<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ボルゲーゼ美術館♪

c0206352_540219.jpg

ローマ市民の憩いの場所「ボルゲーゼ公園」
その昔は、数々のローマ法王を輩出した名門ボルゲーゼ家の別邸のお庭でした。
後ろに見えるのは、鳥小屋。
現在ではもちろん鳥なんて飼っていません!
ローマ市所有ですから~






c0206352_5452766.jpg

ここが別邸のお屋敷だった建物♪
現在は、ボルゲーゼ美術館として、至宝の名作を展示しています。

私の敬愛するバロックの巨匠、ベルニーニの彫刻作品群に始まり、カノーヴァの「勝利の女神」、絵画は、カラヴァッジョの作品が多数に、ラファエッロ、ティツィアーノ、コレッジョ・・、素晴らしいコレクションです。







c0206352_6203099.jpg

カラヴァッジョの作品の一部。
全部で6点あります。

好みって変わるものですね~
若い頃は、カラヴァッジョに強く惹かれていた私ですが、年齢を重ねるうちに、単純に美しくて綺麗な作品のほうが好ましく感じるようになりました。







c0206352_5323415.jpg

            「一角獣を抱く貴婦人」(1506)ラッファエッロ作 
            ローマ、ボルゲーゼ美術館収蔵

この絵を見ていると、私の心は、16世紀初頭のイタリアにタイムスリップしてしまいそうになります。
単なる肖像画なのに・・
何故か、この絵の世界に引きずり込まれてしまいそうになるのです。
私、もしかしたら、この人の生まれ変わりかもしれない・・なんて思ったりもします。
(似ても似つきませんけどね、笑)
ラファエロ・マジックでしょうか・・
とても心惹かれる作品です。

一角獣は、当時の社会では「純潔」のシンボルで、それゆえ、この女性の処女性を表したものだと思われますが、モデルが誰であったかは謎のままです。
ただ、衣装から推測するに、身分はそれほど高くなかったと言われています。
余談ですが、この時代には、一角獣は実在する動物だと信じられていたそうです。

お洋服の素材がベルベットだったようで、その質感が絵から伝わってくるというのは凄いことだと思います。
さすがラファエロだわ~♪
昔の絵を見るのは興味深いですね。
当時の流行りの髪型、アクセサリー、ファッションを知ることが出来ます!







c0206352_5224581.jpg

「アポロとダフネ」(1622-1625)ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作
           ローマ、ボルゲーゼ美術館収蔵

そして、こちらが私が世界で最も美しいと思う彫刻です。
メタモルフォシス(何かが他の何かに変わること)を、これほど美しく哀しく詩的に表現した彫刻は他にないと断言できます。
恋焦がれるアポロが逃げるダフネを追い詰めて、まさにその手で触れた瞬間に、月桂樹に変わり始めるダフネ、その一瞬を表現したものです。

これについては、過去に解説を書いていますので、興味のある方は、こちらからどうぞ♪
「アポロとダフネ」の過去記事はこちらから♪←ここをクリックすると飛べます♪







c0206352_6331354.jpg

「勝利の女神」(1808年)カノーヴァ作

ネオクラッシックの代表的な作品ですが、
イタリアでは別名で呼ばれることの方が多いです。
「パオリーナ・ボルゲーゼ・ボナパルテ」
そうです!
名前からお分かりように、ナポレオンの妹なのです。
ナポレオンは、若くして未亡人となった美しい妹を、政略結婚のため、ローマのボルゲーゼ家にお嫁にやったのです。ただし、妹は兄を敬愛してやまなかったそうなので特に嫌がることはなかったようです。

彼女は、世間の常識に囚われることのない自由奔放な女性だったため、いつも人々の噂の的、物議を醸し出していたそうです。
たとえば、この彫刻のモデルになるため、ヌードになったことは、当時の上流社会では有り得ないことで、一大スキャンダルを呼び起こしたそうです。

美しい女性だったそうですが、彫刻で見る限り男性的な顔立ちだと思いました。
私の個人的な意見ですが、彼女が最も魅力的に見えるのは後ろから見た時。
美しい背中と左側からほんの少し覗く横顔が最高です!

