・マシーナ夫妻が暮らしていた場所@マルグッタ通り♪
お気に入りのマルグッタ通りをお散歩して、ランチへ~










c0206352_024320.jpg

マルグッタ通りと言えば、行く所は決まっています!
こちらの「Babette」(バベッテ)です。
ちょうど、ベジタリアン料理「Il Margutta」(イル・マルグッタ)の向かい側!
ちょっぴりフランスのビストロ風で、お料理も美味しく、ワインのセレクトも良いし、小洒落た感じで気に入っているのです。









c0206352_11992.jpg

ランチはビュフェ形式ですが、土日は、平日料金の倍になります。
平日なら14ユーロで、ミネラルウオーターとパン付きですが、ビュッフェのお皿は1回きりしか使えません。
土日のランチは、倍の28ユーロですが、ビュッフェは文字通り食べ放題で、何度お皿を変えても構いません。
プラス、セレクトされたグラスワインと食後のケーキとコーヒー付きになります。
ビュッフェとはいえ、お料理が美味しいし、ワイン&デザート付きなので、かなりお得な料金です。









c0206352_1731100.jpg

お肉料理もお魚料理もあるので、ついつい欲張ってしまいますが、私にしては抑えたほうでした~(笑)
お金持ちになれるように(笑)、レンズ豆のスープは食べましたが、お皿はお代わりしませんでしたしね。
(イタリアでは、レンズ豆のスープを食べるとお金が貯まると言われていて、大晦日の晩の年越しに食べる習慣があるのです)









c0206352_1101184.jpg

本当は、ランチも予約をいれたほうがいいのですが、私たちは予約なしで行きました。
特にテラス席は大人気なので、これからの季節はそうでもないかもしれませんが、春から秋にかけては予約しないと入れないこともあります。









c0206352_1193973.jpg

やっと、ワインが来た~~!
忘れられていたようで、「ワインは?」と聞いたら、ハッとした顔をして持ってきてくれました。
本日の赤は、モンテ・プルチャーノ・ディ・アブルッツォ♪
コクがあって、美味しい~♪
最近、白より赤が好きになりつつある私です。









c0206352_1225370.jpg

デザートのケーキは、お決まりのアップルケーキをセレクト♪
リンゴが幾層にも重なっていて、カスタードクリームが美味しいんです♪
夫は、ピスタッチョのケーキ。
ケーキはまともに注文すると、1つ9ユーロしますから、ランチビュッフェが平日の倍額とは言っても、やっぱり、28ユーロというお値段は魅力的です。








c0206352_126356.jpg

食後はエスプレッソでしめて♪

たまには、ゆっくり会話の時間を持つためにも、夫とお食事に行かなきゃね♪
日頃は、面倒くさくて、あまり深い話はしていないので・・
ファミリーサービスです(笑)。
明日の日曜日もファミリーサービスで(笑)、モンタルチーノのワイン祭りに行ってきます♪
あ、これはどちらかというと、ファミリーサービスを装って、夫を運転手代わりに上手く使っているだけかも・・


「Babette」(バベッテ)
Via Margutta 1
月曜定休日


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-28 05:47 | ローマのグルメ
新種の石鹸が~~~
c0206352_2363243.jpg

今日(金曜日)は、ローマから車でチヴィタ・ディ・バニョレッジョに行ってきました~
今週末からお天気が崩れるという予想だったのですが、今日のところは、なんとかセーフでした。
良かった~

ただし、夕方、ローマに戻った途端、大雨になりました~
週末は、ずっと雨かなぁ・・
せっかく、夫とモンタルチーノのワイン祭りに行く予定なのになぁ・・
雨でも絶対に行きます!










