カテゴリ:ローマの日常( 532 )
元旦の夜♪(自由部門)
c0206352_22211861.jpg
元旦の夜は、同じアパートの友人家族と一緒に過ごしました♪
本当は、イタリアらしく大晦日の晩に集まりたかったのですが、エルバ島に行っていた彼らの予定にあわせて、元旦の夜になりました。
ご主人は中国に単身赴任中なので、本日、2日の夜のフライトで上海に戻ります。
10月に彼らは東京、京都、奈良、大阪を旅行したのですが、その際、東京に暮らす私の息子に連絡をとってくれて、ゴージャスなお夕飯をご馳走して頂いたので、せめてものお返しです。





c0206352_22285057.jpg
エルバ島からBIO(有機栽培)のみかんとジャムとクッキーのお土産を持って来てくれました♪
嬉しい~~♪
エルバ島の彼らの家(セカンドハウス)に遊びにいったのは、まだ子どもたちが小さかった時・・
その後は、行く機会がなかなかなくて・・






c0206352_22302721.jpg
楽しかった~~♪
彼らは、いわゆる一般的なイタリア人と違って、国際的で、視野がものすごく広いので、話がバッチリ合うのです。

世界各国でアウトレットを展開するマッカーサー・グレンの中国法人代表をしている彼は、中国(香港も含めて)ですでに6つのアウトレットを立ち上げました。
はるか昔のことですが、ローマのアウトレット、カステルロマーノができた時には、私もオープニング・パーティに呼んで頂きました♪

日本にも時々出張で行くのだそうです。
東京のこと、絶賛していたわ~
嬉しい♪
あと2年は中国にいる予定だそうで、かなり良い暮らしをしている様子。
でも、ユニクロが大好きという庶民的なところが彼らの良いところ♪

ウチの息子と一緒にイタリアサッカー協会付属のサッカースクールに通っていた彼らの息子くんは、中国留学を経て現在ミラノでインターン中(なので、ここにはいませんでした)。
超美人の娘ちゃんはラヴァンナでモザイクを勉強中。
家族皆がバラバラで暮らしていますが、FAO(世界食糧機構)を退職したばかりの彼女は、これからちょくちょく夫のいる中国に通うとのことです。

上海にも遊びに行きたいな~


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

第一回プラチナブロガーコンテスト


by mayumi-roma | 2017-01-02 22:52 | ローマの日常
トンボラ♪

c0206352_22270010.jpg
クリスマスシーズンにかけて家族や友人が集まって一緒にご飯を食べたあとにゲーム遊びをするのがイタリアですが、一番人気はトンボラです♪

クリスマスを義姉のいるペルージャで過ごす場合、義姉宅に12月27日に夫の幼なじみたちが集まるのが恒例になっています。
我が家の場合、亡くなった夫の両親も一人っ子同士だったし、義姉も結婚しなかったため、近い親戚がいません。
面倒くさい親戚づきあいがなくてラクな反面、家系としては寂しい限りですね。
息子も日本だし(笑)。
ま、今の時代、どこも核家族化しているから、同じでしょうけど。

というわけで、トンボラ♪
ビンゴに似たゲームで、1から90までの数字を無作為に選んで縦3横5の15マスの番号表を埋めていくゲームです。
1列に連続して2つの数字が消えれば「アンボ」、3つで「テルノ」、4つで「クアテルノ」、横1列すべて5つの数字が消えれば「チンクイーナ」になります。
そして、15マス全部で「トンボラ」です。

普通に遊ぶだけの場合もありますが、たいていは商品を用意したり、カードを1ユーロ程度で買うシステムにして賞金を作る場合もあります。

昔は私も、息子のお誕生会で商品を用意して出し物の一つにしたことがあります。
クリスマスに友人たちと遊ぶ場合は、賞金を作って楽しみます。
2番目にトンボラになった人のためにも、「トンボリーノ」という賞を作ります。

今年の私は、「チンクイーナ」が1回だけ。
一番当たりがよかったのは、アンジェロ。
なんと、3回もトンボラに!
気心の知れた友人一同で遊ぶのは楽しいですね。
私たちはローマに暮らしているので、あまり会う機会はありませんが、それでも、一番落ち着ける友人たちです。