この彫刻、小学校だか中学校だったか忘れたけれど、美術の教科書に載っていたことを覚えています。ですので、ローマで初めて実物を見た時には、ものすごい感動を覚えたものですが、ベルニーニと出会って以来、その感動も薄くなってしまいました・・

パオリーナの像そのものより、台座のベッドのほうにビックリです。
フカフカで指で触ったら今にも沈みそうな柔らかな感じがよく出ていて、とても大理石とは思えませんね。







c0206352_7145660.jpg

ミュージアム・ショップにこんなのが売ってました~♪
ラファエロの絵「一角獣を抱く貴婦人」がつけていたネックレス~~
欲しいなぁ・・
でも、ちょっとチャチに見えるかな?



Galleria Borghese(ボルゲーゼ美術館)
Piazzale del Museo Borghese 5
00197 Roma

予約専用電話 06-32810
www.ticketeria.it

休館日:毎週月曜日、1月1日、12月25日
開館時間:09:30~19:00



2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-31 07:21 | ローマの美術散歩

残念会♪

c0206352_5323863.jpg

Piazza Augusto Imperatore
ローマ、アウグスティスヌス帝のお墓。

今日は、こちらでお友だちのMちゃんと待ち合わせ。
残念会をしたんです。
9月にとっても大きなお仕事が決まって、共に張り切っていたのですが・・
何故か空中分解!
不可解な形で仕事が流れてしまいました。
ギャラの提示も受けていたから、取らぬ狸の皮算用をして、浮かれていた私たち。
ま、こんなこともあるさ~







c0206352_557313.jpg

アウグスティヌス帝のお墓の真ん前にある「GUSTO」♪
毎度おなじみですが~
Mちゃんが行ったことないって言うので、こちらでビュッフェランチをすることに♪
ここ、もちろんアラカルト料理も頼めるのですが、ビュッフェだとミネラルウォーター付きで10ユーロ、ワイン付きなら11ユーロなので、これにするしかないでしょう!







c0206352_634062.jpg

今日は久しぶりの夏の暑さだったけど、それでも日陰に入ると涼しい~♪
外のオープンスペースのほうが断然気持ちいい!

アメリカ人の観光客がおかしすぎる~(写真左)
ローマのイタリアンレストランで、わざわざハンバーガーとフライドポテトを頼んでいるし!
まぁ、私たちも海外で日本食が懐かしくなりますからね・・
気持ちは分かりますが~
でも、笑っちゃった!






c0206352_6153755.jpg

ビュッフェのお皿は1回のみ。
2回目に行くときには、プラス4ユーロ取られますが、お料理がなくなっていることもあるので、その場合は、新しく運ばれてきたものを再び取りに行くことを許されます。







c0206352_6194193.jpg

こちら、お肉料理が豊富です。
ちなみに、手前の白いのは「Vitello Tonnato」(小牛のローストにツナとマヨネーズであえたソースをかけて冷たくして頂くもの)
パスタも必ずありますし、今日はポモドーリ・アル・リーゾ(トマトにお米を詰めてオーブンで焼いたもの)もありました。
お野菜も各種なんでもあります~

だけど、ここで、絶対にお薦めしたいのは、モッツァレッラチーズ!
ホント、美味しいのですよ~






c0206352_626118.jpg

私のお皿はこんな感じ♪
それに白ワイン♪

担当のカメリエレがとっても親切だったんですよ~
だから、帰る時に、チップ1ユーロ置いてきました。
ビュッフェの場合、おかなくてもいいんですけど、あまりにも感じ良かったので!







c0206352_6301964.jpg

特に美味しかったものです♪
モッツァレッラチーズとハムとルゲッタをくるくる巻いたもの(写真上左)
ローストビーフとルゲッタ&松の実(写真上右)
ポモドーリ・アル・リーゾ、その上のナスとズッキーニとペペローニの唐辛子炒め(ピリ辛どころか激辛で超美味しい)、そしてモッツァレッラチーズ(写真下左)、そのお隣は、ポモドーロのフタを取った写真♪
写真下右は、カニカマとイカの酢の物♪
(これ、完全に日本の味です、ご飯が欲しい~)

