<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
8月最後の日~♪
c0206352_22344778.jpg

聖天使城の天辺にある大天使ミカエル様の像♪
ミカエル様、大好きです~~
剣を持って悪と戦いますが、基本的には守護の天使です~
ちなみに、イタリア語ではミケーレ、フランス語ではミシェル、英語ではマイケルとなりますが、私はミカエルって呼び名が一番好き~
ラテン語かと思っていたら、ヘブライ語でした。



c0206352_22383326.jpg

聖天使城から見下ろした聖天使橋♪
テヴェレ川の水がかなり澱んでおりますが、ここから見えるローマの風景は美しいです。


さて、8月最後の日となりました♪
今月の私は、目が回るほどに忙しかったです。
上記の写真も、お友だちと一緒に上った聖天使城で撮ったものです。
あまりにもたくさんのことをしたために、8月も7月同様、私には長かったです。
とても、その全てをブログに書ききれるものではありませんでした。


まず、8月に入ってすぐ、ずっと抱えていたボランティアの問題で、大仕事を一つ片付けました。
これは、大変神経を使うものであったので、心身ともに疲れ果ててしまいましたが、それをやり遂げた後は、心からの安堵感を感じ、ホッとすることができました。

そして、その後は、日本からお友だちが来てお付き合いしたり、ローマのお友だちとも遊びに行ったり、また、以前記事にした通り、夫の友人のお嬢さんがこの9月から東京でインターシップをすることになったため、そのフォローをしたり・・

何より、夫がヴァカンス中で7月下旬よりずっと家にいましたから、これも大変でした~
ちなみに、夫のヴァカンスは、まだまだ9月10日まで続きます(私、大汗)。
もう、うんざりだよ~~(心の声)。

夫、本当は8月中旬過ぎから、東京の息子に会いに行く予定だったのです。
私は、6月に日本へ帰国したばかりですし、年末年始も日本ですから、夏の帰国は考えていなかったので、別にいいのですが。

ところが、この6月に支払った昨年度の所得税が、会計士のミスでとんでもないことになりまして~
ミスというのは計算間違いということではありません。
会計士のお仕事がどういうものであるかをご存知の方はお分かりかと思いますが・・
日頃はとても優秀な方なのに、どうしてこんなことになったのかなぁ・・
今回はミスしただけでなく、提出していた各種経費の領収書を全て、さらに6ヶ月分の患者への領収書の控えもなくしてしまったのです。
なくしたものは何とかそのほとんどを再構築したのですが(ほぼ、ミッション・インポッシブルだったのですが・・)、ともかく、今年は莫大な額の税金を支払う羽目に陥って(予想していた額の2倍)、ただでさえ、各種税金が上がる中、しかもユーロ大暴落で息子への仕送り額も増える中、さすがに東京行きは諦めたほうがいいという結論に達しました。
夫には気の毒なことですが、仕方ありません。
しかし、会計士、お詫びの印と言って絵を1枚プレゼントしてくれたのですが、そんなものいらな~い!
報酬をタダにして欲しかったです~~

まぁ、その話は横に置いておいて~
そんな風にバタバタと忙しい中、私は、さらに、チヴィタ日帰りツアーのアシスタントとして、8月は、なんと5回もチヴィタに行ったのですよ~
もうチヴィタのことなら任せて~って感じです(笑)。
お仕事なのに、こちらも楽しませて頂きました♪
素敵なお客様たちとローマナビさんとのご縁に感謝です~~

その他にも、今月は色々な本を読みました~
ローマの街も歩きました~

一方、東京では、息子のマンションの家賃の自動引落しが出来てないという事態になって~。これは銀行側のミスだったのですが、日本の銀行もこんな大それたミスをするものなのですね。
まったく~~!!