c0206352_2401981.jpg

チヴィタのサン・ドナート教会前の広場にあるお土産屋さん♪
そう言えば、以前ここでマグネットとビスコッティを買ったことがあったわ~

お店の写真を撮っていたら、お店の女の子が店頭にお花を飾るためにちょうど出てきました。
彼女、「ごめんなさい、せっかく写真を撮っていたのに、私が写って邪魔だったわね」と、謝ったのですよ~
とんでもない!
こんな美人さんが入ってくれたほうが、絶対に絵になります♪
しかし、なんてこともないTシャツにジーンズ姿の彼女、美人さんだと何を着てもサマになるのですね。











c0206352_2423794.jpg

ぎゃあ!
新種(笑)の石鹸を発見しちゃった~
チヴィタのオリーブオイルベースのオーガニック石鹸・・
やっぱり香りがとっても良くて、中に本物のフルーツやハーブが入ってる~~!
石鹸フリークの私としては、試さないわけにはいきません!










c0206352_2451211.jpg

「面白いな」と思ったものだけ、買ってみました♪
左は、なんとチョコレート♪
まさにチョコレートの香りで、本当のチョコレートを使っています。
それはもう、本当に食べたくなるほどですが、オーガニック石鹸です。
右は、ザクロ♪
ザクロの実がたっぷり入っていて、甘い香り♪
使うのが楽しみです。
チョコレートは、一体どんなことになるのか、ちょっと怖い気もしますけど・・


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-27 06:02 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
普段の私のティータイム♪
c0206352_5161949.jpg

これは、去年の夏。
パリのカフェの写真です。
どうして、パリのカフェって、こんなに絵になるのでしょう!?
お茶とカプチーノしかないのに、何故かとっても洒落ているんですよね♪

パリでお気に入りとなったフレッシュミントの葉っぱを使ったミント・グリーンティー♪
ティーバッグじゃないところが感動的!
だけど、ティーバッグでも十分美味しいです。
もちろん、フレッシュミントの味にはかないませんけど。









c0206352_4523583.jpg

じゃーん!
というわけで、本日はミント・グリーンティーでお茶タイムをしました~
トワイニングの物も、なかなか美味しいですよ~










c0206352_4553326.jpg

おやつは、ゴマ風味のどら焼きです~

それにしても、つくづく、私のお茶タイムってセンスないなぁ・・と思います。
パリの写真との違いがちょっと悲しい・・
でも、これが等身大の私ですから!
ブログアップするためにわざわざテーブルを飾るなんてこと、しないんです。
あ、ちなみに、ドールくんとウサコちゃんたちは、このテーブルの上が定席なので、いつも、ここにいるのです。
これが、普段の私のお茶タイム~♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-26 05:04 | ローマの日常
ママがアイドルにはまった理由(わけ)
あれ~
エキサイトブログの不具合で、写真もアップロードも出来なければ、せっかく書いた日記も消えちゃった~
もう、参っちゃうな~

イタリア時間昨夜(日本時間早朝)、エキサイトブログの写真アップロードとブログ更新、投稿が全く出来なくなりました。
ブログの毎日更新が信条の私ですが、仕方ないので寝ちゃいました。
朝起きたら(日本時間夕方)、どうやら復旧したようなので、とりあえず、本日の更新には間に合いそうです(笑)。
今日は、ひとりごとです♪


皆さま~
アイドルをバカにしてはいけませんよ~
私もかつては、バカにしないまでも、興味の外、全くの別次元だと思っていたんです。
もともと、洋楽好きのロック少女でしたから~
ところが・・

それは、突然やってきました!
今の日本の若者が、物凄~く格好よくなったってこともあると思いますが・・
そして、彼らが、それまでの日本のアイドル界の常識を打ち破るような規格外のアイドルだったってこともあります。
ワイルドでセクシー。
しかも、楽曲が、元ロック少女たちを唸らせるほどに素晴らしかった!