ルゲッタ、日本ではルッコラと呼ぶのが一般的でしょうが、
ローマのは少し種類が違うのでルゲッタと言います。

まぁ、たくさん食べましたが、やはりお友だちとお喋りしながら食べるのは一番美味しい!
夫と一緒より楽しかったりして~




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-30 06:45 | ローマのグルメ
c0206352_5414763.jpg

私ったら、ついに化粧品まで日本製にしてしまいました~
なんという愛国心!(笑)

実は、私、生まれてこの方、「SHISEIDO」を使ったことなかったんです~
母はずっと「SHISEIDO」を使っていましたが、
だからこそ、ちょっと違った舶来物に憧れたようで・・

大学生になって東京に行く時、MAX FACTORで揃えてもらった私でした~
そして、その後、Mary Quantになったりして、そのうちクリニークを使うようになりました。

ところが、ロンドンに行ってから、あまりにも乾燥した気候に肌がバリバリになってしまったんです。何しろ、乾燥のあまり、友人のバイオリンの弦がプチっと切れてしまったというくらいの所なのです。
それで、おなじみ「Boots」(イギリスのドラッグストアのチェーン店、イギリスではケミストと言いますが)で相談したところ、クリニークを使っている人によくあることだと言われて、Diorを薦めらました。

Dior様さま~
これが本当にお肌の調子が生まれ変わったのですよ~
私のDior信仰はここに始まります~

イタリアに行ってからも、手持ちのお金をなるべく長く持たせるため、厳しい節約生活をしていたのですが(生まれて初めての苦労生活だったかも・・)、そんな時でも、化粧品にだけはケチらないというのがモットーの私!
当時の生活費2日分のお値段だったDiorの化粧水と乳液を買い続け、
クリームになると、それはもう泣きたいほどの出費となったのですが、それも頑張って買い続けて、Diorの化粧品への忠誠を尽くしていたんです。

その後、数々の浮気を通り越しても、結局、落ち着くところはDiorで!
それがいつの頃だったかなぁ・・
ゲランに変えたのです。
あのお高いオルキデアを使っていました~

若い頃はあれだけ化粧品に熱心だったのに、実際に気を遣わなければならないお年頃になると、面白いことに安さに走るようになって、最近では、フランスの自然派コスメ、ロクシタンを使ったり、この間はランコムのクリームを買ったりで、なんだか統一性がなくなってしまっていました。

そして、ロクシタンの化粧水がなくなりかけたので、先日、コルソ通りの化粧品屋さん、SEPHORAに買いに行ったのです。
もちろん、ゲランを買うつもりでした。
でも、ふと、ヨーロッパでも人気のSHISEIDOを使ってみようかという気になったんです。
日本製品の売り上げにも協力したかったし・・

SEPHORAには日本人の店員さんがいて、相談すると、そもそもヨーロッパの化粧水は日本とはコンセプトが全く違うと!
こちらのものは拭き取り用に使われるため、潤いを得ることは出来ないというのです。
もちろん、その中では、ゲランだけは別格で、ゲランの化粧水ならSHIDEIDOに匹敵すると言うのです。
あ、ちなみに日本で売られているシャネルやその他の舶来化粧品は、日本仕様なので、海外で売られているものと全く同じものというわけではありません。

最近話題になっているヒアルロン酸も、SHISEIDOは30年も前から研究してたと!
彼女、昔、SHISEIDOにいたそうなんです・・

考えてみれば、日本の化粧品が日本人に合わないわけがない!
いや、むしろ、日本人だからこそ、日本の化粧品の方が合うのではないか!
で、「そうだ!これからはSHISEIDOだ!」と思った私は、SHISEIDOのアンチエイジング化粧水を買ったのですが・・

これが、ゲランよりも高かったんです~
ゲラン36ユーロ、SHISEIDO42ユーロでした・・
その代わり、SHISEIDOの最高級シリーズ「FUTURE SOLUTION」のデイクリームとナイトクリームの試供品をたっぷり頂きましたが・・

というわけで、これからは、SHISEIDOに転向しようと決意したmayumiでした~♪




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-29 06:38 | 美容&コスメ

ローマ、大雨です・・

c0206352_5413833.jpg

無残に剪定されたウチの前の並木道には恵みの雨でしょうか?