また、九州の実家では、とっくに肺炎もなおって身体自体は超健康なのに、長引いた入院によって足腰の弱った父のリハビリ問題があって、電話やメールのやり取りが大変で~
本人は自宅に戻って、通いでリハビリをしたいようですが、母が「絶対に無理!」と断固拒否しているのです。
だったら、「入院費が高くて大変だ」(父はわがままな人で個室を利用してます)なんて、言わなきゃいいのにと思ったり・・
私は、「もう少し優しくなれないものか」と、半分母に呆れていたのですが、ママ友兼ブログ友のricoさんに、「お母様は優しくないのではなく、自信がないだけだと思います」と言われて、目からウロコ・・
そうよね~
そこまで思いが至らなかったわ~
お役所の手を借りて、ヘルパーさんを頼まなきゃ~
でも、これがなかなか、申請から実際までのサービスに時間がかかるんですよね。
ビックリでした。
なんか、日本もイタリア並みにのろいことがあるんだな・・と不思議に思いました。

まぁ、こんな感じでとっても忙しい8月でしたが、私自身は本当に充実していました♪
何故か体調もすこぶる良くて!
暑い夏なんて全然平気でしたよ~
私って、忙しくしている方がイキイキするようです。

実は、今日もお友だちとランチです~
この報告は、また後日~
だって、明日の9月1日は、日本から懐かしいお友だちがやってくるのです。
日本からですが、日本人ではありません。
夕飯に招待しているので、準備しなきゃ~
ま、気心知れた友人だから、手抜きご飯でいいかな~
イギリス人だし、何出しても喜んでくれる人だから。

こんな風に、まだまだ充実した日々が続いていきそうなmayumiです。
皆さま、9月も一緒に楽しみましょう♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-31 06:02 | 息子・私・家族のこと
ボルセーナ湖畔でのランチ♪
c0206352_21124990.jpg

ボルセーナ湖畔の山あいにあるアグリツーリズム♪
プールが3つあって、乗馬の出来る大変雰囲気の良いアグリです。








c0206352_21154212.jpg

レストランのテーブルには、こんな風にフルーツの盛り合わせが置いてあって、自由に食べていいのです。
それにしても、イタリア人のお食事の時間は遅いですね。
13時半だというのに、滞在客はまだプールで泳いでいる様子・・








c0206352_21211763.jpg

前菜の盛り合わせ~♪
地元産のチーズやサラミが美味しい!
トマトのブルスケッタも~!
パルミッジャーノチーズは、塊で食べたほうが絶対に良いです。
ワインの最上のおつまみ~♪








c0206352_2124458.jpg

プリモは、きのこのパスタ♪
手打ちの卵入りフェットゥチーネ、きしめんを小さくしたようなものです。
とっても美味しいのですが、量が多い~~~~








c0206352_21275051.jpg

お隣のテーブルの家族連れ~
小さな子どもが二人いて、ママは大変そうでしたが、微笑ましい光景でした~
私にもあんな時代があったなぁ・・と。








c0206352_21305648.jpg

セコンドは、一口大に切った牛肉の煮込み料理とサラダ♪
素材がいいので、何でも美味しく食べられます。
はい、私はもちろん完食しましたよ~
だって、胃が既にイタリア人化してますから(笑)

あ、ワインももちろん飲み放題です。








c0206352_21342979.jpg

アグリのプール♪
眼前にボルセーナ湖を見渡せます。








c0206352_21471049.jpg

お楽しみのデザート♪
こ、こ、これは・・
これまでに、こんな美味しいシャーベットは食べたことがありません。
なんという美味しさ♪
なめらかで、程よい甘さとレモンの風味・・
この、レモンのシャーベット、まさに感動のお味でした。
これを食べるだけでも、ここまで来る価値があります。
とはいえ、メニューは日替わりのようですけど。








c0206352_21431988.jpg

ツタの絡まるアグリを後に、ローマへの帰途へついた私たちでした~

本日、多忙のため、コメント欄は閉じさせて頂きます。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-30 06:02 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
ナヴォーナ広場にて・・
c0206352_22363835.jpg