息子の難しい時期に、彼らにハマることで、私はずいぶん癒されました。
大げさに言えば「希望」を持ち続け、日々の苦悩に立ち向かうための大きなパワーをもらうことが出来たのです。
否定的な言葉で言うと、それは「現実逃避」なのかもしれません。
でも、それが投げやりなものではなく、確信犯的な現実逃避なら、時には大きな助けになることもあります。

悩みの種だった息子は、17歳でした。
「勉強しない」
「言うことは聞かない」
「態度が悪い」

まぁ、それは、今考えれば当たり前のことなんでしょうけど、当時の私には、ストレスの元凶以外の何者でもなく、私は母親としての自分に自信をなくしかけていました。

心の中に負の感情を充満させないためにも、私には夢の世界を持つ必要があったのです。
そして、これも重要なことですが、私はアイドルに真剣な恋をしていましたが、それは完全にプラトニックなもので、そこにセクシュアルな幻想は少しもありませんでした。

どんな人にでも、自分が生きるその小さな世界で、自分にとってはただならぬ大事件が起こるものです。
それを真剣に見つめることは大切です。
でも、そればかりを思いつめて、憂鬱で暗い世界に閉じこもるようになったら、どうでしょう?
自分ばかりか、回りにいる人にもネガティブな雰囲気が伝染してしまうのではないでしょうか?
悩む気持ちはどうしようもなくて、そのままそこにあったとしても、自分の気持ちを高揚させてくれる何か楽しいことを持つことは、確実に自分の世界を変えてくれます。
そして、その延長線上で「頑張ろう」と思えてくるから不思議です。

当たり前のことですが、アイドルは夢を与えてくれる存在です。
「明日からも頑張ろう!」と、気持ちを高揚させてくれるのです。
憂鬱で沈みがちな心に、青空を広げてくれるのです。
好きなアイドルの音楽を聴いて、TVを見て、雑誌を読んで、コンサートに行く・・。
何よりも同じ仲間たちと熱い思いを語り合うことが、どんなに楽しかったことか・・
そんな時間はとても大切で、日々の暮らしの中で自分の現実を生きていく、大きな力となってくれたのです。

それにね、真面目な話、強力なアンチエイジングにもなるんですよ♪

しかし、少女の頃にさえアイドルにハマったことのなかった私なのに、おばちゃまになってから、アイドルの存在意義を知ることになったなんてね~(笑)
 
今の四十代、五十代というのは、昔の、私たちの母の世代とは全く違います。まず、自分が幾つであるかなんて意識もしていませんし、気持ち的には、いつまでも若い頃のままだと思っています。
生涯青春世代です。
音楽もファッションもライフスタイルも、今という時代のトレンドを見つめ、若いお嬢さん方同様に格好いい男の子にも目が行ってしまう。
もちろん、現実の話ではありません。
TVの向こう側にいる人が相手なら、罪はないでしょう?

アイドルにきゃあきゃあ言っていた私を、息子は、「バッカじゃないの?」と言いつつも、面白がっていたように思います。
まぁ、夫は、嫉妬に狂っていましたけどね(笑)。

とにかく、私が、憂鬱だった息子の暗黒時代と、それに続く親子二人三脚の厳しい受験戦争を乗り越えられたのは、ジャニーズの某アイドルのおかげであります。
彼らを愛することで、とてつもなく強大なパワーを得ることが出来たのです♪

今でも、彼らには深い感謝の気持ちを持っていますし、恩義も感じています。
だからこそ、これからもずっと応援していくことが恩返しになると思っています。
残念ながら、もう恋はしていませんけどね、たぶん・・


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-25 17:17 | ひとりごと、考えること
アルガンオイルにハマる♪
c0206352_1415137.jpg

ローマ、ポポロ広場♪

今年のイタリアは異常気象が続いています。
朝晩は冷えるのに、日中は夏日が続いているのです。
昼間は、ローマで27度、シチリアではなんと29度になります。
当然、週末は海に泳ぎに行く人もいたりするのが、さすがイタリアン人~!
今週いっぱい、この暑さは続くようで、来週から雨が降り始めて、本格的な秋になるのだとか・・
本当かな~

