<   2009年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「天使と悪魔」の現場検証をしようしよう・・と思いつつ、なかなか出来なかったのですが・・
実は、一番最初のパンテオンの次に出てくるサンタ・マリア・デル・ポポロ教会は、ウチからすぐの所にあるんです。
いつも通る場所なんですが、用事があって時間に追われていたり、教会が開いている時間帯じゃなかったりで、もう何年も中に入っていませんでした。




c0206352_633726.jpg

ローマの城壁とフラミニア門(ポポロ門)
門の左手、城壁の向こう側にチラリと見えるのが、サンタ・マリア・デル・ポポロ教会です。




c0206352_62535.jpg

フラミニア門(ポポロ門)だけを撮ってみました。
ウチはここから歩いて15分くらいです。
この門の向こうがポポロ広場♪




c0206352_68162.jpg

アーチをくぐって、門をポポロ広場側から見たところ。
「天使と悪魔」の「三角形に積み上げた石の上方で輝く星」は、門の上部にあります。




c0206352_620864.jpg

サンタ・マリア・デル・ポポロ教会の正面
ポポロ門というか、古いローマの城壁にくっついて立っています。
ローマ・ルネッサンス建築の典型的な例です。
もともとは11世紀にあった礼拝堂を15世紀半ばに新しく建て直したものです。




c0206352_6295499.jpg

ポポロ広場
完全な楕円形、中央にエジプトのオベリスク・・
イルミナティらしい雰囲気ですか~!?
でも・・この広場が楕円形にデザインし直されたのは、18世紀末なんですけど・・
ガリレオやラッファエッロは16世紀、ベルニーニは17世紀に生きた人間だから、どう考えても想像力の賜物でしょう・・。でも、素晴らしい想像力ですね♪

広場を挟んで、ちょうどポポロ門の反対側にある双子の教会が可愛いでしょう!?
写真が小さくてわかり辛いでしょうけど、向かって右側が、サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会(1678年)、左側がサンタ・マリア・ディ・モンテ・サント教会(1675年)。ライナルディという建築家が着手したものですが、その後、ベルニーニと弟子のフォンターナによって完成されました。

教会を出たら、日が沈んでいて、なのに、空が綺麗なブルーで、ビックリしました♪


サンタ・マリア・デル・ポポロ教会の内部については、長くなるので、また後日・・
確かにピラミッドがありますよ~
こんな風にこの教会を見たことがなかったので、楽しかったです。



ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-30 07:03 | ローマの美術散歩

パオラの書斎

なんとなく気分を変えたくて、スキンをクリスマスバージョンにしてみました♪
なかなか、これと言ったものがなくて、微妙・・・
ちょこちょこ変えていくと思います。

何かを変えるって、これは、私にしてはかなり珍しいことかもしれない・・

そもそも、1度決めたものは、絶対に変えないタイプなんです。
どういう心境の変化かしらね~
ま、人間はいくつになっても成長するってことで・・

今日は、先日ホームパーティに呼ばれたパオラの書斎を紹介したいと思います。
40人ほどの立食パーティだったんですけど、本当に大きなアパートで♪
父親から受け継いだものらしいんですけど、いったい幾つ部屋があるの!?
という代物でした・・
しかも、どの部屋も普通じゃない広さ。
一つの部屋の中に、日本だったら2LDKか3LDKのマンションがすっぽり納まる
くらいなんです・・
これで、アパート・・
しかも、ローマの都心中の都心・・
そして、一人暮らし・・



c0206352_3444213.jpg

完全に特注の本棚の数々・・




c0206352_3215637.jpg

天井が高い!
昔の建物であればあるほど、天井が高いんです。
普通のアパートのスタンダートな天井の高さの2倍はありますね~
だから、部屋の中に、ロフトどころか2階部分を作れちゃう。




c0206352_3452442.jpg

らせん階段がアクセントになっていますね♪
階段ごと本棚にしたのが可愛い♪




c0206352_34611.jpg

らせん階段の反対側




c0206352_3464281.jpg

リビング
ここにも本がぎっしり!!
天井部分のメンテナスにもお金がかかりそう~~


あ、もちろん、パオラは自分でお掃除なんてしませんよ。
ついでにお料理も全然ダメだそうです・・
この日のお料理もお姉さんがほとんど作ったそうです。
普段は、お手伝いさん任せ・・




ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-29 03:58 | インテリア・可愛い雑貨
c0206352_6331364.jpg

FAO(国連食料農業機構)
地下鉄B線、Circo Massimo(チルコ・マッシモ)駅のそばです。


11月27日金曜日、FAO(国連食料農業機構)のバザーに行ってきました~
これは、毎年、11月の最終金曜日(Thanks Giving Day)に行われます。
というのも、バザーはFAOの内部で開催されるわけでなく、隣接するセント・スティーブンス・スクール(高校だけのアメリカンスクール)を会場として使うからです。
この学校はアメリカの祝日に合わせて1週間のお休みになるのです。



c0206352_6522679.jpg

セント・スティーブンス・スクール
この学校は寮つきなので、この6月まで、息子の日本人のお友だちが在籍していました。
イタリアの学校システムは他国に比べて1年長いので、現地校に通う息子は1年卒業が遅くなるのです。



c0206352_6571220.jpg

FAOは国際機関なので、勤務する方々の国籍も様々・・
バザーは、その奥様方が国ごとにブースを作って、雑貨や食べ物を販売するのです。



c0206352_713476.jpg

インドネシアのバティック



c0206352_721054.jpg

ウクライナのアクセサリー



c0206352_725048.jpg

中庭
大抵は皆ここでお食事をします。



c0206352_741444.jpg

アフリカのカレー(?)コーナー



c0206352_751397.jpg

タイのブース



お昼時は、FAOの職員がどっと押し寄せて、大賑わいでした♪
私は、タイのスペシャルミールセットを食べました。
そして、チーズケーキと赤ワインを1杯♪



c0206352_7104548.jpg

タイのスペシャルミール、10ユーロ。
海老入りのタイ風焼きそばとカレー風味の鳥のサテ、それにココナッツミルクのチキンカレー、ライスはジャスミン味というものでした。
微妙・・



c0206352_7134558.jpg

もちろん、日本のブースにも貢献しましたよ~
巻き寿司(1個1ユーロ)10個とエプロンと和風小物。
まさか、このエプロン、日本の百均で仕入れたものじゃないでしょうね~



c0206352_7161583.jpg

デンマークのブースには、ロイヤルコペンハーゲンのお皿が出ているので、「1969年、アポロ月に行く」の記念プレートを買いました。
私は、ロイヤルコペンハーゲンの深いブルーが大好きで、毎年クリスマスプレートとコーヒーカップを買っているのですが、面白いお皿があると、ついつい買ってしまいます♪


まぁ、今は、なんてこともない普通のバザーです。
昔は、イタリアのブースに、プラダやフェンディ、フェラガモ等のブランド品(各社からの寄付によるもの)が格安で出ていたため、在住日本人が開店前から並んで押し寄せたものですが・・
今は昔・・
それでも、こういう催しに行くのは楽しいものですね♪



ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-28 07:27 | ローマの日常

老年天使・・!


天使フェチの私にとって、ローマは天国のような場所です。
だって、街の至るところに、天使の絵や彫刻があるんですもの♪
特に好きなのが彫刻♪

そんな中で、この間訪れたサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ教会の中に、
面白い天使像を発見しました。


c0206352_4165888.jpg

老年天使

天使も年を取るのでしょうか!?
そんなこと今まで考えてみたこともなかったけど・・
通常使われる天使のモチーフといえば、可愛らしい生まれたての赤ちゃん天使か、
美しい青年天使・・
確かに老年天使がいても不思議ではないけれど、見たのは初めてです。

誰かのお墓を守るように立っているこの老年天使は、きっと亡くなった方の守護の天使
だったんでしょうね。

教会の中には、たくさんのお墓がありますが、
それは例えば、有名な芸術家だとか、法王様とか、法王を出した貴族のファミリーとか・・

このお墓が誰のものであるか調べてみたんですが、分かりませんでした。

特に有名人でなくても、無名の方がこんな大きな教会に葬られることはあり得ないので、
おそらく、ゆかりのある貴族の家出身の枢機卿というところでしょうか・・


さて、11月も終わりに近づくと忙しさが増してきますね~
私は、来週いっぱいまで、ずっと予定が詰まっています。
学校関係の雑事を始め、プライベートの楽しいことまで♪