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪


by mayumi-roma | 2016-12-30 22:50 | ローマの日常
スペイン広場のプレセピオ♪


c0206352_07072443.jpg
スペイン広場のプレセピオです♪

プレセピオとは、イタリアの伝統的なクリスマスの飾りつけです。
簡単に言うならば、キリストの降誕の様子をお人形で再現したものです。
各家庭でも飾りますが、教会や街の広場にもこうして飾るのです。

この時期は、外に出かける際に、老いも若きも、「プレセピオを見に行こうか」と言って、教会を回ってプレセピオ巡りを楽しみます。

c0206352_07105238.jpg
スペイン広場に置かれたものは、かなり大きい♪
本格的ですね~
エルサレムというよりは、ローマの街のようですけど。


c0206352_07141266.jpg
三博士も神の子iイエスの誕生を祝福に来ました~

1月6日のベファーナのお祭りまでは、まだまだクリスマスムードが続くイタリアです。

2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪





by mayumi-roma | 2016-12-27 06:01 | ローマの日常
クリスマスは続く・・・

c0206352_06433943.jpg
バブイーノ通りのイルミネーション♪

夕方からのお出かけするたびに、写真を撮っていました。
今年のローマはイルミネーションが例年に比べて派手になったような気がします。
本日は、なかなかブログでご紹介する機会がなかった写真をアップします~


c0206352_06444640.jpg
ホテル・デ・ルッシー(バブイーノ通り)♪


c0206352_06461960.jpg
カノーヴァのアトリエカフェ(バブイーノ通り)♪



c0206352_06472655.jpg
バルベリーニ通り♪

上品とはほど遠いイタリアとイタリア人ですが(笑)、こちらのイルミネーションは、日本のものより上品でシックな気がします。
たぶん、街並みが古いということも関係するのでしょうけどね♪

イタリアは、まだまだクリスマスが続きます~


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪




by mayumi-roma | 2016-12-26 06:00 | ローマの日常
クリスマスの飾りつけ♪
c0206352_07133404.jpg
先日、仲良しのお友だちがプレゼントしてくれたとっても素敵なお手製のプリザーブド・フラワー、クリスマス・ヴァージョン♪




c0206352_07172883.jpg
こちらも、先日お夕飯に招待したお友だちが持ってきてくれたポインセチア♪
ちなみに、ポインセチアのことを、イタリアでは、Stella di Natale(ステッラ・ディ・ナターレ:クリスマスの星という意味)と呼びます。
このイタリア語は気に入っています~

これら2つのお友だちからのプレゼントが家にあって、本当に良かった♪
少しはクリスマスらしい雰囲気になりますものね~

今年、ついに、私はクリスマスの飾りつけはしませんでした。
今日ならば、ツリーやその他いろいろ、出そうと思えば可能でした。
でも、24日からどうせ家にいないし、今さら感が・・・

なんと!
私の人生で初めてクリスマスの飾りつけをしませんでした(大汗)。
この時期に日本へ一時帰国する時でさえ、12月8日には飾っていたというのに・・
(片づけは1月6日にお手伝いさんがやってくれていました)
キリスト教とは関係ない日本の家庭でさえ、たとえどんなに忙しくても綺麗に飾りつけていることでしょうに・・

よほど気持ち的に余裕がなかったのでしょうね・・
本当に色々なことが重なってしまっていたから。
こんな時もありますね。
でも、今日は、たまっていたメール書き、家の整理整頓、東京と成田のホテル予約、WiFiルーターの予約を済ませました。
充実感だわ♪
明日は、義姉のクリスマスプレゼントを買いに行かなきゃ~~


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪

by mayumi-roma | 2016-12-23 07:31 | ローマの日常
終わった~~♪
c0206352_08233389.jpg
終わった~~~!!
クリスマス前には終わらせておきたかったお正月明けが締め切りの原稿!
ホッとしました~

日本ではクリスマスって平日じゃないですか!
たまたま今年はイブが土曜日、クリスマスが日曜日に当たりますが~
イタリアでは、イブの夕方からお休み体勢に入るし、26日もサント・ステファノの祝日なので、今週末からお正月、そしてベファーナの祝日の1月6日までは、冬休みモードなのです~
だから、今のうちに、なんとしてでも、終わらせておきたかった。
明日、読み返して、問題ないようなら、さっさと送ってしまおう!