さて、ご心配をおかけしましたが、おかげさまで、私の風邪も完全回復しました。
まだ抗生物質は飲み続けなければなりませんけど。









c0206352_145292.jpg

コルソ通り♪
夕暮れ時にちょっと覗いてきました~
最近ハマっているものがあるので(笑)。










c0206352_1483715.jpg

「BOTTEGA VERDE」(ボッテーガ・ヴェルデ)♪
コルソ通りのポポロ広場寄りにある自然派コスメのお店です。
ここが、最近、私がハマっているお店なんです~

なんでも、1972年に、先日の世界遺産の町「ピエンツァ」で設立された会社なのだとか・・
アッという間にイタリア全国にチェーン店を展開する成功を収めて、2010年には、自然派コスメの化粧品分野ではイタリア一の生産と売り上げを誇っています。
製品が良くてもマーケティング能力がないとここまでにはなれませんから、元は小さな会社だったのでしょうが、経営能力が優れていたのでしょうね。









c0206352_1404989.jpg

Bottega Verde(ボッテーガ・ヴェルデ)のアルガンオイルのハンドクリームとフェイスクリーム!

つい、この間まで、アロエがマイブームだったはずなのに・・
今は、モロッコ原産のアルガンオイルにハマっています。
オリーブオイルよりはるかに潤い度が高いですし、使用感がしっとりなんです~

アロエ・・
もう夏も終わったし、いいです。


c0206352_695415.jpg実は、こんなものまで買ってしまっていて、先日のハンドクリームや化粧水も残ったままですが、もう使わないかな。

それに、化粧水に関して言えば、自然派コスメは私的にはバツ!
ただの水としか思えない!

昔流行ったエヴィアンのフェイス用スプレーのような感じかな~
空気が乾燥した飛行機に乗る際に、顔にシューっと噴きかけて水分補給をする分にはいいかもしれないけど、化粧水としてはダメですね。
潤いも何もあったものじゃありません。

ロクシタンのものだけは優れていると思いますが、数々の修道院シリーズの化粧水や他の自然派コスメの化粧水はダメですね。
少なくとも、私は却下です。
ただの水に薔薇の香りを付けただけ。
アロエのも何だか潤いにはほど遠かったし。

そういうわけで、こちらのボッテーガ・ヴェルデでも、アルガンオイル以外のものは買うつもりはありません。
お値段がお安いからとすぐに調子に乗ってしまう私も、少しは学習しましたよ~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-24 06:16 | 美容&コスメ
サン・パトリッツィオの井戸
c0206352_22345443.jpg

サン・パトリッツィオの井戸♪
オルヴィエートのケーブルカーの駅のすぐそばにあるルネッサンス時代の井戸です。
(こちらもプライベートで行ったものです)

昔から水に悩まされたオルヴィエートですから、水源確保が重要だったのです。
「ローマの略奪」からこの地へ逃れてきた教皇クレメンス7世が、敵に包囲されても自給自足が出来るように、1527年に井戸を作ることを命令し、ラファエッロ亡き後のルネッサンスの理念を継承する建築家「サンガッロ・イル・ジョヴァネ」が設計しました。









c0206352_22494798.jpg

上から井戸を見下ろした写真です。
深さは62メートル、直径は13.5メートルほどです。
周囲には下り用と上り用の螺旋階段がそれぞれ別個にめぐらされています。
人やラバを使って水汲みに行く時、または帰る時に、邪魔されることなく運ぶために、このような構造になりました。
ラバを使う場合は、皮袋に水を入れて運ばせたそうです。
灯取りの窓は全部で70個あります。









c0206352_2254544.jpg

こちらが下り用の階段です。
階段は片道248段ありますが、段差が少なく緩やかなものですので、とても歩きやすいのです。









c0206352_22571315.jpg

c0206352_22581559.jpg

井戸の底とそこに架かる橋♪
この小さな橋が2つの螺旋階段を結んでいます。
井戸の底はかなり暗いので、フラッシュを使って撮影しました。
見学者はかなり多く、学校の先生に引率された社会見学の子どもたちもたくさんいて、なんだか微笑ましかったです~
橋が小さいため、私も、橋の真ん中に立てるまでかなりの間待ちました。









c0206352_23540100.jpg

井戸の底から上を見上げた眺め♪
神秘的な美しさです。









c0206352_2371554.jpg

井戸の底から上へ向かう階段♪
当然ですが、井戸の深さによって、空間の明るさは変わります。








c0206352_2393657.jpg

上に上るにしたがって明るさが増してきます。
この明暗の移り変わりが実に面白いのです。








c0206352_2314375.jpg

もうすぐ外~
井戸の上部を写真に撮るため、窓から身を乗り出して、私、けっこう危なかったです(笑)。

この井戸は、ドゥオーモ(大聖堂)に続く、オルヴィエートの第2の観光名所となっていますが、それは、ルネッサンスの美しい建築様式で、この井戸が掘られたからでしょう。
確かに、美しくエレガントな井戸でした♪