とりあえず、今日は、息子の高校の役員会に行ってきました~
そう、私、外国人なのに役員をしているんですよ。
それほど大変だとは思いません。
かえって、先生とも密な関係を築けるし、色々な情報は入ってくるしで、
得することの方が多いんです。

明日は、FAO(世界食料機構)のバザーに行ってきます♪
あ、あくまでも予定ですが・・



ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-27 04:34 | ローマの美術散歩

最近、共和国広場に来ることが多いのですけど・・・・

Repubblica(共和国広場)は、地下鉄A線でFlaminio(フラミニオ)から3つ目の駅だから、わりに出やすい所なんですが、車で乗り付けることに慣れていると、公共の交通機関を使うのがどうにも億劫で・・
だけど、この辺は全く車を駐車する場所がないから、やっぱり地下鉄が一番便利なんです・・

本日は、息子の教科書を買いに本屋さんへ。


c0206352_4441199.jpg

MEL BOOKSTORE

入り口は小さいけど、たぶんローマで一番大きな本屋さんでしょう・・
教科書も取り扱っています。
なぜ今頃、教科書なのか・・
去年使っていた歴史の教科書をなくしたので、その補充と、使わないから買わなくていいと言っていた美術史の教科書をやっぱり使うらしくて(しかも金曜日はテスト)、慌てて買いに来たというわけです。




c0206352_449775.jpg

店内は本当に広いです。
本を手にとって読むスペースもたくさんあります。
なんだか、イタリアじゃないみたい・・




c0206352_4503150.jpg

地階と上は3階まであるんです。
しかも、3階にはカフェが!
ま、日本ではこういう感じの本屋さんって、たくさんあるんでしょうけど、イタリアでは珍しい!




c0206352_4523082.jpg

地階の教科書コーナー

イタリアって、教科書を毎年新学期に親が買いに走らなければならないんです!
これが本当にストレスで、普通の書店だと、注文して届くまでに数ヶ月かかることも稀ではなかったんです。
ところが、このMEL BOOKSTOREだけは常にストックがあって、救世主のような存在!
教科書代は、毎年、ものすごい出費です。
500ユーロくらいかかります。
日本円だと65000円くらいかな。
高っ!!




c0206352_504471.jpg

3階のカフェコーナー
まぁ、なんてこともないカプチーノを飲んで一息つきました!




c0206352_524412.jpg

本日お買い上げの教科書2冊!
ものすごく分厚くて、持って帰る時に手がしびれてしまいました。
いや、ホントの話!




c0206352_541536.jpg

大好きな建築家・コルビジェの作品集を見かけたので、ついつい買ってしまいました。
安かったわり(わずか9,90ユーロ)には、なかなか良い本でした!
ちゃんと、1959年の作品、上野の国立西洋美術館も出ていました。

おそらくどんな本でも手に入る、ローマでは唯一の大型書店と思われます。
在庫も豊富ですしね!


MEL BOOKSTORE
Via Nazionale 254
(ローマ三越の並びにあります)


ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-26 05:22 | ローマの日常

私の車が~~~


まいったわ~~
私の車が、私の車が~~~
今、修理工場の中です・・


c0206352_3413158.jpg

FIAT(フィアット)のseicento(セイチェント)
可哀相な私の車!
でも、車が使えない私はもっと可哀相・・


ここ2,3日、どこがって言うわけじゃないけれど、運転している時になんだかいつもと違うなぁ・・という様なことは感じてはいた・・
そして、ついに・・
スーパーに買い出しに行っていたら、どうも、変な音がする・・
そのうち、バンパーからもくもくと煙が・・
そして、車が止まってしまった・・
大通りの道の真ん中で・・
しかも、こんな時に限って、携帯を持っていなかった・・
(だって、すぐ近くだし・・と思ってたから)

なんとか、行きつけの修理屋さんまで・・と思って、再びエンジンをかけて、煙を出しながらも、スタートに使う1に入れたままゆっくりと走り続ける・・
(あ、もちろんマニュアル車です。イタリアではオートマは普及していませんし、私もマニュアルの方が好きなので)

ドンピシャリ、修理屋さんの前で車が勝手に止まってくれた・・
煙をもくもくと出しながら・・
でも、この煙、水蒸気だったようです・・

なんでも、3つの部分が壊れているので、部品交換だそうで・・
見積もりを出してもらったら、倒れそうな額で・・

どうして、どうして、予期せぬ出費って重なるものなんでしょう・・
あ~~、めまいがする・・

2,3日は車も使えないし、どうしたらいいんでしょう!?