ローマ、秋になってしまったの~?と思うかのようなお天気です。
一日中雨・・
しかも、夜は大雨になってしまいました~
涼しいのはいいんですけど、なんだかね~

どちらにしても、今日(水曜日)は、アマゾンから、注文した商品が届くはずだったので、家にいようと決めていたからいいんですけどね・・







c0206352_549324.jpg

午前中に届いた日本の雑誌と本!

アマゾン、発送には国際宅配便を使いますから、月曜日に注文して発送されたものが、
翌々日にはローマに届きます。
とっても早くて確実なので大変便利なのですが、送料が~~~~
なんと4000円!
雑誌と本の代金が合わせて2729円ですから、高いってものじゃありません。
しかも、必ず関税がかかります。
今回は12ユーロ。約1500円・・

だけど、どうしても、この本がすぐに読みたかったんです~
8月に仲良しのお友だちがローマに来るので、彼女に頼んで持ってきてもらっても良かったのですが、どうにも待てなかった・・(笑)
とにかく早く読みたかったので、アマゾンに注文しました。
で、1冊でも送料は同じだったので、ついでに女性雑誌も注文したという次第です・・

3・11以降、私の頭の中には、いつも日本のことがあって・・
偏ることはしたくないので、対極にある2つの考えの両方に必ず目を通します。
日本の現状は相変わらず大変な状況で、暗いニュースはこれからも続くことは覚悟していますし、おかしいなと思うこともたくさんあります。
いつも、この状況に、憤ったり、怒ったり、心配したり、不安になったり・・というのは私の日常となっていますが、それでも、私は前向きでありたいと思うのです。
日本が好きだから。
何かヒントになる言葉に出会えるかもしれない・・という期待を持ってこの本を注文しましたが、さて、どうでしょうか!?
本のタイトルには、時折、期待を裏切られることもありますから(笑)。







c0206352_6161533.jpg

そして、たまりにたまっていた新聞の整理をしました~
日本の新聞は、主に震災関係(原発問題も含む)。
イタリアの新聞は、政治経済関係。
イタリアの状況も、まじでヤバいんですよ~
スクラップと言えるほどのものではありませんが、保存しておきたい記事だけ切り取って、ファイルに収めました~




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-28 06:29 | ローマの日常
c0206352_575390.jpg

ぎゃあ~~!
芋の子洗い状態のトレヴィの泉!

観光シーズンたけなわ。
こんなとこ、近づきたくな~い!
だけど、今日は、この近くの美容室「Yank's」に予約を入れてたのです~
パリに行く前にちゃんとしておかなきゃ~

それにしても、これだけ観光客がいる中、日本人旅行者はまったく見かけません・・
大震災後の日本人の夏休みに嗜好の変化があったのでしょうか!?
近場で長期の滞在が人気なのかなぁ?
アリタリアの東京線もガラガラのようですし。







c0206352_5162082.jpg

「Yank's」も今週が(バカンス前の)最後の営業週間なので、朝から超混んでます。
電話もひっきりなしに鳴ってます~
8月25日まではバカンス休業になりますから、その前になんとか・・と駆け込みたい方がいるのでしょうが、ダメダメ!
私のように前もって予約してないと無理ですよ~~(笑)

お店には、なんと!
トルコ在住の日本人ファミリーがローマを旅行中にカットしてもらいに来てました!(驚)

本日の私は、カラーを入れて、毛先をカット!
そして、髪の毛の量が多いので、すいてもらいました。







c0206352_5251215.jpg

オーナー美容師のYUKIさん(右)とアシスタントのHISAKOさん(左)
二人とも綺麗でしょう!

