<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ガラテアの勝利(ラッファエッロ)


c0206352_3151420.jpg

Villa Farnesina(ファルネジーナ荘)にあるRaffaello(ラッファエッロ)のフレスコ画
写真撮影は禁止なので、ポスターを写しました。
フレスコ画とは、簡単に言うと、壁や天井の全てを使って一面に描かれた壁画のことです。
ルネッサンス期の貴族、ファルネーゼ家の別邸の大広間に描かれたフレスコ画。
ラッファエッロに敬意を表して「ガラテアの大広間」という名がついてます。
海のニンフ、ガラテアがトリトンや姉妹のニンフたちと馬上槍試合(ってことだけど、海だけにイルカの上に乗ってるんですけど・・)をする神話の1シーンが描かれたものです。



c0206352_559552.jpg

ファルネジーナ荘は、テヴェレ河沿いにあります。
ここは、大好きな場所で、これまで何度となく訪れていますが、この近くでお友だちとランチの約束をしたので、せっかくだから、早めに行って見てきました。
車は幸い、すぐそばに止められました(笑)



c0206352_3254154.jpg

ファルネジーナ荘の外観
16世紀初頭の典型的なルネッサンス様式の建物です。


c0206352_6272263.jpg

ファルネジーナ荘の裏側
こちらは絵葉書をスキャンしました。
現在、修復中なので。



c0206352_326417.jpg

ファルネジーナ荘の庭園の一部
まぁ、イギリスの庭園のように完璧な美しさではありませんが・・
というより、全然お手入れされてないし・・(苦笑)



c0206352_3262089.jpg

庭園の片隅にある彫刻の泉



c0206352_3265943.jpg

ファルネジーナ荘の玄関部分の天井のフレスコ画
入ってすぐ写真を撮ったら、切符を買うとき、おじさんがモニターでチェックしていたらしく、
「写真は禁止だよ~」って注意されちゃった。
昔は撮影自由だったのにな~
フレスコ画を撮っちゃダメなようです・・



c0206352_3271864.jpg

ファルネジーナ荘の見学切符売り場
日本だったら、必ず若くて綺麗な女の子を置いてそうですけど・・(笑)



c0206352_6464119.jpg

「ガラテアの大広間」のお隣にある「アモーレとプシケの大広間」天井部分
パンフレットよりスキャンしました。




c0206352_3273893.jpg

1Fから2Fに昇る階段部分



c0206352_3275712.jpg

階段の天井部分



c0206352_3282058.jpg

1Fと2Fの中間の踊り場にあるトイレの入り口



c0206352_3283785.jpg

入り口からトイレに続く廊下



c0206352_3285281.jpg

トイレ。男女兼用でした。
なんか、昔っぽいトイレだったので、写真に撮りました(笑)



c0206352_6294285.jpg

2Fにある「眺望の良い大広間」
遠近法を使って柱の向こうに眺めが良い景色が広がっているようなフレスコ画が描かれていることから、この名称がつきました。
柱は本当に立っているように見えますが、描かれたものです。
絵葉書よりスキャン。


素晴らしいフレスコ画を紹介できないのが残念です・・
自分で写真撮りたかったな~
by mayumi-roma | 2009-09-30 07:11 | ローマの美術散歩
買い出し・・


c0206352_4181925.jpg

聖天使城を裏側から見たところです♪
裏側から見るとまた雰囲気が違うでしょう!?
天辺の大天使ミカエルのブロンズ像がなければ、知らない人には分からないかもしれませんね。
そして、ホントにローマって松の木が多い♪