ランキングに参加しています♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-25 04:01 | ローマの日常

冬のコート


未曾有の世界恐慌・・
無駄遣いをしている場合ではありません。
収入は変わらないのに、物価は上がる一方(イタリアは日本と違ってデフレの傾向は全くなし)。
子どもの教育費も半端なくかかるし、来年の秋の受験のことを考えたら、頭痛い・・

節約、節約!
まさにその一言!

でも・・
ショーウィンドウを見るのは楽しいんですよね♪

c0206352_745546.jpg

Fornarina(フォルナリーナ)

ここ、若者も若者、10代からのブランドなんですが、今はエイジレスの時代なので、私たちでも十分着れちゃいますね♪
私、最近は、すっかり若者向きのお洋服を買っています。
お値段もお手軽でお洒落だから・・
この赤いコート、可愛いな♪



c0206352_749443.jpg

Burberry(バーバリー)

イタリアでもすごい人気なんですけど・・
白いコート、いいなぁ・・
実は、最近のマイブームが白なんです♪



c0206352_7504349.jpg

Roberto Cavalli(ロベルト・カヴァッリ)

う~~ん、今ひとつだな~
派手なジーンズとかアニマル柄のニットは大好きだったんだけど・・



特にこれっと心惹かれるものには出会わなかったので、安心しました・・
一期一会で、一目惚れ的な出会いが、洋服とも起こり得るでしょう!?
そういうのはなかったんです・・(ほっ!)
セールには、何か買いたいと思うけど、今はいいかな~~

でも、去年のものは着る気がしないし・・
それで、ふと思いついて、屋根裏の収納スペースのBOXから、10年くらい前のコートを取り出してみました。
もう全然着てなくて、バザーに出そうかと思ってたくらいのもの・・



c0206352_7525485.jpg

Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)のものなんです。
あ、廉価バージョンのD&Gですが・・

なんか、いけるんじゃないの~!?
とりあえず、ちょっと、これでいってみようかな~
黒のスエードのブーツか、黒のスキニーパンツ合わせたら、なかなかいいんじゃないかと・・


お買い物三昧していた昔が懐かしい~~



ここの下をポチッと、クリックお願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-24 08:10 | ファッション&アクセサリー

日本は3連休なんですね♪
なんだかんだ言っても、お休みが多い国ですね、日本は・・
いつも連休、連休って言っているような・・
いいなぁ・・♪

私は昨日の日曜日、疲れきって一日中ぼーっとしていました。
土曜日に朝から出かけると翌日はいつもこうです。


c0206352_5572256.jpg

Ristrante Pizzeria Tudini Gabriele&Tomoko
(レストラン・ピッツェリア トゥディーニ ガブリエレ&ともこ)を外から見たところ

土曜日にお昼ご飯を食べたレストランです。
息子の運転手で帰宅すると13時になるので、そんな時間からお昼の用意なんて出来ない(やってられないと言うべきか!?)と思って、夫をここまで呼びつけました。



c0206352_694377.jpg

ここは、テルミニ駅近くにある古き良きローマのレストラン。
1946年から営業していますが、奥様が日本人なのです。
ご主人は残念ながら数年前にお亡くなりになり、今は、ともこさんが素敵な息子さんと一緒に切り盛りされています。




c0206352_6132040.jpg

私たちは中に座りました。
ともこさんのご好意で素敵なお席に通して頂けました。
店内はとても明るくて広々としています。




c0206352_620434.jpg

まず最初に出てくる焼き立てほやほやのフォッカッチャ♪
パルミッジャーノの香り高く、いくらでも食べれてしまいそう♪
こんなに美味しいフォッカッチャ、食べたことないかも・・



c0206352_615181.jpg

私の第一のお皿「リングイーネ アラ ペスカトーレ スペシャル」
アンティパスト(前菜)はさすがに省略しました・・
ボリュームたっぷりで、とっても美味しかったです♪
手長えびもたくさん入っているんですよ♪



c0206352_6182459.jpg

夫の第一のお皿「ミネストローネ」
これ、ライスが中に入っているんです♪
その感覚が本当に新鮮で、とっても美味しかったそうです♪

ちなみに息子はピザを食べました。
普通、ピザというのは夜食べるお料理なのですが、ここでは、昼間も石焼釜を使った美味しいピザが食べられるのです♪



c0206352_6275024.jpg

私の第二のお皿「ムール貝」
一人で全部食べちゃいました♪
だから、もうお腹いっぱい・・



c0206352_62917100.jpg

夫の第二のお皿「ともこ風ビーフステーキ」
お醤油味のソースを使ったものです。
これまた美味~♪だったそうです・・



c0206352_6305830.jpg

お腹はいっぱいだけど、ドルチェは別腹とはよく言ったものですね♪
ホームメイドのクリームキャラメル(オーブンで焼いたプリンのことです)を食べました~

この後、ともこさんのご好意でみかんを頂きました。
そして、エスプレッソのカフェでピリッとしめたというわけです。
この日の夜、私が何も食べなかったのは言うまでもないことです・・



テルミニ駅周辺にはたくさんホテルがあり、それと同様にレストランもたくさんあります。
問題は、多くのレストランが観光客用で、まずい上に異常な程高い値段をつけていること。
その点、レストランTudini(トゥディーニ)は、イタリア人も通う美味しいお店であることと、お値段も良心的なので、安心してお勧めできます。
もし、ローマに来られる方で、宿泊先がテルミニ駅周辺の場合、是非ここに来て下さい♪
間違いはありませんから。
日本語メニューもありますよ♪
オーナーのともこさんもいつもお店にいらっしゃいますし♪
また、ペンションも経営されています。


Ristorante Pizzeria
Tudini
Gabriele&Tomoko

Via Principe Amedeo 27
00185 roma

Tel:(+39)06-4817586
http://www.tudini.sakura.ne.jp



ここの下をポチッと、クリックお願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-23 06:49 | ローマのグルメ


c0206352_3495896.jpg

聖なる階段(スカラ・サンタ)礼拝堂の正面

11月21日の土曜日は、朝からまたまた息子の運転手。
空き時間に、聖なる階段礼拝堂に行ってきました。
もう20年以上前に来たっきり!




c0206352_51261.jpg

聖なる階段

この階段は、昔、キリストの処刑を命じたローマ総督ピラトの官邸にあったものです。
十字架にかかる前のキリストがこの階段を登り降りしたため、コンスタンティヌス帝の母、聖女エレナによって、エルサレムからローマに移されました。

そういうわけで、歩いて登ってはいけない「聖なる階段」というわけです。
全部で28段、大理石です。
カトリック信者が、階段の1段ごとにお祈りをして、膝まずいて登っていくのです。
ですから、登るのに1時間くらいはかかるでしょうね。
信者でなくても、この情景には心を打たれます。




c0206352_40464.jpg

普通の階段

もちろん、私はここを歩いて登りました。
教会入り口には、全部で4つの階段がありますが、階段を正面にして、左から2つ目が聖なる階段。その他は普通の階段ですが、通常使用されている普通の階段は、3つ目の階段です。




c0206352_451549.jpg

階段を登ってすぐの踊り場にある天井画
階段部分の壁面にも天井にもフレスコ画がありますが、上手く撮れませんでした。




c0206352_48533.jpg

礼拝堂
こじんまりとしたもので、もうすぐミサが始まるらしく、徐々に信者さんの数が増えていきました。




c0206352_4104982.jpg

礼拝堂内にある告解の小部屋(懺悔をするところです)
日本の教会にもあるでしょうけど、私がここへ入ってきた時、ちょうど若者が中から出てきたので、ちょっとビックリしました。本当に日常的に懺悔を行うんですね。




c0206352_413331.jpg

聖なる階段礼拝堂を裏から見た写真

聖なる階段礼拝堂は、サンジョバンニ・イン・ラテラーノ教会の斜め前にあります。
どのような宗教でも、神に祈りを捧げる人々は、美しいと思います。
他者を受け入れない過激な方々は別にして。
結局のところ、唯一無二の神は一つだと思うので・・