イブから27日まではペルージャの義姉のところに行くし、しかも、ネット環境が皆無の家なので、私は世界から取り残された状態になります・・(汗)
ブログも更新できないと思います・・
夫の友人の家に行けばネットはできるだろうから、一応、パソコン持って行きますが・・・
ああ、もう、ほんと、ペルージャなんて行きたくもないわ!
退屈なだけ。

とりあえず、一つお仕事が片付いたので、気が楽になりました。
来年度刊行の、次の翻訳出版も決まっていますが、これは、ゆっくり仕上げればいいので、お正月が開けてから取りかかればいいかな・・
長丁場だから、ゆっくり行きます~

明日は家の整理整頓をして、お買いものに行こうかな。
ここのところ、ずうっと、お付き合いや移民局やお仕事と、あまりにも忙しかったので、家の中、特に私の書斎(もと息子の部屋)なんて、目も当てられないくらいに散らかっています。

とりあえず、ひと段落です~


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪

by mayumi-roma | 2016-12-22 08:44 | ローマの日常
恐怖の移民局@ローマ
c0206352_23084049.jpg
噂には聞いていた悪名高き恐怖のローマ移民局・・

これができたのがいつのことは知りませんが、私はこれまで、ここに来たことがありませんでした。
滞在許可証にまつわる諸々について、その昔は、ローマの中心部、共和国広場の近くにある警察本部で手続きを行なっていたし、一時期、イタリアにしては珍しく物事が機能していた時代があって、その時代には、自分の暮らす地区にある警察分署で手続きができていたからです。
外国人の指紋登録が義務化されてからは、再び警察本部となりましたが、当時、私にはコネがあったので特別ルートで簡単に終わらせることができていました。
そしてえ、記載事項変更(住所やパスポートナンバーなど)程度のことは、近所の警察分署で即時に行なうことができていました。
手書きでしたけど~(笑)

私はイタリア人と結婚して無期限ヴィザを持っています。
この場合の滞在許可証は、留学や仕事で来る方が持つカード型ではなく、A4サイズの紙製です(最近はそれがB4サイズになったらしいですけどね)。
これがヘルシンキの出国審査で問題になるわけです(今は大丈夫だという話ですが、それでも、1度ひどい目に遭った私は2度とヘルシンキ経由を使いません)。

前のパスポート更新時(10年前)に近所の警察で滞在許可証の記載変更して以来、この種の場所には来たことがありませんでした。
それがいつのまにか、無期限ヴィザ所有の人も5年おきに写真を変更しなければならないという法律になったらしく、それを知ったのが3年前!
でも、その頃には、こちらの移民局で手続きをしなければならなくなっていたので、こんなところに行きたくないあまり、「そんなことは知らなかった」というふりをして次のパスポートの更新時に行くことに決めていました(私も自己防衛のためにイタリア人化しています、笑)。

ここに行くにあたって、一応、内務省のサイトも調べたし、友人にも聞いたし、また、カンポさんという方が今年7月に私と同じようにパスポートの更新で許可証記載事項の変更手続きに行かれていて、その様子を詳しくブログ「けちけちイタリア徒然日記・甘辛い生活」にアップされていたので、参考にしました。
カンポさんは、手続きのアポ取り、手続き当日、受け取りと3回もこの移民局に出向かれていましたが、私には3回も行く勇気はとてもなかったので、アポ取りは郵便局のキット(よく覚えていませんが、印紙代とあわせて80ユーロくらいの出費だったと思います)を使いました。
これが、10月18日のこと。
アポイントは2か月後の12月19日となりました。

郵便局のキットを使うなんて、これも初めての経験でしたが、数年前に同じような手続きをした私の友人も郵便局のキットを使ったということですし、1回、移民局に行かずに済むならば、お金がかかってもラクだと思いました。
キットの中には、滞在許可証とパスポートのコピー、印紙、キット付属の申請書類を入れて送りました。
つまり、郵便局がお金をとって、書類の郵送とアポ取りを代行してくれるわけです。
ところが~
このせいで私は移民局でとんでもない目に遭ってしまうのです。
いつの間にか、法律が変わっていたのです。





c0206352_00173839.jpg
ローマの移民局は、なんという場所にあるのでしょう!
この写真は、移民局の隣にあるジプシーの居住地区です。
移民局は警察所でもあるわけで、その警察署の隣がこういう状況だなんて、法治国家の首都としてあり得るのでしょうか!
信じられない!

ついこの間、中国人留学生(女の子)がこの移民局を訪れたあと、門を出てからひったくりに遭いました。
まだ移民局の中にいた友だちに、携帯でひったくりの事実と犯人を追跡する旨の電話をかけていました。
しかし、その電話を最後に、果敢にも犯人を追いかけた彼女は行方知らずとなってしまったのです。
数日後、遺体として発見されました。

こんな事件が起こったばかりなので、夫はもちろん心配して車で送ってくれ、帰りはどれだけお金がかかってもタクシーで帰るように言われていましたが、こんなとこ、タクシーなんて通っていないし、呼んだら来てくれるわけ~!?




c0206352_00290832.jpg
移民局の門から入る際に陸軍の兵士がチェックしますが、私が入った時は、門は開けっぱなしで、誰もいませんでした。
さすがアバウトなイタリア~





c0206352_00380150.jpg
右手に行列ができていたので、係の人にアポントの用紙を見せてどうしたらよいか尋ねました。
すると、時間になったら呼ぶので写真右端のテントで待機するように言われました。
これがそもそも間違いだったのですが、後の祭り・・

私のアポイントは10時半だったのに、夫に送ってもらったために9時20分には着いていました。
時間にルーズなイタリアなので当然と言えば当然ですが、10時半になってようやく10時にアポイントがある人たちをオフィスへ。
私が中に入れたのは11時半くらいかな。

この日は異常に寒い日でした。
それなのに2時間余りも外で待つはめに!
テントの中には当然ながら暖房器具もなく、私はブーツにダウンのロングコートで防寒していましたが、つま先がガチガチに凍るような感覚になってしまいました。
寒かった・・・
すると、当然、トイレにも行きたくなります。




c0206352_00455888.jpg
移民局の簡易トイレ・・・
真っ青です。
当然ながら男女兼用・・・
かろうじてトイレットペーパーはあったものの、吐き気を催すほど汚いです。
一度入ってみて、絶対にここでは無理だと思いましたが、我慢できない状態になっていたので、仕方なく腰を浮かして・・・
でも、かなり勇気が必要でした。
ああ、21世紀の先進国とは思えない・・・





c0206352_01072600.jpg
11時半に中に入ってからは、早かったです。
こちらのオフィスは新しくてきれい!
トイレもありました。
掲示板に名前が出て呼ばれるので、イタリアも進歩したな~と思っていたら・・
まずA室に呼ばれて、再び掲示板に名前が出るのを待ちます。
次に、B室で両手の指紋の採集です。
たぶん、このオフィスは、留学やお仕事でイタリアに来ている方は見慣れた場所ではないでしょうか?

ところが、ここで、予期せぬことが~~~!
指紋採集の係官が、「あなたはイタリア人配偶者を持つ無期限ヴィザの保持者ね。ここでは手続きできないわ。貴女の場合、郵便局のキットでアポを取っちゃいけないのよ。もうしてしまったから仕方ないけど、お金の無駄だったわね。イタリア人が家族という理由でイタリアにいる人は、0階(日本式にいうと1階)の4番窓口で手続きしなきゃいけないの。すぐに4番窓口に行って!」
すると横にいた他の係官が、「あ、でも4番窓口は12時に閉まってしまう。間に合わないかも、早く行って~~」

この時、12時2分前!
何が何だか分からないまま、階段で下に降りて、この新しくてきれいなオフィスを出て、門の正面にあった古ぼけた汚い建物の中に入って4番窓口へ。
イタリアにはよくいるタイプの仕事したくない病のヒステリックな窓口担当のバカ女が叫びまくっていました。
私の前にいた人に、「ここはもう閉めるの!もう聞かないでよ~」と。
クレーマーの多い日本だったら、絶対に問題になっていると思います。

しかし、私は、お金を払って書類を郵送してアポイントを取ったのに、このまま何もしないで帰るわけにはいかないのです!
ただでさえ、超忙しい師走なのに!
事情を説明すると、彼女にアポイントが記された用紙をひったくられただけでした。

その後、急に不安になりました。
手元に何も残っていないのです。
番号をくれたわけでもないし、アポイントを取った証拠も私の手元にはないのです。
窓口が5つくらいあるけど、番号で呼んでいるようなので、もう1度、彼女のとこに行って聞きました(窓口は閉まっていましたが)。

「いい加減にしてよ。窓口は閉まったの。少しは辛抱したらどうなの?」
「いや、でも、さっきあなたに書類をひったくられたから」
「え、何の書類?」
「無期限ヴィザの記載事項変更のアポイントの紙」
「だから、そのうち呼ばれるから、辛抱してよ」
「呼ばれるって名前で?」
これ以降、回答なし・・

いや、もう不安は募ります。
13時になりました・・
もう、ほとんど誰も残っていない・・・
でも、私と同じ状況の人が数人いました。
そして、ついに呼ばれました。

これがまた、窓口の男が最悪!
典型的な横暴イタリア人!
イタリアで窓口担当というのは、一番低いランクの仕事になるので、自己実現していないが故に、自分が強く出れる相手(彼が滞在許可証の変更手続きをするわけですから)に対して異常なまでに偉そうな態度を取るタイプ。
イタリアにはよくいるんです、こういうやつ!!

「郵便局キットで全部書類を送ったことは知っているが、別の所にいってしまって、自分の手元にはない。パスポートと滞在許可証のコピー、持ってないか?」
よかった~
私は、万が一のことを考えて、念のため、コピーを持って来ていたのでした。

しかし・・
「イタリア人の夫に養ってもらっているという証明は?一緒に連れてきた?」と。
「私は30年以上、ここに住んでいますが、夫の存在が必要だったのは、結婚後初めて家族用のヴィザを取得した時だけで、その後一度もそんなことを要求されたこともないし、最近同じような手続きをした友人たちの誰もイタリア人夫を連れて行った人はいませんけど」と答えると・・
「外で話されることを聞く必要はない(つまり、本当ではないと言いたい)。私が法律だ(自分の言うことが法律であり正しいと言いたい)。」

なにが「私が法律だ」よ!
法律のほの字も知らないくせに、偉ぶりたいだけのバカ男!
この時点で、こんな面倒くさい奴には何も言わないほうがいいことを悟ったわたくし・・・

しかし、このバカ男は、「今日のところは申請を受理してあげるが、受け取りの日に、身分証明とそのコピーを持ったイタリア人夫を同伴して来なさい」とあくまでも言い張り、受け取り用の半券にその旨記載したのでした!
むかつく~~

しかも、夫が来なければならないなら、仕事の都合もあるから、できるだけ水曜日にしてほしいと私が頼むと、それを却下して、「別にその日に来なくてもいいから」と言う。
受け取りの日付は、私がちょうど日本に出発した後・・
「これより少しだけ早くか、もしくは思いっきり遅く、2月中旬にしてくれないか」と頼むと、「できない」
仕方ないので、「その日に来るのは難しいので、受け取りに来るのは、どのくらい遅れてもいいのか」と訊くと、「2,3日」。
2,3日だなんて、よく言えたものだわね、このイタリアで!
これは嘘だと思う~
こんなことのために、私、日本行きをキャンセルなんてしません!
でも、やっぱり暗くなる・・・


ちなみに、自分の経験を踏まえて、今回確かめましたが、イタリア人配偶者を持ち無期限ヴィザを持っている人は、様々な手続きを行なう際に、郵便局でのキットを使ってはいけないそうです。
キットを使うと1年あるいは2年単位で滞在許可証を更新している移民(留学生も含めて)のオフィスに行ってしまうので、手続きができなくなるそうです。
手続きのアポ取りも、手続きも、受け取りも、必ず4番窓口に行かなければならないそうです。
つまり、3度、このとんでもない場所に来なければならないわけです。

移民たちは、郵便局のキットでアポを取って、手続き(指紋採集)のためだけにここに来ればいいだけで、カード型の滞在許可証は自分の住む地区の警察署に郵送されるというのに!

どうして、イタリア人と結婚して無期限ヴィザを持っている人だけが、このように冷遇されなければならないのでしょうか!
あり得な~~~~い!!

このあとで指紋採集に行きましたが、デジタルになっていました~~
昔はタール状の黒いものを塗られていました(大汗)
でも、いやな気分ですね・・
ここの係官がとても感じの良い人で、終わった後に、「じゃあ、〇月〇日に受け取りに来てね」と言ったので、「その日に来るのが難しいのですが、どのくらい遅れてもいいのですか?」と訊いたら、「2か月は困るけど、1か月半後くらいまでなら大丈夫よ」って!

人によって言うことが違うのもイタリアの特徴です。
何を信じたら良いのやら・・
たぶん、どうせアバウトなイタリアだから2か月たっても問題ないのでしょうが・・
ですけど、私の頭の中には、あのバカ男の威圧的な態度がいつまでも残像として残っていてしまっていたので、何もかもイヤになってしまいました・・
極端だと思うかも知れませんが、私は極端な人間なのです。
まじで、すべてを投げ捨てたくなりました。

滞在許可証の受け取りは、夫の行ける日も考慮した上で、受取日から4週間以内で行けますが、昨日は当日だったせいもあって、限りなく落ち込んでしまいました・・・

で、ここでまたカンポさんが登場です!
いえ、まったく面識のない方なのですが、しかも、私よりかなり若いと思います。
少なくとも一回り以上は・・・(汗)

安心という確証を得たかった私は、カンポさんのブログのコメント欄から、カンポさんはどのくらい遅れて滞在許可証を受け取りに行ったのかを訊ねたのでした。
ご親切にすぐに回答して下さり、ほぼ3週間後くらいとのこと。
一気に憂鬱感が解消しました~
じゃあ、やっぱり4週間くらい遅れても、全然平気だな~って思えました♪
あの指紋採集の係官の言った通りだ~と、とってもとっても安心したのでした。
カンポさん、ありがとうございました~
って、見てないだろうけど。

人間、気の持ちようなので、もうどうでもいいです。
そんなことは十中八九ないとは思いますが、万が一ダメでも、もうどうでもいいです。
単なるパスポートナンバーと写真の変更ですから、また手続きすればいいわけで。
そんなに恐れることもないなと。
誰がイタリアに屈して、日本行きを諦めるものですか!!
冗談じゃない!





c0206352_02194270.jpg
帰りは、夫の言葉に背いて、バスと地下鉄で帰りました。
初めてですよ~
こんなとこに来たの~
周りにいる人が皆泥棒にしか見えませんでした。
昼食も取らず、飲み物も飲まず、家にたどり着いた時には15時半となっていました・・

しかし、イタリア人っていうのはつくづく偽善者だと痛感しました。
日頃から難民を受け入れて優しい国民ぶりをアピールしているけど、あんなところに移民局を作って、ひどい扱いをしているじゃないですか!
しかも、郵便局のキットで大儲け!
難民は郵便局のキットは使わないかもしれませんが、でも、今日、難民申請に来ていた人もいましたよ。


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪

by mayumi-roma | 2016-12-21 02:24 | ローマの日常
師走のローマ♪
c0206352_23125373.jpg
ローマ、コンドッティ通り(いわゆるブランド街)♪
師走とはいえ、平日なのでそれほど人出が多いわけではありません。




c0206352_23164504.jpg
同じくコンドッティ通りを反対側から~

師走ももう半ばですが、どうしてこんなに忙しいのかとイヤになります。
クリスマスまであと1週間なのに、まだクリスマスプレゼントも揃えていません(大汗)。
1月中旬に日本に一時帰国するので、ちょっとしたお土産も買わなきゃいけないのに~~(とはいえ、今回の日本ではお友だちに会う時間はないので、家族の分のお土産だけ)
ただでさえ、忙しい師走なのに、お仕事も抱えています。
そのうち1つは、締め切りがお正月明け。
来週からはお掃除の女の子がフィリピンへ一時帰国でお休み。
しかも、夫は12月24日から1月9日まで休暇で家にいるし~~
どうしよう~~





c0206352_23194991.jpg
「ミュウミュウ」のショーウィンドウを眺めてうっとりいい気分に♪
そうだ!
クリスマス、義姉の家に行ったあとに、大好きなプラダ(ミュウミュウももちろんある)のアウトレットに行こうかな~


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪


by mayumi-roma | 2016-12-16 23:34 | ローマの日常
クリスマスツリーも出してない・・・
c0206352_05484406.jpg
写真は、20年以上も前のアナログ写真をスキャンしたもの。
じ、じ、時代を感じます~~~
本当はもっと可愛いのがあったのですが、それを私が抜き取ってしまっていて(可愛い写真だったので別の特別アルバムを作ろうと思っていた)、どこへやったか、どうしても思い出せなかったので、この写真になりました。
まだ改築前の我が家なので、カーペット。
懐かしい~
3歳の息子が折り紙を使ってクリスマスのオーナメントを作って飾っているところです。
小さい頃の息子はブロンドで可愛かったんですよ~

私は、先週の疲れがまだ取れず、ぐちゃぐちゃの家の中を片付けようと思っていたものの、結局ダラダラの月曜日となってしまいました。
本来なら、12月8日(無原罪のお宿りの祝日)にクリスマスの飾りつけをするのがイタリアの習慣なのですが、いまだにまったくしていません。
もう息子もいないので、別にしなくてもいいと思うのですが、夫はしてほしいようなので、クリスマス前までには出そうかな!?

なんだかんだ言っても、やっぱり、息子が家にいるかいないかで、私の張り切り度合いは変わると思います。
子どもが一人前になって巣立っていくことは、親としての大きな仕事を終えた安堵感でいっぱいですが、何しろローマから遠く離れた東京で暮らしているので、夫は寂しいようです。
私は逆にそれが自分に好都合だからか(笑)、けっこう嬉しくて、幸い、空の巣症候群になることもなかったのですが、それでも、時々、息子の幼い日々を思い出します。
思い出すと、懐かしいような悲しいような不思議な気持ちになります。
感傷的ではありますが、寂しさとはちょっと違うのです。
人生はなんと早く過ぎてしまうのか・・
子どもが成長するということは、当たり前だけどそれだけ自分も年を取るということで、その現実を自覚すると、悲しくもある・・
昔は、自分が40代になること、ましてや50代になるなんてこと、想像もできませんでしたが、自分的にはあり得ないと思っていたことが着実に現実となるこの現実!
で、自分が今の息子の年齢だった頃の若かりし日々なんかも思い出したりもします。
楽しかったなぁ・・
輝いていたなぁ・・
そして、やたらと大学時代の同級生や高校時代の同級生が懐かしくなったりもする・・

でも、とりあえずは、1月の日本への一時帰国で張り切る自分の姿を想像してはにんまりしています。
息子のマンションでお掃除したりお洗濯・・
こきつかわれるのが楽しかったりして。
1月の帰国は短期間なので、まさに、母への親孝行と息子への家族サービスのためだけです。

と、こんなことをついつい書いてしまったのは、さんぼさんというドイツ在住のブロガーさんの記事を読んだからです。
彼女は、最近、一番上のお嬢さんが独り立ちしたことで、過去を振り返ってさまざまなことを書き綴っているのですが、なんだかその作業(気持ち)が手に取るように分かる気がしたのでした。
さんぼさんのブログはリンクもしていますが、こちらです~
「かけはし」←クリックすると別ウィンドウで開きます。


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪



by mayumi-roma | 2016-12-13 07:13 | ローマの日常
師走です♪

c0206352_03055135.jpg
今日から師走~
一年の最後の月の始まりです♪

この写真は、2015年8月にレオナルドの生まれたヴィンチ村で撮影したものです。

この当時は、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と栄光」を日本で出版できるかどうかがまだはっきりしていなかったのですが、ヴィンチ村を歩いている時に、突然、夕暮れの優しい光が雲の間から顔をのぞかせたのでした♪
まるで、後光がさすかのように♪
その時、私は確信したのでした。
何もかもきっと上手く行くって♪
レオナルドが私にお墨付きをくれたんだな~と思いました。

そうして、2016年は翻訳原稿の執筆と校正作業、ブルガリ銀座タワーでの出版記念パーティやイタリア文化会館でのイタリア人著者との講演会と、本当に充実した日々を送ることができました♪
あっという間という気はしません。
本当に中味の濃い1年でした(まだ終わってないけど)♪

12月は誰にとっても忙しい月になりますが、1年のしめくくり♪
私もちょっと大変な状況になりそうなのですが、
忙しくても、目の前のことを1つ1つクリアーして、
楽しく有意義に過ごして行きたいなと思います♪




c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪







ランキングに参加してます~
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-12-01 08:24 | ローマの日常
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。