HISAKOさんは、前日に、里帰りしていた日本から帰国したばかりなのに、時差ボケにも負けず、お店に出ていました~
そして、YUKIさんは、月曜日に日本へ発ちます。
いいなぁ・・







c0206352_5321161.jpg

YUKIさんの一人娘のEmilyちゃんがお店に遊びにきていました~
写真を撮ると言うと、妙に照れてしまって、なかなか上手く撮れませんでした・・
10歳。
パパそっくりのカワイコちゃんです♪
ちなみにパパは、写真後方にチョコっと映り込んでいるイケメン日伊ハーフです。
(仕事帰りに愛妻のところへ寄ったらしい)
だから、Emilyちゃんはクオーター♪
家族全員バイリンガル!
すごいね~







c0206352_541786.jpg

美容室が終わって遅めのランチをBARで~と思って、芋の子洗いとは逆方向へ・・
そしたら、食後にジェラートを道端で立食いするサラリーマンのおじさん約2名が~
なんだか私的には受けてしまったので、パチリ!







c0206352_55148.jpg

こちらのBARで、
立ち食いでトマトとモッツァレッラチーズのパニーノとアイスティを頂きました~
3,90ユーロなり~
立ち食いだと安く上がります。
ここ、メインストリートにはないためか、この界隈のBARにしては、料金設定も安い!
パニーノも焼いてもらって美味しかったし!



2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-27 06:05 | ローマの日常

ローマのワインバー♪

c0206352_428379.jpg

WINE BAR 「numbs」


どうしちゃったんでしょう?
イタリア全土、とても寒いです~
最高気温20度くらい。
日中でも風が冷たいんです~
過ごしやすいけど、夜はかなり寒いです。

それなのに、モスクワでは気温が35度、湿度が86%とかで、異常な暑さに人々がまいってる様子をニュースで映していました~

世界各地でマチマチのお天気!
どうしちゃったんだろう?

さて、写真は夕べの続き♪
スペイン広場近くのワインバー・レストランです。







c0206352_4315039.jpg

外は寒いし、歴史的地区の狭い道なのに車は通るしで、中で食べることにしました。

最近のローマ、ワインバーが流行っているのです。
確かに便利なんですよね~
イタリアは夕飯の時間が遅いから、ピザやイタリアンを食べると重すぎるのです。
ちょっとしたもので済ませたい時にはピッタリ!







c0206352_4371364.jpg

「ローマの休日」は永遠ですね~
大きなパネルが2つも壁に飾ってありました!
この映画のおかげで、ローマは本当に得をしていると思います。






c0206352_4404647.jpg

私はスプマンテ♪
そして、ほうれん草のクレープを♪

夫がまた私の真似をして、クレープを・・
どうして真似するの??
まぁ、アスパラガスのクレープにはしましたけどね・・

クレープって軽くていいですよね~
お野菜をくるんだだけで、余計なもの(チーズとかホワイトソース)も入っていないので、
カロリーもそんなに高くなさそうだし・・






c0206352_4475514.jpg

そして、「Insalatona Condotti」(コンドッティ風大サラダ)←ちょっと笑えますね。
なんのことはない、ツナと黒オリーブと茹でたまごが入った特大サラダです。
でも、これが美味しんですよ~
(これも夫に真似された~。どうしていつも同じものを頼むかなぁ・・)

本当は、このサラダだけで食事はOKと言いたいところなんですが、長年のイタリア生活で胃がイタリア人化しているため、ついついクレープを頼んでしまった私なんです・・(汗)
ランチなら、たくさん種類のあるサラダと飲み物だけでいいと思います。
パンは付いてくるしね。
ここ、ASAHI SUPERDRYも置いてます。

お値段は、二人で50ユーロくらいでした。
(ワインは1杯ずつで)


「numbs」
Via Mario dei Fiori 29/a
(スペイン広場からすぐ)
06.6791.694
カンポ・ディ・フィオリにもお店があります。



2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-26 05:04 | ローマのグルメ
c0206352_5275670.jpg

ローマ、ボルゲーゼ公園ピンチョの丘より。
ポポロ広場と、遠くに見えるキューポラはサン・ピエトロ寺院。
夕方なので逆光になってしまいました~





c0206352_54427100.jpg

「Casina Valadie」

ピンチョの丘に来たからには、久しぶりに「Caisna Valadie」に行かなければ~
昔は、週末ごとにお食事に来ていたのですが、経営者が何度も変わったり、建物の賃貸契約でもめて閉鎖されていた時期もあったので、すっかり足が遠のいていました。
ボルゲーゼ公園、ピンチョの丘にあります。






c0206352_5535155.jpg

お庭には、Salvador Daliのブロンズの彫刻が!
左、「Nobility of Time」
右、「Surrearist Piano」

Dali、好きなんです~
リトグラフなら我が家にもあります。
私のくつろぎのコーナーに飾っています~





c0206352_5594885.jpg

ネオクラッシク様式で建てられた「Casina Valadie」

2階はレストラン、3階と4階は、貸し切りのパーティ用の大広間があります。
あ、でも、見た目と違って、そんなに敷居が高いレストランではありませんよ~
決して安くはないけれど、一人70~80ユーロというところでしょうか。






c0206352_641966.jpg

1階はカフェになっています。
建物の左側にオープンコーナーが見えるでしょう?
お手頃なお値段で、コーヒーやお茶、アペリティブ、アイスクリーム、
そして、軽食も楽しむことが出来ます。





c0206352_5332698.jpg

こちらがカフェの入口です~






c0206352_537633.jpg

7時過ぎだったので、
ディナーの前にアペリティブを楽しむ人がチラホラ♪





c0206352_540129.jpg

私たちは、スプマンテを頼みました~
お値段はグラス7ユーロ。
お茶なら4ユーロですから、とっても良心的なお値段です。

こういうことして何をするかというと、おしゃべりを楽しむんですよね・・
まぁ、私たちの場合は息子の話に尽きますけど(笑)



ウチの夫、23日から約2ヶ月のバカンスに入ってしまったのです(汗)
これまでは、6月下旬に、私は息子と既に日本へ帰国していて、夫は8月に日本へ来るというパターンだったのですが、今年は、ご存知の通り、息子は東京の大学で勉強していて、私も5月半ばに日本から帰ってきたばかりなので、夏の間は日本へ行きません。

というわけで、これから、9月中旬まで、夫がいつもいるという生活!
お出かけ好きの夫の相手をするのが大変だわ~
あ~、耐えられるかな~、わたくし!
ベッタリは嫌なんですよ~
一人になる時間がないとダメなんです~

既にこの週末だけで嫌になってしまったわたくしです~~
先は長いわ~
どこかへ行ってくれないかしら?




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-25 06:26 | ローマのカフェ&ティールーム

サイコパス

c0206352_63174.jpg

ノルウェイ・ベルゲンの街。
本当はこの夏のバカンスに行きたかった所だけど、
あまりの物価高に諦めて、パリにしたという私たちでした。


いったい今年はなんということでしょう!
2011年も半ばを過ぎたところですが、こんなにも、世界中で次から次へと何かが起こり続けるのも珍しいのではないでしょうか?

年初めにアラブ諸国でドミノ式に起こった民主化(暴動もありましたけど)運動。
最初はチュニジアから、そしてエジプトへ。
その他の国にも飛び火しましたが、鎮圧に成功した国も多く、
リビアはいまだに内戦状態。
NATOが攻撃してもカダフィ大佐が屈服することはなく、相変わらず混迷の極地。

2月のニュージーランドでの大地震。
これも衝撃だったのに、
3月には日本を襲った未曾有の大地震と大津波、原発事故。
私たちがこれから何年も何十年もかけて乗り越えていかなければならない試練です。
・・・・・