ここの下をポチッと、クリックお願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-22 04:32 | ローマの美術散歩

ないものねだり・・



c0206352_5455599.jpg

トレヴィの泉の前の三叉路の角っこにあった天使♪


海外での暮らしは、そこそこ優雅で、そこそこの苦労があるという感じでしょうか・・
人が思うほど、ものすごく優雅でもなければ、また、その逆に、大変な苦難に満ちたものってわけでもない・・
日本に比べれば不便なことは多いけど、日常生活は変わらないというか・・
結局、どこで暮らすにしても、同じかもしれない・・

ただ、留学や駐在で来る人は、必ずいつかは自分の国に帰れるわけだから、また違った感覚でしょうね。
文句たらたらでも、何事もポジティブに捉えて、外国にいることを楽しめるのかもしれない・・

国際結婚をしていると、永住という言葉が頭をかすめるから、少し重く感じてしまうんですよね。

若い頃は、日本という社会が自分に合わないと思っていたし、絶対にイギリスに永住だ~なんて思っていたけど、イギリスも、暮らすのは一筋縄ではいかないというか・・
住んでいた頃は文句たらたらだったし・・
今は、そこにいないから再び美化しちゃっているけど・・
完全な階級制の国ですからね・・
イギリスに永住しているお友だちは多いけど、幸せな人は少ないような・・

イタリア・・
ややこしい国です・・
ただ、自分の経験から言うと、イタリア人の中に溶け込みながら暮らしていけるところはいい点かも・・
イギリスは、ああ見えてもひどい人種差別の国ですから、なかなか生粋のイギリス人社会(アングロサクソンの白人)の中で暮らす環境には入れないと思います。
もちろん、人種差別なんてことは表にはいっさい出さないお国柄ですが、郊外の白人しかいない地域に行くと(あるんですよ~)、あからさまです。
ま、ロンドン市内は人種のるつぼで、有色人種か外人ばかりだから・・。
でも、ロンドン、好きなんです~
はい、美化しています♪

(日本に比べて)イタリアのほうがいいな!と思うこともあるし、イタリアなんて大嫌い!と思うこともある。
まぁ、定期的に訪れる病気みたいなものですね。

もちろん、独身の頃、新婚の頃は、ただただ単純に異国での生活が楽しかったな~♪
やっぱり、子どもが生まれてからです。
色々なことを考え始めるのは・・

海外に暮らすと、自分の国の良さを再発見出来るってことも大きい。
若い頃は、日本なんて・・と考えていたけど、今では、その欠点をも含めて、心から愛しています♪

私は、国際結婚をしているけど、それをイコール、イタリアに永住というようには捉えていません。
こうあらねばならない・・なんて、誰が決めたの~!?
私は、私。
自分の好きなように生きていきたい・・
もちろん、好きなように生きるためには、ある種の幸運と努力も必要ですけどね。

今のところは、1年に1度、2,3ヶ月の長期で日本に帰国しているせいか、イタリア生活に十分耐え得る感じかな・・(笑)
ただ、この場合の日本への帰国は、完全なバカンスなので、毎日遊びほうけてお買い物三昧で、だからこそ、「あ~、日本って楽しいな~」と思うけど、実際に日本で暮らす場合は、生活があって、日常があるわけだから、結構大変なんじゃないかな、と想像します・・

1度、冬に帰国したときに、セントラルヒーティングの普及してない日本にえらいショックを受けて、もう2度と冬に日本へ帰るもんか~と思ったこともあるし、梅雨の時期の異常な湿気に、やはり、もう2度と来るもんか~と思ったし・・(笑)

こういう長期バカンスが楽しめるのもやっぱりイタリアに暮らしているからこそだし・・

人間はないものねだりなんです。
自分に今ないものを常に求めるものなんです。

私の理想は、イタリアと日本を半分ずつで暮らすことかな・・
それが出来るようになればいいけど・・
本当に年を取ったら、自分の国がいいでしょうね、やっぱり・・

でも、今は、誰もが住めるわけではないイタリアという国にいるわけだから、ポジティブに利用したほうが得だと思っています。
文句を言いながらも、楽しまなきゃ損って感じかな・・



ここの下をポチッと、クリックお願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-21 06:52 | ひとりごと、考えること

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma