<   2012年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
むかつくアリタリア!
c0206352_61367.png

12月に日本へ帰国するので、早くチケットを買わなきゃ~と、水曜日あたりからアタフタしていました。
直行便はアリタリアしかないので、それ以外の選択はないのですが、アリタリア・カスタマーセンターのおバカなオペレーターのせいで、とんでもない目に遭いました。
しかも、おバカは、一人や二人ではない。
どいつもこいつも、基本的な従業員教育すら受けてない!

まず、カスタマーセンターで働いているというのに、何も知らない。
何を聞いても分からない。
しかも、毎回、人によって言うことが違う!
しまいには、コンピューターシステムが機能していないので、何も答えられないって、何なのよ~
どうして、こういう出来ない人間ばかりがカスタマーセンターにいるわけ?

ちょっと事情が複雑過ぎて説明出来ないのですが、とにかく、私は、最終的に、合計でとんでもない額(私にしてみればね)をアリタリアに支払ってしまうハメとなったのでした。
というわけで・・
初期の段階で支払った一部分をどうやって取り戻すかを考えながら、実は、水曜の夜からずっと、夜も眠れないほどに悩んでいました。

支払った私が悪いと思うかもしれませんが、そうじゃないのですよ~
ちょっと事情が複雑で~
最初のオペレーターがアホなことを言わなければ、こんなことにはならなかったのです。

で、怒りの電話をしても、謝らない。
イタリア人は、どんな場合でも絶対に自分の非を認めませんからね。
「私は関係ない」と、お決まりの言葉が返ってくるだけです。
だから、イタリアには、クレーマーは存在しません。
いえ、正確には大クレームは付けますが、相手にされないという感じでしょうか・・
だって、お客様は神様じゃないですから、クレームが来たって恐れる必要はないんです。
「お気の様。でも、私のせいじゃないわ」の一言で終わってしまうわけですから。
これまた、言い訳が上手い国民なんですよ~

こんなんだから、イタリアってダメなのよね~
なんだかんだで、上手く生き残って行くイタリアだけど、それは、ごく一部の出来る人たちが全部背負っているからであって~
現状維持は何とか出来ても、より一層発展することは決してないでしょうね。
ま、その現状維持も、もはや時間の問題で、今後は下降する一方だと思いますけど。

もちろん、アリタリアの日本サイドのスタッフさんたちは、日本式に教育されているのでしょうけど、こっちの従業員のレベルのひどさと言ったら!
コネ入社の出来ないヤツばかりなんだろうな~

というわけで、今回の日本行き、アリタリアのマニフィカ・クラス、つまりビジネスクラスで行くことになりそうです。
まだ確定ではありませんが・・

ちっとも嬉しくありません!
かなり怒ってます!
自腹ですから~
この不況の中で一生懸命節約生活をしているというのに、よりによって、どうしてこんなところで大金を使うハメになったのか・・
せっかく、デジ一眼レフを買おうと思っていたのにな~
あ~、これから出発まで、より一層の節約生活をしなきゃ~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-30 06:18 | ひとりごと、考えること
サンタンドレア・デレ・フレッテ教会♪
c0206352_19888.jpg

今日は、久しぶりにローマの教会のご紹介で~す♪
スペイン広場近くのサンタンドレア・デレ・フレッテ教会♪









c0206352_1103335.jpg

この教会の中央祭壇の両側には、私の大好きなベルニーニの天使がいるのです~
知らない方のために、ベルニーニはバロック時代の巨匠です♪

「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのために作られた 」と言われています。
ベルニーニが大活躍してローマの街を美しい教会や彫刻で飾っていた頃の法王ウルバヌス八世も、「ベルニーニはローマのためにあるのではない、ローマがベルニーニのためにあるのだ。」と評したそうです。
ベルニーニは、ローマとバロックとは切っても切れない芸術家、まさにローマを作り上げた天才だったのです。







c0206352_695395.jpg

聖天使城の前にかかる聖天使橋を飾るベルニーニの彫刻があまりに素晴らしかったため、オリジナルは、この教会に移されたのでした。
橋の上のものはコピーですが、同じくベルニーニの手によるものです。








c0206352_1151931.jpg

茨の冠(キリストの受難を表すもの)を手にした天使くん。
この子は、ちょっとイカツイ顔をしていますが・・(笑)








c0206352_1164816.jpg

ふふ、私の一番の御贔屓の妖艶な天使くん♪








c0206352_1183762.jpg

この教会は一廊式(つまり側廊がない)ですが、ベルニーニの彫刻のある中央祭壇に向かってではなく、入口から見て左手にある小さな礼拝堂の前に、多くの信者さんが座って、ひたすら祈っているのです。
どうしてかな~と不思議に思っていたら、ここで聖母マリアが現れるという奇跡が起こったそうなんです。








c0206352_123295.jpg

そして、そこには、驚いたことに、コルベ神父の胸像があったんです!
何でも、この教会で司祭として初めてのミサをあげたそうで・・。
コルベ神父のことをご存知の方は、いらっしゃるかな~