夏の日のナヴォーナ広場♪

ローマは、今日あたりから空気が変わってきました。
朝晩は本当に涼しくなりました。
でも、日中の日差しは相変わらずです。

日差しが強すぎると、いい写真が撮れませんね~
影もたくさん出来るし、熱気で空気が澱んでいる感じがします~
夏のローマの写真が欲しくて色々と撮りましたが、どうも、冬の澄み切った空気の方が綺麗な絵になるような気がします。









c0206352_22414295.jpg

ナヴォーナ広場のカフェ♪
この暑いのに、観光ご苦労様です~
ちょっと一息したいですよね~
ちょうど、このカフェは日陰に入っていますし・・









c0206352_22455749.jpg

あれれ~
広場の片隅に人だかりが~
(人だかりは私のいる側です)

ヨガの修行!?
まぁ!
見世物をしてお金をもらおうというわけですね。
それにしても、ここまでのことが出来るということは、まじで本当に修行をしたのでしょうね・・

二人ともこの体勢で微動だにしないのですよ~
しかも数分間ではなく、見ている限り、ずっとこのままです。
身体能力と精神力の賜物!?

だけど、修行しても会得しなかったのでしょうか?
俗世間に流通するお金というものからは逃れられないということ!?


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-28 05:58 | ローマの日常
世界一のグラニータ!?
c0206352_0511725.jpg

パンテオン♪
夕暮れどきのお散歩で~す!
この辺りは、どの時間帯に来ても、いつも人がいっぱい。
ローマ市警のお方たち、お喋りばかりしているようですが、ちゃんと仕事してますか~!?









c0206352_053190.jpg

この界隈にお散歩に来たのは、パンテオンが私の一番好きな古代ローマの建築物であることも理由の一つですが(何度見ても飽きません!)、本日の目的はこちら~~









c0206352_05426100.jpg

毎夏、記事にしていますが・・
パンテオンのすぐお隣にあるタッツァ・ドーロです♪
ローマで一番美味しいコーヒー豆を売っていると言われていますが、私が好きなのは、何といってもこちら~








c0206352_22204182.jpg

名物のグラニータ・ディ・カフェ♪

コーヒー味のイタリア風かき氷です。
カップの底に生クリームが敷き詰められ、コーヒー味のグラニータを入れた上にもたっぷり生クリーム♪
でも、ローマの生クリームにはお砂糖が入っていないので、甘みのついたコーヒー味のグラニータと混ぜて食べると絶妙な美味しさになるのです~
ここ、やはりコーヒー豆の会社なので、カフェそのものが美味しくて、「グラニータ・ディ・カフェ」に関して言えば、ここより美味しいところは他にはないと断言できます。








c0206352_22275651.jpg

夫はこちら~
最近、どうも、このBAR(バール)で流行っているようです。
こちらを頼んでいた人が結構な割合でいました~
コーヒー味のジェラートを溶かしたクレーマと呼ばれる飲み物のようなものです。
シェイクとは微妙に違います・・

どちらも、2,5ユーロだったかな~
ひと夏に一度は食べたいものなんです。
これで、今年の夏もクリアー!(笑)


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-27 05:18 | ローマのカフェ&ティールーム
城壁の外の聖パオロ大聖堂♪
c0206352_1193130.jpg

城壁の外の聖パオロ大聖堂♪

古代ローマの街は城壁で囲まれていましたが、聖パオロのお墓はその城壁の外にあり、4世紀にその地にコンスタンティヌス帝により大聖堂が建立されたので、こう呼ばれています。
この教会はローマ法王直轄のものですので、この中はヴァチカンとなり、治外法権となります。
16世紀にヴァチカンのサン・ピエトロ寺院が完成するまで、この大聖堂がローマ最大のもので、数多くのキリスト教徒が訪れる巡礼の聖地でした。









c0206352_1202081.jpg

アトリウム(前庭)
150本の柱に囲まれた壮大なものです。
中央の像は聖パオロ。

この教会は数々の苦難に見舞われています。
まず801年に大地震で一部が崩れ、再建。
1823年には大火事に見舞われ、後陣部分を残し消失。
現在の外観は、1854年に完成したものです。

日本のガイドブックにはあまり取り上げられていませんが、サンピエトロ寺院に次ぐ大変重要な大聖堂です。
私はイタリア語の本を数冊読んで、それを実地検証していますので(必ずしも本に書いてあることが正しいとは限らないのです)、詳しく説明したいのは山々なのですが、あまりコアーなことを書いても、皆様が退屈するかな~と思うので、なるべく写真の数もおさえて簡単な説明に留めておきます♪









c0206352_13031100.jpg

数ある素晴らしい扉の中でも特筆するべき美しいもの。
教会の内側からしか見ることの出来ない「ビザンチンの扉」で、11世紀のものです。
キリストと聖ペテロと聖パオロの生涯が、パネルに描かれています。

これ、夫も知らなかったそうです。
いったい何年ローマに暮らしているのかしら!
(ロマーノではありませんけど)










c0206352_1412391.jpg

壮大な大聖堂で、五廊式です。
つまり中央の身廊部分とその横に2つずつ側廊があるということです。
20本ずつの柱でその部分が分けられ、全部で80本の柱を使っています。










c0206352_1453971.jpg

勝利の門♪

身廊部分と翼廊部分(ラテン十字架の形をしている横の部分)との境目にあります。
テオドシウス帝の娘でラヴェンナに霊廟のあるガッラ・プラツィーディアが5世紀に捧げたものです。
このモザイクは1823年の大火災で痛みましたが、修復され、こうして現在でも鑑賞できるようになっています。
このモザイクのズームの写真と説明は省略させて頂きま~す。










c0206352_153461.jpg

身廊部分から翼廊にかけて、聖堂上部には、初代ローマ法王聖ペトロから現在の法王ベネディクト16世まで歴代の法王の肖像画がモザイクによって丸いメダルに描かれています。
その上はフレスコ画で聖パオロの生涯が表され、アラバスターの窓と交互に配置されています。
アラバスターの色って素敵ですよね。
なんとも上品で、控えめだけど確固とした美しさがあります。










c0206352_159345.jpg

          1285年にアルノルフォ・ディ・カンビオが製作した
          ゴシック式の大理石の大天蓋。
          大理石というのが素晴らしい!








c0206352_21988.jpg

          大天蓋の下の中央祭壇の地下には、聖パオロのお墓があり(写真
          上部)、その下には、4世紀にコンスタンティヌス帝が建立した最初の
          大聖堂の土台も見えるようになっています。








c0206352_25242.jpg

          お墓の上には、「聖パオロの鎖」があります。斬首刑となった裁判の前、
          自宅軟禁されていたパオロは、監視役のローマの兵士に鎖で結び付け
          られていたのです。ちなみに、パオロはユダヤ人でありましたが(って、
          キリストもユダヤ人ですが・・)、ローマの市民権を持っていたため、
          十字架にはり付けることは出来なかったのです。









c0206352_242754.jpg

         「カンデラブロ」
         1170年にヴァサレットが製作したロマネスク様式の復活祭用の大燭台。
         6メートルの高さがあり、イエスの生涯のレリーフで飾られています。
         バビロンのお花や動物たちのモチーフも素朴で可愛い!
         ロマネスク式だけあって、ほのぼの系。









c0206352_213466.jpg

「後陣」(法王の祭壇のある一番奥)のモザイク♪
これは、本当に素晴らしいです♪
13世紀初頭に、ヴェネツィアのサンマルコ寺院のモザイク画を作った職人さんたちが製作したものです。
ビザンチン様式なので、中央のキリストは玉座に座るスタイルで福音書を手にしています。
指を立てているのは、祝福する様子を表します。
聖ルカ、聖ペテロ、キリスト、聖パオロ、聖アンドレアの順に並んでいます。
下部のモザイクは、中央に十字架、その両側に天使、そして、12人の使徒をシュロの木と交互に描いています。









c0206352_18505680.jpg

後陣のお隣には、14世紀のマデルノ作の「秘跡の礼拝堂」がありますが、大聖堂で最も古い14世紀の木製の十字架や13世紀の聖母子のモザイクがあり、大変素晴らしいものです。
16世紀に、この聖母子のモザイクの前で、イグナチオ・デ・ロヨラがイエズス会の設立を宣誓しました。
歴史がそのまま生きているんです~









         
c0206352_2253080.jpg

キオストロ(回廊式中庭)♪
ここに入るのは有料になります。
4ユーロだったかな~
静けさだけが存在する、うっとりするような美しい中庭です。

ここには、聖遺物礼拝堂もあって、聖パオロのツエや聖アンナ(聖母マリアの母親)の腕などがルネッサンス期に作られたクリスタルの容器に入って展示されています。
こちらも大変興味深いですよ~









c0206352_2323214.jpg

最初に建立された4世紀の大聖堂の土台は、このようにしっかりと残っています。
レンガと古代ローマのセメントで作り上げた部分を見れることは、実に感慨深いものがあります。









c0206352_2462024.jpg

大聖堂の横の部分。
お土産屋さんコーナーやトイレ、カフェがあって、綺麗に整えられています。
ゴミも落ちてないし~
さすがヴァチカンですね♪

「城壁の外の聖パオロ大聖堂」への行き方は、簡単です。
地下鉄B線の「サンパオロ」駅のすぐそばにありますので。
ピラミッドやEATALYの界隈、オスティエンセ地区になります。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-26 06:00 | ローマの美術散歩
モンブランより涼をこめて・・
c0206352_223428.jpg

写真は、アルプスのモンブランです。

あんまり暑いので、少しは涼し気な写真をアップしようと、約20年前に、二夏続けて過ごしたアルプスのモンブランの写真をスキャンしたものです。
フランス側はシャモニーですが、イタリア側はちょっとスノッブなクルマイヨール♪

これは、ロープウェイで、クルマイヨールからシャモニーに行く途中、アルプスを横断中に撮った写真です。
真夏でもダウンジャケットが必要です。
あ、パスポートもね、山の上で国境を通過するので。

モンブラン!
神々しい山です。
中央の後方に見える白い山がモンブラン。
もちろん、夏スキー出来ますよ~









c0206352_2234475.jpg

シャモニー側のモンテンヴェール氷河♪
このすぐそばまで歩けます。
氷河は、ゆっくりのスピードではありますが、川と同じように動いています。
そのため、何十年間も昔にクレパスに落ちた登山者の遺体が、時を経て、突然出てくることがあるのです。
ここには、万年氷の中に彫った氷のアパートなんてのもあります。

クルマイヨールとシャモニー間は、モンブラントンネルでも繋がっていますので、もちろん車でも行けますが、ロープウエイのほうが断然お薦め!
素晴らしいモンブラン連山の風景を眺められますから~
帰りはバスがありますし。








c0206352_22355446.jpg

ここが、私たちが二夏続けて滞在したクルマイヨールのヴァル・ヴェニー♪

お見苦しい黄色の物体は、まだゼロ歳だった息子と一緒の私たち家族の部分を塗りつぶしたものです(笑)。
夫が黄色のカーディガンを着ていたので、黄色!

いやぁ、もう、本当に素晴らしい所で~
どんなに気に入っても滅多にリピートすることのない私たちですが、ここだけは2年続けて来ましたね~
写真に見える山小屋風の建物は、レストランとB&B。
このそばに、もう一軒、同じようなハイジの世界のような小さな家がありまして、私たちはそこを4週間借りていたというわけです。

冬は、この辺りは当然スキー場で、車で来ることは出来ません。
あ、ちなみに標高2000mの位置にあるんです。
ですので、レストラン兼B&Bも冬は営業しないそうなんです。
ここまで来る交通手段がないからだそうです。









c0206352_17263011.jpg

ヴァル・ヴェニーの目の前は、モンブランのブレンヴァ氷河なんですよ~

あ、今更ですが、写真を差し替えました。
ゼロ歳の息子を抱っこした私の部分をピンクに塗りつぶしていたのですが、昔のことだし小さいものだからいいかなぁ・・と。

空気は澄み切っていて、涼しいし(というか、夜は、8月でも羽毛ぶとんが必要です)、エーデルワイスは咲いてるし、の~んびり避暑が出来るところです。
まぁ、ローマからはあまりにも遠いので、ローマの人は私たちの他にはいませんでしたね。
大抵は、トリノ等のピエモンテかミラノ近郊からの方たち。
ローマから車で行くと、途中で1泊しなければいけない距離にあるので、やはり来る人は滅多にいないでしょうね・・








c0206352_17285523.jpg

追加の写真です。
近くにある氷河の湖、「ラーゴ・ミアージュ」です。
これ、全部氷河なんです。
上に砂がかかっているだけで・・

のんびりするだけでなく、こんな風に様々なトレッキングが楽しめるのもアルプスの醍醐味!

都会派の私ですが、ここだけは特別な場所でした~
4週間いても、全然退屈しなかった~
赤ちゃんだった息子、ほ~んとに手がかからない良い子だったし、可愛かったしな~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-25 06:00 | ペルージャ・その他の町
うるさ~い夫とのランチ♪
c0206352_23125329.jpg

昨日の「城壁の外の聖パオロ教会」に行った後のランチです~
先日、お友だちと新開拓したナヴォーナ広場そばの「CYBO」に行きました。
暑くても外で食べている人も多いです。
一応、屋外テントのパイプからミストがシューシュー出ていますので、涼しいようです。
でも、私たちは冷房の効いた中へ~









c0206352_23192537.jpg

とっても混んでいたので、カウンターのあるお部屋の窓際のお席にしてくれました~
誰もいないので、快適~!
   









c0206352_23205516.jpg

ここの12ユーロのランチは絶対にお得♪
いつものように、白ワインを頼んで、私はツナサラダ!
ちょっと、ここで我が夫の我儘ぶり、というか、こだわりを内緒で教えます(笑)
この写真の左上にもレモンのカケラが見えていますが・・









c0206352_23251910.jpg

こちらが、夫の頼んだ、メニューにはない「グリーンサラダ」と「レモン」です。

この日の夫は、生のトマトは消化が悪いと言い出して、トマトと人参なしのグリーンサラダを作るように言ったのです。
そして、レモンは・・
実は、夫は、お酢というものが大嫌いで、米酢であろうが葡萄酢であろうが、バルサミコであろうが、りんご酢であろうが、絶対にダメなんです。
理由は、匂いが臭いから・・
で、自宅だろうがよその家だろうが、外のレストランであろうが、必ずレモンを持ってこさせるわけです・・
まったくね~
お酢って、身体に良いし、美味しいのにね~









c0206352_2334310.jpg

は~い、今回、私はピザにしました~
ふふ、物凄~く大きいでしょう!?
ナポリを選びました♪
アンチョビのしょっぱさが大好きなんです~
ちょっと焼き過ぎかな?とも思えましたが、土台が崩れるくらい柔らかいピザはNGなので、全然大丈夫!
お味の方もGOOD!でしたよ~










c0206352_23382938.jpg

夫は、アマトリチャーナのパスタ♪
味見しましたが、美味しかったです。

このお店、やっぱりお薦めだな~
従業員の教育が行き届いているし、食べ物は美味しいし、ランチもお得!
アペリティーボやディナーに来てもよさそう・・
レモン代に1ユーロくらい取られるんじゃないかと思っていたけど、お勘定は、12×2の24ユーロポッキリでした~








c0206352_23444614.jpg

レストランからナヴォーナ広場への道♪
たくさんのレストランがひしめいています~
お好みのところに是非どうぞ~
ただし、ラザーニアがランチメニューにある場合は、要注意です。
ローマ的には、いかにも~な、典型的なツーリストメニューですから。


「CYBO」
Osteria Wine&Cocktail Bar,
Via di Tor Millina27(ナヴォーナ広場そば)


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-24 06:00 | ローマのグルメ
暑い日は、出かけるものじゃない・・
c0206352_1504367.jpg

サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(城壁の外の聖パオロ教会)♪

この暑いのに、夫とお出かけしてきました~
サンピエトロ寺院と同様に巡礼者の絶えない聖パオロの聖地ですが、ちょっと遠いのですよね~
EATALYの近くです。
で、運転手代わりに夫も誘ったというわけです(笑)

ここは、サンピエトロ寺院以上に見どころの豊富な大聖堂で、アトリウム(前庭)に始まり、キオストロ(回廊式中庭)もあったりして、たっぷり2時間くらい見学に時間がかかりますが、今日はとりあえず、お土産品コーナーで買ったものだけ、ご紹介します♪

だって、本当に疲れたんですよ~
外を歩いたわけでもないのですが、やはりこの尋常でない暑さの中、外に出るだけで疲れるようです。
写真をアップしたり、文章を書く気力もありません~~
もしかしたら、永遠にアップしないかも・・(笑)










c0206352_1561584.jpg

城壁の外の聖パオロ大聖堂には、8世紀に創設されたベネディクト派の修道院が付属施設としてありますが、ここでは、1300年に渡って、自然の薬草を使って、昔ながらの手法で、石鹸だとか化粧品各種、キャンディ、ハーブティ、様々なものが作られているのです。
アポイント制で、薬の調合もしてくれます。
とても有名なのです。

で、石鹸好きの私、アロエの石鹸を買いました~
本当はいくつもの種類を手に持っていたのですが、「あ、倹約しなきゃ~」と思い出して、1つに絞った次第です。
だって、石鹸好きの私、こんな風にして買った石鹸がたくさん家にあるんですもの~

で、なんと、ブログ友だちのihokoさんがよくご自宅で作っている「薔薇の花びらの化粧水」が売っていたのです!
えっ!
8ユーロ?
こんなに安くて効き目はあるのかなぁ・・とちょっぴり疑ってしまった私ですが、修道院ではお薬の調合もすることだし、きっと最低限の利益だけを追求しているのだろうな~とよく解釈して、「まぁ、一度だけ使ってみても悪くないかなぁ・・」と、買ってみました。
ハンドクリームやフットクリームも良さそうでしたが・・
ああ・・、こういうのを見ると片っ端から欲しくなる私・・
我慢しましたよ~

あとは、ハチミツのキャンディ♪
これは、甘いもの好きの夫のためです。

しかし、私も好きですよね~
教会に行くと、いえいえ、教会だけでなく、出かける先々で、何かお土産を買わずにはいられないなんてね~
なんとかならないでしょうか、この性格!


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-23 06:00 | ローマの美術散歩
ローマで一番のジェラート♪
c0206352_561128.jpg

「GIOLITTI」(ジョリッティ)♪

ジェラートの好みは人それぞれ。
誰もがとっておきのジェラート屋さんを持っていると思いますが、
私と夫の好みでは、ここがローマで一番美味しいジェラート屋さんです!
1900年創業、国会(下院議会)のすぐそばにあります。

それにしても、ローマは暑いです!
多分、日本の猛暑よりひどいと思うのですが~
日差しも半端ないし、何より空気が熱波なんです~~
明日(水曜日)は、イタリア全土40度の予報が出ていて、一番暑いのは、なんと北イタリアピエモンテ州で、43度まで上がるそうです・・
それなのに、明日は夫とお出かけの予定・・

用事がない日は、日中家で大人しくしているに限ります。
省エネという言葉はどこへ・・
エアコン、ガンガンかけています。
暑さを回避出来る方法があるのに、好き好んで暑さという苦痛を味わうタイプの人間ではないので・・

まぁ、でも、一日中家の中にこもっているのもつまらないので、夕方6時過ぎにはちょっとお散歩に出かけるわけですが、それでも、やっぱり暑いです・・









c0206352_5114627.jpg

ジョリッティは、とっても大きなお店ですが、午後7時という時間帯からか、ガランとしてました。
混み始めるのは夕飯の後から夜中にかけてでしょうね・・










c0206352_5232369.jpg

ここは、驚くほど豊富な種類のジェラートがあるんです!
私のお気に入りは、何と言っても左下の中央にある黄色のシャンパン味!
まじでシャンパンそのものなんです!
そして、右下の中央にあるウィスキー味(BAILEYS)も好き~









c0206352_5351071.jpg

ふふ、私のジェラートです♪
3,50ユーロの中サイズのコーンタイプにしました~
3種類のフレーヴァーを選ぶことが出来ます。
ちなみに、一番小さなサイズは2.50ユーロで、この場合は2種類のフレーヴァーが選べます。
ちょっと高めですが、ジェラートの美味しさと場所を考えたら仕方ないかな~