実は、この写真、車の中から、信号停車で止まっている間に写したものなんです・・
お米が切れかけたので、買い出しに行った、その帰りです。

ローマでは、車がないと生きていけません。
だって、首都なのに、地下鉄は2本しかないし、バスはいつ来るか分からないし、そもそもバス路線が市内全域をカバーしているわけではないから。
でもね~、駐車場がないというのがまた問題で、車で5分とかからない距離なのに、30分以上も車を止める場所を探してウロウロというハメになるんです・・

c0206352_4185244.jpg

だから、上の写真のように、お店の前に2重駐車してさっと買い物を済ます人が多いんですが、それもね~、油断してたら罰金取られることも多いし。



そして、今日の買いだし・・
c0206352_4192398.jpg

おコメ・・15,5ユーロ(約1900円)
おしょうゆ・・7,5ユーロ(約900円)
お酒・・11.5ユーロ(約1350円)
森永ドーフ(お豆腐です)・・1個4ユーロ(約500円)
1ユーロを120円として計算した場合

お米はこちらで取れるものだから、安いかもしれませんね。
でも、おしょうゆは高いでしょう?
森永ドーフって、日本の方はご存じないですよね。
海外に住んでいる人は皆知っているんだけど、生では食べられないものの、お味噌汁に入れたりして使います。長期保存の絹ごし豆腐です。

あ、ちなみに、ローマには日本食品やさんはありません。
私が行くのは、近所にあるCastroniという、世界のグルメを置いてあるお店。
あと、日本食を豊富においた韓国食品のお店が二軒あります。
ここまで行くと、冷凍の納豆や枝豆、サトイモなんてのも手に入ります。
高いですけど・・
by mayumi-roma | 2009-09-29 04:50 | ローマの日常
ある日曜のお昼ご飯


食事の支度が面倒な時って誰にでもありますよね~
昨日の日曜の私がそうだった・・

日本だったら、出前を取るとかファミレスに行くとか、そんなにお金を使わなくても外に食事に行ったり出来るけど・・
イタリアでは、BARに行ってパニーノを食べるか、レストランに行くかの選択しかないから・・。それに、今、物価が恐ろしい勢いで上がり続ける一方で、節約しなきゃいけないし・・

で、超手抜きの昼食にしちゃいました~


c0206352_4395850.jpg

第一のお皿:やきそば~
スパゲッティより細いスパゲッティーニを使うと、まさにやきそばの麺になっちゃいます。
パスタを茹で上げたら、冷水でしっかり洗って、熱を取って、油で混ぜておくのがポイントです。


c0206352_4401994.jpg

第二のお皿:生ハムとメロン
これって、ホントは前菜のメニューなんだけど、家庭内だから別にいいの!

生ハムは、やっぱり、本場のイタリア、最高に美味しいです♪
スーパーで売ってるような真空パック入りのものは絶対にNG!
ハム類やチーズ専門の小売店で、薄くスライスしてもらわなきゃ~
私はやっぱりパルマの生ハムが一番好き~♪
メロンはこちらでいう「Francesina」(フランチェジーナ:フランス種)じゃないとダメです。
イタリア種は甘みが少なくて、歯ざわりも悪い・・

で、この生ハムの塩味とメロンの甘みが、絶妙なハーモニーなんです~♪

と、ある日の手抜きのお昼ご飯でした~
by mayumi-roma | 2009-09-28 07:40 | ローマの日常
PAESTUM(パエストゥム)  世界遺産



c0206352_6373172.jpg

パエストゥムのネプチューンの神殿、奥に見えるのはバジリカ。やっぱり松の木が~。

ユネスコの世界(文化・自然)遺産は、イタリア国内に46箇所。
ローマは、市中心部全部の歴史地区が丸ごと世界文化遺産として1980年に登録されています!
もちろん、市内にあるヴァチカン市国も別枠で1984年に登録済み。

ローマに住む私なので、まずはローマの街から紹介したいところなんですが、
意外にデジカメで撮った画像がないんですよね。
世の中の進歩がすさまじくて、ローマに限らず、他の世界遺産も、昔のアナログ時代の写真ならたくさんあるんだけど・・
デジタルの時代になったからって、今さらカメラ片手に街を歩くなんてしたことなかったから。

そんなわけで、数年前までヴァカンスでよく訪れていた南イタリアのチレント半島から。

c0206352_18272631.jpg

ナポリの下のサレルノをまだまだ南に下がったチレント半島(ここも世界自然遺産)。
海の透明度は抜群で、岩場にはウニとかゴロゴロしています。
イタリア人もウニを食べるので、その場で拾って割って食べたりしています。
プライベートビーチなので、そこに泊まっている人専用(ビーチが見えないのが残念)。
だから、人も少なくてのんびりくつろげるところなんです。


c0206352_6375919.jpg

パエストゥム、ネプチューンの神殿(紀元前5世紀頃)、シンプルで美しいドーリア式の柱が綺麗♪

そんなチレント半島には、パエストゥムという古代ギリシャの殖民都市が残っています。
近くとはいえ、行くのはかなり不便で大変~!
しかし、だからこそ、この機会に行っておかなければ、わざわざ行くこともないだろうと、本数の少ないローカルな電車に乗って、行きましたとも~(もう何年も前の話ですが)


c0206352_6382779.jpg

ネプチューンの神殿、正面から。手前の石畳の道は、ローマ時代に作られた「聖なる道」


c0206352_638595.jpg

ネプチューンの神殿、左の側面から。

しっかし、ものすごい炎天下の中、涼むところもなくて、見学するのは体力勝負。
いかにも乾燥してるって感じでしょう!?
気をつけないと脱水症状を起こして熱中症になっちゃう!
遺跡そのものはかなりの広範囲なので、歩くだけで消耗してしまうのよ~。
無理は禁物。


c0206352_6393028.jpg

隣のバジリカとネプチューンの神殿を重ねて見た感じ。

パエストゥムの目玉は3つの神殿。
その中でも一番有名なのが、写真のネプチューンの神殿♪
お隣のバジリカは、紀元前6世紀のものだけど、屋根が残ってないしね。
もう一つ、離れたところにもケレスの神殿があるんだけど、デジカメで撮ってないってことは、バジリカ風だったんだと思います。
by mayumi-roma | 2009-09-27 19:10 | イタリア世界遺産の町
屋上にて・・




屋上から見える風景・・
何の変哲もない風景・・
夕暮れのローマ・・



c0206352_543987.jpg



やっぱり、松の木が目につくな~
ローマの街は・・
思ったより、緑が多いかも・・


c0206352_551140.jpg



屋上には、洗濯物を干しに行きます。
景観美のため、ベランダや窓の下には洗濯物を出してはいけないのです。
(って、こんな偉そうなこと言ってるわりにはローマの街の中、汚いですけど)


アメリカのような先進国、利便性と合理性を突き進めたところには、アパートの地下1階なんてとこに、ラウンドリールームみたいな乾燥機で乾かす場所もあるんでしょうけど・・
ここはイタリア・・
乾燥機さえ普及していません・・


ま、太陽の国だからね!
お日様で乾かすのが一番!
by mayumi-roma | 2009-09-26 17:56 | ローマの日常
私のおうち(2)


愛用の香水が切れたので、買って来ました~
c0206352_15482627.jpg

BVLGARIの「Rose Essentielle」
ピンクの色が可愛らしくてパッケージも大好き!
香りもその名のとおり、バラのエッセンスが詰まった甘い香り!
若くもなく、成熟した大人の香りでもない・・

実は、若い頃から無理して大人の香りを使ってきた私なんですけど。
麝香系、ゲランの「MITOUKO」
この香りが本当に似合うような年齢になって、不思議なことに、なんだかマダムっぽく思えてイヤになってしまいました。
そこで出会ったのが、この香り。
すぐさま、私の人生2つ目の香りに決定!!
ここ1年ほどのおつきあいですが、もう死ぬまでこれを使うと思います。



c0206352_1661214.jpg

香水を買うついでに、バブルバス用の入浴剤も買ってきました~
BRONLEYの「Pink Bouquet」
これまた、バラの香り!
バブルバス用の入浴剤は、こちらでは本当に色々と出回っていますが、実際に映画で見るような泡が出るかというと、そうでもないんです。
少々高めでも、輸入もののイギリス製を選びました。




c0206352_16121641.jpg

この選択は大成功!
写真では見えにくいかな~
イタリアのものとは比べものにならない!
泡あわアワ・・・♪♪♪




c0206352_16441256.jpg

温泉地で育った私には、お風呂って大切なんです~
写真は、実家のある別府の温泉成分「湯の花」を抽出した粉末状の入浴剤とそれをまた液体状にした入浴剤!
硫黄の香りは、私にとっては故郷(ふるさと)の香り!
それだけで癒されます~♪



c0206352_16274195.jpg

こちらは、日本に帰国の際に、お友だちがプレゼントしてくれたものです。
左上「さくら酒の湯」は、北海道の純米日本酒をベースに塩漬けにされた桜の花びら入り♪
左下「染井吉野」も、やはり桜の花びらが湯船に浮かび、香り高き桜の香りが~♪
右上「暴君ハバネロお風呂」は、炎のようなハバネロオレンジの湯♪
右下「FunFunBath」は、卵型の入浴剤を入れると、それが溶けた後に中からプーさんのフィギュアが水面に浮かんできます♪
中央「Bath Rose」、花びらをぱらぱら入れるとバブルバスに!
お花のまま浮かべたい時は、泡の上から・・



c0206352_1642322.jpg

これが、私のバスルーム♪ジェットバスつき♪
私のっていうのは、本当に私だけのものなんです♪
我が家の男性用(夫と息子)にはもう一つバスルームがあるんです。
だって、男の人って、「どうしてこんなに汚すの!!」ってくらい、使い方が雑なんだもん。
それに、ゆっくりお風呂に浸かるなんてこともしないから・・




c0206352_16421713.jpg

私のバスルームのトイレとビデ。
ビデというのは、日本では誤解されているんじゃないでしょうか?
イギリスには全く普及していませんが、ヨーロッパ大陸、特にイタリアとフランスではごく当たり前の習慣です。
要は、トイレを使った後に、トイレットペーパーだけでなく、お湯でもきちんと洗うのです。
また夏場、外から帰宅した際に、汗や埃にまみれた足を洗ったりするのにも使います。
使うとすっきり爽やかですよ~♪




c0206352_16423711.jpg

私のバスルームの洗面コーナー
浴槽とかトイレ&ビデ、洗面台は、一生ものなのでモダンデザインの良いものを選びましたが、鏡とか、その両サイドの戸棚、照明はIKEAで揃えました。
IKEAって安いけどお洒落なデザインなものも多いですよ♪



家の改築前にはあった私の書斎はなくなりましたが、その代わり、このバスルームで至福の時を
過ごしています♪
でも、そんなにゆったり出来る時間も持てないんですけどね。
主婦はいろいろ忙しいから・・
by mayumi-roma | 2009-09-25 17:21 | インテリア・可愛い雑貨
お稽古♪
月に1度のお花のお稽古に行ってきました~
お花の先生は親しくしているお友だちだし、私はとっくの昔に師範になっているので、お喋りに行っているようなものです。

c0206352_3181027.jpg

お友だちのおウチです。
ローマ郊外にあるので、広ーいお庭のある一軒家!
とっても素敵なお宅です!
ただし、とても遠いので、行くのに一苦労なの!

狭くても都心派か、遠くても一軒家かは、イタリア、日本に関わらず、どこにいてもその人のライフスタイルの選択ですね。
ただ、ローマは、日本と違って、公共の交通機関が全く発達していないので、こういうおウチに住むのは素敵だけど、仕事とか学校に行くのに、また、街に出るのも大仕事になります・・
かなり郊外になるので、片側1車線の細い道。
常に大渋滞は覚悟しなければなりません。

お友だちも、子どもたちの学校の送り迎えに始まり、アフタースクールのお稽古事の送り迎え、スーパーへの買い出し、お仕事(バドミントンのインストラクター)・・・大げさに言えば、一日中車の中での生活です。


c0206352_33084.jpg

お友だちのおウチをアップで!
私は究極の都心派なので、狭くても街の中に暮らしていたい!
でも、広いおウチを見ると、思い通りの家作りが出来るから、インテリアで遊べるのにな~と羨ましくもあります。


c0206352_3413938.jpg

だって、ほら、こんな風に掘りごたつ形式にした畳のお部屋を作ることだって出来るし!
ここが、お花のお稽古場であり、ダイニングルームになっています。



そして、この椅子を見てください!
c0206352_3434828.jpg
c0206352_3452470.jpg


お友だちが作ったものなんです。
ゴミ置き場に捨てられていたボロボロの椅子を拾ってきて、彼女が自分で磨き上げて、色を塗り、クッションの詰め物を入れて、好みの布を買ってきて貼り付けたんです!
こんな風に、この家にある椅子は全部彼女のお手製!!
一日で作っちゃうんですよ!




そして、こちらが、本日の私の作品です。
c0206352_3493784.jpg
c0206352_350213.jpg

下の作品は、自宅に戻って生け直したものですが、ユーカリの葉っぱが変な方を向いちゃった(笑)
まったく同じように生けるのはとても難しいのです!
by mayumi-roma | 2009-09-24 04:06 | インテリア・可愛い雑貨
ウチの近所のお店やさん
c0206352_0283414.jpg

Edicola(エディコラ)
新聞と雑誌やさんです。
本屋さんではありません。

自宅に1日2回も新聞が届けられるなんて、日本は奇跡のような国!
イタリアでは、各紙朝刊のみ!
宅配という習慣を始めようとした新聞社もあったけど、どうにもなじみません・・



c0206352_0301423.jpg

パンやさん。
切り売りピザとクッキー&ケーキも作っています。
でも、日本のパンやさんの方が数段、お洒落で綺麗で美味しいと思います。
あ、ピザだけは、ここの方が美味しいけど・・


c0206352_0292970.jpg

パンやさんには、簡単なパニーノやスナック、ご飯ものも・・
スナックは、コロッケやスプリ(ライスコロッケ)
ご飯ものは、トマトのライスづめポテト添え



c0206352_0304154.jpg

冷凍食品やさん
袋売りのものも売ってますが、私は量り売りの方が好き!
ここでは、いつも、つけあわせ用のミニ・コロッケを買います。



c0206352_0311196.jpg

メルカート(市場)の八百屋さん
おじさん一人で頑張る、どこよりも安くて新鮮なところ。
だけど、私はあまりメルカートには行かないんです。
行きつけの八百屋さん(小売店)があるので・・



イタリアでは、自分で品物を触ることは出来ません。
何をどのくらい欲しいかをお店の人に伝えると、取ってくれます。
自分で選べないのは、けっこう辛いです。
by mayumi-roma | 2009-09-23 00:59 | ローマの日常
天使の夕暮れ
c0206352_5324624.jpg


再び、聖天使橋♪
夕暮れ時ですが、遠くにカミナリor夕立が来ているのでしょう・・
とても変わった色の夕焼けです・・

天使って、赤ちゃんみたいなのを想像する人が多いのでしょうけど・・
そして、イタリアの絵画や彫刻にも、確かにそういう図柄があることもありますが・・

実は、天使というのは青年なんですよ♪
9つの階級もあるんです♪
最上級の天使は、「serafino」(セラフィーノ:セラフィム、し天子)
左右上下に6つの翼を持っているんです♪

この写真の天使くんは、ふつうの天使ですね♪

すみません
何しろ、天使フェチなもので・・
by mayumi-roma | 2009-09-22 05:56 | ローマの日常
エコロジーって何でしょう!?

もうしばらく前からエコロジー、エコロジーって言っていますが、
最近のエコブームはますます拍車がかかりましたね!
私も乗せられやすい人間なので、エコバッグ、たくさん持っています(笑)

環境問題は、私も個人的に関心があるし、また息子の受験でもよく出る課題なので、
日本でたくさん新書本を買ってきたのですが、
その中の1冊を読んでみたら、なかなか興味深い本でした!

「偽善エコロジー」By武田邦彦
極端に言えば、エコな暮らしはエコではないってことなのですが・・
企業の金儲けと環境省の省益にダマされてはいけない・・
レジ袋有料化も、割り箸追放運動も、リサイクルも、ゴミを分別することも全く意味がないと・・
著者は、学術的な理論と正確なデータで裏付けています。

何より驚いたのが、地球温暖化で北極の氷が全部溶けたとしても、海面の上昇はありえないということを、アルキメデスの法則を使ってきちんと説明していたこと!
北極の氷のほとんどは海に浮いており、溶けても凍っても海水面は変わらない。
なぜなら、水と氷は同じもので、水が凍ると体積が増え、軽くなるから水に浮かぶ。
どのくらい体積が増えるのかというと、ちょうど海の上に見える氷の部分だけ大きくなる。
だから、浮かんでいる氷が溶けると、もとの体積、つまり氷の下にある、見えないところの体積に戻るので、まったく水面は変わらない。

ちなみに、南極の氷のことは、別の理論から説明していました。


違った見方をする方の本を読むって大切ですね。
やっぱり、一方向に偏らず、色々な考え方を知識として頭に入れておくのは大切だと思います!


さて、ゴミの分別、この夏の東京滞在中は苦労しました!
実家のある九州はかなりアバウトな分別なんだけど、東京は本当に細かい!
根が真面目なものだから、全てのものを綺麗に洗って細かく分別してしていました。
でも・・、あんな大都会なのに、ゴミの収集日が少なすぎる!
家にどんどんゴミがたまっていくんだもの・・

ローマのゴミの分別は3種類だけです。
生ゴミを含む普通のゴミ、雑誌・新聞・ダンボール等の紙類、それにガラス・プラスチック類です。

c0206352_702662.jpg

       ふつうのゴミ&生ゴミ用のゴミ箱


c0206352_704690.jpg

       リサイクルできる紙類ゴミ用のゴミ箱


c0206352_7155.jpg

       リサイクルできるガラス&プラスチックゴミ用のゴミ箱


こんな3種類のゴミ箱が道路に置いてあって、私たちは自由にいつでもそこに捨てていいのです。
ゴミの収集は毎日行われるので、たまることはありません。

捨てることに関しては、ラクチンな国です。
分別してない人もたくさんいますし!

それに、ゴミの収集が毎日あるのはありがたい!

ただし、イタリアではゴミはきちんと有料化されているのですよ!
私たちは、ゴミの税金をちゃんと払っているのです!
自分の住んでいる家(賃貸、持ち家、マンション、一軒家に関わらず)の広さに比例した料金。
そして、年収にも比例した料金が加算されるのです。
かなりの額ですよ~

消費税だって20%だし!

しかも、なにも最近始まったわけじゃなくて、私がイタリアに来た時(20年以上前)には、既にこういう体制でした!

ゴミの有料化や消費税UPの可能性だけで騒げる日本って、幸せな国だと思います。
十分、国民の意見が尊重されていると思いますよ!

そういえば、ナポリのゴミ騒動はどうなったんでしょうね~
最近、イタリアでも話題にものぼりません・・
こちらも、ゴミ処理場建設に反対する住民の不満というよりは、実のところ、カモーラ(シチリアのマフィアのような組織)のゴミ処理をめぐる利権問題が原因だったというのが真実のようです!
ゴミ処理ってお金になるんですって!
by mayumi-roma | 2009-09-21 07:30 | ひとりごと、考えること
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。