私は信者ではありませんが、カトリックの総本山があるローマに長年に渡って暮らすと、おのずとキリスト教に関する知識が自然に身についていくのです。
長崎に旅行した時にも、大浦天主堂にコルベ神父の写真がありました。

ポーランド人のコルベ神父は、ローマの神学校で哲学の博士号を取った後、1930年にゼノ修道士らと一緒に布教活動のため日本へ行きました。
長崎に到着してからは、長崎の神学校で哲学を教えることを条件に、彼が創設した「無原罪の聖母の騎士」の出版をしながら、熱心な布教活動を続けていました。

その後、自分の国・ポーランドに戻ったコルベ神父は、ナチスドイツに批判的であったため、1941年にゲシュタポによリ逮捕され、アウシュビッツの収容所に入れられたのでした。
1941年7月末、アウシュビッツから脱走者が出たことで、全体責任として、無作為に選ばれた10人が餓死刑に処せられることになったのですが、そのうちの一人が、「私には妻子がいる!」と叫びだしたのです。
この声を聞いた時、その場にいたコルベ神父は、「私が彼の身代わりになります、私はカトリック司祭で妻も子もいませんから」と申し出て身代わりとなり、地下牢の餓死室に入ることとなったのでした。

餓死刑に処せられると、その牢内において受刑者たちは飢えと渇きによって錯乱状態で死ぬのが普通なのですが、コルベ神父はいつまでも毅然として、他の囚人たちを励ましていたそうです。
牢内から聞こえる祈りと歌声によって、餓死室は聖堂のようだったそうです。
2週間後、コルベ神父を含む4人はまだ息があったため、ナチスによりフェノール注射で殺害されました。

このことから、コルベ神父は、「アウシュビッツの聖者」と言われ、後に聖人として認定されることになったのです。
悲し過ぎる話です。
戦争は常に人を狂気に向かわせますね・・








c0206352_129278.jpg

この教会には、キオストロ(回廊式中庭)もあります。
一人の女性が、静かに、中庭のベンチで本を読んでいました。









c0206352_13211100.jpg

教会を背後から見た画♪

実は、この教会の白い鐘楼は、バロックの巨匠としてベルニーニとその名声を分けたボロミーニの作品なのです。
ベルニーニとボロミーニは、共に天才であるが故に犬猿の仲でもありました。
それが・・
運命のいたずらで、ボロミーニの教会にベルニーニの天使の彫刻が収められることになるなんて、何という皮肉でしょう・・
彫刻は、ベルニーニの子孫が教会に寄付したそうですが、二人の天才たちを、こういう形で仲直りさせたかったのかもしれませんね。

SANT’ANDREA DELLE FRATTE
Via di Sant’Andrea delle Fratte 1
00187 ROMA


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-29 06:59 | ローマの美術散歩
恐るべしアロエ効果♪
c0206352_574235.jpg

ウチの近所のエルボリステリア♪
イタリアなら、どこででも見かけるお店ですが、ハーブやオーガニック化粧品、そして健康食品を売っているお店です。
私はいつもここで、l’Erbolario(レルボラリオ)という自然派コスメのメーカー(日本未入荷)の「シャクヤクの花の香水」と「オリーブ油ベースのハンドクリーム」を買うのですが、今日行ったのは、ハンドクリームを買うため。
香水は、ロクシタンの薔薇の香水がまだ半分以上残っているのでね。
でも、残念ながら、ハンドクリームは売り切れでした~
入荷するまで2週間かかるというので、とりあえず、他のお薦めハンドクリームを買ってきました~









c0206352_5145490.jpg

右端がアルガンオイル配合のハンドクリーム♪
最近のオーガニックワールド(笑)で、メキメキ頭角を現してきた感のあるアルガンオイル。
ま、今回はこれを使ってみよう~っと!

そして、アロエのジェル(写真中央)も買ってきました~
これ、99%アロエの水分という優れものなんです(って、まだ使っていませんが)。
ヤケド等の薬用としても使えますが、日に焼けた肌を沈静化させるために効果があると思って買ってみたのです。
こちらもハンドクリーム代わりに使う予定です。

お店の人に聞いてみたら、アロエ80%配合の化粧品シリーズもあるってことで、見せてもらっているうちにどれも欲しくなってしまった~~~
とりあえず、化粧水だけ(写真左端)に抑えました(笑)。

私が何故、突然、アロエにこだわり始めたのかと言いますと・・

太陽の激しい光で焦げそうだった8月に、5回も炎天下のチヴィタに行って・・
もちろん、SPF30の日焼け止めクリームを塗り、帽子も被っていましたが、手の甲が物凄~く日に焼けてしまったんです~

私は、もともとシミの出来ない体質で、お陰様で、これまでの人生、シミやそばかすに悩まされたことは一度もないのですが、8月終了時に、右手の甲に小さなシミが2つ3つあるのを発見!
ショックでした~
自分の手に、小さなものとはいえ、シミが出来るなんて~~!!
絶対にイヤ~~!!
だって、手を見れば年齢が分かるって言うではありませんか!
私の手にシミがあってはいけないのです!!
きっぱり!









c0206352_531693.jpg

そこで思い出したのが、こちらの写真の、城壁の外の聖パオロ教会の修道院が作っているアロエの石鹸!
8月にこれを買っていたのを思い出して、使い始めたら~
これ、ここ4,5日の話です。

あら、不思議!
シミがほとんど消えたではありませんか!
恐るべきアロエ効果!
遠いけど、これは、また買いに行かなきゃ~~~!!!
これが、私がアロエにハマった理由です。←単純!

で、右手の甲のシミはほとんど消えたとはいえ、まだうっすらと残っているため、完璧に消し去るためにアロエのジェルを買ったというわけです。
日焼けごときに負けてたまるか~~!!









c0206352_5435298.jpg

と言いつつ、チヴィタのオーガニック石鹸も、こんなに買ってしまいました~
上から、ラベンダー、中央左はオリーブ、右は薔薇、下はハチミツです。
すぐに在庫が無くなってしまうので、ある時に買っておかなきゃ~と思って買ったのですが、大人買いをした理由はあるのです。

それは、この石鹸は消耗が激しいのです。
私は身体を洗うのに使うため、1つ10日くらいしかもたないのです。
で、こんなに買ってしまったというわけです。
ちなみに、今のところ、私が使ってみたものはオリーブと薔薇ですが、しっとりとしたいい感じの石鹸です。
香りはオリーブのものが一番の香り高さですが、使用感が断然薔薇の方がいいです。
というのも、オリーブの石鹸は使っているうちにオリーブの葉っぱが中から出てくるので、ちょっと痛いのです。
その点、薔薇のほうは花びらですから、柔らか~~

あ~、だけど、今はアロエがマイブームになってしまいました~(笑)

本日、コメント欄は開けておきますが、お返事は遅くなります。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-27 06:02 | 美容&コスメ
志保さんとランチ~♪
c0206352_08372.jpg

ローマ三越のすぐお隣にあるレストラン「Target」♪
私がこの界隈でご飯を食べる時によく使うお店です。
今日は、とっても嬉しい日でした♪
なんと、ブログを通じて仲良しになったお友だちの志保さんが、フィレンツェからお仕事でローマに日帰り出張で来たんです!
志保さんがご一緒していた上司のK氏がとても気さくな方だったので、私もランチの仲間入りをさせて頂きました~♪

ミシュランの星付きレストラン「オープン・コロンナ」のお得ランチでも良かったのですが、あそこは少し歩くので、時間のロスをなくすため、こちらのレストランにしました♪









c0206352_028573.jpg

ここは、ランチタイムだからと言ってお得なメニューがあるわけではなく、昼も夜も同じメニューですが、ランチタイムになると近隣のビジネスマンたちでいっぱいになります。
お昼休みにきちんとしたレストランで時間をかけて食べるくらいですから、それ相応の地位のある方たちなのでしょうが、こういうところにちょっぴり感心する私です。
イタリア人にとって、食べることって本当に重要なんですね・・

お値段は、安くはないけど、高くもない感じかな。
パスタは10~16ユーロ(シーフードが高めになります)。
通常は夜のメニューになっているピザも、ここなら昼間から食べることが出来ます。
クリスピー・ピザです。