私はもちろん、シャンパンとウィスキーを選んで、もう一つはオレンジにしようと思っていたのに、間違えてメロンにしてしまいました・・
メロンも美味しいけど、オレンジの気分だったのになぁ・・
シャンパンのジェラートはスッキリ爽やかでシャーベットのような感じ。
ウィスキーはクリーム系なのでサッパリはしていませんが、こちらも美味しいです♪

たまにはジェラートもいいなぁ・・と思いました。
あまり好んで食べないタイプなので。


「GIOLITTI」
Via Uffici del Vicario 40
(コルソ通りから入って、国会を通り過ぎた道にあります)
定休日なし。
営業時間は、なんと、毎日朝7時から夜中の1時半までです!


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-22 05:49 | ローマのカフェ&ティールーム
ローマのカタコンベ♪
c0206352_035321.jpg

サン・カリストのカタコンベには行ったことはありましたが、サン・セバスチャーノのカタコンベには来たことのなかった私・・
いやぁ、ここは本当に遠いです。
たどり着くまで一苦労・・
右手はアッピア街道です。








c0206352_036403.jpg

サン・セバスチャーノ教会正面右手にあるカタコンベの入口。
入場料は8ユーロで、ガイドツアー込みのお値段です。









c0206352_0382485.jpg

カタコンベの見学は、一人で勝手に入ることは出来ません。
各国語に分かれた教会のガイドさんと一緒でしか入ることが出来ません。
イタリア語、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語の5つの言語がありますが、訪れる人は圧倒的にドイツ人とスペイン人が多かったです。
私は、イタリア語での案内を選びましたが、たった一人!
驚くべきことに、イタリア人の訪問者は皆無だったんです。
もちろん、日本人もゼロ!
イタリア人も日本人も全く興味がないってこと!?
自分の選んだ言語のツアーが始まるまで、ここで待ちます。











c0206352_0434096.jpg

ここがカタコンベへの入口の階段です。
残念ながら、内部の写真撮影は禁止です。
外気は40度近い暑さでしたが、カタコンベの中は、ジャケットが必要かと思われるほどの寒さでした。
意外と、おどろおどろした感じは全くなく、考古学上の遺跡を見学しているような感じです。









c0206352_140482.jpg

絵葉書をスキャンしました~
内部はこんな感じです。
迷路のようになっているので、ガイドさんに付いて行かないと迷子になってしまいます。
こちらのカタコンベは、5世紀まで使われていたそうで、地下3層になっており、全長12キロ、約8万人のキリスト教徒が葬られていました。
キリスト教徒は土葬だったので、衛生上の理由で、ローマの城壁の外に埋葬することが決められていたそうです。

このカタコンベには、完全な形で残るローマ時代の裕福なクリスチャンの巨大なお墓が完全な形で残っていますし、聖ペトロと聖パオロの遺体が一時的に隠されていたという歴然とした証拠も残っており、大変興味深いものです。









c0206352_1413818.jpg

c0206352_142865.jpg

     カタコンベ内で見られるシンボル。
     初期キリスト教において使われていた典型的なシンボルです。
     魚はキリストを象徴したもの。
     船のイカリは、未来への希望を表したものです。


一例を挙げましょう。
どうして魚がキリストなのかを簡単に説明しますと・・
魚は、古代ギリシャ語で、「ICHTHYS」と書きますが、このアルファベットの一つ一つに意味を持たせたのです。
I・・IESOUS (イエズス)
CH・・CHRISTOS(キリスト)
TH-・・THEOU(神の)
Y・・UIOS(息子)
S・・SOTER(救世主)

こじつけのような気もしますが、キリスト教が公認されていなかった時代には、このような形で信者以外には分からない暗号のようなものとして使っていたのでしょうね・・
その名残で、公認された後もシンボルとして使われ続けられたのでしょう。








c0206352_6131655.jpg

信者でもないのに、またまたごっそりロザリオだのブレスレットだの買ってしまって、カタコンベを後にした私でした・・


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-20 05:44 | ローマの美術散歩
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。