なお、「サン・パトリッツィオ」という名前の由来は、アイルランドの聖人に由来するものですが、この聖人が深い洞窟の中で悟りを開いたことから、この名がつけられました。
聖人の生きた時代も違いますし、この井戸で悟りを開いたわけではありません。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-23 06:01 | オルヴィエート
オルヴィエートの地下都市散策♪
c0206352_2124687.jpg

オルヴィエートの大聖堂の前に、「オルヴィエート・アンダーグラウンド・ツアー」という、オルヴィエートの地下都市見学ツアーのオフィスがあります。
ガイドツアーですが、参加料一人6ユーロ♪
これに行かない訳にはいきません!
所要時間は、1時間弱です。
あ、ちなみに、これはプライベートでオルヴィエートに行った時のことです。









c0206352_11173.jpg

ここから地下都市へ向かいます。
この地下都市は、1960年の土砂崩れの際に偶然発見されたそうです。
地元のイタリア人ガイドさんが、お庭の門の鍵を開けてから案内して下さいますので、個人的な見学は出来ません。
ガイドツアーに参加しなければ入ることは出来ません。
ローマのカタコンベと同じで、地下都市は迷宮となっていますので・・









c0206352_14442.jpg

ここが、3000年の歴史を持つ地下都市への入口です。
まず、ここでオルヴィエートの地理的・地層学的説明を受けます。






c0206352_537175.jpgこの説明を受けて、断崖絶壁の丘の町、チヴィタ・ディ・バニョレッジョやオルヴィエートが、どうして出来たのかという謎が解けました~

オルヴィエートはチヴィタより規模が大きいので、写真からはよく分からないかもしれませんが、物凄い断崖絶壁で、自然が生んだ要塞都市なのです。
この辺り、太古は海だったそうで、その後、凝灰岩の地層が生まれ、それが、さらに侵食されて丘になったのだそう・・

そして、今でも地震が多く、断崖絶壁の端っこの部分は崩れ落ちているそうです。
怖い!
ただ、チヴィタ・ディ・バニョレッジョと違って、オルヴィエートの町は完全に体制を整えているため、全ての事態に即応出来るそうなんだとか・・









c0206352_110524.jpg

地下都市には、人が住んでいた訳ではなく、単に仕事場として利用していたそうです。
ここは、オリーブオイルを造る場所。
どうして地下なのか?
それは、年間を通して気温が17度から18度なので、保存に適していたからです。

丸い石の上に、穴のあいた大きな丸い石を乗せて、棒をくっつけて、ロバに引かせてオリーブの実を潰していたそうです。
これは、チヴィタ・ディ・バニョレッジョにもエトルリア時代の同じものがあります~

でも、面白いのは、中世に入ると、オリーブオイルは食用としては用いられなかったそうなんです。
主にランプの灯用に使われ、あとは、丘の町の断崖絶壁を登ってくる敵に上からオイルをぶっかけて下に落とす武器として使われたのだそうで・・
まぁ、知らないことだらけでした~










c0206352_114613.jpg

イタリア人のガイドさんは、洞窟という言葉を使っていましたが、洞窟どころではなく、とんでもない広いスペースが奥へ奥へと続いています。









c0206352_1132736.jpg

でも、穴を掘るのは比較的簡単だったそうです。
凝灰岩はとても柔らかいのです。
確かに手で触れただけで、ボロボロと土が落ちてきます。
侵食されやすいのも分かります~









c0206352_1144177.jpg

どこまで深く掘り下げられているのか全く分からないエトルリア時代の井戸。
掘り下げる際の人夫さんに酸素を送るために、テラコッタの長いパイプを利用していたそうです。

そして、この水こそが、紀元前9世紀のエトルリア人がオルヴィエートに地下都市を作った最大の理由だったのです。
凝灰岩は水を弾く性質があるため、オルヴィエートには水不足に苦しんだそうで、そのため、凝灰岩の地層の下にたまった水を汲み上げるために井戸を掘ったというのです。

現在でも、下を掘り下げる調査は行われていないそうで、果たしてエトルリア人が、この井戸を通して水を得ていたのかは、謎のままなのだそうです。
何故なら、紀元前2世紀の古代ローマ人の侵略と征服により、町は完全に破壊され、全ての人々も殺戮され、文献も全部焼き払われてしまったため、それ以前のことは何も分からないのだそうです。
さらに、それ以降も、古代ローマの支配が終わるまでの約700年間は、一切の記録が残っていない謎の時代なのだそうです。

あ~あ、なんだかな~
こんな話を聞くと、ローマ帝国が全然偉大に思えなくなってしまうな~
結局、野蛮な侵略戦争を繰り返していただけってことですよね。
だったら、納得!
ローマ帝国が滅亡したのも理解出来る・・
自業自得!
その時代の強き者に征服される世の中だったのなら、ローマが永遠であるわけがないのです。









c0206352_1282724.jpg

そして、この穴だらけの壁面!
いったい何だと思いますか?

なんと!
ここで食用のハトを飼育していたのです。
何故、美味しいニワトリでなく、ハトなのか!?
それは、ハトに帰巣本能があるためです。
外に向かっていくつも大きな穴が空いていますから、自由に表に出ることが出来たハトたちには、ここを寝床にして子作りに励んでもらったということです。
で、孵ったヒナが生後10日から2週間くらいに成長した頃がお肉も柔らかく旬な食べ頃だったそうです。
あ~、私はハトなんて、絶対に食べられない~~!!
もちろん、現在でもイタリア人はハトを食べますよ~








c0206352_1452138.jpg

幾つものハトの飼育部屋があり、果てしなく続いています。
貴重なたんぱく源だったのでしょうね・・








c0206352_146391.jpg

この下にも幾層にも渡って、ハトの飼育部屋はありましたが、地震で町の端っこが崩れ落ちてしまったので、下の層に行くには、もはや断崖絶壁にロープを伸ばして外から行くしか方法がなく、従って、未調査のままだそうです。









c0206352_1503041.jpg

ここもハトの飼育部屋です~

いやぁ、もう本当にオルヴィエートの地下都市は凄いです。
近年に発見されただけあって、昔のままがそのまま保存されていますが、謎の部分も多いとのこと。
地元のイタリア人のガイドさんって、物凄い知識があるので、ホント、勉強になりました~

このツアー参加者は、私とイタリア人カップルだけだったのですが、ツアー料金わずか6ユーロで、イタリア人ガイドさんの説明を聞きながら、地下都市見学が出来るなんてウソみたい!
ローマからの日帰りツアーでは、ここまで見る時間的余裕はありませんから、オルヴィエートにゆっくり滞在される方は、言葉の問題はあったとしても、必見ですよ~

このアンダーグラウンド・ツアーで見れるのは、長い洞窟の2つだけですが、こういう洞窟が1200も、クモの巣のようにオルヴィエートの町全体に広がっているのだそうです。

この地下都市。
その昔オルヴィエートの病院に2年ほど勤務していた夫も知りませんでした~
まったく~
イタリア人よりイタリアに詳しくなりつつある私!(笑)


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-22 04:42 | オルヴィエート
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ナポリ大好き♪
at 2017-03-30 17:38
世界最高傑作の一つ@ナポリ♪
at 2017-03-29 07:23
カラヴァッジョが襲撃された居..
at 2017-03-28 07:00
最強メンバーで楽しい焼肉♪
at 2017-03-27 06:11
夏時間へ移行~
at 2017-03-26 07:38
頑張れ、ソニー!!
at 2017-03-25 07:29
カラヴァッジョ最後の作品@ナ..
at 2017-03-24 03:16