このお店、実は、ローマのサッカーチームの選手や芸能人たちがよく来るところなんです。
トッティ御用達です!
店内には、たくさんの写真が飾られています。

私たちは、外のオープンコーナーで食べました♪








c0206352_0374578.jpg

それにしても、やっぱり量が多過ぎ~
志保さんもK氏も大変ビックリされていました!
やっぱりローマ以南の人たちって大食漢なのかな~!?
フィレンツェは、ここまでの量はないんですって。









c0206352_0441087.jpg

私は、エビとルッコラのマルタリアーティというパスタにしました!
あ~、エビ、大好きです~♪
プリプリのエビとチェリートマトとルッコラって、黄金トリオだと思います~
美味しかったわ~










c0206352_0485492.jpg

写真左上は、K氏の牛のカルパッチョ♪
薄切りにした牛の生肉です。
たっぷりのマッシュルームとルッコラ、パルミッジャーノがいっぱい乗っていて、とても一人前とは思えません。
本当は前菜メニューなのですが、セコンドとして召し上がられました~

その右は、私のミックスサラダです。
やっぱり凄いボリューム!

写真下の左側は志保さんの頼んだトマトとバジリコのパスタ、右はK氏のアマトリチャーナです。









c0206352_10858.jpg

甘いものに目がない志保さんは、絶対にデザートは外せないそうで、ティラミスーを♪
普通に美味しかったそうです(笑)。
私とK氏はエスプレッソコーヒーだけ。

短い時間だったけど、志保さんに会えて嬉しかった~♪
小さなお子さんがいらっしゃるのに、最近お仕事も始めて、しっかり主婦業とママ業も両立させて、ヴァイオリンの英才教育もされていて・・
気負うことなく、サラリとこなしているんです。
私は不器用な人間なので、こうは行かなかったわ~
本日のランチ、
二人だけではなかったので、思いっきりのブッチャケ話は出来ませんでしたが(笑)、ずっとビジネスの最前線いらっしゃるK氏のお話も大変興味深く、有意義な時間を過ごすことが出来ました♪
楽しい時間をありがとうございました。
お二人に感謝です~


「Target Restaurant」
via Torino, 33, 00187 Roma
Tel. 06 4740066
営業時間:12 - 15.30  19.00 - 24.30
お休み:日曜のランチタイム


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-26 05:57 | ローマのグルメ
2013年度の手帳♪
c0206352_21504198.jpg

ウチの近所の行きつけの文房具屋さん「VERTECCHI」(ヴェルテッキ)♪
文房具の枠にとどまらず、綺麗なものや可愛いものがいっぱいのお店です。
今日は、2013年度用の手帳を買いに行ってきました~

イタリアの新学期が始まるのが9月!
地方自治体によって、その日付は変わりますが、ローマの場合は9月10日から新たな学年が始まりました~
(もう、私には関係ありませんけどね)
そんなわけで、新しい文房具が出揃い始めるのも9月なのです。
学生は、9月始まりの手帳を買いますが、新年度1月始まりの手帳もこの時期に店頭に並びます。
で、人気商品は、すぐになくなってしまうので、今のうちに買っておけなければ、後で泣きを見ることになってしまうのです。
私、過去に泣きを見たことが数回あります~
手帳には私なりのこだわりがあって、その条件を満たしているものは、イタリアには1種類しかないのです。
だから、早く買っておかないと~










c0206352_2213276.jpg

私の定番は、もう、絶対に「クオ・ヴァディス」の手帳しかありません!
ビジネスマン用に数多くの種類が出ていますが、私のお気に入りは写真左側の週間ダイアリー「Ial B」(イタルB)シリーズ♪
黒がスタンダードなので、赤やブルーやオレンジは僅かしか商品がなく、アッという間に売り切れてしまうのです。
来年度は、1日1ページのダイアリー風のものも1つプラスしました~










c0206352_22221894.jpg

私のこだわりは・・
週間タイプのものは、
1)縦長であること。
2)手帳を開いて左側のページに1日ごとのマスがあること。
3)土日が1つのマスになっていないこと(これがクオ・ヴァディスでさえなかなかないのです)
4)反対側の右側のページが、その週にしなければならないことや忘れてはならないことを書き込むスペースになっていること。
5)見開きのページごとに、その月のカレンダーが記載してあること。ひと月というスタンスで予定を把握することは大切ですから~

以上、私のこだわり、何ちゃらかんちゃらを満たすものが、クオ・ヴァディスのイタルBシリーズしかないのです。
ちなみに、日本ではこのタイプのものはよく見かけますね。
新丸ビルの丸善で、選り取りみどりで売っていましたもの~
いいな、日本!

そして、ダイアリー風の1日1ページスタイルの手帳は・・
本当は、イタルBの表紙の素材と同じものにしたかったのですが、私のこだわり条件を一つだけ満たしてなくて、同じ赤でも別のパターンになりました。
こちらの条件は2つだけ。
1)土日がそれぞれ独立していて、1ページにまとめられていないこと。
不思議なのですが、イタリアの手帳って、ビジネスや学校中心のためか、土日を1ページにまとめたものが多いのです。
土日にだって色々な予定も入るのに~
2)見開きページに必ずその月のカレンダーが記載されてあること。
でないと、全体像をつかめないので。


9月も20日を過ぎたので、ちょっと出遅れ感があったのですが、無事にゲットできました
楽しい予定でいっぱいの2013年にしなきゃ~!
って、少し早いわね・・(笑)

手帳と言えば・・
去年の今頃はブログ開設2周年記念のプレゼント企画をしていたんですね~
この手帳も商品の一つだったのですが・・

お陰様で、この9月で、ブログを始めて3周年を迎えることが出来ました。
いつも読んで下さる皆さまのおかげです♪
今年も3周年記念のプレゼント企画をする予定で、ちょこちょこ商品も揃えていたのですが、今月はなんだかとても忙しくて、企画の実施は、ちょっと難しいかもしれません・・
来年に持ち越しかな~
その前に、何か企画できるといいんですけどね。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-25 05:49 | ローマの日常
トラステヴェレの夜・・
c0206352_0432780.jpg

週末の土曜の夜・・
ローマの下町・トラステヴェレに、夫とお食事に行ってきました~
以前から、安くて美味しいと聞いていた「Ai Spaghettari」(アイ・スパゲッターリ)へ。
ここは、ピザも美味しいらしいです。









c0206352_0474013.jpg

スカンピ(手長エビ)のリゾットが美味しいと聞いていたので、ご飯好きのは私は迷わずこちらに~!
確かに美味しいです。
表からは見えませんが、中にはスカンピがちゃんと入ってますよ~
しかし、量が多過ぎる~~~









c0206352_0505825.jpg

夫は、チョチャーラ風パスタを!
写真では全く想像もつかないでしょうが、これ、軽く2人分はあります。
完食は絶対に無理な量・・
ローマ人の胃って、どうなっているかしら?

チョチャーラ風というのは、ローマの南に位置する山あいの町チョチャーリアのパスタということで、生ハムとニンニクとグリンピース、トマトのソースを絡めたものです。
ものすご~く美味しかったそうです。
使ってあった生ハムがちゃんとしたものだったそうで。
夫は完食しましたけど・・(笑)


チョチャーラと言えば思い出すのが、イタリアの文豪、アルベルト・モラヴィアの「ラ・チョチャーラ」という作品です。
この本が原作となったデ・シーカの映画「ふたりの女」(イタリアでのタイトルは、ラ・チョチャーラ)で、ソフィア・ローレンがアカデミー主演女優賞をとりましたが(大昔の話ですが、映画好きなもので~)、第二次世界大戦末期の混乱の中で連合軍の兵士たちにレイプされる母娘、女性としての立場での苦悩、傷つき自暴自棄になる13歳の娘を立ち直らせようとする母としての立場・・難しい役を見事に演じたローレンでした~
彼女が、肉体派から演技派へと認められた作品でした。
と、話がそれましたが、チョチャーラと聞くと、どうしても、この映画を思い出してしまうのです。









c0206352_119133.jpg

夫は、パスタの量が尋常ではなかったので、サラダで締めようと、サラダを頼んだのでしたが、これがまた、とんでもない量で~
バケツ並みでした~(笑)
ざっと4人分くらいの量でしょうか!?
さすがに、3分の2は残していました。
私もセコンドのお皿が大変で、助けるのは無理だったんです~
ちょこっと味見をしたら、とっても美味しかったのですけどね。








c0206352_1282717.jpg

私は、お魚が食べたかったので、カレイのポテト添えを頼んだのですが~
こちらも、ものすごいボリュームだったんです~
普通、お魚料理って軽いんですけど、いやはや、とんでもない量で参りました~
もちろん、美味しかったのですけど。

教訓:
どんなに美味しいものでも、量が多過ぎると、しまいには美味しく感じなくなるということ。
もったいないと思っても残すこと。
イタリアンをしっかり食べるのは昼間の方がいい(少なくとも日本人にとっては)。

こちらのトラットリア、本当に安くて美味しいのですが、すべてのお料理の量は2人前くらいと考えて、1皿ずつ頼んでシェアーするのがいいと思います。
一つだけ残念だったのは、ワインリストがなかったこと。
まぁ、トラットリアだから仕方ないのですけどね~
ハウスワインの他にも数種類あったら、もっと嬉しかったのに~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-24 06:09 | ローマのグルメ
鉄器時代のローマ♪
c0206352_418534.jpg

紀元前8世紀、ローマ建国時の集落の様子♪
なんだか、大昔の日本とそんなに変わらない気がしますよね。
親しみが持てるかも~(笑)
ちなみに、この写真は、ローマ発祥の地・パラティーノの丘にある博物館に展示されている当時の集落を再現した模型です。
遺跡と出土品に基づいて忠実に作られたとのことです。










c0206352_423154.jpg

こちらが、同じパラティーノの丘にある、前8世紀、ローマ建国の主・ロモロが暮らしていた後期鉄器時代の家屋の跡です♪
実物で見ると、やはり石の文化であることを実感しますね。










c0206352_23251876.jpg

狼の乳を飲む双子の兄弟、ロモロとレモ(カンピドリオの丘)

ローマ建国の伝説!
古代ギリシャのトロイの英雄アエネアスがローマ近郊に逃れてアルバロンガ王国を建設し平和な時代が続いていましたが、十四代目のヌミトル王の弟アムーリウスが兄の王位を奪い、その一人息子を狼の餌食にして殺し、一人娘のレーアをヴェスタの神殿の聖処女にしました。
聖処女は男性と交わると生き埋めの刑にされる決まりがあったのです。
こうすることで、王位を奪ったアムーリウスは兄の子孫が生まれることを防いだのでした。

ところが、レーアはある日軍神マルスに出会って恋に落ち、ロモロとレモの双子を産んだのです。
アムーリウスは双子の赤ちゃんをテヴェレ川に捨てさせましたが、双子を乗せた籠はパラティーノの丘の麓に辿り着き、メスの狼に拾われて育てられたのでした。
狼に育てられていた二人は、その後、パラティーノの丘の牧人によって育てられ、そのうち自分たちの素性を知った兄弟は、アムーリウスを殺し、祖父であるヌミトルを復権させます

その後、二人は新しい町作りの地をめぐって仲違いをして、ロモロはレモを殺してしまうのですが、最終的には、ロモロがパラティーノの丘に築いた新しい町の支配者となり、自分の名前にちなんで、この町に「ローマ」という名前を与えたと言われています。
紀元前七五三年四月二十一日のことでした。
これがローマの建国の日です。
そして、狼の乳を飲む双子の赤ちゃん像がローマのシンボルとなったわけです。
そう言えば、ローマのサッカーチームのシンボルも狼ですね(笑)










c0206352_4265676.jpg

パラティーノの丘から見るコロッセオ~♪

コロッセオって、ベタかもしれないけど、やっぱりローマのシンボルですね♪
「コロッセオの立つ限りローマは立つ。コロッセオが倒れる時、ローマは倒れん」

まだ、コロッセオ、立っていますよね♪(笑)
欠けてはいるけど・・
とりあえず、ローマは大丈夫ってことですね♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-23 06:15 | ローマの美術散歩
ポポロ広場百景♪
c0206352_5553250.jpg

ポポロ広場のサンタ・マリア・デル・ポポロ教会そば♪
車の数が異常に多いローマの街では、車の合間をぬって強引に道を渡ります~
この子たちのように!
でないと、いつまでたっても渡れません!









c0206352_5584610.jpg

慣れない人は大変かもしれませんが、道を渡りそうな人に付いて行けば、大丈夫です!









c0206352_623087.jpg

ローマ、朝晩は本当に寒いです!
今日は特に寒かったな~
でも、日中、お日様が出ているとまぁまぁの気温になりますけど。

この時期は、ローマっ子の服装もマチマチです。
まだ夏の格好をしている人、すっかり秋の装いをしている人・・
家を出る時間帯にもよるのだと思いますが・・

とにかくお天気が変わりやすいのです~
一昨日のあの大雨は何だったんだろう!?
翌日は、スッキリ爽やか、青空が広がっていましたし!
今日も快晴!
ただし、日に日に寒くなっていくような気がします・・









c0206352_2347444.jpg

この画像は大雨の日のものですが、ポポロ広場のフラミニア門で、コカ・コーラZEROのキャンペーンをやっていました。
試飲用の小さな缶コーラの無料配布です。
ゼロって、お砂糖がゼロってことですけど、人口甘味料が入っているってことですよね。
味は変わるのかなぁ・・









c0206352_695781.jpg

もちろん、私ももらってきました♪
炭酸飲料はあまり飲まない私ですが(たま~に飲む時はキノット!)、タダですから(笑)
タダという言葉に弱いワタクシです~

今週はちょっと忙しかったので、週末はまったり過ごす予定です♪
と言いつつ、街中へお出かけするとは思いますけど(笑)。
どこまでも、お出かけ好きのmayumiです~
えっと~。
ちょっとまだ自分的に余裕がないので、もう少しコメント欄は閉じさせて下さいませ♪

皆さまも良いウィークエンドをお過ごし下さい♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-22 06:27 | ローマの日常
ワイン、ワイン、ワイン~~♪
c0206352_1544964.jpg

今日は、家でまったり♪
少し前の録画DVDを見ていました~
「神の雫」♪
懐かしいな~
2009年、KAT-TUNの亀梨和也くん主演のTVドラマ♪
この頃は、まだアナログ放送があったんだな・・と、時代の変容の速さに改めて驚く私!
録画しては、せっせと送ってくれたSちゃんに感謝だわ~
ネットで何でも見れる時代だけど、手元にDVDを持っておきたいドラマってありますからね~

「神の雫」は、ワインをテーマにした人気漫画をTVドラマ化したものです~
雫役の亀ちゃん、格好いい~♪
田辺誠一の芝居がかった大げさなワインのテイスティングが受けるんですけど~
主題歌のKAT-TUNのワンドロップも良かったな~
思い出しちゃった~
久しぶりにPV見たくなっちゃった~

漫画の方は、唸るようなビンテージワインが登場して、そのワインの色と香りと味を表現する方法がドラマチックで受けて、驚異の大人気作となりましたが、ドラマの方は視聴率が上がらず残念な結果でした~
たぶん、日本には、ワインドラマを見たいと思うほどのワイン人口がないからなのかなぁ・・
面白かったのになぁ。









c0206352_23993.jpg

「目覚めよ、バッカス~!」
皆さま、ワインを飲む時は、亀梨くんのように、グラスの下の部分を持って下さいね♪
体温でワインの味が変わったら大変ですから~

「神の雫」は、高名なワイン評論家の残した遺言状を元に、使徒と呼ばれるワインの銘柄そして、世界最高峰の「神の雫」ワインを探して異母兄弟が対決するお話ですが~
イタリアのワインも2つ入っているのです~
イタリアのワインは、赤い文字で入れています。

第一の使徒  レ・ザムルーズ 2001年(フランス)
第二の使徒  シャトー・パルメ 1999年(フランス ボルドー地方マルゴー村)
第三の使徒  シャトーヌフ・デュ・パプ キュヴェ・ダ・カポ 2000年(フランス ローヌ地方 )
第四の使徒  ポムロールシャトー・ラフルール 1994年(フランス ボルドー地方)
第五の使徒 シュヴァリエ・モンラッシェ 2000年(フランス ブルゴーニュ地方ピュリニー・モンラッシェ村)
第六の使徒 バローロ・カンヌビ・ボスキス 2001年(イタリア・ピエモンテ)
第七の使徒 シネ・クア・ノン ザ・イノーギュラル・イレブン・コンフェッションズ・シラー2003年(アメリカ・カリフォルニア オーク・ビュー)
第八の使徒 キュヴェ・エクスキーズ NV(フランス シャンパーニュ)
第九の使徒 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2005年(ポッジョ・ディ・ソット イタリア)

ちなみに、漫画の中で、「神の雫」ワインは、シャトー・ル・ピュイ2001年(フランス、ボルドー)と設定されたため、このワインの価格が高騰して、出荷元が出荷を停止する事件に発展したそうです~
もちろん、ここで取り上げられたワインは、原作者の好みで、自分が飲んだものの中で気に入ったものを使っているだけなのですが、感化されやすいのが人間ですからね~(笑)
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノも、2005年ではなく、2007年のものが最高の出来だったのですけどね・・

わたくし、10月にお仕事でモンタルチーノのワイナリーのテイスティングに行くのです。
この第九の使徒ワインを作ったワイナリー、ポッジョ・ディ・ソットと、世界的名声の高い有名なワイナリー、ビオンディ・サンティに行くので、なんだか、このドラマが無性に見たくなったのでした~

ワイン、大好きです。
まだ先のことなのに、お仕事そっちのけで、どのブルネッロを買おうかと検討中!
ワイナリーでの販売価格はイタリアの市場価格と全く変わらないのですが、ワイナリーで買うと気分が違いますから~
ただ、この2つのワイナリーの生み出すワインは、美味しいだけに、ちょっとお値段が尋常でなく高いのですけどね・・

でもね~
私は高級ワインも好きですが、普通に食卓で飲む日常ワインも大好きです!
安くても美味しいものはたくさんありますから~









c0206352_2251293.jpg

オルヴィエートのワイナリー♪

ですから、先日のオルヴィエートのワイナリーでのテイスティングは、とっても楽しかったのですよ~
オルヴィエートは白ワインの産地ですが、驚くほど安くて美味しいワインなんです~
ローマ近郊のフラスカーティも白ワインの産地ですが、私はあそこのワインが好きではないのです。
どこか化学薬品っぽいテイストを感じて、あそこのワインを飲むと頭が痛くなります。
もしフラスカーティのワインファンがいたら、ごめんなさいね。
ワインはあくまで個人の好みもありますから、私の場合は・・という話です。











c0206352_2351710.jpg

ぶどう畑~
これは、もちろんごく一部です~
こちらのワイナリー、驚いたことに白ワインだけでなく、赤もバリック熟成(木製の樽の中でねかせること)を作っているのです!
そして、オリーブオイルも作っています。










c0206352_240570.jpg

熟成させる前の発酵の段階は、こちらで~
美人姉妹がお父上の作ったワイナリーの跡を継ぐそうです。










c0206352_2503528.jpg

地元の方たち(個人客やレストラン関係者とみられる方)もひっきりなしにやってきて、大量に何箱も買い付けていました~









c0206352_2545215.jpg

自家製オリーブオイルをのせたブルスケッタで、オリーブオイルのテイスティング♪
やはり生産者のエキストラバージンオイル、ピュアーさが違います。
ワインは、最初に白ワイン、次に普通の赤ワイン、バリック熟成赤ワイン、そして、デザートワインに続きます~
ちなみに、グラッパも試飲できるのですが、私たちはすっかり出来上がってしまっていたのでパスしました~
それくらい、ワインが美味しくて調子に乗ってしまったのです・・(大汗)










c0206352_316576.jpg

ほら、出来上がった顔をしているでしょう?(笑)


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-21 06:14 | ワイン&モンタルチーノ
雨、雨、雨・・
c0206352_5231898.jpg

ローマ、ポポロ広場♪
ローマは大雨でした~








c0206352_529326.jpg

そんな中、ウエディングの撮影ツアーをやっている外国人(イタリア人ではありませんでした)カップルが、雨が一瞬上がった隙に、ポポロ広場の噴水のスフィンクスの上でポーズを取っていました。
花嫁さんは、寒さのせいか、純白のウエディングドレスの上に黒いジャケットを着たまま撮影していたけど、いいのかなぁ・・









c0206352_5543392.jpg

サン・ジョヴァンニも大雨でした~









c0206352_559912.jpg

サン・ジョヴァンニのデパート「コイン」に入っている「アガタ」でイヤリングでも買おうと思って、わざわざ仕事帰りに寄ったのですが、全然好みのものがありませんでした・・
テルミニ駅のアガタ(コイン内)のほうが店舗は小さいけど、好みのものがあった感じ。
こっちのほうが品揃えがいいだろうと思ってやって来たのに、ガックリ~
ついつい、店内の石鹸に目が行きましたが・・
ヒョウ柄の石鹸が可愛い♪
でも・・
チヴィタ・ディ・バニョレッジョで石鹸をバカ買いしたばかりなので、何も買わず・・








c0206352_681714.jpg

本日のチヴィタ・ディ・バニョレッジョも、少し雨が降りました。








c0206352_3173886.jpg

午前中は、お若いお嬢さん方とオルヴィエートのワイナリーでワインのテイスティング♪
朝からすっかり出来上がってしまった4人組でした~
詳細は、また後日~

今日の日記は、時計を遡っています♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-20 06:31 | ローマの日常
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。