そして、今度は、ノルウェイで起こった極右テロ。
オスロでの爆弾テロと
その2時間後のオスロ郊外のウトヤ島での銃乱射事件。
今のところの犠牲者は全部で92人・・

犯人は、オスロで爆弾テロを起こした後、警察の制服を着てフェリーで島に渡り、与党労働党が主催する青少年キャンプに参加していた若者たちを集めて銃の乱射を始めたとか・・
特殊警察が到着するまでの30分、未来ある若者の命を弄んだというわけです。

キリスト教原理主義者でアンチ・イスラム、人種差別主義者だったそうですが、とても一人でやったこととは思えませんね。
少なくとも、爆弾テロの後ろには、彼の所属するであろう極右団体があるはずです。

世界はどんどん小さくなって、貧しい国の人は豊かな国を目指して移民する。
ノルウエーの人口の四分の一は移民だそうです。

犯人は、2ヶ月も前から、きちんと計画を立てて準備していたようで、銃乱射の状況にも冷静さが見られますから、典型的なサイコパスでしょうね。

サイコパスは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語ですが、これ、日本語に訳すと、またお門違いな訳語(精神病質者)になるので、また誤解されそう~
もっとも、日本の法律では、サイコパスを精神障害者と定義しているようですけど。
実際には、全てのサイコパスが精神異常という訳ではないのです。
先天的な人格障害であることは間違いないけれど。

シリアルキラーや、重度のストーカー、常習的詐欺師、カルト指導者の多くがサイコパスだと考えられますが、テロリストや犯罪組織の構成員、お金のためなら何でもするという人間、悪徳実業家だって同じなわけで、大部分のサイコパスは、殺人を犯すことなく普通に暮らしています。


共通するのは、
①良心というものをカケラも持っていない。
②罪悪感を全く感じない。
③過大な自尊心を持っている。
④自己中心的である。
⑤平気で嘘をつく。
⑥口達者で、時には人を魅了することができる。


白人至上主義だった、この犯人は、おそらく、自分の国に宗教の違う移民が増えることを許せない感情がパラノイア(偏執的な妄想:誇大妄想、被害妄想など)を増幅させて、移民を受け入れる与党に不満を持ち、このような事件を起こしたのでしょうが、冷静に何ヶ月も前から準備をしていた点では、正常な精神の機能があったとしか思えません。

逆に言うなら、それまで普通に暮らしていた普通の人が、衝動的に銃の乱射をする場合には、精神的病が考えられ、その症状が出た時に発作的に起こした事件とも考えられるのですが。
いわゆる、天からの声が聞こえた・・というやつです。

この犯人、どうなんでしょう・・
どの領域に属するのかは、専門家でないと分からないでしょうね。


それにしても、世界の経済状況も悪化するばかりだし!
アメリカがしっかりしてくれないと、ヨーロッパは道連れになってしまう状況なんですよ~

今、日本だけではありませんね。
この危機的状況は!




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-24 06:11 | ひとりごと、考えること

プチ女子会♪

c0206352_842621.jpg

まずは、お知らせですが、
お友だちの千倉真理さんプロデュースの絵本が、この度、e-bookとなりました。
真理さんについての過去記事はこちらから←ここをクリックしたら飛べます!
e-bookは、今週の土曜日、発売です!
定価は600円ですが、発売記念特別価格で、2週間だけ350円でアップルストアから買えます。
iPadやiPhoneをお使いの方なら、もちろん海外からでも大丈夫です。

ゆびおりかぞえたら、見えてきた。大切なモノ。
小山薫堂/セルジュ・ブロック 新刊「いのちのかぞえかた」(How a life is counted)
HPはこちらです←ここをクリック♪

セルジュ・ブロック氏は、フランスの絵本作家。
翻訳は、映画「おくりびと」の脚本家として有名な小山薫堂さん。
ほのぼのとする作品を、よかったら皆さまも、是非味わってください♪






c0206352_871847.jpg

共和国広場「ナイアディの噴水」
後ろ右手に見えるのは、ミケランジェロ設計のサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会♪
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会の過去記事はこちらから~←ここをクリックしたら飛べます♪

今日は、久しぶりに会うお友だちとプチ女子会♪
お互いの連れ合いはなしで夜のお出かけ。






c0206352_814531.jpg

リニューアルオープンしたばかりの「Tudini」に行ってきました~
ウチから遠いのでなかなか行けないのですが、
ご主人のガブリエレさんが亡くなった後、未亡人のTOMOKOさんと息子さんが切り盛りしているお店です。
スタイリッシュで大きくなったお店にびっくり!
まずは、スプマンテで乾杯♪
プチトマトのブルスケッタの美味しいこと!






c0206352_8201891.jpg

お友だちは、スカンピ(手長エビ)のタリオリーニ♪
私は、ピザ・トモコ・スペシャルを♪
こちらのお店、TOMOKOという名前が入ったメニューが一番美味しいと言う評判なんです。
確かにピザは美味しかったです。
2種類のピザが一度に楽しめるのがいいですね。
半分はクワトロ・フォルマッジョで、もう半分はアンチョビとルゲッタ!

デザートは、お友だちがジェラートで、私はチーズケーキ!
このチーズケーキ、面白かったです~
完全にこちらのお店のオリジナルという感じです。
中味がトローリで、一番下に入っている土台のクラッシュド・ビスケットががっしり!
不思議な美味しさ!


さて、お友だちとは、もっぱら恋愛論を!
私は、恋愛は、男と女が最高に盛り上がっている時、しかし一線を超える前の段階という地点が一番楽しく美しいと思うのです。
お互いがお互いを欲しながらも、あえてそこに行かない。
あ~、そんな恋愛がしてみたいな~
なぁんて、成人した子を持つ主婦が言ってる場合か!ですね・・






c0206352_8381642.jpg

お友だち、日本から帰国したばかりで、お土産を持ってきてくれました~
今週末は、週刊誌と今日買った日本の新聞読もうっと!



2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-23 08:49 | ローマの日常
c0206352_542812.jpg

ティラミスーの専門店「POMPI」です♪
ローマで一番ティラミスーの美味しいお店です。

日頃から、イタリアのドルチェは甘すぎて好きじゃないと言っている私ですが、ティラミスーとパンナコッタとクリームキャラメル(焼きプリン)だけには目がないんです~
涼しいローマの夕べ、夕食後にお散歩がてら食べに行きました~






c0206352_59189.jpg

店内で販売されている、このティラミスーの量♪
いかに、ローマっ子が、ここのティラミスーを買いに来るかを物語っているでしょう?






c0206352_5135424.jpg

ティラミスー専門店とはいえ、イタリアですから、もちろんジェラートもありますよ~
右端で~す!
一応、BARの役割もあるので、ドリンクやサンドイッチ等も揃っています。







c0206352_5185065.jpg

左上はジェラート・コーナー♪
右下は、夫の食べたジェラート。

夫、ティラミスーが好きじゃないって言うんです。
素材に使うマスカルポーネはカロリーが高くて太るって言うんです。
特別美味しいものじゃないって言うんです。
面倒臭い奴だわ~!

他の写真は、立ち食い用のティラミスー。
1つ、3,5ユーロ!
定番のチョコがのったもの、苺のティラミスー、森のフルーツのティラミスー、ピスタッチョのティラミスー・・
あとは、忘れちゃった~






c0206352_5253228.jpg

ティラミスー、夏の特別バージョン♪
ココナッツのリキュールを使って、上には、ココナッツの実とパイナップルが乗ってます♪
もちろん美味しいんですけど、美味しいんですけどね、
私は、定番のチョコが一番好きかも・・


「POMPI」
Via Albalonga 7b-9-11←こちらが本店!
地下鉄A線「Piazza Re Dei Roma」駅そばです。
Tel:06.700.0418

Via Cassia8b-8c ←私が行ったのはこちら♪ポンテ・ミルビオです♪
Tel:06.333.3488


2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-22 05:40 | ローマのカフェ&ティールーム

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma